受験生の夏休み!遊びにいっても合格できる?高校最後の夏休みに受験を失敗しない遊び方は?

スポンサーリンク

高校生最後の夏休みは大学受験に向けての最後の夏休みでもあります。高校最後の夏休みを受験勉強で終わるのはつまらないと思う人は多いのではないでしょうか。

今まで部活が忙しくて遊べなかった人は、最後に友達と思い出を作りたい!あわよくば好きな女子と近づきたい!と、高校最後の夏にかけている人も多いでしょう。

ここでは、受験生だけど遊びたい!でも勉強もうまくこなしたいという男子向けに大学に合格できて、夏休みに思い切り楽しめる方法を紹介します。

二度とない高校生活最後の夏休みです。受験生なので勉強することももちろん大切ですが、勉強漬けで全然遊べなかったというのも残念ですよ。私は高校最後の夏は遊びまくっていたので楽しかったし後悔していません。

夏休みに遊びに出ようか迷っている人は遊びに行きましょう。行かなくて後悔するくらいなら行ったほうがいいです。遊んで息抜きすることで脳が活性化されて逆に勉強がはかどります。

ここでは受験生にぴったりの遊びの方法や、夏休みのオススメスケジュールを紹介していきます。

高校最後の夏休み!遊びにいってもいい?

毎日勉強漬けだとさすがに飽きますよね。遊びたいけど、遊んでしまって合格できるか不安になるのは当たり前です。

受験生の遊び期間は1〜2週間に1回くらいの頻度で出かける人が多いです。中には全く出かけない強者も中にはいますが、勉強の合間で遊ぶことによって勉強の効率が上がるメリットがあります。遊ぶメリットは次のようになっています。

・気分転換になり勉強のやる気が上がる
・メリハリをつけることによって集中力が増す

受験生なので勉強も大切ですが、勉強をし続けるのはかえって逆効果になる場合もあります。こまめに息抜きをすることも勉強するにあたって必要です。

勉強を忘れて遊びたい!夏休みのスケジュール例

夏休みのスケジュールを立てるにあたって月で計画を立てると計画倒れしやすいことから1週間ごとの計画を立てることをオススメします。1週間の計画の例はこちらです。

・土日のどちらかで1日OFFの日を作る
・土日どちらかで遊んだら1日は勉強の日にする
・勉強は月曜から金曜日プラス土日どちらか1日

このように間に遊びをはさむことで計画が持続しやすくなり、なおかつ夏休みに入る前のわくわくしている状態の時に、勉強と遊びの計画を立ててしまった方が計画の失敗をしにくいです。

次に1日のスケジュールです。学校は朝早いので早起きは当たり前ですが夏休みも早起きの継続はできますか?夏休みは早起きの危機感が薄れるのでソフトな感じのスケジュールの例を紹介します。遅くとも10時までならなんとか起きれるのではないでしょうか。

9:00〜  朝食 支度
10:00〜 英語 文法復習 50分やって10分休憩
11:00〜 数学 関数 50分やって10分休憩
12:00〜 昼食・休憩→ここで息抜き!
13:30〜 国語 古典 50分やって10分休憩
14:30〜 英語の単語を覚える
15:00〜 30分休憩→ここで息抜き!
15:30〜 社会 歴史 50分やって10分休憩
16:30〜 理科 物理 50分やって10分休憩
17:30〜 数学 式と証明 50分やって10分休憩
18:30〜 夕食・休憩→ここで息抜き!
20:00〜 英語 文法復習 50分やって10分休憩
21:00〜 理科 生物 50分やって10分休憩
22:00  勉強終了

受験生は最低でも6〜8時間の勉強が必要ですので、これでは勉強が足りない人は朝早く起きたり、夜はもう少し勉強を頑張ったり机に向かう時間を増やしてみましょう。その中でも上手に息抜きを組み込んでメリハリをつけて生活しましょう。

息抜きはゲームやスマホを使うよりも外へ出て軽く動いた方がリフレッシュできます。コンビニへ歩いて行くくらいの軽い運動をしてみましょう。

受験生におすすめ!夏休みの息抜きならココ!

長期の旅行だと勉強が手につかなくなりそうですが、数日遊んだくらいで受験の合否が決まるわけではありません。2泊〜3泊くらいの旅行であれば旅行から帰ったらその分勉強すれば挽回できます。

夏休みにどこへ遊びに行ったらいいのか、高校生でも楽しめるこの夏オススメのスポットを紹介します。

旅行先は伊豆の白浜大浜海水浴場

伊豆の白浜海水浴場は、夏は旅行客で賑わいます。1番の見どころは透き通った美しい海で、まるで日本ではない場所へ来たかと思うほどです。

海なので入場料はかかりません。食べ物を買う時にお金がかかるくらいですが、白浜大浜海水浴場は海の家がありません。近くのコンビニや水着で入っても大丈夫なレストランがあるのでそこを利用しましょう。

近くの民宿に泊まるようならパラソルを貸してくれる宿もあるので泊まる宿が決まったら宿の人に相談してみてもいいでしょう。白浜観光協会や地元の区から低料金で借りることもできます。パラソルを含めサマーベッド、浮き輪、ボディーボードを貸してくれます。

夏休み期間はとにかく毎日混んでいるので人ごみは覚悟で行きましょう。海で遊ぶのも楽しいですが、人間ウォッチングして遊べそうです。

注意して欲しいのは白浜大浜海水浴場周辺は食べ物屋さんやコンビニはありますが、それ以外のお店はありません。100均で買い物したい、着替えの忘れ物をしたから買物したいと思っても近くにお店がないので気をつけましょう。下田駅周辺までいけばお店があります。

夏休み!綺麗な海!水着のかわいい子もいる!と思うとテンションが上がってしまいますよね。くれぐれもハメを外しすぎて水難事故に遭うことがないよう気をつけましょう。

夏の伊豆白浜大浜海水浴場の動画を紹介するので雰囲気を確認してみましょう。

https://youtu.be/sWQWlpme9RY YouTubeから引用

(伊豆白浜観光協会)0558-22-5240
(営業期間)7月中旬~8月中旬
(営業時間)8:00~17:00
(住所)静岡県下田市白浜(原田地区)
(電車)伊豆急行「伊豆急下田」駅より南伊豆東海バス「一色板戸」行きで10分「白浜海岸」停下車すぐ

花火大会で夏の思い出を作ろう

夏といったら花火大会!大きくても小さくても夏になれば各地で開催されます。ここはぜひ気になる女子を誘ってみましょう。

2人だと気まずいなら友達に協力してもらってグループで行きましょう。話す事が尽きても仲間がいるので何とかなります。高校最後の夏休み、後悔のないよう思い出を作りましょう!

複合アミューズメント施設で遊ぶのがオススメ!

ラウンドワンでは学生割引をしてくれます。会員では480円でドリンクバー付きでフリータイムで遊べます。年会費300円ですがよく利用するなら入っておくのがお得です。会員でなくても580円で遊べます。毎日暑いので冷房が効いていて涼しいのが嬉しいですね。

カラオケやボウリングなど遊ぶものはたくさんあるので飽きませんね。声を出すとストレスの発散になります。大声を出している時って一瞬頭の中が空っぽになりませんか?遊んでいる時は勉強のことを忘れて思い切り楽しみましょう。

録画したドラマやテレビ番組を見て息抜きをする

録画番組を息抜き時間の時に見てリフレッシュしましょう。息抜きは勉強とは関係ないことをしたほうがいいですよ。ずっと同じ場所にいると気分転換した気になりません。机を離れて違う環境で息抜きしましょう。

ヤバイ!遊びすぎて休みボケ・・・受験生モードを取り戻す方法は?・勉強する気が起きない

遊び倒すと燃え尽き症候群で勉強が手につかなくなりますよね。その気持ちすごくわかります。なかなか現実(受験勉強)に戻れませんよね。では、どうやったら受験モードに切り替わるかいくつか方法を紹介するので参考にしてみましょう。

・勉強机の掃除、部屋の片付けでスッキリさせてみる
・やる気がないながらも教科書を開いて机に座ってみる
・一年後の自分を思い浮かべてリア充大学生になっている姿を想像する
・友達に励ましてもらう
・カフェに勉強道具を持ち込みオシャレに勉強してる俺…いつのまにか勉強に集中

自分で自分に暗示をかけて試験が終わり合格した自分を想像しましょう。そのために今何をやるべきか見えてくるでしょう。

最後に/まとめ

高校生活最後の夏休み、どのように過ごしたらいいのか想像できたのではないでしょうか。これまでのことをまとめてみましょう。

・勉強の合間で遊びを取り入れてメリハリをつければ効率アップ!
・1週間に1度OFFの日を作って遊ぶ!
・1日の中の休憩時間でも遊びを取り入れる!
・楽しい夏なので海に花火に夏を満喫する!(ぜひ女子つきで)
・勉強が手につかなくなったら、受かった後のリア中な自分の妄想を!

受験生なのに遊ぶことに対してまだ罪悪感があるなら、その罪悪感をどこかに置いてきましょう。ここまで見てもらえばわかるように、勉強のためにも遊んだほうがいいことがわかります。適度に遊びをいれた方が勉強もはかどるし、勉強を継続するためにも遊びが必要だと感じたはずです。

入試まであと半年ほど…勉強も遊びも悔いのないように夏休みにできることはフルパワーでやりきりましょう!

【こちらも読まれています】

大学受験生の夏休み!息抜き方法3選!勉強がはかどる息抜き方法とは?
高校生最後の夏休み。大学受験を控えていて周りの雰囲気も受験モードに…。二度と来ない高校最後の夏は勉強も頑張って、楽しい思い出も作りたいですね。ここでは勉強の合間に取る息抜き方法と、息抜きしすぎて受験モードになれないときの対処法も合わせて紹介します。勉強し続けることは集中力があっていいことと感じますが、ほどよく休憩を取ることが集中力の続く秘訣となります。

コメント