自衛隊あるある5選!現役・元自衛官なら100%あるあるネタ!

スポンサーリンク

海上自衛隊

テレビや雑誌でよく自衛隊を目にすることは多いと思います。

しかし、テレビに映っている表面上の自衛隊しか知ることができず、裏側を知ることはできませんよね。

特に海上自衛隊は災害派遣などで見かけることがなく、ネット上でもお笑い芸人やYouTuberの人が陸上自衛隊についてのことは配信されているものの海上自衛隊のネタはみることがありません。

私は元海上自衛官ですが、陸上自衛隊あるあるは海上自衛隊ではあまり理解できない部分もあります。

そこで今回は元海上自衛官が、海上自衛隊あるあるを紹介していきます!

現役・元海上自衛官の人ならきっとあるあると感じてもらえるはずです。

自衛隊あるある5選! その1:自衛隊の仲間同士で歩いていたら歩調が揃う

自衛隊員

自衛隊に入隊したらすぐに教育隊と呼ばれる自衛隊の基礎を勉強する教育機関に入ります。

教育隊では様々な訓練がありますが、最初に訓練する内容の1つに行進訓練があります。

行進訓練では左足から先に出し、足の歩幅は75センチ、腕の振りは45度と決められた動きで皆で揃えて歩く訓練をします。

横の列と縦の列がしっかり揃うように指導され、皆で歩調を合わせるという訓練を毎日のように行います。

毎日同じ訓練を行っていたら身に染みついてしまい、自衛隊の基地の中だけならまだしも街の中を皆で歩いていたら自然と歩調が揃ってる、なんてことが多いです。

これは現役自衛官、元自衛官なら経験は1度と言わず、何回でも経験したことがあるはずです。

私は街を歩いている時に皆揃ってる!って気づいたときにはわざと歩調をずらして歩いていました。

しかし、歩調を揃えることに慣れすぎていて、前を歩いている人の足を踏むことが多くありました。

やはり毎日行っていることを変えることは難しいなと感じていました。

自衛隊あるある5選! その2:数字を言うとき2を「ふた」と言う

護衛艦

護衛艦などは何隻かで隊で行動し陣形を組んで海の上を走ります。

他の船とのやり取りは無線を使用します。

陣形を崩さないように、無線を使用して右に進む、左に進むとやり取りを行います。

その際に数字というのはとても重要になり聞き間違いのないようにしなければなりません。

1なら「ひと」、2なら「ふた」といったように聞き間違いが起きないようにしています。

数字を聞き間違えることはとても致命的で、船同士がぶつかるといった大事故にもつながりません。

なので、聞き間違えのないように普通とは違った呼び方をします。

そういったこともあり、自衛隊では数字の呼び方を徹底されます。

時間なども12時30分のことを1230(ひとふたさんまる)といったような呼び方になります。

この呼び方に慣れているせいで、民間の人に数字を伝えるときにも2のことを「ふた」と言ってしまい、なんだか恥ずかしい気持ちや自衛隊に染まったなって感じたことがあるのではないでしょうか?

自衛隊あるある5選! その3:寝言で号令を言う

海上自衛隊での教育機関では朝起きてからすぐに整列し、「号令調整」といって自衛隊で使用する号令を大声で発声する訓練を行います。

わかりやすい号令で言ったら「右向け右」「回れ右」などといった号令があります。

この号令調整をなぜするかということ、行進するときなどに代表者が指示する際に皆に聞こえるような大きな声を出さないといけないからです。

皆に聞こえてなかったら隊としての意思が疎通できなくなり、行進をしてもバラバラになってしまいます。

明日代表して指示をする係に当たったというときには、間違えないようにイメージトレーニングなどをします。

何回も繰り返し頭の中でイメージするあまり夢にまで出てくるのか、寝言で大きな声で号令を発声する人がいます。

その時は本人もですが、周りの人もビックリして飛び起きてしまったりしてしまいます。

自衛隊あるある5選! その4:洗濯物を溜め込む人がいる

干されている洗濯物

自衛隊の教育機関では日々の訓練などに時間を追われて洗濯物を溜め込んでしまいがちです。

なんとか時間を作って洗濯してもバタバタして取り込むのを忘れてしまうと、反省文を書かされたりしていました。

時間に追われ、洗濯物を取り忘れて反省文を書くくらいなら、時間ができたときにしようと考えますよね。

しかし、時間を作ることが苦手な人は、悪臭を放つくらいまで溜め込む人がいます。

護衛艦などにしても洗濯機の台数が限られて水も無限にあるわけではないので、洗濯機が空いてなかったりしたら洗濯する機会を失ってしまい、結果的に溜め込んでしまうという人もいます。

集団生活をしているので、やはり悪臭を放つまで溜め込むのはよくないので洗濯してもらいたいものですが、どうしても溜め込んでしまう人がいるようです。

自衛隊あるある5選! その5:集合時間がだんだん早くなる

自衛隊の隊列

自衛隊には「5分前の精神」というものがあります。

集合時間の5分前までには集合しておいたりすることです。

しかし、時間の感覚がおかしくなってきているのか、5分前には間に合うようにと思い10分前には着くようにします。

もしも、先輩が10分前に着いていたらと考えたらさらに5分早く現地に着くようにします。

そうなってしまうと、どんどん早く現地に着くようになり、しまいには30分前には着いておこうという考えにいたることもあります。

自衛隊にいるときによく宴会があったのですが、18時30分に開始なら10分前には着いておこうと考え、行ったら最後の方なんてことはよくありました。

試しに30分前に着くように行ったことがあるのですが、先輩はすでに到着しており、もう店の中にいたという経験もあります。

時間を守ることはいいと考えていましたが、さすがに30分前は早すぎるなと思っていました。

自衛隊の仕事の魅力・イマイチだったポイントは?

護衛艦

自衛隊の仕事は、なんといっても国のために働くということが1番の魅力です。

日本は海に囲まれた島国で海上交通を整えることが国を維持するための生命線の1つです。

その海上交通網を守るのが海上自衛隊の任務の1つです。

海の上を防衛するのが護衛艦の役割であったら、海の中を防衛するのが潜水艦になります。

護衛艦に乗って大砲を打つ訓練をしているときは、これで日本を守るという実感もありました。

逆にイマイチだったポイントは、海上自衛隊ということで船メインの考え方でいてもいいと思っていたのですが、陸上部隊優先の考え方だということです。

船は出港して何日も家に帰れないことが多く、出港と出港の間の日にちがなかったら私的なこともあまりできません。

しかし、陸上部隊メインの考え方なので船の都合を考えてくれていないことが多かったのがイマイチでした。

さいごに

現役・元自衛官なら100%あるあるネタ!のポイント

 

  1. 自衛隊の仲間同士で歩いていたら歩調が揃う。
  2. 数字を言うとき2を「ふた」と言う。
  3. 寝言で号令を言う。
  4. 洗濯物を溜め込む人がいる。
  5. 集合時間がだんだん早くなる。
  6. 日本のために働くことに誇りを持てる。しかし、陸上部隊メインの考え方で船乗りが損をする。

海上自衛官に限らず陸上自衛官、航空自衛官の人も少しはあるある!と思ってくれるネタを5つ紹介しました。

陸、海、空で多少の違いはあれど同じ自衛隊なので共通している部分は多いはずです。

日々の訓練でのクセなどどうしても身についてしまって自然と出てしまう、いわゆる職業病みたいなものが出てしまいます。

しかし、それは日々の訓練の賜物なのでおかしいことではありません。

これから自衛隊に入るという人も、こんなことがあるんだと参考にしてみてください。

コメント