介護職新人あるある10選!先輩介護士が困る新人の困った行動とは?

スポンサーリンク

新人介護士の困った行動に対し

「どう注意すれば、わかってもらえるのだろうか?注意すれば、新人さんに嫌われてしまうのではないだろうか?」

と思うことありませんか?

私は、6年ほど介護の仕事をした経験がありますが、新人介護士の困った行動に対し、どうすればよいのか悩んだことを覚えています。

そこで、新人の対応に困っている方向けに、介護職新人のありがちな困った行動を紹介するとともに、それに対してどうすればよいのかをまとめてみました。

私は、新人さんの困った行動に対して、人間関係を守るため注意せずに放っておいたことがあります。

すると、その判断のせいで新人さんの困った行動により、利用者の方を危険な目に合わせてしまいました。

しかし新人さんの困った行動に、どう対処すればよいのかを知ることにより、きっちりと注意できるようになり、今では新人さんとの人間関係も良いものになりました。

それでは、介護職新人の困った行動あるあるを10個選んでみたので、その行動に対してどうすれば良いのか、私の経験からお教えしたいと思います。

これであなたも、新人さんの困った行動に、きっちりと対応することができるようになりますね。

介護職新人の困った行動あるある10選!あるあるその1:質問をしない

〇と×の札を持つ男性

新人さんから質問されないと、何が分からないのか、教えようにも教えられませんよね。

そのような時、私は「○○って、わかりますか?」と逆に質問をしていました。

新人さんの多くは、質問しないのではなく、「分からないことが分からないから、質問できない」状態にいます。

なので、私から質問を投げかけることにより、新人さんの方から質問しやすい環境をつくるように努力しました。

すると、新人さんからいろいろ質問されるようになり、しっかりと分からないことを教えることができるようになりました。

なので、「質問しないから放っておく」ではなく、こちらから質問を投げかけ、新人さんのために「質問しやすい環境」を作ってあげましょう。

介護職新人の困った行動あるある10選!あるあるその2:メモを取らない

メモを取る男性

教えていてメモを取らない新人さんを見ると「ちゃんと分かってるのかな?覚える気あるのかな?」と不安になってしまいますよね。

私は、ちゃんと新人さんにメモを取ってもらうために、

「メモを持っていますか?持っていなければ、紙と鉛筆あげますよ。」

と教える前に声をかけます。

覚えるためには、メモを取って見直すことが大事ですが、そのことを理解していない新人さんがいます。

そこで、「メモを取らないと覚えられないよ!」と強く指導してしまうと、新人さんは委縮してしまいます。

良い関係を作れなくなってしまいますね。

なので、このような場合は、私は新人さんが自分で気づくように、「メモを持っていますか?」と声をかけるようにしています。

「あ、メモを取らないとダメなのか」と新人さんが気付いてくれることで、教えていても安心だし、仕事の覚え方も分かってもらえるので、一石二鳥ですよ。

介護職新人の困った行動あるある10選!あるあるその3:言わないと動かない

あぐらをかいて座る男性

言わないと動かない新人さんを見ると、

「どうして、動かないのだろう?もしかして、指示しないと動かないのかな?」

とちょっとイライラしてしまいますよね。

そのようなときは、

「一日の業務内容をしっかり覚えて、分かることから動けばいいよ。業務内容に沿って動けば、怒られることないから。」

と助言してあげましょう。

実は私の職場にも、そのような新人さんがいました。

どうして動かないのか本人に聞いたことがあります。

その答えは、

「今、何をすればいいのか分からなかった。」
「勝手に動くと、先輩に怒られるから。」

というものでした。

なので、私は新人さんに、一日の業務内容を知っていれば、怒られることなく動くことができることを伝えるようにしています。

動けるようになる方法を、しっかりと教えてあげると動いてくれますよ。

介護の現場で奮闘する新入社員に密着【ジョブレボ!厳選VTR集】#55 | BSジャパン

介護の現場で奮闘する新入社員に密着【ジョブレボ!厳選VTR集】#55 | BSジャパン

介護職新人の困った行動あるある10選!あるあるその4:勝手なことをする

電話で困っている男性

勝手なことをしている新人さんを見ると、ちょっとムカつきますよね。

そのような時に頭ごなしに注意すると、新人さんは委縮してしまい、自分で動こうとしなくなってしまいます。

そうならないためにも、新人さんががんばっていることを褒めつつ、その行動がなぜいけないのかという理由をそえて注意するようにしましょう。

新人さんは、利用者の方の役に立つように自分で考えて、先輩に頼ることなく介護をしようとがんばっています。

しかし、その介護が間違っていることに気付かないこともあります。

なので私は、「がんばってるね。」と言ったあと

「でも、今○○という事をしてしまうと、××になってしまうから、やらない方がいいよ。」

というような注意の仕方を心がけています。

そうすることにより、新人さんは素直に、こちらの指導を聞き入れてくれるようになりますよ。

介護職新人の困った行動あるある10選!あるあるその5:言葉づかいが悪い

おじいさんを介護する女性

新人さんの中で、なぜか利用者の方に対してタメ口の人って、いないでしょうか?

見ていて、すごく嫌な感じがしますよね。

そのようなときは、

「親しみを込めるのはいいけど、利用者の方は私たちの人生の大先輩だよ」

ということを伝えてあげましょう。

新人の方は、はやく利用者の方と親しくなりたいという思いが強く、「タメ口」つまり「くだけた言葉かけ」をすることで、親近感を持つように努力しています。

しかし、その光景は、周りから見ると心地よいものではありません。

なので私の場合は、

「利用者の方と良い関係ができているみたいだね。でも、言葉づかいがわるいと、他の人にはどう見えるかな。きっと良い感じはしないとおもうよ。」

褒めつつも、しっかり悪いところは悪いと注意するようにしています。

このような注意の仕方をすることにより、新人の方は、

「言葉づかいに気を付けないといけないな」

と分かってくれるはずですよ。

介護職新人の困った行動あるある10選!あるあるその6:言い訳が多い

男女二人と悩む男性

言い訳が多い新人さんを見ると、「教えるの嫌だな。もう、勝手にやって!」と怒りや呆れがこみ上げてきますよね。

そのようなときは、新人さんに「自分の成長にならない」ことをしっかり伝えると効果的ですよ。

言い訳が多い新人さんは、「自信がないし、行動して怒られるのは嫌だ。」とおもっています。

つまり、先輩に怒られるのを恐れて言い訳をしているのですね。

しかし、そのままだと、その新人さんは一向に成長しません。

なので、私は

「言いたいことは分かるけど、失敗を恐れずに行動しないと、何もできない介護士になっちゃうよ?」

という風に、はっきりと伝えています。

ちょっときつい言い方に聞こえますが、誠意をもって「言い訳ばかりしていると、成長できない」ことを新人さんに伝えることにより、ちゃんと理解してくれたのか、その後は言い訳をあまりしなくなりましたよ。

介護職新人の困った行動あるある10選!あるあるその7:おどおどしている

おどおどする男性

おどおどしている新人さんを見ていると「この新人さん、大丈夫かな?見ていて危なっかしいな。」と思いますよね。

私の職場にも、おどおどした態度の新人さんがいました。

その新人さんには

「大丈夫ですよ。分からない時やできない時は、いつでも助けるから、安心して介助してくださいね。」

と声をかけました。

おどおどしている多くの新人さんは、過去に些細な失敗で注意されたり、怒られたりした経験があるそうです。

つまり、また失敗して怒られてしまうのではないかと、不安になっているのですね。

なので、そのような新人さんには、そばに先輩がついているから、安心して介助できることを伝えると効果的ですよ。

介護職新人の困った行動あるある10選!あるあるその8:すぐに辞める

ふところに退職届を仕込む男性

すぐに辞めてしまう新人さんがいると、仕事に影響し大変迷惑に感じますよね。

すぐに新人さんが辞めないように、私の職場では居心地の良い環境をつくるよう努力しています。

すぐに新人さんが辞めてしまうのは、「誰も相手にしてくれない」「チームから外れた孤独感」という理由があるからだそうです。

つまり、その職場に居場所を見つけられないことが大きな原因となっているのですね。

なので、新人さんには最初に、大切なチームの一員だということをつたえ、先輩が新人さんに対して常に気をかけ、何でも言い合えるような環境をつくるよう努力しています。

そうすることにより、新人さんにとって居心地の良い環境になり、すぐに辞める新人さんはいなくなりましたよ。

介護職新人の困った行動あるある10選!あるあるその9:気づかいがない

おじいさんを気遣う介護士

利用者の方に対して無言で雑に介助をしている、気づかいがない新人さんを見ると、「この仕事のこと、あまり分かっていないのかな」とちょっと怒りがこみ上げてきますよね。

私は、そのような新人さんを見たときは、

「行動する前に、相手のことの気持ちを考えながら介助をすると、もっと上手にできるようになるよ。」

という風にちゃんと利用者のことを考えるようにと助言しています。

気づかいがない新人さんは、「早く介助しなきゃ」と焦りながら介助している可能性があります。

つまり、焦っているので、気づかいを忘れてしまっているのですね。

なので、「行動の前に、相手のことを考える」という一呼吸を入れることを教えてあげると、気づかいができる新人さんになりますよ。

介護職新人の困った行動あるある10選!あるあるその10:話を聞いてない

何か手にもつ男性

仕事を教えていても、話を聞いていない新人さんを見ると「やる気あるのかな?教えても無駄なのかな?」と思ってしまいますよね。

そのような場合、私は

「○○という理由で、××になるので気を付けてくださいね」

という風に、理由をつけて分かりやすく説明するようにしています。

話を聞いていない新人の方は、話の内容を理解していない場合が多いです。

なので、話の内容が理解できるよう、しっかりと理由もおりまぜて、話をする必要があります。

ただ単に「○○はダメ!」と教えられても、理由が分からず、あまり話を聞く気になりませんよね。

なので、きちんと理由を言いながら、分かりやすく話をすると新人さんは、話を聞いてくれるようになります。

そのような話の仕方をするようになってからは、新人さんが話を聞いていないということはなくなりましたよ。

これから新人教育をする先輩介護士の心構えとは?

人差し指をあげる介護士

これから新人教育をする先輩介護士の心構えとしては、「新人介護士を定着させるのは、先輩介護士の務めである」ということです。

そのためには、新人の方に焦らず丁寧にわかりやすく教える必要があります。

私が初めて新人教育をしたときは、自分の仕事もあったので、あまり丁寧に仕事を教えていませんでした。

その結果、失敗ばかりするようになり、仕事をやめてしまいました。

今では、すごく反省しています。

ある日、中堅介護士の研修で「新人を定着させるのは、先輩介護士の務めである」ということを学び、新人介護士に対して焦らず丁寧にわかりやすく教えていかなくてはいけないことを知りました。

丁寧に分かりやすく指導してくれる先輩は、信頼がおけるから当たり前のことですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?それでは、まとめてみましょう。

 

介護士新人の困った行動あるある

  1. 質問をしないときは、逆に質問をする
  2. メモを取らないときは、「メモを持っていますか?」と声をかける
  3. 言わないと動かないときは、一日の業務内容を覚えてもらう
  4. 勝手なことをするときは、褒めつつ、やってはいけない理由を伝える
  5. 言葉づかいが悪いときは、他の人にはどう見えるかを考えてもらう
  6. 言い訳がおおいときは、「成長できない」ことをしっかりと伝える
  7. おどおどしているときは、安心してもらう
  8. すぐに辞めるときは、良い環境を作る
  9. 気づかいがないときは、行動の前に考えることをすすめる
  10. 話を聞いていないときは、理由をつけて分かりやすく話す

先輩介護士の心構え

  • 新人を定着させるのは、先輩介護士の務めである
  • 新人介護士に対して、焦らず丁寧にわかりやすく教える

私の職場にも、「困った行動をする新人介護士」の方はたくさんいます。

だからと言って、放っておくと利用者の方の気分を害したり、危険な介助を許してしまうことになってしまいます。

最初のころ注意するとき、「新人さんとの人間関係が悪くなるの嫌だな」と思っていました。

しかし、言い方や伝える方法を工夫することにより、人間関係を崩すことなく、今では仲良くわきあいあいと一緒に仕事をしています。

「新人だから仕方がない」や「言っても分かってもらえないから、もういい」という風に新人教育を諦めないで、言い方や伝え方を工夫しながら、新人教育に努めましょう。

しっかりと指導することにより、新人さんの信頼をあつめ、今よりも働きやすい職場にきっとなりますよ。

介護職員の新人指導で気をつける事 東大阪介護ケアーズサポート

介護職員の新人指導で気をつける事 東大阪介護ケアーズサポート 相互チャンネル登録 登録返し sub4sub

【こちらも読まれています】

介護職新人のあるある10選!新人介護職の仕事での困りごとの解消法は?
介護のお仕事を始めたころは、「分からないことばかりで、悩んでいるのは自分だけだろうか」と不安になりますよね。新人だったころの私も、不安で不安でたまりませんでした。そんな悩みを抱えている新人介護士の方のために、介護職新人のあるあるを調べて、考えてみました。

コメント