夫婦喧嘩攻略法!無視する嫁の心理と仲直りの秘訣で時短解決

スポンサーリンク

夫婦喧嘩するといつも無視をしてくる嫁に、さらに腹立ちを覚えていました。無視をされると仲直りをするきっかけもつかみにくく、いい方法だとは全く思えなかったからです。

しかし、夫婦関係は維持したいので、嫁から歩み寄ってこないのであれば、こちらから歩み寄っていくしかなく、まずは「なぜ嫁は無視をするのか」と「無視をする嫁と話し合う方法」をさぐってみました。

夫婦喧嘩で無視してくる嫁の心理とは

まず、夫婦喧嘩をすると「無視をする」という選択をとる嫁の、その行動の裏にある心理をさぐりました。

「無視」という行動は、精神医学では「受動的攻撃」と呼ばれます。受動的攻撃とは、積極的に攻撃するわけでなく、消極的に攻撃することです。つまり、「無視」という行動によって相手の罪悪感を利用し、ダメージを与えているということです。

このような行動の根底には「支配欲」があります。相手より優位に立ちたいという願望です。つまり、会話することでは自分は勝てない、思い通りにならないと感じているから、喧嘩に勝つための「無視」なのです。

またこのことから、「無視」している間はわたしを許す気は無く、怒りを表現しているということになります。

つまり「無視」という行動にある嫁の心理は、

1. 会話では勝てないので黙る
2. 怒りを態度で表している
3. 無視によるダメージを狙っている

の3つです。

どちらかといえば、わたしは論理的で、弁が立つ方です。今まで気がつかなかったのですが、喧嘩で言い合いになったとき、確かに私の方がいつも優位になっていました。

嫁は自分の思いをうまく言葉では伝えることができないので、怒りを「無視」で表し、さらにわたしにダメージを与えようとしていたのです。

夫婦喧嘩で無視する嫁と話し合いで仲直りする方法

夫婦喧嘩中の「無視」は、嫁からの怒りを表すサインでした。まず、無視が始まったら追い詰めてしまった自分を反省すべきで、間違ってもさらに怒りを覚えてはいけなかったのです。

しかし、まだ怒っている嫁との「話し合い」は、嫁が言いたいことだけをしゃべり、わたしにあきらめや謝罪を強要しようとしてくるということが容易に想像でき、互いに話し合うのではなく嫁の話しを聞くということになるでしょう。

女性との会話には共感が必要

嫁と有益な話し合いをするためには、共感することが必要です。それが姫野友美さんの『女の取扱説明書』という書籍を拝読し、わたしが得心したことです。

参考になった部分を要約し引用します。

狩猟採取の時代、男性達は集団の中で自分が優れていることを示し、認められることが生き残るために必要で、女性達は集団の中で互いに助け合いながら暮らし、仲間外れにされることは死を意味していました。

女性は、共感によって横のつながりを深め強めていたため、話す内容に共感を求めます。男性は、相手を説き伏せて自分を優位にしようとします。つまり、女性は横のつながりを強化させるために会話をし、男性は相手に勝つために会話をするのです。

女性を傷つけずに会話をするには共感すること。「そうなんだ」「それは大変だったね」「わかるよ」という相槌が大切です。「で、結論は何?」とは決して言ってはいけません。アドバイスは求められたときだけにすべきです。

引用 女の取扱説明書 姫野友美/著
www.amazon.co.jp/dp/4797398248

つまり、夫婦喧嘩になったとき、わたしは嫁より優位に立とうとする思いが強く、無意識ではありましたがやり込めることに重点を置いていました。ヒートアップした話し合いが喧嘩だと思っていましたが、そもそも互いの求めているものがずれていたようです。

これを理解したのち、怒っている嫁と話し合いは嫁の話しを聞くことということを覚悟し、さらに嫁の話しを共感しながら聞き、然るべきタイミングで謝罪を伝えられるようになったとき、喧嘩は即解決しすばやく仲直りできるようになりました。

夫婦喧嘩で仲直りする秘訣

夫婦喧嘩で無視する嫁に、謝罪の言葉を述べることとタイミングが難しいのですが、2つの精神的に参考になる案件を見つけました。

ゲッターズ飯田さんの言葉

1つ目はゲッターズ飯田さんのTwitterでの言葉です。

ちなみに、ゲッターズ飯田さんとは、元芸人の占い師です。今まで鑑定した人数は5万人以上で、当たるととても評判がいい方です。

「おかげさまで」「感謝しています」「ありがとうございます」これが本心から出ることは素敵だが、最初は嘘でもいい。言葉に出すことが大切。出し続けていれば、次第に運も周囲も変わってくる。とても不思議な3つの言葉。自然に出せるようになったときには、幸せをつかんでいる。

引用 Twitter ゲッターズ飯田 4/22

ホ・オポノポノの教え

2つ目は、ハワイの「ホ・オポノポノの教え」です。

とても簡単に説明すると、下記の4つの言葉を自分自身に向かって心の中で唱えるのです。
 ありがとう
 ごめんなさい
 許してください
 愛しています

ホ・オポノポノにつて、詳しくは下記の書籍を参考にしてください。
—–
引用 たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え イハレアカラ・ヒューレン/著
www.amazon.co.jp/dp/478160210X
—–

感謝というキーワード

ゲッターズ飯田さんとホ・オポノポノの教えの2つの事柄から、「感謝」というキーワードが導かれました。ゲッターズ飯田さんのTwitterからは、嫁に日ごろから「ありがとう」をたくさん言おうと決心しました。

「最初は嘘でもいい」というところです。言い方がぎこちないのか、ときどき嫁の反応も悪い気がしますが、わたしも嫁も変わることを信じたいと思います。

また、喧嘩の原因になったことは、それまでわたしが気づいてないことです。それを気づかせてくれたことに感謝することで冷静になれ、相手に謝罪の念と言葉が浮かびます。ホ・オポノポノの4つの言葉から「今」というタイミングを逃すことは無くなりました。

つまり、感謝の気持ちを持つことが仲直りする秘訣ということです。

日ごろから夫婦仲を良くして夫婦喧嘩を減らす方法

そもそも日ごろからコミュニケーションを増やして夫婦喧嘩を減らし、嫁が無視をする状況を減らせばよいということに気がつきました。

そこで日ごろから夫婦仲を良くする方法を、メンタリストDaiGoさんの動画から見つけました。

夫婦仲を良くする方法とは
 友達を家に招く(紹介する)
 映画やテレビを一緒に見る
の2つです。

夫婦は2人でいる時間が長すぎて、2人きりでの時間を構築し過ぎているのかもしれません。ここに他人を交えた時間を過ごすことで、互いの今を知ることができ、結婚する前の彼女のイメージから刷新できそうです。

動画の内容を要約する下記のようになります。

夫婦仲だけでなく恋人も含めたパートナーとの関係について、2017年にアバディーン大学が研究をしています。

その研究の参加者は259人。パートナーとの関係性と、その関係性に貢献する要素を調べ、どれが1番「男女関係を良くするのか」ということを調べました。

結果、1番パートナーとの関係性を良くしているのは「お互いの友達を紹介しあっている」という要素でした。さらに「一緒にメディアを消費する」という要素もおススメとのことです。

引用 YouTube メンタリストDaiGo 男女関係が手軽に良くなる行動がこちら

男女関係が手軽に良くなる行動がこちら

まとめ

夫婦喧嘩で無視をする嫁の心理は、
1. 言葉では勝てないので黙る
2. 怒りを態度で表している
3. 無視によるダメージを狙っている
の3つで、嫁は自分の思いをうまく口では伝えることができないことからの「無視」という行動でした。
夫婦喧嘩の解決には話し合いが不可欠ですが、話し合いのポイントは、
1. 嫁の話しを聞く
2. 共感しながら聞く
3. 謝罪を伝える
の3つです。これができたなら、夫婦喧嘩は即解決します。

謝罪するときのキーワードは「感謝」です。空気のような存在へと変わった嫁に忘れがちなことですが、やはり「いつもわたしのそばにいてくれてありがとう」と感謝して然るべきでしょう。

「ありがとう」と嫁に感謝し言葉にすることを実践し、以前より夫婦喧嘩も減り、夫婦の仲も良くなってきました。本当に感謝しかありません。

【こちらも読まれています】

夫婦喧嘩で家出!子供も連れてく?連絡なしの夫と仲直りをして帰るタイミングは?
もう無理!家出してやる!この記事を読んでいる方は現在、そう行ったお気持ちなのではないでしょうか?この記事では夫婦喧嘩で家出をする際の注意点や家出先、帰るタイミングなど解説します。

コメント