言い方がきつい!直し方は?女性におすすめの改善策まとめ!

スポンサーリンク

先生に怒られる男の子

会話をしていて、「言い方がきつい」と指摘された経験はありませんか?

自分ではそんなつもりは全くないのに、相手にそんな印象を与えていたなら、非常に残念ですよね。

友達関係も仕事関係もコミュニケーションなくしては、成り立ちません。

せっかくの指摘なので、 自分を振り返ってみながら、相手に嫌な印象を与えず、伝えたいことを伝えられる言葉選びを勉強してみませんか。

優しい言い方ができたなら、きっと今後の「出遭い」は、今以上に素晴らしい関係が築けるものになるでしょう。

きつい言い方の直し方から、きつい言葉が周りへ与える印象、キツイ言い方の女性の心理などを分析しました。

ぜひ参考にしてください。

言い方がきついと言われた!なぜそう思われるのか?直し方は?

では早速、キツイ言い方とは、どんな表現でしょうか。

次の例で考えてみましょう。

学校生活編

教師に質問をしたら、「何でそんな簡単なことが分からないの!?」

これは、否定的な言葉で繋がれていますよね。

攻撃的で、上から目線の会話です。

教師たるもの、これではいけないのですが、相手の言いたいことを引き出す表現に変換できれば、決してこのような言葉にはならないはずです。

前向きな表現に変換してみますね。

変換後:
「一生懸命取り組んでいるようですね。では、まずどこで分からなくなったか、教えてもらえませんか?そして、今の躓きを一緒に考えていきましょう。」

まずは、相手の前向きな行動を肯定し、努力を認めています

そして、相手が何を求めているのかを聞き出す表現になっています。

「教えてもらえませんか?」という受け身の表現によって、相手を尊重しています。

また、最後に「一緒に」と言うことで、前向きで柔らかな印象を与えますね。

仕事編

先輩から、「同じことを毎日言うのも疲れるのよ。最初は丁寧に教えてたけどさ。一応、資格持って働いてるんだから、責任を持って仕事をしなきゃダメでしょ!」

これは、私が職場で耳にした会話です。

否定的な表現に加えて、「疲れるのよね」と、自分の感情が入ってしまっています。

「責任持って」という言葉も、よく使ってしまう言い回しですが、具体性には欠ける表現ですね。

職場でこれを言われた有望な新人さん、残念ながら退職してしまいました。

では、具体的なアドバイスを加えた表現に直してみます。

変換後:
「このミスが続いているようなので、メモを取るようにしてはどうですか?一緒に復習してみましょう。他に疑問点はありませんか?」

「このミスが」という指摘と、「メモを」との提案をすることで、具体的に表現されていますね。

最後に「他に疑問点は」と聞くことで余裕をみせています。

余裕がある人の方が質問しやすいですよね。

どの場面でも、まず相手を受け入れ、肯定しましょう。

前向きな言葉、柔らかい言葉でこちらの意見を話し、ゆっくりとしたペースを心がけてください。

言い方がきつい女の印象は?実は周りからこう思われている!

銃を構える男性

先にも述べましたが、生きていく中でコミュニケーションは、必須のものです。

ガツンと言う必要がある場面にも遭遇します。

しかし、同じことを伝えるのにも、キツイ言い方ではマイナスに働くことが多いように感じますね。

それに伴って、「プライドが高い」とか「頑固そう」といった印象がついてまわります。

私自身も、比較的若いうちは「仕事ができると思われたい」気持ちから、キツイ言い方が多かったと振り返ります。

「サバサバしてるから話しやすい」と言われたこともありますが、逆に「正論なんだけどねー」という反応のときもありました。

歳を重ねて今は、「言いたいことを、相手に伝わりやすく、かつ高圧的にならない言い回し」を心がけるようになりました。

勿論、経験的なものもあると思われますが、自分を振り返る時間を作ることも大きく作用したと感じます。

「人にどう思われたい」という気持ちより、「どうしたら嫌な気持ちを与えずに相手に伝わるか」と考える事の方が多くなりましたね。

最近では、「〇〇さんにうまく伝えて」という役回りも増えました。

言い方がきつい人って自覚はあるの?自覚がない人の方が指摘・改善しやすい?

言い方がキツイかも、と自覚がない人は、急に指摘されるとハッとして、意外にあっさり直そうとするかもしれませんね。

ただ、この指摘の仕方にも注意が必要ですよ。

「それは、こういった意味合いでしょうか?」といった受け身の姿勢から入った方が、トラブルなく進むでしょう。

言い方がキツイかも、と自覚のある人は、既に直そう、という方向に向かっています。

もしかすると、ヒントを探っている段階かもしれませんよ。

自分が正しいと思っていることが多いので、まずは意見を肯定しましょう。

人を変える前に、自分が余裕を持って、ゆったりとした気持ちで対応するといいですね。

言い方がきついのも個性のうち?そのまま続けるとどうなる?

言い方がキツイと指摘がある、ということは不快な思いをしている人がいる、ということです。

これを個性という言葉で片付けてしまうのには、もったいないですよ。

キツイ言い方を続けていたら、関わりをもつ人間が少なくなってしまいます

せっかくの楽しいお誘いも、なくなってしまうかもしれません。

何より、言葉は心を表します。

相手に敬意を払い、丁寧に考えた言葉をチョイスすると、おのずとゆっくりとした口調になってきますよ。

人に変革を求めるならば、言葉の大事さを伝える、というのも1つの方法かもしれませんね。

まとめ

カラフルなスマイルの人形

  • 否定的な表現は、高圧的に感じキツイ言葉と捉えられてしまいます。相手を肯定して、前向きな、柔らかい表情で話すのがポイントです。
  • キツイ言い方は、誤解を与えかねません。言いたいことが相手に伝わる、優しい言葉を探しましょう。
  • キツイ言い方をしていると自覚がない人には、まずは「真意」を確かめる戦法で、トラブルの回避を。キツイ言い方をしていると自覚がある人は、自分の意見を肯定してくれる人がいれば、簡単に変わる可能性を秘めています。
  • 言葉は心を表します。せっかくの「出遭い」のチャンス、相手に敬意を払う言葉をチョイスして、円滑な人間関係をつくりましょう。

キツイ言葉も、優しい言葉も、意図することは同じであることが多いです。

せっかくなら「前向き」になれる言葉を意識してチョイスしてみませんか。

明日が楽しくなりますよ。

【こちらも読まれています】

頑張りすぎる人にかける言葉3選!女性で仕事を頑張る人に伝えたい!
仕事を頑張っている女性・頑張りすぎる女性は、しっかり者で頑張り屋が多く、何事にも打ち込める素敵なパワーを持っています。しかし、時には休まなければいけない状態であっても無理に仕事を続けてしまいがちです。今回は男性目線で考える、仕事を頑張っている女性を勇気づけたいときに声を掛ける言葉や一緒に渡すと喜ばれるプレゼントをご紹介します。

コメント