夫婦喧嘩の禁句3選!妻に言ってはいけない言葉とは?離婚の決め手になる?

スポンサーリンク

夫婦喧嘩したことはありますか?それとも夫婦喧嘩真っ最中でしょうか?毎日一緒にいると、喧嘩をすることもありますよね。つい感情が高ぶってしまい余計なことを言ってしまったということもあるのではないでしょうか。

ここでは、夫婦喧嘩が多く、妻に言ってはいけない言葉を発してしまったのではないか…と気になっている男性が参考にしたい禁句3選をご紹介します。末尾には仲直りのポイントも明記しているので、「その言葉言ってしまった」と思った人も参考にしてください。

夫婦喧嘩で妻に言ってはいけない禁句3選! その1:誰が食わせてやっていると思っているんだ

最近は共働き世帯も増えてきて一昔前よりは言われることが少なくなりました。一昔前は女性が専業主婦だったこともあり、多くの女性がこの言葉を言われ傷ついたと言っています。

そして、実はまだ今でもこの言葉を言っている男性が少なくないのです。この言葉は”俺の方が上だ”ということを誇示しようとしている意図が透けて見えますよね。この言葉は対等であるべき夫婦の関係を壊す言葉です。

私の母も子育て中に父からこの言葉を言われ、憤慨し食器が宙に舞う喧嘩まで発展してしまいました。逆に「誰が毎日ご飯の支度と洗濯してると思ってるんだ!」反撃を食らっていました。

夫婦はお互い支え合って関係が成り立つものです。どちらだけが家族を支えているものではないということを改めて考えてください。

なお、「俺の方が収入が多いだろう」といった言葉も”俺が食わせてやっているんだ”という気持ちがあっての言葉なので、同じ理由で禁句です。

夫婦喧嘩で妻に言ってはいけない禁句3選! その2:俺の母親はしっかり家事をやっていた

意外と何気なく男性が言ってしまいがちな言葉です。この言葉だけでなく、「ご飯がまずい」「部屋が片付いていない」といった家事の不行き届きを指す言葉を言っていませんか?

この言葉を言ってしまったあなたは、根底に「妻は家事をしっかりするものだ」という考えを持っているのではないでしょうか?お母様の家事が完璧だった男性ほど、「女性は家事を完璧にできるもの」と思い込んでしまいがちです。

しかし、妻も1人の人間です。疲れているときもあれば体調が悪いときもあります。勤めの仕事と違い、家事は24時間365日追われる仕事なのでたまには休みたいときや上手くできないときもあるのです。

特に最近は共働き夫婦も増えています。共働きであれば一層言ってはいけない言葉です。

夫婦喧嘩で妻に言ってはいけない禁句3選! その3:お前なんかと結婚しなければ良かった

長年一緒にいると相手の嫌なところが目についてしまい、つい「あんな奴と結婚しなければ良かった!」と思うこともありますよね。そのときの感情に任せてうっかり出てしまいがちな言葉ですが、これも禁句ですよ!相手が今まで一緒にいた時間を全否定されたように感じてしまいますし、後にわだかまりを残してしまいます。

また、この言葉は過去を後悔するばかりで未来の二人に向けて何の得にもなりません。この言葉の次は「じゃあ離婚しよう」にしか繋がらないからです。
感情の赴くまま離婚に直結してしまいそうな内容に持っていかないよう注意してください。

妻に禁句を言ってしまった!夫婦仲は最悪に・・・どうする?

妻が激昂した!仲直りはどうする?離婚理由になる?モラハラやパワハラにあたる?許してもらうには?

禁句を言ってしまうと激しい喧嘩に発展してしまう可能性もあります。そのまま暫く口を聞いてもらえないかもしれません…。そのまま仲直りができなければ、最悪の場合離婚や法律問題まで至ってしまうかもしれません。

あまりに相手が傷つく発言と受け取られた場合、例え夫婦間であってもモラハラやパワハラで慰謝料を請求されてしまうケースもあります。

自分の発した言葉の直後、凍りついた雰囲気になったりその場の空気が変わったら危険の合図です。一旦深呼吸をして感情を抑えましょう。

喧嘩しているときは自分も感情が高ぶっていて、すぐに謝る気にはなれないこともありますよね。しかし、時間が経てば経つほど溝は深くなります。

相手を傷つけてしまう言葉を言ってしまったと感じたら、自分が言いすぎてしまったことと本心ではなかったことをお詫びしましょう。例えばもしご飯のことを言ってしまって後悔している場合には、「ごめんね。本当はいつも美味しいと思って食べているんだけど悔しくてつい言ってしまったんだ」等といった謝り方をしてみてください。

【参考動画】夫婦、家族でケンカして離婚の危機でした。

夫婦、家族でケンカして離婚の危機でした。

まとめ

改めて禁句のキーワードをまとめます。以下の3つです。

1.誰が食わせてやっていると思っているんだ
2:俺の母親はしっかり家事をやっていた
3:お前なんかと結婚しなければ良かった

お互い言いたいことを言うのも大事なことなので、溜め込まずに気になることがあればいいましょう。夫婦が喧嘩することもお互いがこれから幸せになるための指摘であれば言っていくべきです。しかし、夫婦内で序列を作るような言葉や価値観を押し付けるような言葉はNGです。

女性は傷ついた言葉を男性以上に根深く覚えています。私の母も禁句1の「誰が食わせてやっていると思っているんだ」という言葉を何十年も覚えていて、今でも事あるごとに言っています。

恨みを買うような言葉は言わないように気を付けましょう。素敵な夫婦関係を築けるよう応援しています!

【こちらも読まれています】

夫婦喧嘩の禁句3選!旦那に言ってはいけない言葉とは?激昂してしまったら?
大半の夫婦が1度は「夫婦喧嘩」してしまったことがあるのではないでしょうか。売り言葉に買い言葉で思ってもみない言葉をつい言ってしまうこともあります。言ってしまった後に「あんなこと言わなければ良かった…」と後悔することもありますよね。男性と女性では考え方に差があり、傷つくポイントも異なります。多くの女性が言いがちだけれども、実は男性が傷つく禁句3選をまとめました。

コメント