冬休みの工作高学年向けアイデア5選!冬休みにしたい高学年の勉強内容は?

スポンサーリンク

冬休みはクリスマスやお正月など様々な楽しみがありあっという間に毎日が過ぎてしまうものの、忘れてはいけない現実として冬休みの宿題、特に頭を悩ませるものとして工作があります。

高学年の冬休みの宿題として工作が出されると、やっぱり簡単なものはダメなのか、何を作ったら良いのか、どのくらいのものを作ればよいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は高学年の冬休みの宿題の工作おすすめできる、参考になるアイデアをいくつか紹介していきます。

あっという間に過ぎてしまう冬休みでもきちんと勉強や宿題を終わらせられるスケジュールの立て方なども紹介しているので、ぜひ冬休みを迎える前にチェックしておきましょう!

【冬休みの工作高学年(5年・6年)向けアイデア5選!その1:消しゴムはんこ】

消しゴムハンコの作り方(津久井先生)

消しゴムハンコの作り方(津久井先生)

消しゴムはんこはそれぞれ個性あふれるはんこをお手軽に作りやすいこともあり、彫刻刀などを使い刃物で彫る作業を覚えた高学年が作る工作としておすすめです。

用意するもの

大きめの消しゴム
彫刻刀など
ウェットティッシュなど
トレーシングペーパー
鉛筆など

作り方

消しゴムはんこの絵柄となる絵下絵をトレーシングペーパーに鉛筆などで描いて用意しておきます

下絵ができたら消しゴムの表面には粉が多くついているため、これをウェットティッシュもしくはねりけしなどを使ってきれいに拭き取っていきます。

きれいに拭き取った消しゴムにトレーシングペーパーの描いた側を裏向けにして消しゴムに当て、上から爪などを使いしっかりこすりましょう。

この際トレーシングペーパーがズレないように注意すること、しっかりこすることで消しゴムに絵が移り作業しやすくなるので、じっくり時間をかけて丁寧にやってください。

出来たら消しゴムをハンコの形に合わせて切り、いよいよ白い部分を彫刻刀などで彫っていきますが、学校で作った版画などと違い消しゴムは柔らかいので注意が必要です。

最初に簡単なものを作って彫る練習をしてから本番の消しゴムはんこを作るのも良い方法で、動画を参考にしつつやりやすい方法を見つけましょう。全部彫れたら完成です!


彫刻刀の慣れ具合や消しゴムはんこの絵によって完成までの時間はかわるものの、1日以上かかることはあまりなく簡単に作れます

【冬休みの工作高学年(5年・6年)向けアイデア5選!その2:コリントゲーム】

【百均】コリントゲームを自作してみた/I make a Corinthian game

【百均】コリントゲームを自作してみた/I make a Corinthian game

コリントゲームなどは特に男の子が好きで、そんなゲームが自作できる、作り終わったあと自分でも楽しめると工作として選ばれることも多くおすすめです!

用意するもの

板材
角材

ゴム・ネジなど
ビー玉やパチンコ玉

工作用の板材や角材、釘などは全部百均でも揃えられるのでお手軽ですし、ビー玉やパチンコ玉などは使っていないおもちゃなどで残っていたら流用も可能ですね。

作り方

作り方は角材を適当な長さで切り、板の右側に合わせて貼り合わせ、発射装置をゴムや釘などを使って作ります。

板の下部分にビー玉などが入るポケットを作り、板に釘を打つ場所を決め鉛筆などでしっかり下書きをしてから釘を打っていきます。

最後に下のポケットに点数を書けばコリントゲームの完成で、より完成度を高めたり個性を出したい場合は板を絵の具などで塗る、板に絵を描いてから作るなども出来ます。


どの程度こだわるかによって制作時間は大きく変わりますが基本的な部分であれば1時間かからず制作することが出来る、簡単に作れるのでおすすめです!

【冬休みの工作高学年(5年・6年)向けアイデア5選!その3:UVレジンアクセサリー】

【UVレジン】はじめてのレジン♡【100均】

【UVレジン】はじめてのレジン♡【100均】

UVレジンのアクセサリーは特に女の子におすすめで、材料も百均で様々なタイプが販売されていて自分好みのアクセサリーが作れます!

用意するもの

レジン液
シリコン型
ラメパウダー
シート
封入したいパーツ

用意しなければならないものを見ると専門用具ばかりで揃えられるか不安かもしれませんが、これらは全て百均などで自分の好みに合わせて揃えられるので大丈夫です。

作り方

最初に汚れないように敷物を敷いておくと気楽に作業ができるのでおすすめで、まず最初にシリコン型にレジン液をいれ、空気の泡をつぶすように広げていきます。

パウダーとレジン液をあわせるとレジン液が染まり、それを半分ずつ入れるなどするときれいなグラデーションを作ることも出来るのでぜひいろいろ試してみてください。

あとはシートを入れていく、封入したいパーツを入れていくなど好みに合わせて作っていき、最後に上部分にレジン液をいれて全部封入したら乾かします。

乾かすのは専用の器具を使えば早いものの、日光に当てておく(時間はレジン液によっても違うのでレジン液の説明を参考にしてください)でも十分に作れます。


UVレジンアクセサリーは自分の好みの色や封入パーツなどで様々なアクセサリーが作れること、乾かす場合天然だと多少時間がかかるものの百均の材料で作れることが魅力です。

キラキラしたアクセサリーを作るのは宿題だけではなくこれからも楽しめる趣味のひとつにもなりえるので、ぜひこの機会にレジンアクセサリーにチャレンジしてみましょう!

【冬休みの工作高学年(5年・6年)向けアイデア5選!その4:編みマフラー】

指で編む マフラー

指で編む マフラー

手作りマフラーというと難しそう、うまく作れないと敬遠してしまう子も多いものの、とても簡単に、さらに編み棒などを使わず指で作れるマフラーもあります!

用意するもの

毛糸

作り方

まず最初に利き手ではない方の親指に数回毛糸をまきつけ、人差し指の前、中指の後ろというように順番に毛糸を通し、ぐるっと一周回します。

手のひらの人差し指まで戻ってきたら毛糸を指にかかっている毛糸の上に合わせ下の毛糸を引っ張って指の裏側に持っていき、これをひたすらに繰り返します

繰り返していくと後ろ側でどんどん毛糸が伸びていき完成になりますが、一度でやるのはつらい、休憩したいという場合もあるので、厚紙で指を作り、休憩したいときは同じように入れていきましょう

もしくは最初から厚紙で作った指を使って進めていくといつでも休める、指に入れ直す際に失敗してしまうなんてこともなくなり、便利かもしれませんね。


動画のような特殊な毛糸太めの毛糸を選ぶとふわふわのマフラーになりやすく、また制作時間も大幅に短縮できるのでおすすめです。

このような毛糸もダイソーなど百均で多く販売されているので、ぜひお店で自分の好きな色や素材を探し、マフラーを作ってみましょう。

制作時間は慣れ具合にもよるものの今までの工作アイデアに比べ長く数日かかってしまう可能性もありますが、冬休みの工作としてゆっくり作りたい場合におすすめです!

【冬休みの工作高学年(5年・6年)向けアイデア5選!その5:スノードーム】

【親子で楽しい♡】15分で完成!簡単スノードームの作り方

【親子で楽しい♡】15分で完成!簡単スノードームの作り方

スノードームも作るのは難しそうという印象がありますがとても簡単に作れる、ほとんどの材料が百均で揃うと実は冬休みの工作としてもお手頃で、きれいなスノードームが作れてしまいます!

用意するもの

精製水
小瓶
スポンジ
ビーズなど
液体のり
フィギュアなど
カッターナイフ
はさみ
グルーガン

精製水はドラッグストアなどその他の材料は全て百均で様々な種類が販売されていて、どんなスノードームを作るかを決めて選んでいきましょう!

作り方

まず最初にスポンジを小瓶の蓋の大きさに合わせて(ある程度で大丈夫です)カッターナイフなどでカットし、多少形を整えておきます。

グルーガンを使ってスポンジの黒い側とスポンジと蓋をくっつけますが、蓋は接着時かなり熱くなっているので気をつけながら蓋とスポンジを密着させましょう。

密着させたらスポンジをビーズなどで装飾し、ここでもグルーガンを使ってしっかり貼り付けていきます。

次は瓶の中に精製水と液体のりを7:3の割合で入れ、ストローなどでしっかり混ぜ合わせますが、この際ラメなどを入れてラメの落ち具合をチェックしておくとバランスが取れやすいです。

終わったらさらにラメやスパンコールなどをいれ、しっかり混ぜたら先程作った蓋をしっかり締めます。

念のためフタ部分もグルーガンを使ってしっかり密着させ、固まったらひっくり返せばかわいいスノードームの完成です!


制作時間は動画の通り15分ととても短くシーズンに合わせた工作が出来る、難易度が低い割には見た目の完成度が高いと、高学年にぜひおすすめの工作です!

【冬休みに実施したい!高学年の勉強方法・内容・スケジュールは?】

塾で冬期講習などが行われている場合はスケジュールを考える間もなく勉強に追われる毎日かもしれませんし、高学年ともなれば塾に通っている子どもも多くなります。

しかし自分で宿題や勉強の計画を立てなければならない、塾に行っていない場合はうっかり日が過ぎてしまうこともあり、今のうちに勉強方法などの解決策をチェックしていきましょう。

小学校高学年になると勉強内容も難しくなるため復習なども必要になる、また中学校に向けてしっかり勉強をする習慣を身に着けたい時期になります。

宿題はもちろん、今後のためにも「勉強を毎日する」という基本を身に着けておきたいのがこの時期になるので、まずは勉強を習慣化させるようがんばりましょう

そのためには毎日の生活のどこかに「勉強をする時間」を一日のスケジュールを考え、無理のないところに入れましょう

例えば夕方17時から夕食までの空き時間など自分で勉強しやすい時間を決め、毎日その時間に宿題を進めていけば宿題もしっかり終わらせられることができます。

例外としてクリスマス会など予定がある場合や疲労が溜まっている日などは無理して絶対にやろうと思うのではなく、一日休んで明日また頑張ろうという気持ちを持ちましょう。

一日予定が入っている日はもう完全に遊ぶ日と決め、宿題は完全に無視してしまっても構いません。

このように毎日少しずつ進めていくと宿題も自然に無理なく終わらせられることが出来ますし、毎日の進み具合を見て宿題の残りをチェックし、もうちょっと頑張る日なども設定しやすいです。

勉強内容については苦手な科目など個人差もあり確実にこれと言った方法はありませんが、しかし国語は他の科目でも「問題を理解する」ために絶対に必要です。

国語力は毎日の勉強はもちろん、日頃の生活で聞いたことを理解して覚えるなどの習慣からも身につけることが出来るので、親が子どもに理解してるか聞き返してみる方法も有効です

【まとめ】

冬休みの工作で高学年におすすめのアイデア、高学年の冬休みに知っておきたい勉強方法や冬休みの宿題を終わらせる方法まとめ!

1:消しゴムはんこは彫刻刀を習う高学年でチャレンジしたい冬休みの工作としておすすめ、絵などで好みのものを作りやすいのもメリット!

2:男の子に人気の動くおもちゃ工作としておすすめなのがコリントゲーム、材料は百均で揃えられる、簡単に作れる、終わった後も楽しめるとメリットが多い!

3:UVレジンアクセサリー制作は定番になりつつあり冬休みの工作としてもおすすめ、キラキラしたきれいなアクセサリーなどが簡単に、百均の材料で作れる!

4:時間のある冬休みならではのチャレンジとして編みマフラーを工作として作るのもおすすめ、編み棒などがなくても指と毛糸で簡単に作れる!

5:スノードームはクリスマスなどイベントに合わせたものを作りやすく、冬休みの工作としても簡単、手軽な上見た目の完成度が高くおすすめ!

6:高学年の冬休みは中学生に向けてまず「毎日勉強する」という習慣をつけたい時期、時間を決めて集中して勉強する、苦手な部分を克服するなど中学に向けた準備をしよう

高学年の工作は簡単すぎると怒られるなど心配もしてしまいますが、このように多くの簡単、かつ完成度の高い工作アイデアがたくさんあります。

ぜひ自分の好みややりたいことに合わせた工作を選び、楽しみながら作れるようにしていきましょう!

【こちらも読まれています】

冬休みの工作一年生向けアイデア5選!冬休みの宿題を終わらせる計画は?
クリスマスやお正月などイベントも多く楽しく過ごしているうちに日が去ってしまう冬休み、しかし忘れてはいけない現実として冬休みの宿題、特に頭を悩ませるものとして工作があります。 冬休みの宿題として自由工作などが出されることもあり、特にはじめての冬休みとなる一年生は何を作ったら良いのか、どのくらいのものを作ればよいのか迷ってしまいますよね。 そこで今回ははじめての冬休みとなる一年生の宿題で出された工作について、参考になるアイデアをいくつか紹介していきます。 あっという間に過ぎてしまう冬休みでもきちんと冬休みの宿題を終わらせられる計画なども紹介していくので、一年生の児童や保護者さん、ぜひご確認ください!

コメント