夫婦喧嘩の禁句3選!旦那に言ってはいけない言葉とは?激昂してしまったら?

スポンサーリンク

大半の夫婦が1度は「夫婦喧嘩」してしまったことがあるのではないでしょうか。売り言葉に買い言葉で思ってもみない言葉をつい言ってしまうこともあります。

言ってしまった後に「あんなこと言わなければ良かった…」と後悔することもありますよね。
男性と女性では考え方に差があり、傷つくポイントも異なります。多くの女性が言いがちだけれども、実は男性が傷つく禁句3選をまとめました。

夫婦喧嘩で旦那に言ってはいけない禁句3選! その1:あなたの親はダメね!

特に日本の男性は女性以上に両親を大事に思う傾向にあります。妻と母親が溺れたらどちらを助けるか?という究極の選択の質問で「母親」と答える人が大半という調査結果からも分かるように、親をとても重んじています。

そんな男性に「あなたの親はダメな人」など親を否定するようなことを言ってしまうと恐らく一生根に持たれるでしょう。

現に私の母も父に親の悪口を言ったところ、激しい喧嘩に突入したのを私も目の当たりにしました。何年経った今でも喧嘩の度にその話題に戻って大炎上してしまっています。

よく「食べ物の恨みは怖い」と言いますが、「親の悪口の恨みは怖い」です。気をつけましょう!

夫婦喧嘩で旦那に言ってはいけない禁句3選! その2:収入が少ない!

男性は「自分の収入で家族を支えている」というプライドがある人が多いです。そのため、「あなたの収入が少ない!」と収入に関することを言ってしまうとプライドが傷つけられてしまいます。

また、今はひと昔と違いなかなかお給料が上がりづらいご時世です。収入が少ない・なかなか上がらないというのは、誰から言われるまでもなく本人が一番分かっていますので、あえて外から言わないでください。

例えば髪の毛を切って「前髪切りすぎたな」と気にしているところ、「前髪切りすぎちゃったね」と言われると嫌な気分になりますよね。それと同じようなことです。

そして「〇〇さんの旦那さんはいくら位もらってるんだって」等といった他の人と比較する発言もご法度です。「だったら〇〇さんと結婚したら?」となり兼ねないですよね。

お給料は単純な本人の頑張りだけでなく、景気や社会情勢に左右されるため責められる本人も辛いものです。カッとなってしまっても本人の努力では限界のある話題は避けましょう。

夫婦喧嘩で旦那に言ってはいけない禁句3選! その3:結婚しなければ良かった!

喧嘩をしていて相手の嫌なところが目についてしまうと、つい「あなたと結婚しなければ良かった!」と思ってしまうこともありますよね。感情に任せてうっかり出てしまいそうな言葉ですが、これも禁句です!今まで一緒にいた時間を全否定されたように感じてしまうからです。

また、この言葉は過去を後悔するばかりで未来の二人に向けて何の得にもなりません。この言葉の次は「じゃあ離婚しよう」にしか繋がらないからです。感情の赴くまま離婚に直結してしまいそうな内容に持っていかないよう注意してください。

旦那に禁句を言ってしまって夫が激昂した!仲直りはどうする?

禁句を言ってしまうと夫が激昂してしまい、想像以上の大喧嘩に発展してしまう可能性も出てきます。最悪の場合、離婚や法律問題に至ってしまうかもしれません。

その一言で夫が深く傷ついてしまい、立ち直れなくなったり恐怖を抱くようになってしまった場合は離婚理由に繋がる可能性もあります。言われたときに記憶がフラッシュバックしてしまい「顔を見ると辛くなる」「そのときを思い出してしまうようになり一緒にいられなくなった」と言ったケースもあります。

また、あまりに夫が深く傷ついてしまい日常生活や体調面に支障をきたしてしまった場合は、法律問題まで発展する可能性も否定できません。あなたの発言が原因な場合は慰謝料請求まで至ってしまう場合もあります。

時間が経てば経つほど傷は深くなっていきます。自分が相手を傷つけた発言をしてしまって「マズイ」と思ったらすぐに謝りましょう。喧嘩しているときは、なかなか謝る気になれないこともありますよね。しかし、修復不可能な状態になる位であれば謝って解決する方が簡単です。

謝るときは「本心じゃなかったんだけど、ついカッとなってしまって…」と本心ではないことを伝えましょう。そして「いつもは感謝している」ということをきちんと伝えましょう。人は「ごめんね」という言葉より「ありがとう」という言葉を言われる方が気持ちよく嬉しいものです。「ありがとう」という言葉で傷を塞ぎましょう。

【参考動画】夫婦仲直りのための動画【Jazz/祐生カオル】

夫婦仲直りのための動画【Jazz/祐生カオル】

まとめ

改めて禁句のキーワードをまとめます。以下の3つです。

1.あなたの親はダメね!
2.収入が少ない!
3.結婚しなければ良かった!

夫婦であればお互い価値観の違いもあり喧嘩をすることもあります。我慢をすることはよくないので、思うことがあれば言い合いましょう。しかし、それはお互い今後のためとなることを言うようにしてください。

例えば「私が仕事から帰ってきて疲れているときに家事を全部やるのは大変なの。手伝ってくれるとお互いの時間をもっと穏やかに過ごせると思う。」等といった今後の発展が見える言い方ができるといいですね。

言葉は目に見えませんが、心を傷つけるナイフになりえます。いくら感情が高ぶっていたとしても言っていいことと悪いことがありますので、闇雲にお互い傷つけ会う発言は避けるようにしてください。

余談にはなりますが、私の知り合いで夫婦で喧嘩をした後に夫が交通事故に遭い亡くなってしまった人がいました。彼女は今でもそのときのことを悔やんでいます。その彼女から「喧嘩をしている世の中の夫婦はすぐに仲直りして欲しい」という重みのある言葉をもらいました。そのため、私は夫と喧嘩をしても数時間後には仲直りするようにしています。

時には喧嘩を重ねつつも、より一層幸せな夫婦となるよう応援しています!

【こちらも読まれています】

夫婦喧嘩攻略法!無視する嫁の心理と仲直りの秘訣で時短解決
夫婦喧嘩するといつも無視をしてくる嫁に、さらに腹立ちを覚えていました。無視をされると仲直りをするきっかけもつかみにくく、いい方法だとは全く思えなかったからです。しかし、夫婦関係は維持したいので、嫁から歩み寄ってこないのであれば、こちらから歩み寄っていくしかなく、まずは「なぜ嫁は無視をするのか」と「無視をする嫁と話し合う方法」をさぐってみました。

コメント