授業参観が終わった後の感想を一年生に聞いてみた!初めてで緊張しなかった?

スポンサーリンク

ご入学おめでとうございます。わが子の成長を間近で感じていることと思います。私もつい数年前に感動の入学式を経験しました。

うちの子は3歳の時に余命宣告を受け、絶望の淵から奇跡の生還を果たし、入学を迎えました。その時の感動は一生忘れることはないでしょう。当たり前のことが当たり前にできることのありがたさや幸せを改めて痛感させられたものです。

様々な思いで一年生を迎えられたことと思いますが、すぐにドキドキの学校生活が始まりますね。

毎日心配しながら過ごされているご両親やご祖父母の皆さんが、学校の様子を知ることができるのが授業参観ですね。

そんな授業参観の一年生はどんな気持ちなのでしょうか。

授業参観

新入学生のご両親にとって初めての授業参観。初めてだらけで、緊張しますよね。幼稚園からの一貫校であればお友達の心配もないでしょうが、そういった学校はまだまだ少ないと聞いています。もちろん私立の幼稚園であれば心配ないですね。

職場の関係や地域の幼稚園・保育園の減少等に伴い地元から少し離れた幼稚園・保育園に通わなければいけない場合もあります。うちも理念や考え方で幼稚園を選んだため、同じ園からのお友達はいませんでしたが、すぐにお友達ができ楽しく通っています。子どもの適応能力の高さには驚かされます。

親の心配をよそに意外と子どもたちはしっかりと学校生活を送れていて、一安心ということが多いですね。

その他にも、服装問題、ママ友問題、先生との関係の築き方、色々と心配が尽きないこととは思います。授業参観に出席することは、そんな心配を解消するためにも必要な一歩かもしれません。

今や授業参観は両親だけでなく、祖父母や、地域の方を積極的に受け入れ、大学のようなオープンキャンパス的に、気軽に行ける行事となっているようです。

感想

授業参観に参加すると、「いつも指されるから嫌なのよね」ということを言っていた方がいました。授業参観で指されるとはどういうことなのでしょうか。

子どもが人前で発表するのが苦手で、よく言っているのは聞いていますが、親も指されることあるのかと疑問に思いました。

すべての先生が保護者に感想を求めたり、答えを求めるわけではありませんが、一部の先生によっては、あり得ることだと知って、緊張しながら授業参観に出席したのを覚えています。

子どもたちが緊張感の中で授業をしているのだから、保護者も緊張感をもって出席するのも悪くないと思うようになりました。

一部の保護者の間では「やめてほしい」との声があり、今はほとんどなくなりました。確かに大勢の保護者や、子どもたちの前で答えるには気持ちの準備が必要ですよね。どんなに準備していても、思ったように話せないことのほうが多いです。

また、最近ではモンスターペアレンツ問題で頭を抱えている先生も多いと聞きます。私の従兄も教師をしていますが、保護者にだいぶ気を使うと言っていました。

そんな中、感想に関しては直接問う形ではなく、アンケート形式になっていることが多いようです。確かにそのほうが、答えやすいし、本音が言えるというメリットもありますね。ペーパーレス社会になった現在では携帯でアンケートを回収することもあるのではないでしょうか。

一年生

入学式から比べて学校にも少しずつ慣れている様子が見られ、ほっとしたり、不安になったりと、日ごろの心配は尽きないことでしょう。

授業参観の感想を子どもたちに聞くと、「緊張した」がほとんどでした。授業を見ていても、一年生にとって初めての授業参観で緊張している様子が伝わってきますね。

幼稚園や保育園でも保育参観を経験しているから状況は把握できていることが多いと思いますが、やはり幼稚園や保育園とは違う空気を感じる子どもたちが多いように思います。そんな様子を見ると成長を感じますね。

しかし、年度によっては、落ち着きのあるクラス、落ち着きのないクラスといったように、個性が強かったり弱かったりがあるようです。

どのクラスにも、目立つ子、目立たない子はいるのに不思議だなといつも疑問に思っていますが。幸い、うちの子のクラスは落ち着きのあるクラスで、大きな問題もなく過ごせているようです。

一方では、落ち着きがなく、先生が手を焼いているなんてことを聞いたりしています。一年生だから仕方がないといった面もありますが、一年生を受け持つ先生にとっては大変な事だと思います。

よく幼稚園や保育園の先生によって子供の性格が左右されるから本当に担任は重要だとう話を聞きますが、私は、小学校一年生の時の担任はもっと重要だと思います。

うちの子は幼稚園の卒園まではとても明るく、ひょうきんでいつも周りを楽しくするような子でした。ところが、「学校ではしゃべってはいけない」と毎日言われ続けた結果、学校では貝のように口を閉ざし、「学校ではしゃべってはいけないから石になっている」なんて言うようになりました。

授業中に無駄話はしてはいけないという指導はしていますが、しゃべってはいけないとは言っていないと先生は言います。しかし、後になり子どもによって受け止め方は異なり、行き過ぎた指導があった点を先生は反省しているようでした。

普段からとても厳しいと感じていた私はもっと早く相談すべきだったと反省しています。厳しくしても、大半は聞いてないという固定観念が一部の児童に影響を与えていたということですね。

そんな小さな変化や気づきをあたえてくれるのも授業参観なのではないでしょうか。

まとめ

<授業参観の感想、一年生のポイント>
1. 授業参観は親子共に緊張している。
2. 感想は親も聞かれることがある。
3. 一年生にとって緊張の場であるが、子どもの小さな変化に気づける貴重な時間。

怒ることはしても叱ることはしない親が増えているという昨今、きちんと叱ってくれる先生という存在は大きいと私は思います。

しかし、行き過ぎた指導に対しては、きちんと対処すべきですね。すべてを任せるのではなく、積極的に学校行事に参加して先生に対してもきちんと意見の言える環境つくりをするのも必要なことだと感じています。

先生も人間である以上、100%平等にというのは難しいように思います。しかし、子どもたちの個性をうまく引き出してくれる先生であってほしいと願います。

【こちらも読まれています】

授業参観の後に感想を上手に述べられる親の見本となるには?
新年度も始まり授業参観の機会がやってきましたね。一昔前は、母親もしくは父親といったようにどちらか一方が参観することが多かったように思います。しかし最近では、地域交流を目的に開かれた学校作り目指し、祖父母を含めた地域の方も参観できる自由参観も増えてきたのではないでしょうか。そんな授業参観で感想を尋ねられたら、ちょっと戸惑いますよね。そんな親御様必見の回答を教えます。

コメント