介護職新人のあるある10選!新人介護職の仕事での困りごとの解消法は?

スポンサーリンク

考える女性

介護のお仕事を始めたころは、「分からないことばかりで、悩んでいるのは自分だけだろうか」と不安になりますよね。

新人だったころの私も、不安で不安でたまりませんでした。

そんな悩みを抱えている新人介護士の方のために、介護職新人のあるあるを調べて、考えてみました。

私は、特別養護老人ホームで、介護士として6年程はたらいた経験があります。

そして、新人だったころ何をしても先輩に怒られ、働いていてもつらいばかりで、介護士をやめたい気持ちでいっぱいになっていたことを思いだします。

しかし、介護職新人のあるあるを知ることで、悩んでいるのは自分だけじゃないんだということが分かり、今では安心して、楽しく働いています。

それでは、介護職新人のあるあるを10個選んだので、一緒に見てみましょう。

また、仕事での困りごとの解消法を、私の経験からお教えしたいと思います。

これで、あなたも悩んでいるのは自分だけではないとわかり、自分らしく介護士として働くことができますね。

介護職新人のあるある10選!あるあるその1:言われないと動けない

PC前でうなだれる女性

先輩から指示がないと、どう動けばよいのか分かりませんよね。

だからといって、何もせずにいることに苦痛を感じます。

そこで、私が新人のころやってみたのは、まず一日の業務内容を覚え、行動に移すということでした。

一日の業務内容を覚えると、次にどう動くべきかが分かり行動しやすくなりますね。

行動しやすくなるということは、先輩の指示がなくても、やるべきことができるということになります。

「言われないと動けない」新人介護士の多くは、過去に自己判断で行動したとき先輩介護士から注意されたり怒られたりした経験があるようです。

なので、自分の行動に自信がなく行動できないのですね。

しかし、その場面に合った行動をすれば注意されることも、怒られることもありません。

一日の業務内容を覚え、自信をもって行動してみましょう。

私も一日の業務内容を覚え行動することにより、先輩から「よくがんばっているね。助かるよ。」と感謝されることが多くなりましたよ。

 

介護士の仕事を知ろう!【白山ぬくもりホーム 久楽会】

介護士の仕事を知ろう!【白山ぬくもりホーム 久楽会】

介護職新人のあるある10選!あるあるその2:おどおどしてしまう

震える女性

先輩の介護士から怒られてしまうのではないかと、おどおどした状態で働いていませんか?

私も、新人のころは、おどおどしながら働いていました。

しかし、自分がやっていることは正しいんだと思うようになってからは、おどおどした状態がなくなりました。

おどおどした態度は、利用者の方に不安として伝わってしまいます。

例えば、喫茶店で注文したとき、店員さんがおどおどした態度だったら、どう思いますか?「ちゃんと注文きいてくれたのかな?」と不安になってしまいますよね。

利用者の方に安心してもらうためには、しっかりとした態度で接しなければいけません。

そのためには、呪文のように「自分がやっていることは正しいんだ」と自分に言い聞かせることが効果的です。

なぜなら、私はこの方法で、おどおどした状態から抜け出すことができたからです。

是非とも、試してみてくださいね。

介護職新人のあるある10選!あるあるその3:質問できない

お手上げポーズの女性

先輩の介護士から、「分からないことがあったら、質問するように」と言われても、質問して「そんなことも分からないの?」と言われてしまえば、その先ずっと質問なんてできなくなってしまいますよね。

そのような時は、

「○○をしようと思いますが、この場合××という方法でおこなってもいいですか?」

というような質問の仕方をすれば、上手くいきますよ。

ただ単に、

「○○が分からないから、教えてください」

と質問してしまうと、何も努力をせず、簡単に答えを見つけようとしていると勘違いされてしまいます。

なので、まず、自分で見つけた答えを言って、それが正しいのかどうかという質問の仕方をすれば、先輩介護士の方も快く答えてくれるでしょう。

私も新人だったころ、この質問の仕方を教えてもらってから、先輩介護士の方に嫌な顔をされず、気軽に質問ができるようになりました。

介護職新人のあるある10選!あるあるその4:余計ことまでやってしまう

びっくりする介護職員

利用者の方の喜ぶ姿が見たくて、身の回りのことをすべて手助けしたいですよね。

しかし、その行動は、逆効果になってしまいますよ。

利用者の方ができることは、ご自身でやっていただき、できないことを手助けすることが、介護士の仕事です。

例えば、足を怪我して入院したとき、看護師の方が身の回りのことをすべてやってくれたらどう思いますか?

食事からトイレまで、すべてのことですよ。

ありがたいけど、自由がきかなくてイライラしますよね。

身の回りのお世話をすべてやってしまうと、利用者の方はストレスを感じ、不自由感でいっぱいになってしまいます

私が新人のころも、お世話しすぎて失敗したことがあります。

利用者の方の服を着させてあげようとしたとき、「服ぐらい着れます!出ていってください!」と怒られたことがあります。

しかし、利用者の方のできることを大切にし、できないことを「お手伝いしましょうか?」と声をかけ、お世話することによって、利用者の方から感謝されることが多くなりました。

なので、利用者の方ができることは、ご自身でやっていただき、できないことを手助けするようにしましょう。そうすれば、利用者の方から喜ばれることが多くなりますよ。

介護職新人のあるある10選!あるあるその5:嫌な先輩に委縮してしまう

スマホを見る介護職員

どんな質問をしても、話しかけてもそっけない態度の先輩介護士は、どの職場にも一人はいます。

私の職場にも嫌な先輩がいました。

そんな時は、あたりさわらずの言葉で交わし、他の先輩にいろいろ教えてもらっていましたよ。

気が合わない、嫌な先輩は、あなたのことを良く思っていないことがおおいです。

そのような先輩には、あまり近づかない方がよいですよ。

嫌なことを言われて、ストレスが溜まると仕事に影響するからです。

嫌な先輩には、あまり近づかず、気の合う同僚や先輩を大切にして働いてくださいね。

介護職新人のあるある10選!あるあるその6:利用者の気持ちが分からない

おじいさんに話かける介護職員

利用者の方のお世話をするとき、何をしても怒ったり、お世話を嫌がる方いますよね。

私の職場の利用者の方にも、2,3人はいましたよ。

私が新人のころは、どうしてそのような態度をとるのかわからず、悩んでいました。

しかし、先輩にその利用者のことを聞いたり、その利用者の方の介護ノート(カンファレンスシート)を見ることで、少しずつ利用者の方の気持ちを理解することができました。

先輩に聞けば「あの方なら、○○という方法でお世話するとうまくいくよ」と教えてくれるので、利用者の方の気持ちが分かるようになります。

また、介護ノート(カンファレンスシート)にも、利用者の方の気持ちを知るヒントが書いてあるので、目を通すようにした方がよいです。

なので、手っ取り早く利用者の方の気持ちを知るためには、先輩に聞いたり介護ノートを見ることが効果的ですよ。

介護職新人のあるある10選!あるあるその7:常にやめたい気持ちでいっぱい

退職届を見る女性

私が新人のころ、先輩や利用者の方から怒られ、仕事をしていてもつらいばかりで、常に辞めたい気持ちでいっぱいになっていました。

しかし、同じ時期に入社した同僚や、少し前に入社した先輩に悩みを打ち明けることで、辞めたい気持ちがなくなってきました。

辞めたいと思ったら、とにかくその悩みを誰かに打ち明けることが大事だと実感しています。

どの職場にも、気の合う先輩や同僚が必ず1人はいるはずです。

辞めたいと思ったら、そのような方をたよって、悩みを打ち明けましょう。

一人で悩んでも、何の解決にもなりませんよ。

介護職新人のあるある10選!あるあるその8:腰痛に悩まされる

腰痛の男性

私が新人のころは、よく腰痛に悩まされました。

車いすやベッドなどへ利用者の方を移動することや、排泄介助でずっとかかんだ姿勢で仕事をした結果、腰痛がひどく仕事どころではありませんでした。

しかし、先輩のやっている姿を観察したり、介護技術を学ぶことにより腰痛が軽減されていきました。

やはり、介護をするときの力加減は重要なのですね。

とても、実感しています。

新人のころは、まだ介護技術が備わっていないので腰痛に悩まされると思いますが、まずは、先輩がやっている介護の仕方を見せてもらってください。

かなり参考になると思いますよ。

介護職新人のあるある10選!あるあるその9:仕事が覚えられない

考える女性

介護の仕事は、覚えることが多くて、なかなか頭に入りませんよね。

私が新人だったころ、覚えることが多く、混乱してしまい何もできない状態でした。

しかし、先輩の助言で「分かることから、ゆっくり始めるといいよ」と言われ、救われた記憶があります。

その言葉があったからこそ、焦らず一つひとつ確実にメモを取りながら、仕事を覚えていけるようになりました。

やはり、なんでもかんでも、焦って仕事を覚えることは良くないですね。

ただ、混乱するだけで、ちっとも覚えることなんてできません。

焦らず、ゆっくりと自分のペースで、一つひとつ確実に覚えていくことをお勧めします。

 

介護職新人のあるある10選!あるあるその10:食事介助に苦労する

おじいさんを介護する女性

食事介助のとき、利用者の方が口をあけてくれなくて、なかなか食べてもらえず苦労したことありませんか?

私が新人のころは、食事介助に苦労する日々でした。

「おいしい、お食事ですよ。食べましょうね。」と、どんな声掛けをしても、一向に口を開けてもらえず、先輩に交代してもらっていました。

しかし、先輩の食事介助の方法を見て、「あ、こうすれば口を開けてもらえるんだ」と勉強になったことを覚えています。

その利用者の方の場合は、デザートなどの甘い匂いを嗅いでもらうと、口を開けるというものでした。

このように、先輩の介護の仕方や方法は、見るだけでもかなり勉強になります。

やり方が分からなかったら、まずは先輩のやり方を観察してみてくださいね。

かなり、勉強になりますよ。

新人介護職の仕事での困りごとの解消法は?

頑張る看護師

私が新人だったころの仕事での困りごとの解消法は、「とりあえず、相談する」ということでした。

といっても、誰でも良いというわけではありません。

職場には、嫌な人、良い人、気の合わない人、気の合う人、いろいろたくさんいます。

なかでも、私が相談したのは「優しい先輩で、信頼できる人」でした。

やはり、信頼できる人でなければ、相談なんてできませんよね。

職場には必ず一人は「自分のことを気にかけてくれる人」がいるはずです。

先輩、同僚、誰でもよいです。

自分のことを気にかけてくれる人を大切にし、困ったことがあったら、その人に相談するようにしましょう。

相談することにより、仕事で困ったことや、自分の中にあるストレスなどが一気に解消されるので、職場で自分のことを気にかけてくれる人を探してみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?それでは、まとめてみましょう。

 

  • 言われないと動けないときは、「一日の業務内容を覚え、行動する」
  • おどおどしてしまうときは、「自分がやっていることは正しいんだ」と言い聞かせる
  • 質問できないときは、「質問の仕方を工夫する」
  • 余計ことまでやってしまうときは、「できないことをお世話する」
  • 嫌な先輩がいるときは、「あまり近づかない」
  • 利用者の気持ちが分からないときは、「先輩に聞く・介護ノートを見る」
  • 常にやめたい気持ちでいっぱいのときは「悩みを打ち明ける」
  • 腰痛に悩まされるときは、「先輩の介護方法を参考にする」
  • 仕事が覚えられないときは、「焦らず、ゆっくり覚える」
  • 食事介助に苦労するときは、「先輩の介助方法を観察する」

私が介護という仕事を始めたばかりのころは、分からないことがいっぱいで、何をすればよいのか悩みが絶えない日々を過ごしていました。

「やっぱり、自分には向いてない仕事なのかな。周りに迷惑をかけてばかりだし、何も役に立っていない。」

自分を責める毎日でした。

しかし、優しい先輩や気の合う同僚がそばにいてくれたので、その悩みや苦しみを打ち明けることができました。

そのおかげで、今では楽しく働いています。

その先輩や同僚には、感謝してもしきれません。

介護という職場には、必ず優しい先輩や同僚がいるはずです。

部署が違っても構いません。

そのような人を見つけ、自分が抱えている悩みや苦しみを打ち明けましょう。

きっと、親身になって話を聞いてくれるはずです。

苦しい思いや悩んでいるのは、あなた一人ではありません。

是非とも、よき先輩、同僚に自分の思いをどんどん伝え、楽しく介護士として働いていきましょう。

介護士という職業を選んだあなたは、とてもりっぱであり、尊敬に値する人なのです。

自信をもって、この介護という職業を楽しんでくださいね。

【豊和グループ】介護職の1日に密着してみた

【豊和グループ】介護職の1日に密着してみた

【こちらも読まれています】

介護施設に来る家族がうざい!入居者家族の理不尽なクレーム5選と対処法!
介護施設で利用者の方の家族から、理不尽なクレームがあると、めちゃくちゃうざいですよね。理不尽なクレームがあると、一気にやる気をなくします。今回は、そんな理不尽なクレームに悩んでいる介護士の方向けに、よくあるクレームとその対処法をお伝えしたいと思います。

コメント