授業参観の後に感想を上手に述べられる親の見本となるには?

スポンサーリンク

新年度も始まり授業参観の機会がやってきましたね。一昔前は、母親もしくは父親といったようにどちらか一方が参観することが多かったように思います。

しかし最近では、地域交流を目的に開かれた学校作り目指し、祖父母を含めた地域の方も参観できる自由参観も増えてきたのではないでしょうか。

そんな授業参観で感想を尋ねられたら、ちょっと戸惑いますよね。そんな親御様必見の回答を教えます。

授業参観

授業参観になるととても張り切って手を上げ存在をアピールする子、恥ずかしくて緊張してしまいいつも通りにできない子、様々な様子を見せる子どもたち。どちらかといえば昔の私は後者の方でした。そして、娘も後者に近いと最近感じています。

授業参観なんて無くていいのにと思ったことも何度もありました。そして娘も、「来なくていいから」、「妹のところに行って」なんてことを言うようになりました。

やっぱり親子って似るのですね。積極的に手を挙げて発表できる子がうらやましかったのを良く覚えています。

教室がいっぱいで増築した年もあり、子どもたちであふれている頃を思い出しますが、最近では、少子化が進み合併する小中学校も多くなりましたね。

そんな教室は保護者のスペースが広くなり、参観日に子どもたちの様子がとても見やすくなりました。

そして、先生の目も行き届ききめ細やかな指導をしていただいていることに感謝しています。

普段見ることのできない我が子の一面に一喜一憂してりして、授業参観はとても貴重な機会だと思います。そんな参観日にそんな服装でいったらいいのか、悩んだりもしました。

初めての授業参観では悩んだりしましたが、意外とみんな普段着で一人だけ浮いてしまったり、逆に皆さん正装で恥ずかしかったなんて経験もあるかもしれません。こちらも以前に比べたら、軽装になっているように感じていますが、いかがでしょうか。

感想

「○○さんのお母さん(お父さん)いかがですか?」なんてふられてしまったらどうしますか。「授業中は先生の話を良く聞きなさい。」なんていってしまっていたら、下手な言い訳は通用しませんよね。

同じ学校に兄弟が2人、3人という感じでいたら、飛び飛びでしか見に行けなかったりで、まともな感想が言えないなんてことになりかねません。

そうなると子どもの立場がありませんね。お互い穴があったら入りたいなんて思っていることでしょう。

先生もピンポイントの質問は避けてくれるはずですので、全体の感想を述べるのが理想的だと思います。

前にも述べましたが、以前は授業参観にはどちらか一方の親が出席するのが多かったですが、今や両親だけで無く、祖父母や叔(伯)父叔(伯)母、地域の方の参加が多くみられてきました。

親という字は、「立っている木のそばで黙ってみている」なんていいますが、ついつい言い過ぎてしまったりしていませんか。私もついつい言い過ぎてしまい、毎日反省の日々です。

時代の変化と共に親のあり方も変わってきているのではないでしょうか。今や家での教育が学校生活に現れているように思います。

スマホやゲームの普及により子どもとの会話が減っているなんて話を耳にすることが多くなりました。友達の家に遊びに行ってもお互いがずっとゲーム、ゲームの中で会話を楽しんだりしているそうです。

ゲームをオンラインでつないで知らない人とつながるのが当たり前、以前でしたら考えられないことも当然のように受け入れていくこの時代に、親が授業参観に出席することの大切さを日々痛感させられています。

また少子化や核家族化に伴い、両親だけではなく、地域の方々の協力が不可欠となってきたように思います。

開かれた学校創りをする一方で、防犯面の強化も求め無ければなりません。先生方の業務負担をPTAがカーバーできている部分も多いのではないでしょうか。

一方で、PTA活動についても賛否分かれる時代になってきましたね。共稼ぎが増え、PTA活動への参加が困難になっていることも事実としてあります。

しかし、今や働き方改革もありますが、それぞれが家庭環境に合わせて仕事を選べる時代になってきました。私も、子育てを中心に仕事をシフトする選択をした一人です。人それぞれの環境にすべてが対応可能なわけではありませんが、学校の運営には保護者の協力が不可欠です。

まとめ

<授業参観で感想を述べるポイント>
1. 自分のタイプを把握し子どもの立場の配慮が必要
2. 全体の雰囲気を把握し偏った感想にならないようにする
3. 親も子どもや地域の方にみられている意識をもって望む

授業参観は子どもたちの違った一面を発見できる貴重な時間です。お忙しいとは思いますが、我が子の成長を是非感じていただきたいです。

子どもも緊張していますが、親も突然感想を求められるかもしれません。子どもの前で恥をかくことのないように、落ち着いて言葉を選びながら、全体を把握できるといいですね。

ここで上手に感想が言えれば、子どもとの信頼関係がより強いものとなるでしょう。

コメント