冬休みの工作一年生向けアイデア5選!冬休みの宿題を終わらせる計画は?

スポンサーリンク

クリスマスやお正月などイベントも多く楽しく過ごしているうちに日が去ってしまう冬休み、しかし忘れてはいけない現実として冬休みの宿題、特に頭を悩ませるものとして工作があります。

冬休みの宿題として自由工作などが出されることもあり、特にはじめての冬休みとなる一年生は何を作ったら良いのか、どのくらいのものを作ればよいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回ははじめての冬休みとなる一年生の宿題で出された工作について、参考になるアイデアをいくつか紹介していきます

あっという間に過ぎてしまう冬休みでもきちんと冬休みの宿題を終わらせられる計画なども紹介していくので、一年生の児童や保護者さん、ぜひご確認ください!

【冬休みの工作一年生向けアイデア5選!その1:プラバンキーホルダー】

100均ダイソーのプラバンの作り方★簡単に可愛いプラバンキーホルダーが作れる!

100均ダイソーのプラバンの作り方★簡単に可愛いプラバンキーホルダーが作れる!

プラバンを使ったキーホルダーは簡単に作れるけれど自分なりの工夫が多くいれられる、自分の好きな絵で作れるなど、一年生の冬休みの宿題としてもおすすめです!

用意するもの

プラバン
油性マジック
描きたいもの(あれば)
穴あけパンチ
チェーンなど

プラバンは百均などでも多く販売されていますし、チェーンなどがセットとなりそれだけでキーホルダーが作れるようになっているものもあるのでぜひ探してみてください。

作り方

作り方としてはまず最初に描きたいものの上にプラバンを置いて油性マジックやペンでなぞる、もしくは自分で好きな絵などを自由に、大きめに描きます。

描き終わったら絵に合わせてプラバンをはさみで切っていきますが、この際細かいプラバンが散ってしまうと後々踏んでしまう危険があるので、ゴミや飛び散りにも注意して切り取ってください

切り取ったら穴を開けたい部分に穴あけパンチ(二穴タイプでも片方を使えばいいので大丈夫です、詳しくは動画を参考にしてください)で穴を開けます。

オーブントースターの上にくしゃくしゃにしたアルミオイルを敷いて温め、十分に温まったらその上にクッキングシートを敷いた上でプラバンを置き、焼きます。

プラバンをしっかりチェックし十分に縮んだら取り出し、すぐにクッキングシートなどを挟んで雑誌などで押さえ、まっすぐに伸ばします

あとはチェーンを通して完成です!


プラバンに絵を描く時間やこだわりで完成までの時間は人によって違いもあると思いますが、描いてしまえばオーブントースターで焼くのはすぐ、冷えるのも早いのであまり時間はかかりません

プラバンを焼いていたらすぐに縮む上に十分に縮んだという判断もしやすく(明らかに動かなくなります)、一年生の工作難易度としても低く手軽にチャレンジ出来ますよ!

【冬休みの工作一年生向けアイデア5選!その2:福笑い】

【おうちで昔あそび】福笑いを作って遊ぼう!

【おうちで昔あそび】福笑いを作って遊ぼう!

お正月の遊びのひとつである福笑いを自分で作るのはお手軽、それでいて季節に沿った冬休みならではの工作になり、一年生向けの工作としてもぜひおすすめです!

用意するもの

画用紙2枚
色鉛筆など
はさみ

作り方

まず最初に画用紙1枚に顔の輪郭を紙いっぱいに描き、もう1枚の紙に大きさを見比べながら目と耳、鼻、眉、口などを描いてから周りをはさみで切り取ります。


実はこれだけで完成というお手軽さで、一般的な福笑いの顔ではなくアンパンマンやポケモンなどのキャラを使って描いたり色塗りにこだわったりしても楽しいですね。

作成時間としては絵を描く時間やこだわりで変わるもののすぐに作れる、難易度も簡単で、急いで冬休みの工作をしたい場合やお正月に合わせて家族で楽しみたい場合にもおすすめです!

【冬休みの工作一年生向けアイデア5選!その3:牛乳パック貯金箱】

【牛乳パック工作】貯金箱の作り方

【牛乳パック工作】貯金箱の作り方

夏休みや冬休みの低学年向けの工作としても定番の貯金箱はやっぱりおすすめで、こだわりなどで個性も出せる、自分で作った貯金箱でお金を貯める楽しみもあると一年生におすすめです!

用意するもの

牛乳パック
フェルト
カッターナイフ
はさみ
ペン
ホッチキス
セロテープ
定規
手芸用ボンド

作り方

まず最初に牛乳パックの上から10cm、そこから3.5cmのところにペンなどを使って線を引き、下の線沿いにカッターナイフなどで切り取ってください。

その後四隅に10cmのラインまで切り込みを入れ引いた線に合わせて折り、底の部分にするためセロテープでしっかり張り合わせれば本体ベースの完成です。

切断部分は引き出しにしますが、前面になる部分を残し他の面を上から1cm程度切って本体から引き出しやすく調整しましょう。

本体と引き出しの形が出来たらフェルトを貼り付けますが、やり方としては外側に手芸用ボンドを塗ってフェルトをぐるぐる着せるように巻いていくだけなので簡単です。

屋根はホッチキスで貼り合わせ動かないようにしてからこちらもお好みのフェルトを貼り付け、その後お金をいれる穴をカッターナイフを使って作ります。

下部分の一部に引き出しをいれるため6cmほどの部分に線を引き、カッターナイフでくり抜いていきましょう。

引き出しはこのままだと取り出しにくいので、引っ張れるようにひもを通す穴をあけて毛糸やフェルトを細く切ったひもを通して留めておきます。

さらに引き出し部分は作ったままだと本体に入りにくいので入れる部分を多少ほぐして入れやすくし、引き出しを入れたら牛乳パック貯金箱の完成です!


定番の工作ということで分かりやすく作り方も多く様々な形で用意されていること、フェルトの貼り方や色などで個性を出しやすいなども一年生向けにおすすめできる理由です。

どの程度こだわるかによって制作時間も変わるものの基本的に一日あれば十分完成させることが可能で、カッターナイフが多少難しいものの手先が器用な子にはぜひおすすめします!

【冬休みの工作一年生向けアイデア5選!その4:紙粘土でペン立て】

【制作遊び】紙粘土で簡単!プレゼント工作 おしゃれなペン立て

【制作遊び】紙粘土で簡単!プレゼント工作 おしゃれなペン立て

紙粘土の制作も低学年、とくに一年生の工作では多く定番で、そんな中でもペン立ては難易度も低く一年生の工作としておすすめです!

用意するもの

空き瓶1つ
木工用ボンド
麻ひも

作り方

作り方はまずボンドを空き瓶に塗っていき、麻ひもをボンドに合わせてぐるぐると巻きつけます。

これは紙粘土が空き瓶からはがれにくくするためのものなので、きれいにこだわることはなくしっかり巻きつけることを優先して大丈夫です。

巻き終えたら麻ひもを切って残った部分もボンドで貼り付け、紙粘土をまず口の周り、そして外側に貼り付けます。その後は飾りとなるおはじきやビーズなどを埋め込んでいき、しっかり乾かせばカラフルでかわいいペン立ての完成です!


ペン立ては基本部分を作るのはとても簡単で、ビーズなどを埋め込むのではなく乾かしてから絵の具で好みの柄を描く、リボンなどを使ってみるなど個性的にしやすいのも特徴です。

紙粘土が乾くまで多少時間はかかるものの制作時間としては長くなく、作り方も非常に簡単と一年生や低学年の工作におすすめなので、ぜひチャレンジしてみてください!

【冬休みの工作一年生向けアイデア5選!その5:凧】

★簡単★【ぐにゃぐにゃ凧の作り方】// How to make a simple kite.

★簡単★【ぐにゃぐにゃ凧の作り方】// How to make a simple kite.

お正月の定番の遊びといえば先程紹介した福笑いはもちろん、別のものとして「凧あげ」があり、この凧上げで使う凧を工作で作るのもおすすめです!

用意するもの

ポリ袋(45L)
ストロー
タコ糸
はさみ
ガムテープ
セロテープ

作り方

まずポリ袋を動画を参考にしつつ高さ420cm、幅600cmにカットし、ストローの先をつぶしてもう一つのストローに差し込んでセロテープでしっかり固定します。

動画を参考にストローを4本程度合わせた骨を2つ組み立てて凧の骨を作り、先程作ったポリ袋にしっかりセロテープで貼り付けましょう。

糸を取り付ける場所はそのまま糸を通すと破れてしまうのでガムテープを左右同じように張り合わせ、糸を通す穴を開けます。

2ヶ所の穴を開けたところに糸を通してしっかりくくりつけ、2箇所の糸をまとめてしっかり固くくくりつけましょう。

くくりつけた部分を長いタコ糸でしっかりくくりつけたらポリ袋で作る凧の完成ですが、下部分にしっぽを作っても凧らしくなりおすすめです。


透明なポリ袋の見た目だけでは凧として寂しいので油性マジックなどを使って柄を描いてみても個性が出ますし、自由工作としても完成度があがりますね。

しっかり飛ばすには左右しっかり同じように合わせることが大事なのでこだわると時間がかかるかもしれませんが、一通りの工作時間としては1時間もかからず難易度も高くありませんよ!

【冬休みの宿題の計画の上手なたてかたは?いつ工作を終わらせる?】

はじめての冬休み、休みの期間も夏休みほど長くなく、それでいてクリスマスやお正月など楽しい行事や出かける日がいっぱい……冬休みの宿題は、こんな中こなしていく必要があります。

うっかりしていると宿題が終わっていないのにもうあと数日で始業式……なんてことにもなりかねないので、計画を上手にたてる方法をチェックしておきましょう。

まず最初に毎日の生活のどこかに「勉強をする時間」を一日のスケジュールの中で考えますが、できるだけ無理のないところに入れましょう。

例えば夕方17時から夕食までの空き時間など、「この時間は宿題をすすめる」という時間を決めておくと宿題の量も比べて調節しやすくなるんです。

またクリスマス会など予定がある場合や疲れているしんどい日などは無理して決めた時間に絶対やると思うのではなく、一日休んで明日また頑張ろうという気持ちを持ちましょう。

毎日このように進めていれば予定が入っている日は完全に遊ぶ日と決めてもよく、遊ぶ日は宿題を完全に無視してしまっても構いません。

このように毎日少しずつ進めていくと宿題も自然に無理なく終わらせられることが出来ますし、毎日の進み具合を見て宿題の残りをチェックし、もうちょっと頑張る日なども設定しやすいです。

工作についてはいつ終わらせたら良いなどはありませんが、冬休みの終わり際になってしまうとどうしても焦って簡単なものになる、アイデアが出ずにさらに迷ってしまうことがあります。

できれば冬休みの前半からどんな工作にするか考え、万が一作ろうとしたものが失敗してやり直すことになってもフォローができる余裕を持っておくと良いですね!

【まとめ】

冬休みの工作で一年生におすすめなアイデア紹介!簡単に作れる冬休みらしいアイデア、冬休みの宿題を終わらせる方法まとめ!

1:冬休み一年生向けおすすめ工作としてプラバンキーホルダーがあり、百均でチェーンなどもセットで販売されていて用意しやすく、制作も簡単!
2:冬休みならではの工作として福笑いもあり、家族で一緒に楽しむことが出来る、制作が非常に簡単、様々な顔で楽しめると一年生におすすめ!
3:低学年向けの工作として定番の貯金箱は牛乳パックを使うと作りやすく、フェルト生地や模様で個性も出せるのでおすすめ!
4:一年生の女の子にもカラフルな工作となっておすすめなのが紙粘土とビーズなどで作るペン立てで、かわいいペン立てが簡単に作れる!
5:お正月の定番の遊びである凧あげのための凧を作るのも冬休みならではの制作としておすすめ、ポリ袋とストローなどおうちにあるもので簡単に制作出来る!
6:冬休みは楽しみが多くはじめての冬休みとなる一年生はいつのまにか始業式が近づいて慌ててしまうことも。毎日宿題をする時間を決めちょっとずつ堅実に進める方法がおすすめ

一年生の工作は難易度の高いものを選ぶよりも、冬休みならではのクリスマスやお正月にちなんだ工作や定番の工作がおすすめです。

凧や福笑いなどお正月に合わせた工作、また貯金箱やペン立てなどこれから自分で使っていくことが出来るものなどがおすすめで、ぜひ個性的な工作にチャレンジしてくださいね!

【こちらも読まれています】

宿題が終わらないと泣く我が子に困った!手伝うべき?早く終わらせるコツは?
小学校に入ると、宿題がでますよね。「終わらない~!」と泣いて嫌がるお子さんもいます。それが毎日だと、疲れてしまうのは見守るママも同じ。ここでは宿題を嫌がるお子さんの理由や気持ちをまとめています。さらにママの対応として、ぜひ試してもらいたいことを挙げています。

コメント