自衛隊は中卒でも入れる?出世は可能?女子の割合は?

スポンサーリンク

戦車

自衛隊の中でも中卒から入ることができるのは知っていますか?

近年日本では災害がたくさん起きていますよね。

被災地には様々な人が救助活動や支援に行っています。

その中で最近注目されているのは自衛隊です。

特に陸上自衛隊の活躍は目覚ましいものがありますよね。

でも、実際のところ自衛隊ってテレビで見る以外、詳しいことは全然わからないですよね。

特に中卒で自衛隊に入る学校なんて全くの未知の世界だと思います。

そこで中卒で入った元自衛官の私が、体験談やぶっちゃけトークを交えながら紹介していきます。

自衛隊は中卒でも入れる?どのような試験?

軍人

中学を卒業と同時に自衛隊に入ることはできます。

基本的には自衛隊は「18歳以上」という条件があるので、もし、中学を卒業と同時に入りたいのであれば、「陸上自衛隊高等工科学校」に入る必要があります。

通信制の高校と提携しているため、自衛隊の勉強もしますが一般の高校と同じように国語や数学などの勉強も行います。

3年間の生徒過程を終了したら高卒の資格を得ることができます。

ひと昔前であれば、陸海空の3自衛隊を選択して入隊できたのですが、現在では陸上自衛隊のみとなっています。

私が行っていた海上自衛隊がなくなってしまったのはとても残念な気持ちでいっぱいです。

試験内容は1次試験が筆記試験となり、国語、社会、数学、理科、英語、作文です。

2次試験が口述試験(個別面接)、身体検査となります。

受験方法は推薦と一般の2種類あります。

受付期間は推薦が毎年11月1日から約1か月間、一般は毎年11月1日から受験日の2週間前までです。

17歳未満の男子であれば受験可能です。

17歳未満ということは普通の高校に1年通ってからでも受験可能ということになります。

つまり2回受験可能なので、1回失敗してもまたチャンスがあるということになります。

2回受験することができるといっても、自衛官のエリートを育てる学校なのでとても狭き門です。

倍率は16倍です。

一般の高校であれば高くても3倍近くなので、倍率だけ見ても厳しいということがわかります。

それだけ人気が高く、またみんなが目指す学校とだということです。

ちなみに私は1回受験に失敗(2次試験で不合格となりました。)して、一般の高校に1年通ったのち再度受験して合格することができました。

試験の内容には高1で勉強するようなこともあったので相当勉強しないといけません。

試験についてもっと詳しく知りたい方はここを参考にしてみてください。

自衛官募集ホームページ:

中卒で入る人はどれぐらいいる?女子もいる?

?

現在、陸上自衛隊のみ入ることができるので陸上自衛隊での割合について紹介します。

高卒、大卒での募集定員は約9,300名です。(幹部候補生として入隊する人の定員は含みません。)中卒で入る人の募集定員は推薦が約70名、一般受験が約280名となっています。

なので、中卒で入る人の割合は3%程度です。

女子の入隊についてですが、残念ながら現在は女子の募集はありません

しかし、最近では女性の活躍の場が増えてきているので将来的には募集があるのかもしれません。

自衛隊に中卒で入ったら出世は可能?

軍服

まずは自衛隊の階級について紹介します。

 

種別 共通呼称 階級 種別 共通呼称 階級
幹部 将官 曹士 曹長
将補 1曹
佐官 1佐 2曹
2佐 3曹
3佐 士長
尉官 1尉 1士
2尉 2士
3尉 3士
准尉 准尉 准尉

自衛隊に中卒で入ったら3士から始まります。

3士は中卒で入った人たちにしか与えられない階級で自衛隊員でもほとんど見ることはありません。

ちょっと特別な感じがしますよね。

自衛隊の中で1番下の階級ですが(笑)

1番下の階級で始まりますが、ある程度までは出世することは可能です。

高校を卒業してから入隊したら2士から始まりますが、士から曹へ昇任するのにとても苦労します。最短でも4年はかかるので18歳で入隊した場合22歳が最短となります。

その点中卒で入ったらよほどのことがなければ4年で学校を卒業し、3曹へ自動的に昇任することができます。

15歳で入隊したら19歳で曹へ上がることができます。

その時点で3年のハンデがありますよね。

そこからは自分の努力次第ですが、どんどん昇任していくことができます。

私の知っている中では1佐までいった人がいます。

しかしながら、やはり幹部候補生として入隊した人でないと将官への道はありません。

中卒で入った人は現場での叩き上げエリートになります。

中卒で自衛隊に入るとどんな職務になる?給料は?休みは?

自衛隊のヘリ

中卒で自衛隊の学校へ入った場合だと3年間は自衛隊のとしての必要な知識や教養等を学び、普通の高校と同じ勉強を行います。

そして4年生になると専門的な勉強をします。

自衛隊では特殊な車両、通信電子機器、火器など専門的な知識が必要なため4年生になると専門的知識を学び、将来は技術的スペシャリストとなります。

主にどんな職務につくかというと、戦車の操作、レーダーの取扱、エンジンの整備、通信電子機材の操作・整備、化学器材の取扱となります。

高卒で入った場合と違い、たくさんの道があるので入ってからでも自分のやりたい道へ進むことができます。

中卒で入り、高校生という立場でも「特別職国家公務員」という身分になるので、毎月手当として月額102,500円もらうことができます。

それに加えて毎年2回期末手当をもらうことができます。

衣食住が保証され、医療施設もあるので病気になってもお金がかかることはありません。

福利厚生がしっかりしているのでとても安心できます。

また、週休2日制でお盆や年末年始の休暇もしっかりあります。

勉強しながらお金をもらえて、福利厚生がしっかりしているなんて最高の環境ですよね。

中卒で自衛隊はどんな生活が待っている?

自衛隊の訓練

お金の面などいい方ばかり話しましたが、生活は正直に言ってかなりキツイです。

朝6時に起床してからはほとんど息をつく暇がありません。

パンフレットに1日のスケジュールが記載されていますが、省かれていることがたくさんあります。

起床してから体操や掃除、寝具のベッドメイクなどがあるので余裕はありません。

午後の授業が終わると部活があり18時から夕食で、19時から掃除があるので1時間のうちに食事、入浴、洗濯、制服のアイロンがけなど1時間のうちに終わらせないといけないので全然余裕はありません。

少し厳しいように書きましたが、最初の1年で慣れていろいろと手際よくなるので最初の1年辛抱することができたら大丈夫です。

共同生活ということもあり、やはり人間関係で問題が起こります。

連帯責任があるのでどうしても協調性のない人がいるとトラブルが多々ありました。

協調性のない人に対しての嫌がらせがあったのは事実です。

先輩からのイビリについては時代が時代なのでありませんでした。

後輩には近づかないよう指導されていたので特に先輩からはなにもなかったです。

自衛隊の恋愛は?どこで出会う?

ハートを持つ男女

自衛隊の中にはホモが多いという噂をよく聞きます。

実際はそんなことはありません。

みんな外へ出かけて出会いを求めます。

近くの出身の人がいたら中学の同級生を紹介してもらったり、街へ出かけて声をかけるなどしていました。

周りに全く女子がいない状況なので自衛隊の中での恋愛はないので、なんとかして女子と出会おうと必死でした。

髪型に自由がないので必死に帽子でカバーしたり、お洒落をして楽しんでいます。

しかし、1年生の時は制服での外出になるので2年生になるまでは辛抱しなければなりません。

2年生からは申請したら私服での外出が許可されます

自衛隊に中学をでてすぐ入った私のリアル!

スーツの男性

私が中学を出てすぐ自衛隊の学校に入ったときの思い出はたくさんあります。

最初に思い出すことはどれもキツイときの思い出ですが。

20キロの装備を持って40キロ歩いて踵の皮がほとんど剥けていたり、戦闘訓練で喉が渇いて川の水を飲んだら大量の虫がいたり、学校の校長が交代するときに長時間立たされて途中意識を失って倒れるなど悪い思い出が先に出てきます。

しかし、訓練が終わった後に同期のみんなで騒いだり、休日に出掛けて遊んだりしたら辛いことも忘れています。

どんなに辛いことがあっても、同じ境遇の仲間がいると思うと乗り越えることができました。

4年も同じところで生活したら本当に腐れ縁になります。

また、洗濯やアイロンがけなど身の回りのことを自分でやってきたので一人暮らしを始めてもなにも苦になりませんでした。

私が困ったことと言えば、金銭感覚がおかしくなってしまったことです。

15歳から10万近くのお金をもらい、ボーナスももらえるなんて普通の高校生ではないことですよね。

しっかり貯金している人はいましたが、大半はおかしくなっていました。

そこだけは大人になったときに後悔しました。

中卒で自衛隊に入るなんて青春を捨てたようなもんだとよく言われますが、ある意味青春を謳歌できます。

かけがえのない同期を持つことができます。

私は自衛隊に入ることはおすすめします。

さいごに

まとめ

ポイントをまとめます。

 

  1. 中卒で自衛隊に入ることはできる。
  2. 中卒で入る人は3%程度で、女子は入ることはできない。
  3. 中卒で入ってもある程度出世することはできる。
  4. 中卒で入ると技術のエリートとなり、在学中は給料がもらえる。
  5. 自衛隊の生活はかなりキツイ。
  6. 自衛隊の学校にいても恋愛はする。
  7. キツクても楽しいこともあり充実している。

いい面も悪い面もぶっちゃけトークをさせてもらいました。

私は悪い面も含めてとてもいい思い出だと思っています。

ネット上では体力がある人しか無理という書き込みを見ますが、体力はあるものではなくつけるものです。

初めから何でも出来る人はいません。

私も体力には全然自信がなかったのですが、4年間乗り切ることができました。

テレビで活躍している人の中にも体力に自信がない人がいたと思います。

自衛隊に入って活躍したいと思ったら辛いことも乗り越えることができます。

憧れの自衛隊に入って災害地へ行き活躍の場を広げましょう。

コメント