イメチェンしたい中学女子にお勧めの5つのポイント!夏休みに試したい!

スポンサーリンク

夏休みや長期休み明けにみんなをビックリさせたい、お洒落になりたい、かっこよく(かわいく)なりたい、好きな人に見てほしいなど、イメチェンしたい、変わりたいと思う人は沢山いますよね。私も学生時代はそんなこと考えていた一人でした。

しかし、中学生では校則が厳しかったり、服装も制服やジャージで過ごしたりして変化を見せることが難しいんじゃないかな、なんて思ったりしますよね。

実は、そんな制限がある中でも夏休み明けにみんなを驚かせることができるイメチェンポイントは色々とあるんです。

中学生でも気軽にできる、お勧めしたい5つのポイントを紹介しますので、試してみて周りの人をアッと驚かせてみてくださいね。

毛(髪の毛、眉毛、まつげ)

私は以前少しだけメイクアップアーティストのアシスタントをしていたことがあるのですが、日頃あまりメイクをしない人にメイクをする際は、必ず眉毛とまつげに変化を付けるように意識し、またアドバイスをする際は、毛を意識してきちんと整えるようにと話をしていました。

それは、少しの変化でイメージが作りやすく変わりやすいからです。

中学生では校則でメイクが禁止のところも多いと思いますが、まつげにマスカラはつけられないにしても、髪の毛と眉毛は整えたり、形を変えたりできます。

少し変えるだけで変化を感じやすい部分ですので、大きく変えなくても十分イメチェンは可能です。前髪に変化を付けるだけで違って見えます。気合を入れるあまり、髪を切りすぎてしまったり、眉毛を細くしすぎてしまうとイメチェンも逆効果です。

その点だけは注意して、あくまでも自然な仕上がりになっている、自分に似合うスタイルに仕上げましょう。

また長さを変えるのではなく、アレンジを加えるだけで充分イメチェンは可能ですので、大きく変わってしまうのが不安だったりできない場合は、ちょっとしたアレンジから始めてみてもいいでしょう。

ダイエット

イメチェンをしたいなら、体型に変化を付けるのが分かりやすいでしょう。体型が変わると性格も違って見えますし、同じ服を着ていても別人のようになりますよね。

少しずつゆっくり痩せて継続して見られていると変化に気づきにくいかもしれませんが、夏休み中にダイエットをして久しぶりに会ったら、急に変化したようでみんな驚くことでしょう。

私も半年前に3か月で5キロほどダイエットをしたのですが、久しぶりに会った友人は驚いていて、会って第一声が「痩せた?」だったことがありました。反応がはっきりしていたので嬉しかったのを覚えています。

ただ、夏休みは暑さで夏バテすることもありますし、無理なダイエットは禁物です。もしやる場合は、無理なく健康的に痩せられるダイエットを行ってくださいね。

メガネ、コンタクト

今までメガネをかけていた人がコンタクトにしたら、あれこんな顔だったんだと思われたり、目がよく見えることで少し距離が近く感じたり、逆に今まで裸眼、もしくはコンタクトを使っていた人がメガネをかけてみたら、知的なイメージになったり、お洒落に見えたり。

メガネとコンタクト、裸眼をうまく使えば、今までのあなたと違ったイメージを持ってもらえるでしょう。

コンタクトを使っている人は、コンタクトの色を変えることでもだいぶイメージが変わりますので、メガネは嫌だと思う方はカラーコンタクトに挑戦してみても良いかもしれません。

日焼け

夏休みに日焼けをしてこんがり焼けた肌になると、健康的な雰囲気になり、活動的に見えますよね。

私は大学生の時にイメチェンをしたくてその時ラクロス部に所属していましたので、今では後悔するばかりなのですがオイルを塗りながら外練習に励んでいました。

もともと肌はかなり白いほうだったのでイメチェンは成功しましたが、それと似合っているかはまた別の話で、私の場合は色黒が似合う顔立ちではなかったので失敗だと思いすぐにやめてしまいました。

日焼けする方法は自然に焼く以外にサロンに行く方法もありますが、サロンだと焼きすぎてしまう可能性もあります。

私のように失敗しないように、少しずつ焼いて様子を見ていくことをお勧めします。

香り

特定の香りを嗅いで、昔のことを思い出した経験がある人もいるかもしれません。それくらい香りは無意識に私たちの記憶に残っています

香りを変えたらイメチェンになるので香水を変えるという話はよくある話ですが、中学生は基本的に香水をつけて学校に行きませんよね。それでも大丈夫です。

シャンプー、リンス、トリートメントを変えてみたり、夏場だったら使用する制汗剤を変えるだけでも十分香りに変化が出ます。

通り過ぎたときにふわっと香る匂いが変わるだけでも印象が変わりますので、是非試してみて下さい。

中学生にお勧めするイメチェンのための5つのポイント

・毛(髪の毛、眉毛、まつげ)を整えよう、変化をつけよう
・ダイエットでシルエットを変えよう
・メガネ、コンタクト、カラーコンタクトをうまく使ってみよう
・日焼けしてみよう
・香りを変えてみよう

以上、中学生でもイメチェンしやすいポイント5つをお話してきました。

これをすべて試してみたら、夏休み前の自分とは別人のようになっているかもしれませんね。ただ大きく変化しても驚かせただけで「前のほうがよかったのに」なんて思われてしまったら折角の変化も台無しになってしまいます。

もちろん周りの反応も大切でしたが、イメチェンしてみたあなたが気に入るかどうかがまず大切であり、特定の人に変化を見せたかった場合はその人の反応も確認してみてください。

そして、似合っていないな、なんか変だなと思えば夏休み前の自分に戻してみるのも良いと思います。

目的はかっこよくなった、かわいくなった、知的になった、話しかけやすくなった、自信がついたなどポジティブに受け取れるイメチェンだと思いますので、それを忘れずに変化を楽しんでみてくださいね。

コメント