受験に不合格となってしまった子供へかける言葉は?親の態度はどのようにする?

スポンサーリンク

落ち込む女性

高校受験は、誰もが思い通りの結果になるわけではありません。

残念ながら、希望の高校に不合格という受験生ももちろんいます。

もし自分の子がそうなったら、親はどう接してあげるといいのでしょう。

ここでは、不合格になった子にかける言葉をまとめました。

親として、とってはいけないNG態度もあげています。

高校受験が人生の終わりではありません。

不合格のショックを乗り越え、新たな高校生活を送ることができれば問題なしです。

親はそのためのサポートをしてあげたいですよね、ぜひ参考にしてください。

受験に不合格となってしまった子供へかける言葉やタイミングは?

ショックを受けて落ち込む子供にまず伝えたいのは、

  1. 共感して励ましてあげること
  2. 努力を認めてあげること

この2点です。

次のような言葉で、伝えてあげるといいでしょう。

  • 結果は残念だったね、でも本当によくがんばった
  • 第一志望の高校には縁がなかっただけ

その後、子供側に聞く余裕が出てきたタイミングで、この先についての話をするといいでしょう。

お母さんの友達でも、高校は第一志望じゃないところに行ったけど、第二希望の高校で楽しんで、大学受験にも成功して、今ちゃんと希望していた仕事についている人がいるよ。
よくがんばっていたのを見ていたよ。運もあるから仕方がない。もし自分で足りなかったと思うところがあれば、次トライする場所でその分がんばろう。

落ち込んでいる人とのコミュニケーションで大切なのは『共感すること』です。

不合格の通知を聞いたばかりの時点では、気持ちは荒れ狂っている場合が多いでしょう。

そんなときに『前向きになってがんばって!』という励ましはまだちょっと早いものです。

「残念だったね」
「あなたはがんばっていたよ」

という言葉にとどめておく方がいい時期もあります。

実際、一番落ち込んでいるときにいろいろ親に言われて、嫌になったという体験談も。

あまり長引くようでしたら別ですが、最初はそっとしておく方がいいでしょう。

不合格になってしまった子供はどのような心境?

頭を抱える銅像

不合格になって一番つらいのは子供本人です。

こんな気持ちを抱えています。

  • 嫌すぎて信じられない
  • 行きたいと思っていた高校から、自分が不要と言われたように感じ辛い
  • 描いていた自分の将来像が手に入らなくなったという喪失感
  • 今までのがんばりを裏切られた気持ち

私立高校の試験に落ちたが、その後に公立高校の受験が控えている、というケースもあるでしょう。

その場合は、公立高校に合格しなければ、高校浪人という言葉もちらついてきます。

挫折感と不安、それが不合格になってしまった子供の主な心境です。

ひとりにしてほしいと子供に言われた時に親がかける言葉や接し方は?

雨粒が付く窓

落ち込みが大きいと、『ひとりにしてほしい』『放っておいて』と言うケースはあるものです。

大人でもそうですよね。

特に不合格を知った直後は落ち込みが大きいもの。

『残念だったね』という一言程度にとどめ、そっとしてあげるのがいいでしょう。

親はつい、心配するあまり

『次こうすれば』

『今後の対策は』

と先を見た発言をしたくなります。

でも落ち込みの激しいときにそんな言葉をかけられて、あなたなら受け入れられますか?

難しいですよね。

自分の気持ちをわかってくれないと感じることも。

その後、相手のことを信頼できないなんてことにも繋がりかねません。

いつかは『他の対策をしないと、もうどうしようもなくなるよ』という現実問題が迫ってくるもの。

親としては、今後の対策へのサポートは逃せません。

でも落ち込む時間的余裕があるうちは、しばらくそっとしておいてあげましょう。

不合格になってしまった時に親として言ってはいけない言葉、してはいけない態度は?

机で頭を抱える棒人形

子供が不合格と聞いて、動揺しない親はいません。

子供に親身になって応援していた親なら、なおのこと。

でも忘れてはならないのは、一番つらいのは本人ということです。

そんなときに、『お前は本当にどうしようもないな!』なんて態度を親にまで取られたとしたら…。

子供はどう感じるでしょう。

その後の信頼関係にまで影を落としますよね。

辛い思いをしている子供に、親ができることは多くはありません。

不合格を知った直後は、『辛いね、残念だったね、悔しいね』と共感してあげることがせいぜいです。

でもそれが何よりも大事なこと。

大事なのは、親が『あなたは頑張った、それだけで価値があるよ』という思いを持つこと。

その気持ちがあるだけで、接し方は変わってきます。

なかなかそうは思えなくても、心の中で唱えましょう。

子供からすれば、不合格になった上に親を失望させたと感じるのは二重の悲劇です。

親としても、落ち込む気持ちがあるのは当然。

でも、こどものために一歩踏みとどまって。

『落ち込む子供に共感』は見せても、『自分自身が落ち込んで取り乱す』のは避けるべきです。

ここでは、親がとるべきでない態度をまとめました。

親のNG対応

親自身が取り乱す

→ 親を失望させたことで、更に子供の辛さを助長します。

子供の努力不足を責める

→ 自分自身が否定されたと感じ、大きく自尊心を傷つけます。

また大人になって、失敗した他人を責める人になってしまいかねません。

落ちても仕方がないと言う

→ これまでの努力は何だったんだ、という思いを抱かせてしまいます。

これから先、『努力しても価値がない』と思わせかねません。

今回の不合格でもう将来がないような印象を持たせる

→ 行く高校が変わっただけ。

実際に入学する高校を否定しながら通う3年間になってしまいます。

 

結果は人数の枠に入れなかったというだけです。

今までの努力の価値は減りません。

頭の中身は減っていません。

子供は次のステージ(高校生活、大学受験、就職試験など)でまだまだ勝負ができます。

親自身もそのイメージを自分の中に植え付けましょう。

そしてぜひ、俳優になったつもりで落ち込み動揺は見せず、子供への対応にのぞみましょう。

直接伝えられない場合は手紙で、思いを伝えよう!

青空に浮かぶハートの雲

不合格で気持ちが荒れ狂うときは、親の言うことを受け付けないなんてことも。

そんなときは、気持ちを込めた手紙をそっと渡すのもいいでしょう。

渡しても、『そんなのいらない!』と突っ返されるかもしれません。

そんな場合は『そう』と言って、ぜひ責めずに静かにどこかへ置いておきましょう。

伝えたい内容は、先に書いた口頭で伝えたいことと同じ。

繰り返しになりますが、

  • 共感
  • 今までの努力を認める

この2点です。

ここで例文を紹介します。

参考にしてくださいね。

○○(名前)、受験に本腰を入れてからの△ヶ月、本当にがんばっていました。
結果、今回は行きたいと思う高校の枠には入れなかったけど、それは人数枠に入れなかったというだけ。
〇〇自身の価値にはなんの問題もありません。
○○の頭の中にはちゃんと勉強したことが入っているし、それはこれから絶対に役に立ちます。
次の本番は大学受験と思って大丈夫だよ。
そこで今度は自分の行きたい大学を勝ち取れればいいね。
そしてそのために、通うことになる高校で3年間バッチリがんばれるといいね。
〇〇ならできると思います。
勉強ももちろんだけど、貴重な高校の3年間を楽しんでくれるといいなとお母さんは思っています。
あなたが行く高校はあなたにご縁のある高校ということ。
きっとその中で、いい友達もみつかるはずです。
神様が、○○にはこの高校で素敵なことがあるよと教えてくれているのかもしれません。
今はそう思えないかもしれないけど、今回のことが○○の中で強みになる日がくると思います。
今は不本意かもしれないけど、母校になる高校のいいところを見つけてね。
どこにいても○○はがんばれる、楽しめる強い子だと思っています。
でも何か困ったことがあればいつでも言ってきてね。本当にがんばりました。
おつかれさま。

受験に失敗したことがプラスに変わる名言5選!

クラシックな写真やペン

人生に失敗はつきもの。

世の中で大成した偉人は、特に人生の浮き沈みが激しいものです。

ここでは、失敗をポジティブに捉えることができる名言を5つ集めました。

お母さんの心の糧にするもよし、子供に伝えてみるもよし。

落ち込みからの回復のため、参考にしてくださいね。

苦しいときには、自分よりもっと不幸な男がいたことを考える

~ゴーギャン(画家)

 

チャンスは、苦境のさなかにある

~アインシュタイン(科学者)

 

大丈夫、大丈夫、いつかはここを抜ける日がやってくる

~よしもとばなな(作家)

 

生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない

転ぶたびに起き上がり続けることにある。

~ネルソン・マンデラ(南アフリカの政治家、ノーベル平和賞受賞)

 

成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない

~シェイクスピア(作家)

 

名言集 ~心が折れそうな時にあなたを救う言葉~

名言集 ~心が折れそうな時にあなたを救う言葉~

受験に不合格したことをいい経験にするために、親がサポートできることとは?

古い本

受験で不合格となってしまったとき、親はどんなサポートができるでしょうか。

ここで大事なのは、とにかく『これで終わりではない』ということを子供にわかってもらうことです。

まだまだ人生は続きますし、高校受験はひとつの節目に過ぎません。

悔しく、残念なのは当然ですが、まだ先があります。

ここでは、親ができるサポートをまとめました。

親ができるサポート

  • ひとつの残念な出来事だけど、これで終わりではないととにかく伝える
  • 美味しいものを一緒に食べて、気分転換
  • 旅行に行って、勉強の疲れを癒やしてリフレッシュ
  • 身近な、『一度失敗しているけど今うまくいっている人』の話をする
  • 失敗したけれども、その後大成した偉人の話を紹介する

例)

1.ウォルト・ディズニー

働いていた新聞社をクビになり、その後自分の会社を3回倒産させています。

ディズニーのテーマパーク建設に際しても、市から最初は拒否されることも。

失敗や壁の連続がありました。

→ 総資産720億ドルを超えるウォルト・ディズニー・カンパニーを設立

2.スティーブン・スピルバーグ

学習障害があり、読み書きが苦手でいじめをうけた経験がありました。

その後、映画の勉強のためにカリフォルニア州立大学の入学を希望するも、3度も拒まれることに。

ようやく入学しても、中退します。

→ アカデミー賞を2度受賞、最も有名な映画監督の一人に

3.柳井正(ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長)

サラリーマンになるも、10ヶ月で退職。

そこからアメリカ留学を試みるも、実行するには至らず。

何も成し遂げないまま、東京から故郷の山口に戻ります。

そこで結局は実家が経営する紳士服店で働くことに。

大都市圏ではない環境で10年以上、心細くなりながら商売を覚えます。

そのときの劣等感をバネに、商売を大きくする努力をしました。

→ ユニクロを立ち上げ、全国規模に

まとめ

山頂に座る女性

高校受験で不合格、それは子供にとってとてもショックな出来事です。

今回は落ち込んだ子供に親は何ができるかをまとめました。

 

  • 残念、悔しいといった子供の感情に共感を見せる
  • あなたはよくがんばった、あなたの努力がなくなるわけじゃないと伝える
  • 不合格通知直後、落ち込みが激しいようならそっとしてあげる
  • 親の動揺や落ち込み、子供を責める気持ちは見せない
  • 子供の様子を見て手紙で伝える方が良さそうなら手紙でいたわる
  • 失敗を前向きに捉える言葉や、親のサポートで気持ちの回復を

第一志望の高校に不合格になると、誰でも落ち込むもの。

本人である子供が前を向けるように、親はサポートしてあげたいものですね。

晴れやかな顔でご縁のあった高校に入学できるよう、ぜひ参考にしてください。

【こちらも読まれています】

受験に失敗!かける言葉・言ってはいけない言葉は?大学受験失敗した子供とどう接する?
受験は一発勝負で何が起こるかわかりません。子供たちは将来のためにそんな一度のチャンスしかない大学受験に全てをかけているといっても過言ではありません。しかし、失敗してしまったら・・・。そこで今回は受験に失敗した子供との接し方について、お話したいと思います。

コメント