自治会の夏祭りで行う挨拶、話すべき内容と大切なポイントとは?

スポンサーリンク

夏になると、提灯が公園に飾られるのを見かけます。公園に置いてある「○○自治会」と書いてある物置が開かれ、頭にタオルを巻いた人たちが、準備をしているのを見ることも。あれが自治会の夏祭りなのですね。夕方になると遠くからカラオケの音が聞こえてきます。

私も子どもの頃に自治会の盆踊りに参加したことがあります。子どものときは用意された場に参加するだけでした。大人になって、親睦会や秋祭りの企画をしてみると、あの夏祭りもいろいろな大人が、汗水たらして準備したんだなと分かります。

そんな夏祭り、自治会の会長や副会長など役職に就くと、準備だけでなく参加者の前で一言挨拶をすることもあるでしょう。そして、このページを見ているあなたは、その挨拶で何を言えばいいのか困ってここまで来たと思います。

いったい何を話せばいいのか、そのことで頭がいっぱいでしょう。この記事では自治会の夏祭りに適した挨拶の具体例をご紹介します。

しかし、自治会の挨拶には、内容以外にも大切にしたいことがあります。この記事の最後にそのことも書いていきます。この記事が困っているあなたのお役に立てれば嬉しいです。

自治会の夏祭りの挨拶、どんな内容にするべきか

自治会の夏祭りには、どんな人がくるでしょうか。その自治会に加入している家庭の方が来ますね。つまり子どもから高齢者まで、老若男女が集まります。ここが自治会挨拶のポイントです。

目上の方には失礼のないように、子どもには分かりやすいように。でも仕事の場ではないですし、これから楽しむというそれほど気負う必要はありません。分かりやすく無礼でなければ良いのです。

また、夏祭りですから暑いと思います。さらに、早く見て回りたくて、うずうずしている人がたくさんいます。また終わりの挨拶では、疲れて早くゆっくりしたいと思っている方もいるでしょう。そんな中での挨拶になります。

ですからダラダラと話さず、短めに切り上げましょう。そして忘れてはいけないのは感謝を伝えることです。つまり挨拶は無礼でなく、短く、感謝の言葉を言う、これに尽きます。

始まりの挨拶、具体例

みなさんこんばんは、自治会長を務めます〇〇です。本日は暑い中、たくさんの方に集まっていただき、ありがとうございます。

また、事務仕事や力仕事など、多くの方々がこの夏祭りのためにお力添えをくださいました。ありがとうございます。

(自治会名)の夏祭りも今年で◯回目となりました。今年も夏祭りを開催することができたことを嬉しく思います。

この夏祭りを通して、地域の方々の交流が一層深まり、(自治会名)がますます発展することを願いまして、私の挨拶とさせていただきます。大人も子どもも楽しみましょう。

上記の例文で、ゆっくりハキハキ話すと1分弱です。

自治会の状況に応じて、「ますます発展」のくだりを省いて、極々簡単に自治会の歴史に言及してもいいでしょう。

終わりの挨拶、具体例

みなさま、お疲れさまでした。今年の夏祭り、楽しんでいただけましたか?

大きなトラブルもなく、無事に夏祭りを終えられたのも、みなさまのおかげです。ありがとうございます。裏方として夏祭りを支えてくださった方々、ありがとうございます。

来年以降も(自治会名)の夏祭りが続くことを願いまして、私の挨拶とさせていただきます。

上記の例文で、ゆっくりハキハキ話して30秒です。夏祭りで特に印象的だったことや、ご自身の感想を交えて、1分程度にまとめると良いでしょう。

挨拶で大切にしたいこと

自治会の夏祭りで行う挨拶に困って、ネットで検索する方の中には、人前に立って話をすることが苦手な方もいるでしょう。むしろそういう方のほうが多いのではないでしょうか。

挨拶では内容と同じくらい、いやそれ以上に見え方、聞こえ方が大切です。挨拶を聞いて最も長く記憶に残るのは、言った内容ではありません。態度や話し方から受けた印象です。

大勢でワイワイと楽しむ場である、夏祭りの挨拶ならなおさら。内容は感謝さえ伝えられれば大丈夫です、それよりも与える印象に気を使いましょう。

夏祭りは楽しむ場です。いろいろな年代の方がおり、目上の方もいるとはいえ、堅苦しいのは場に合いません。夏祭りは楽しく活気のある場ですので、そういう印象を与えられるような見え方、聞こえ方を心がけましょう。

具体的には、語尾が小さくならないようにして、できれば声のトーンを少し上げましょう。言葉は一音一音はっきりと。小さなお子さんも大勢いると思うので、ゆっくり話します。目線は下げないようにします。

これだけでも印象は変わりますので、気を付けてみてください。

まとめ

● 自治会の夏祭りの挨拶は、無礼でなく、一分程度に納め、感謝の言葉を忘れない。
● 自治会の状況や自分の立場によって、内容を変えよう。
● 夏祭りは楽しく活気のある場と心得よう。
● 挨拶は一音一音ゆっくりはっきり話し、目線を下げない。

近年、自治会に加入しない家庭が増え、夏祭りが行われないところもあります。そんな中、夏祭りが行われるのは貴重です。ぜひ地域の交流の場になればいいですね。

代表挨拶は緊張もしますし、戸惑うことも多いと思います。この記事があなたのお役に立てば嬉しいです。

以上、自治会の夏祭りで行う挨拶、話すべき内容と大切なポイントとは?でした。

 

【こちらも読まれています】

夏祭り開会挨拶例文まとめ!町内会・保育園・幼稚園・自治会の夏祭り
楽しい夏祭り、最初の挨拶が「開会の挨拶」になります。 何を話せばいいのかわからない!という人もいると思います。 でもポイントだけおさえていれば難しくないので大丈夫です! 今回は夏祭りの開会に話す挨拶の例文を「そのまま話せるように」紹介しちゃいます!自分で文章を作成したい人にはポイントや盛り込む内容がわかるようになっていますので、参考にしてみてくださいね!
夏祭り閉会挨拶例文まとめ!町内会・保育園・幼稚園・自治会の夏祭り
楽しかった夏祭りの最後の締めの挨拶が「閉会の挨拶」になります。 何を話せばいいのかわからない!という人もいると思います。 でもポイントだけおさえていれば難しくないので大丈夫です! 今回は夏祭りの閉会に話す挨拶の例文を「そのまま話せるように」紹介しちゃいます!自分で文章を作成したい人にはポイントや盛り込む内容がわかるようになっていますので、参考にしてみてくださいね!

コメント