医師へのお礼状書き方マニュアル!担当医に感謝を伝えよう!

スポンサーリンク

お世話になった医者に、感謝の気持ちをお礼状で伝えることを考えているあなた。『時候の挨拶とか手紙にはいろんなルールがあるけど、それって必要かな?感謝を伝えたいけど、最低限のマナーは必要だし失礼なことはしたくないしなぁ。』と筆をとるのに思い悩みますよね。

そこで今回は、医者の“今まで実際に患者さんからもらって嬉しかったお礼状”というのを参考にしながら、喜んでもらえる感謝のお礼状の書き方をお伝えしたいと思います。

贈り物や現金を渡すことについても書いていますので、是非最後までご覧ください。

感謝のお礼状!お礼状で喜んで貰えるポイントは!?

私の家系には医療従事者が多く、母は今でも看護師として働いています。立場上、医者と関わりが深く感謝のお礼状を一緒に見る機会も多いようです。もちろん医者という職業柄、教養がある方なので手紙のマナーというものはよくご存知です。でも、患者さんからもらうお礼状のときにはマナーを見ることは一切ないと言っていました。

むしろ、患者さんの正直な気持ちが書かれた文は、何よりも感謝の気持ちが伝わってくるから、ルールにのっとって書かれた定型文のような手紙よりもずっと心に残るし、素直にうれしいとのことでした。

医者に手紙を書くというのはとても緊張しますが、医者にとっては患者さんからの手紙は仕事での何よりの励みになります。

中でもとくにうれしい言葉は
・先生に出会えて本当に良かったです
・先生が居たから今、家族みんなが笑って過ごせます

という、“担当してくれたのが先生で本当によかった”の感謝の言葉です。

いつどんなときも、患者の命を預かっていて気を張り続けている先生ですので、その患者さんからこんな言葉を言われるとやっぱりうれしいようです。

むずかしい手術をした後であれば、「先生は命の恩人です。」といった言葉も言われると医者冥利につきます。医者は『誰かの命を少しでも救いたい』と常に思っていますから。

お礼状の長さとしては、長くても便せん2枚程度がよいでしょう。感謝の思いを伝えたいという気持ちも分かりますが、あまり長すぎるのはくどくなります。手紙で書ききれなかった感謝は直接言葉で伝えましょう。

言葉遣いですが、医者とお話するときのように丁寧な言葉遣いを心がけてください。ただ、感謝の思いというのは、どんな言葉であっても伝わります。あまりむずかしく考えすぎずに自分の思ったまま気持ちを書いてみてください。

とはいっても、正しいお礼状の書き方・手紙のルールやマナーを知っておくのも大切なので下の動画もよければ参考にしてみてください。

これで完璧!① 手紙文の書き方

これで完璧!① 手紙文の書き方

また、時候の挨拶などを入れたいけどネットでいちいち調べるのが大変という方は、Wordでも挨拶文を簡単に検索できるので、こちらも参考にしてください。

Wordの使い方 【季節のあいさつ文を簡単入力】 #004

Wordの使い方 【季節のあいさつ文を簡単入力】 #004

完璧!?お礼状の書き方の文例

それでは、実際にお礼状の書き方の文例をお見せします。(主文の部分です)状況別に用意してみましたので、参考までにどうぞ。

むずかしい手術を受けたあと

〇〇先生へ

〇〇先生、この度は手術を担当して頂きまして本当にありがとうございました。
脳に腫瘍が見つかったときは、後遺症や高い手術のリスクを考えると目の前が真っ暗になり、一日中何も手につかず、大好きだった食事も喉を通らなくなる程落ち込みました。
これからの人生、誰かに迷惑をかけながら生きるのかな…と考えるだけで生きていくことが辛かったです。

でも先生は、「全力を尽くして、後遺症を残さないようにするからね。」と私の手を握って力強く励まして下さいました。
それだけではなく、不安そうにする父と母にも本当に優しくお気遣いの言葉をかけて頂き、先生の温かさに感謝するとともに、とても心が救われました。
手術後は、有り難いことに後遺症も無かったので、お見舞いに来てくれた家族や友達は涙を流して喜んでくれました。

本当に先生のおかげです。感謝の言葉もありません。これほど命の大切さを感じたことはありません。
私は今、本当に幸せです。これからも毎日、感謝を忘れずに暮らしていこうと思います。

出産のあと

〇〇先生へ

〇〇先生、この度は妊娠から出産までの長い期間大変お世話になりました。
何もかも初めてのことで不安が沢山ありましたが、先生のもとで出産ができたことを本当に嬉しく思います。

自然分娩で産みたかったので、急遽帝王切開になってしまったときはとてもショックでした。
でも、帝王切開のあとに「命をかけてあなたが守った命ですよ。本当によく頑張りましたね。」と先生に声をかけて頂き、産み方に愛情の違いなんてひとつもないと気づいて、涙が止まりませんでした。

自然分娩にこだわっていましたが、赤ちゃんの顔を見ると本当に可愛くてすぐに吹っ飛んでいきました。
帝王切開のおかげで苦しむことなく出てこられた、元気いっぱいの我が子を抱きしめることができて、本当に良かったと心から感謝しています。
先生の温かな言葉がけを私は一生忘れません。本当にありがとうございました。

通院のあと

〇〇先生へ

〇〇先生、この度は何度も何度も丁寧に診て頂きまして、本当にありがとうございました。
お陰様で、痒みに悩まされることなく仕事に行く時間ギリギリまで寝てしまうことがあるほどよく眠れています。これも本当に○○先生のお陰です。

どこの病院に行ってもすぐにステロイド剤を処方されるだけで、はっきりとした原因が分からないまま過ごすのがとても辛かったです。
治る見込みもなく途方に暮れていたところ、○○先生に出会いました。
出来るだけステロイド剤を使わない方向で治療をしたいという私の思いに寄り添い、何度も親身に私の症状について聞いてくださいました。

私に日記をつけるようにアドバイスをしてくださり、それを一緒に見て何か原因になるものはないか考えて下さり、生活の改善など薬を使わない治療についても色々教えて下さいました。
○○先生のように、諦めずに患者に寄り添って考えてくださる先生に出会えて本当に幸せです。
まだ治療が必要でときどき通院をさせて頂くと思いますが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

違う病院を紹介してもらったとき

〇〇先生へ

この度は、○○病院を紹介して頂きまして本当にありがとうございました。
お陰様で、ようやく右足を動かせるようにまでよくなりました。最近は松葉杖をついたら病院の庭の散歩にも行けています。

私の症状を見たときに、〇〇先生は、「この病院でも治療は可能だけれど今後のことを考えたら、○○病院を紹介することもできますが、どうしますか?もちろんこの病院でも全力で治療をさせて頂きます」と、言って下さいました。
私は医療の知識も無かったので、治療の方法を選択できるということを知りませんでした。
治療は医師に任せきりだと思っていたので、自分にできることはないと思っていましたが、自分の治療方法について少しでも知れるというのは本当に心強かったです。

先生は、ご自分の病院で治療を受けさせるだけではなく、患者の目線になって治療の選択権を与えてくださるという本当に素晴らしいお医者さんです。
先生の様な素晴らしいお医者さんに出会えて私は本当に運が良かったです。
これからしっかりリハビリをしてまた大好きなショッピングにでかけたいと思います。

退院のとき

〇〇先生へ

〇〇先生、長い入院生活中は本当にお世話になりました。
先生はお忙しい中、いつも出勤されたら必ず病室をのぞいて下さり、「今日はとても元気そうですね。」と私の顔を見て声をかけて下さいました。
私は人と話すことが苦手で、先生の声掛けにもうまく返事が出来なかったり、ただ黙って頷き聞いているだけのことも多かったと思いますが、そんな私に先生はいつも温かい笑顔で話しかけて下さいました。
お陰で入院生活も心細い思いをせずに楽しく過ごせました。
リハビリ中に、○○先生が私に気づいて「いつも頑張りすぎているので、たまにはしんどいといって休んでくださいね。」と言って下さったのはとても嬉しかったです。
自分を見てくれている人がいると頑張れるものですね。

これから私は退院しますが、先生が言って下さったようにたまには休みながらリハビリを頑張ります。
いつも見ていて下さり、応援して頂いて本当にありがとうございました。

お礼状を渡すタイミングは!?どのタイミングが一番ふさわしい!?

診察室や退院の前などで、医者とふたりきりになれたときに渡すと先生も受け取りやすいです。現金が入っていたらと思って受け取って頂けないこともあるので、「感謝の思いを手紙に書いてきました。読んで頂けるとうれしいです。」と言って渡しましょう。

病室では他の患者さんの目もあるので、他の患者さんがいないところで渡すように配慮してくださいね。

また、退院後やお世話になってから時間がたった場合でも、病院名と送りたい先生の名前を書いて郵送するのもよいです。この場合であれば、先生もご自分のタイミングで見ることができます。

時間がたった場合であれば、感謝の気持ちと一緒に今の様子(よくなったことや、できるようになったことなど)を書いて送ると、先生も喜ばれます。

要注意!お礼状と品物!これって大丈夫!?

医者へのお礼は、しないといけないものではないです。お礼はあくまでも気持ちですることです。お世話になったからどうしても感謝の気持ちを伝えたいと思ったときにお礼状を書きましょう。

また、お礼に品物・現金を送ることを考えている方もいると思いますが、最近は「品物は受け取ることができません」と病院内に張り紙をしているところが非常に多いです。

昔は現金を包んで渡す人も居ましたが、する必要はないと医者自身が言っています。品物や現金よりも、お礼の手紙の方がうれしいという医者も多いです。

基本的に受け取りはしない規則がある病院では、品物を送るのは控えましょう。ときどき、「病院の皆さんで食べてください。」と高価ではない菓子折りであれば、「皆で頂きます」といって受け取ってもらえる場合もあるみたいです。

現金は、公立の病院であれば医者が収賄となってしまう可能性があり、先生にも非常に迷惑がかかるのでこっそりだとしても渡すことはやめておきましょう。

最近は“医者に現金を渡すのは失礼”だという医者も増えていますので、こうした意見もあるということは、心にとめておきましょうね。

まとめ

1. 医者は、手紙のマナーをあまり気にしていない
2. 医者は定型文のような手紙より、心のこもった素直な言葉のほうがうれしい
3. 感謝の気持ちを具体的に伝えると、先生の心に残りやすい
4. 手紙はふたりきりのときに直接渡すか、郵送する
5. お礼にはお金や物より手紙のほうがよい
6. もしも現金や贈り物をする場合は、病院の規則を必ず確認する

お世話になったお礼の気持ちを伝えたいという思いは、「先生、本当にありがとうございます」という言葉だけで十分に伝わります。その感謝の気持ちというのは、手紙を渡す・贈り物をするという形にこだわる必要は全くありません。

医者にとっては物をもらうよりも、患者の元気になった姿をみられることが一番うれしいことですので、お礼(贈り物)にばかり気をとらわれずにあなたやその家族が元気で幸せに過ごすことを一番大切にしてくださいね。

コメント