犬鳴山の紅葉2019!駐車場はあるの?見頃は?ハイキングはできる?

スポンサーリンク

紅葉と川

ようやく残暑も落ち着き、秋の気配を感じられるようになりました。

例年以上に猛暑続きだった夏を乗り切ったご褒美に、紅葉狩りにでも出かけて癒されたいと思う今日この頃。

でも、せっかく癒されにいくのに、よけいに疲れる混雑した紅葉スポットは避けたいものですよね。

そんな方におすすめなのが、大阪府と和歌山県の県境近く、泉佐野市にある犬鳴山の紅葉です。

比較的混雑が少なく、駐車場もいくつかあるで、「子どもといっしょに出かけたいけど、荷物が多くなるから電車でいくのは……」という方にもおすすめです。

きれいで見応えもあり、子どもといっしょに歩けるハイキングコースもある関西の隠れた紅葉スポット。

今回はそんな犬鳴山の魅力や、周辺の駐車場情報、紅葉狩りに最適なハイキングコースを紹介していきたいと思います。

犬鳴山の紅葉2019!駐車場はあるの?

車の足元

犬鳴山まで車でいく場合、麓の犬鳴山温泉バス停横の駐車場を始め、七宝瀧寺参道入り口付近の売店や飲食店の駐車場など、いくつかの駐車場があります。

150台停められる駐車場もあったりと、駐車場がみつからない、ということにはならないかと思いますが、やはり紅葉時期にはあるていどの混雑があったり周辺の道路も混み合ったりするので、車で行く際にはなるべく朝の早い時間に出掛けた方がいいでしょう。

また、犬鳴山の麓は大阪唯一の温泉郷といわれる犬鳴温泉郷で、日帰り、宿泊向けの温泉施設もいくつかあります。

紅葉狩りのあと温泉に寄る予定があるなら、施設によっては、予約をしてその駐車場を使用させてもらうこともできます。

犬鳴山の紅葉の見頃は?

赤い紅葉

犬鳴山の紅葉は11月中旬から色づき始め、11月下旬にピークを迎えます。

そのあとも12月中旬くらいまで紅葉が残っているので、長い期間紅葉を楽しむことができます。

おすすめは、やはりピークの11月下旬ですが、忙しくてその時期にいけないというかたでも、その時々でいろいろな魅力が感じられる素敵なところなので、予定が合ったときに出掛けても、十分に紅葉を堪能できるでしょう。

犬鳴山とはどんな山?ハイキングコースはあるの?

森

「犬鳴山」とは、実際にそういう名前の山があるわけではなく、日本最古の修験根本道場・犬鳴山七宝瀧寺の山号のことで、犬鳴川渓谷を中心とした周囲の山岳の総称です。

修験道の霊場としても名高く、パワースポットとしても有名で、実際「行者の滝」では、滝に打たれる修験者の姿が見られることもあります。

また、紅葉に関しても泉州一といってもいいスポットで、「大阪みどりの百選」のひとつに選定されています。

犬鳴山にはその数四十八滝といわれる大小さまざまな滝があって、場所によっては、滝と紅葉の美しいコラボレーションを楽しむことができるでしょう。

泉佐野市 犬鳴山の紅葉

泉佐野市 犬鳴山の紅葉

犬鳴山のかなしい由来「義犬伝説」

「犬鳴山」の名前には、ある忠犬伝説が由来しています。

その昔、紀伊の猟師が犬を連れて、滝のあたりで一匹の鹿を追っていたときのこと。

弓で鹿を射ようと狙いを定めたとき、突然、犬がうるさく吠えだしました。

犬の鳴声におどろいた鹿が逃げてしまったことで、猟師は怒って腰の山刀でまだ吠え続ける愛犬の首はねてしまいました。

そのはねられた首は、そのまま空中を飛んで、なんと猟師のそばの大樹にいた大蛇の頭に噛みついたのです。

実は犬が吠えていたのは、大蛇に狙われていることに気づかず狩りを続けていた主人を救おうとしたからなのでした。

そのことを知った猟師は、自分のおこないを悔いて修行僧となり、愛犬をねんごろに供養しました。

この話を聞いた宇多天皇が、「報恩の義犬よ」と賞して「犬鳴山」の勅号を与えたのが、この山の名前の由来だといわれています。

このあとに紹介するハイキングコースの途中には、このエピソードを描いたプレートや愛犬のお墓もあったりするので、あらかじめお子さんたちにこの話をしておいてあげれば、また一味違った感慨を抱けるのではないでしょうか。

犬鳴山のハイキングコースは?

犬鳴山の紅葉を楽しむには、ハイキングコースを歩くのがいちばんです。

犬鳴山には、ゴールにする場所によって初心者から山歩きに慣れている人まで楽しめる、さまざまなコースがあります。

まず、子ども連れや初心者の方にもおすすめなのが、七宝瀧寺(行者の滝)までの渓谷沿いに歩くコースです。

このコースは道も平坦で、途中にお手洗いもあったりと、紅葉に癒されながらのんびり安全に子どもといっしょに歩けるコースになっています。

道中は赤、黄色、オレンジに染まったモミジやカエデに彩られ、途中にあるいくつかの滝と相まって、まるで別世界にきたような気分に浸ることができるでしょう。

紅葉を楽しみながらゆっくりと散策をしたいのであれば、このコースが一番のおすすめです。

もし、もう少し歩く元気があるのであれば、五本松まで歩くコースもあります。

林道と登山道を交えて歩く往復数時間ほどのコースですが、登山道もそれほどきついものではなく、紅葉以外にもたくさんの自然に包まれてみどころいっぱいのコースとなっているので、ハイキングコースとして考えているなら、こちらのコースのほうが楽しめるかもしれません。

ハイキングではなく登山として犬鳴山を訪れたいのであれば、七宝瀧寺から足を延ばして燈明ヶ岳までの往復コースにするのもいいのではないでしょうか。

歩行距離は短めですが、意外に急坂になっていて、なかなか登りごたえのあるコースとなっています。

がんばれば初心者や子どもでも登れるコースではあるので、がんばれる自信があるのであれば、思い切ってこちらのコースに挑戦してみるのもいいかもしれません。

それでも満足できない人には、さらに燈明ヶ岳から先に行く天狗ヶ岳までのコースもあります。

こちらはアップダウンの連続や、ロープが張られた急な坂があったりと、「ハイキング」というより「登山」というようなコースになっています。

他にもいろいろとコースはあるのですが、さすが有名な行場の山というだけのことはあって、ハイキング気分でいくと後悔するような道になっていることが多いので、紅葉狩り目的でいく場合にはご注意ください。

そして、それぞれのコースから戻ってきたあとは、犬鳴山麓にある温泉宿で疲れた体を癒すのも最高に乙なものです。

もし時間があるようなら、こちらもぜひ合わせてお楽しみください。

犬鳴山が紅葉の時期の服装は?気温は?

森の中をハイキングする人々

七宝瀧寺までや五本松までのコースではあれば、ズボンにスニーカーなどの動きやすい普段着でも大丈夫です。

時期にもよりますが、山を登ることになるので、少し寒さは気にしたほうがいいかもしれません。

ただ、歩いていると体は温もってくるので、途中で脱いだりできる上着を羽織っていくのがいいかと思います。

そして、いくら涼しくなってきているとはいえ、汗ふき用のタオルと飲料水は忘れないように持っていくよう気をつけてください。

そのほかのコースをいかれる場合は、普段着ではなく、かならず本格的な山登りの服装や道具を持っていくようにしましょう。

それほどの険しい道ですので、心してかかってください。

まとめ

もみじを持つ手

紅葉を見にいきたいけど、混雑しているところはちょっと……というかたにおすすめの犬鳴山を紹介させていただきました。

 

  • 犬鳴山には駐車場がいくつかあり、車でのアクセスも問題なし。
  • ハイキング後に温泉施設を利用するなら、その施設の駐車場を使用させてもらうのもあり。
  • 犬鳴山の紅葉は11月中旬から色づき始め、11月下旬がピーク。そこから12月中旬までの長い期間紅葉を楽しむことができます。
  • 犬鳴山には、子どもづれ・初心者から馴れている人まで楽しめるいくつかのハイキング、登山コースがあります。紅葉を楽しむハイキングなら、七宝瀧寺までか五本松までのコースがおすすめ。
  • ハイキングコースであれば動きやすい普段着で、それ以外のコースは本格的な登山用のかっこうでいきましょう。

暑かった夏が終わったと思ったら、これからまた、すぐに寒い冬が訪れます。

つかの間の過ごしやすいこの季節、日頃の忙しさを忘れて、犬鳴山でのんびり自然に包まれながら身も心もリフレッシュしてきてはいかがでしょうか。

【こちらも読まれています】

キャンプ好きに聞いた紅葉が美しいキャンプ場5選!実体験談つき!
まだ夏の疲れもぬけていないという方もいるかもしれませんが、紅葉を楽しみながらのキャンプという秋らしいアウトドアはいかがですか?今回、紅葉の美しいキャンプ場を厳選して5つを実体験談とともにおすすめポイントや注意点なども一緒にご紹介したいと思います。

コメント