保育園・幼稚園でする乾布摩擦タオルの作り方解説!効果や正しいやり方は?

スポンサーリンク

手袋をしている女の子

最近一段と寒くなってきましたね。

急激に気温が下がると、環境の変化に身体がついていかず、風邪を引いてしまったり、何となくだるかったり…体調が優れない日もありますよね。

その身体の不調は“自律神経”が外的要因によって影響を受けているからかもしれません。

皆さんは“乾布摩擦”をやったことはありますか?

「最近はやっていないけれど、保育園の時にやっていたよ!」という方もいれば、「やったことはないけれど、寒い中裸で背中をタオルで擦るやつでしょ?」という認識の方もいると思います。

少し昔ながらの健康法という先入観がありがちな乾布摩擦ですが、実は現代の体調不良や健康維持のためには有効なソリューションになる可能性を秘めているのです。

今回はそんな乾布摩擦の効能をはじめ、実際にどのように行えばいいのか、詳しく説明していきます!

ぜひ参考にして、厳しくなる寒さにも負けず、常に安定した体調を維持できるようなひとつの方法を習慣にしてみてはいかがでしょうか?

保育園・幼稚園でする乾布摩擦タオルの作り方解説!

保育園・幼稚園で使う乾布摩擦タオルはどうしようかと頭を悩ませますよね。

せっかくだから可愛いものを作ってあげたいと思うのは親心だと思います。

基本的に用意するのはフェイスタオルと同じくらいの大きさのタオルないしガーゼなど。

可愛い模様などが入っているものを選んでもいいですね。

しかし、子どもの肌はまだまだ敏感で弱いので、出来る限り天然素材を使用することをおすすめしますよ。

作り方は以下のサイトを参考にしてみてください。

とてもかわいらしい乾布摩擦タオルを作られていますよ。

 

保育園・幼稚園でする乾布摩擦タオル、ネットでも買える?

自作できる乾布摩擦タオルですが、ネット等で既製品を購入するのも一つの手です。

以下に3点紹介しますので、参考にしてみてください。

1.【海軍さんのタオル ホワイト】ボディタオル

  • 価格:1,300円 (税込)
  • 特徴:純綿100%と通常のタオルの4倍の糸で作られているから強度が強い!

乾布摩擦に使用するには最適なタオルと自信をもっていえる商品です。

この漁網健康タオルは昔、帝国海軍の兵隊が乾布摩擦などにも使用していたそうです。

純綿100%だから肌に優しく、強度があるから耐用年数も長いため、乾布摩擦にはもってこいのタオルといえるでしょう!

また、カラーバリエーションも豊富ですので、家族1人ずつで分けて使うのもおすすめ。

2.カラータオル ブルー 200匁(12枚入)

  • 価格:1,340円 (税込)
  • 特徴:綿100%の安心生地と12枚入りという圧倒的なコスパの良さ!

綿100%だから肌にも安心です。

また、吸水力・速乾性抜群です。

なんといっても、1,340円で12枚のタオルが手に入るというコスパの良さがおすすめポイント。

これを買えば、ストックもできますし、様々な用途に転用もできますね!

3.ささ和紙 SASAWASHI ボディタオル メッシュタイプ(ベージュ)

  • 価格:770円 (税込)
  • 特徴:ささ和紙70%生地による抗菌防臭効果と肌を擦るときの爽快感がGood!!

天然のくまざさが、肌の余分な脂分や汚れを吸収し、抗菌防臭効果でにおいも抑え、衛生的な商品です。

肌に優しく、かつ商品の品質上、衛生を保てる点でおすすめできる商品です。

乾布摩擦を保育園・幼稚園で行う理由や目的は?

鼻をかむ女の子

昔ながらの乾布摩擦ではありますが、なぜ保育園や幼稚園など幼少期に行うのでしょうか?

今の時代、厳しい冬の寒さの中で乾布摩擦を行うことは「可哀想ではないか」と怪訝な目を向けられてしまうかもしれませんが、今だからこそ意味があることなのです。

昔と比較して今の子供たちは体温に何らかの異常がみられる割合が多くなりつつあります。

いわゆる平熱といわれる36.8℃を大きく下回る35℃代の低体温、反対に37.5℃程度の高体温など、体温の調整がうまくいかない子供たちが増加傾向にあります。

低体温の場合には、朝に弱くなります。

体温が上がらないため、身体が活動状態にならず、交感神経が刺激されないため、集中力を欠如した状態になります。

また、低体温による免疫力の低下により、風邪を引きやすいなど、体調が安定しない場合があります。

一方、高体温の場合には、自身の熱を放出することが難しいため、熱中症になりやすい傾向があります。

このような体調異常は、現代の空調設備が整っている環境に多く身を置くことにより、自分自身で体温を調節せずとも外気が適温のため、人間が持つ本来の体調調節機能が発達しないものによると考えられています。

また、この体温を調節する役割が自律神経であり、この働きが未熟であると身体全体の発達に影響が出てきます。

そんな快適な時代だからこそ、有効なのが乾布摩擦なのです。

乾布摩擦では、皮膚を刺激することにより、自律神経が刺激され、その働きを高めるといわれています。

いわば、自律神経は人間が本来持っている正常の状態を維持する役割を持っており、働きを高めることで、体温調節機能はもちろんのこと、感情の安定や、運動能力の向上なども期待できるのです。

そして、この自律神経は幼少期に大きく発達します。

したがって、幼稚園や保育園で行う乾布摩擦は、将来の身体作りのために行う理にかなっているものなのです。

乾布摩擦の意外な効果は?

健康にいいとされる乾布摩擦ですが、実際はどのような効果を体験できるのでしょうか。

実に様々な効果があるようですね。

やはり共通するのは、自律神経機能が活発になり、交感神経と副交感神経のバランスが取れるようになることで、体温が高くなり、血流を促進し、結果として身体のバランスが整うということです。

結果として、身体の免疫機能も向上し、

  • 冷え性が解消
  • 首や肩のこりが緩和される
  • 寝つきが良くなる
  • ストレス耐性が高くなる
  • 風邪などの感染症にかかりにくくなる

といった健康効果がもたらされるのです。

ストレス社会である現代日本における昔ながらの健康法は、現代病を遠ざける一つの手段であるといえますね!

乾布摩擦の正しいやり方は?服の上からでもよい?

タオルを肩にかけた男性

それでは、乾布摩擦の正しいやり方について説明します。

誤った方法で行うと、乾布摩擦の効果を得られるどころか、皮膚が炎症を起こして痛い思いをすることになりますので、気を付けましょう!

また、最近では服を着たまま乾布摩擦をする方法もありますが、服の上からタオルで擦ることにより、裸で行うのと同様の効果を得ることができます。

ただし、1点注意が必要で、服は化学製品でもありますので、強く擦ると皮膚が炎症を起こす可能性が高くなります。

服の上から乾布摩擦する場合には、化学原料由来の服を避けて、綿生地の服を着るようにするのをおすすめします!

乾布摩擦

乾布摩擦は朝にするのが良いですが、寝る前にすると体が温まり寝つきが良くなる効果もあります。

目安の時間は上半身2~3分、下半身1~2分です。

また、冷え性などで寒さを感じる手足の先端部分は少し多めにやるのも効果的です。

摩擦は体毛の流れに逆らうのがポイント!

基本の流れ

  1. 足の先から膝まで、手の先から肘まで万遍なく擦る。
  2. 次にひざから足の付け根へ、手首から肩まで万遍なく擦る。
  3. 最後にお腹から胸へ向けて、背中はタオルを斜めにクロスさせて擦る。

肌がほんのりピンクになる程度に抑えましょう!

体がポカポカしてくるのを感じると思いますよ。

それ以上擦ると乾燥肌の原因になったり、炎症を起こしかねないので、全身で合計5分程度に抑えておきましょう。

ゴシゴシ力を入れれば良いわけではないので、ほどよい力で擦りましょう!

乾布摩擦が楽しくなる!乾布摩擦中のおすすめの歌は?

体操する人々

せっかく乾布摩擦をするなら楽しくやりたいですよね。

子どもとやるなら尚更です。

そんなときは音楽をかけながらやるのがおすすめですよ!!

カラダ応援! 乾布摩擦マーチ

カラダ応援! 乾布摩擦マーチ

NHKニュース「おはよう日本」にて紹介のラブボディメソッド(乾布摩擦)のマーチです!

マーチということもあり、アップテンポでリズムも良く、気分も上がりますよ!

また動画を見ながら真似ることで、乾布摩擦の一連の流れは会得できるかも!

子どもと一緒に歌いながらダンスをするように乾布摩擦すると、楽しく継続できると思いますよ!

乾布摩擦は何歳まで続けるべき?

乾布摩擦は幼少期から青年期、そして老年期まで長く行ってもOKです。

体調などによりますが、決して無理して継続する必要はないと思います。

しかしながら、乾布摩擦はすぐに健康効果が現れるわけではなく、毎日の継続によって体調が安定を実感できます。

そこで、お風呂に入る前に用意してあるタオルで30秒拭いてみるとか、毎週月曜日は体のメンテナンス日として必ず乾布摩擦をするようにルール付けするなどが継続の秘訣です。

何事も完璧を求めるとどこかで疲れてしまいます。

健康になるためにやっているのにストレスになったら本末転倒ですものね。

先に紹介した歌で楽しみながら、ラジオ体操のような感覚で毎朝やってみるというのも面白いかもしれませんね!

自分なりの継続方法を模索して、今ある健康を常に維持することをいくつになっても継続していきましょう!

まとめ

今回は自律神経を刺激し、環境の変化に対応できる身体を作る乾布摩擦についてご紹介しました!

ポイントは以下の通りです。

 

  • 乾布摩擦は人間本来の生命維持機能である自律神経を刺激して働きを高める。
  • 自律神経が著しく発達するのが幼少期、だから保育園・幼稚園で乾布摩擦をする!
  • 化学製品のタオルは肌を傷つける可能性あり。できるだけ綿など天然素材の使用を!
  • 擦りすぎは禁物。長くとも全身5分程度で、肌がほんのりピンクがかるのを目安に。
  • 子どもだけでなく、大人でも継続していくことで、身体のメンテナンスができる。

快適な現代だからこそ起こり得る体調不良、それは人間本来の機能を弱める“便利さ”に対抗できるのは、昔ながらの健康法“乾布摩擦”が一つのソリューションです。

ぜひ、参考にして実践してみてくださいね!

【こちらも読まれています】

青竹踏みの疑問7選!イボなしとイボありどちらがいい?靴下をはいたままでもOK?
健康で元気に生活していくために食の安全性と体を動かす分野において関心が高まっていますね!健康志向が高まり健康グッズに関する意欲も高まってきているなか、今回は「家でちょっことながら青竹踏み健康法!」について多くの方が抱く効果と疑問点について紹介していきます!
青竹踏みをやりすぎると効果は半減?正しい回数・やり方は?痛くてできない時は?
日々の生活をイキイキと実りあるものにしていくには、なによりも健康が一番です。そこで、手軽に始めることができ、お金もほとんどかからない、昔ながらの足ツボ刺激の“青竹踏み”を試してみてはいかがでしょうか?青竹踏みの効果や注意点などをご紹介していきます!

コメント