夫婦喧嘩で家出!子供も連れてく?連絡なしの夫と仲直りをして帰るタイミングは?

スポンサーリンク

もう無理!家出してやる!この記事を読んでいる方は現在、そう行ったお気持ちなのではないでしょうか?

この記事では夫婦喧嘩で家出をする際の注意点や家出先、帰るタイミングなど解説します。

夫婦喧嘩で家出をした!子供も連れてく?行き先は?

しばらく顔を見たくない、一緒に居たくない!こんな経験はありませんか?私はあります。実際に家出経験者です。

家出をする時、子供はどうしたら良いか悩みますよね。私は子供がまだ小さく、旦那に子供を任せるのが心配だったので子供と一緒に家出しました。子供の生活リズムを壊したくない、巻き込みたくない、などの理由で連れて行かないこともあるでしょう。

では、子供を連れて行かない場合、子供にはママがいないことをどのように伝えたら良いのでしょうか?

あからさまにママ家出します!は、子供ながらに心配するものです。「ちょっと用事があるから、帰ってくるのが遅くなるかも」程度に伝えておくのがベター。子供にはあまり多くを語らず、何事もなかったかのように気丈に振る舞うよう心がけましょう。

家出は、子供にも旦那さんにも心配と迷惑をかけるということを理解した上でする必要があります。ママがいない間子供は寂しいし、パパはママの分も頑張ります。長すぎるとお互いの実家や親戚も心配しますし、ただの夫婦喧嘩がこじれてしまう可能性も。故に期間は出来るだけ短く、頭を冷やす程度にとどめておくのが吉。

家出をする際、あなただったらどこに行きますか?

とにかく誰かに話を聞いてもらいたいでしょうから、気の許した父や母のいる実家に帰る方が多いのではないでしょうか。

実家には帰れない、、実家は遠すぎる、、という方はどこへ行ったらいいのでしょうか?

・友人の家
一番現実的です。ただし長居は親しい友人であっても迷惑になるので長期的な家出には不向きでしょう。

・漫画喫茶
安く泊まれると言えば満喫です。短期的に頭を冷やす程度であれば問題はないでしょう。子供も一緒に連れていくとなると厳しそうです。

・義理の実家
旦那さんの実家に帰るというのも手です。喧嘩の内容によっては行きづらいこともあるでしょう。

・ビジネスホテル
せっかく家出するんだし好きなもの食べて好きなことしてリフレッシュしてやる!というのもひとつ。

翌日には帰るつもりの行動範囲がオススメです。

夫婦喧嘩で家出したのに夫から連絡なし!夫の心理状態は?

いつも当たり前にいた存在がいないというのは少なからず不安で心配なもの。男性は「言い過ぎたかな」「悪かったかな」と思っていてもなかなか切り出せない生き物です。

女性の心理としては心のどこかで連絡を待っています。ごめんねの一言が欲しいのです。しかし男性もそれなりにプライドがあります。

私も夫婦喧嘩で家出をしました。9:1で旦那さんが悪いと思っていますが、家出中連絡は一切ありませんでした。期待もしていませんでした。結論、彼がごめんねと行ってくれたのは家出から帰宅した2日後のこと。夫婦喧嘩から4日程経ってからのことでした。

旦那さんが連絡をくれない時は、あちらも頭を冷やしているんだ、と考えましょう。ドラマや映画では女性を追いかけてきてくれるのが男性、というイメージですがそのイメージに期待してはいけません。

期待すると期待に沿わなかった時、イライラが募ります。そんなものだと、時には諦めが必要です。

夫婦喧嘩で家出をした!仲直りして帰るタイミングは?

先ほども申し上げましたが、家出は長期化すると拗らせやすくなりますし、家族にも迷惑がかかります。下手すると離婚にまで陥るケースも。家出は翌日には帰る程度にとどめるのがおすすめ。

家族に迷惑をかけてまで家出をしたのであれば、十分に頭を冷やしてくること。
そして家に戻ったら出来るだけいつものように通り振る舞うこと。

私の旦那さんは絶対に謝らない亭主関白タイプでしばらく謝ってきませんでしたが、なかなか普通に会話ができず苦しい空気が流れ、それに耐えかねて謝罪してくれました。

謝罪は?などと詰め寄ると二次喧嘩に発展する恐れもありますし、そっとしておき、ある程度時間が解決してくれるものです。

腑に落ちない、すっきりしないなどの場合は2人でゆっくり話し合うと良いでしょう。

夫婦喧嘩をして家出をしないために!夫婦喧嘩防止策とは?

喧嘩をした時の約束事を決めておくと、今後喧嘩した時に家出にまで発展せず済む可能性も。約束事を守っていれば、喧嘩しててもお互い大切な存在なんだと再確認することができます。

●喧嘩しても必ず同じベットで寝ること
●毎日必ずハグをすること
●喧嘩しても食事は一緒に取ること

など、喧嘩した時には難しいかもしれませんが当たり前化してしまえば、喧嘩しても約束は守ってくれている、とどこかで納得できるものです。

スキンシップをすると、幸福ホルモンと呼ばれるオキシトシンが分泌されます。オキシトシンが分泌されると心のバランスを整える作用のある伝達物質のセロトニンが活性化され、心が穏やかになるそうです。

スキンシップにはこうした医学的根拠があるので、喧嘩をした時こそ、スキンシップを積極的に行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?夫婦喧嘩の起因は家庭によって様々です。夫婦喧嘩の後、どうするかが今後の2人を担うカギになります。

●夫婦喧嘩して家出をする際は、長期化すると、実家の両親も心配します。なるべく短めに、翌日には帰宅すること。
●家出して帰宅する際はできる限り頭を冷やした状態で帰宅すること。
●家出中の連絡は期待しないこと。お互いに頭を冷やしている最中ですから、帰宅して想いを伝えましょう。
●帰ったら出来るだけ普段通り接すること
●今後夫婦喧嘩防止のためにも約束事を決めること(スキンシップがオススメ)

喧嘩を機に生涯を誓ったパートナーとうまくやっていく方法を探してみてください。

コメント