保育園の卒園祝いプレゼント実例!女の子編!我が家はこれをプレゼントしました!

スポンサーリンク

冬の寒さも落ち着き、少しずつ春が近づいてくると、いよいよ卒園・卒業シーズン到来です。

この春保育園を卒園し、小学校へ上がる子のへプレゼントするのはどんなものがいいでしょうか?

実際に自分の子供や親戚、友人の子供などに卒園祝いを渡したことがある人にアンケート。

卒園祝いに女の子にプレゼントしたモノ、金額、その子の反応などもまとめたので、ぜひプレゼント選びの参考にしてみてください!

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:図書カード5000円分

で言葉を覚えるだけでなく、残高の計算で算数の勉強もできたようです。

娘は小さい頃からが大好きで、何かお祝い事がある度に本を購入していました。

小学生になったので、今度は自分で本を選んでほしいと思い、図書カード5,000円分をプレゼントしました。

渡したらとても喜んでくれて、さっそくその日のうちに本屋さんへ当時ハマっていたシリーズを購入しました。

使っていくうちに、今度はカードの残額を気にするようになりました。

「これを買ったらいくら残る」というように、自然と算数のお勉強になったようです。

本自体をプレゼントするのも良いと思いますが、自分で好きな本を選んで買うという行為もとても大切だと思います。

それからお祝い事のプレゼントは図書カードにしていて、親の目論見通り、今でも本が大好きでいてくれています。

(女の子のママから投稿をいただきました!)

 

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:おままごとの道具

本格的なキッチンセットは、どんな女の子でも憧れるものですよね。

従姉妹の子供にプレゼントしたものですが、本人がずっと欲しがっていたおままごとに使うキッチンや食材をプレゼントしました。

野菜などはマジックテープで切ったりくっ付けたりでき、コンロやレンジは電池を入れると光るものです。

当時購入した店舗は閉店していますが、キッチン3,000円、野菜と果物のセット1,000円弱だったと思います。

お祝いとしては安めですが、とても喜んでくれ、今でも大事に使ってくれています。

(従姉妹の子供にプレゼントした方から投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:お寿司!

「モノ」よりも楽しい思い出や美味しい外食をプレゼントするのも素敵ですね。

我が家では誕生日やお祝い事の時は、決まってお寿司を食べに行きます。

普段は仕事やそれぞれの学校で予定が合わないので、家族全員で外食する良い機会になっています。

回転寿司で、4人で5,000円程ですが、娘はお寿司が大好きなので、何日も前から楽しみにしていました。

卒園と同時に小学校入学の準備に出費がかさんだ為、物のプレゼントは見送りました。

しかし本人の喜んだ顔が見れたのでとてもよかったと思います。

(女の子のママから投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:電動鉛筆削り

小学生にとって毎日使う鉛筆削りは必需品ですね。

卒園祝いを選ぶにあたり、何度も使える実用的なものをあげたいと思いました。

小学校に入学すると日々の必需品である鉛筆削りに決めました。

手動だと毎日煩わしいかと思い、電動のものにしました。

鉛筆の形をした可愛らしいもので、文具店で3,500円程でした。

プレゼントとしては安い金額ですが、子供にとっては小学校生活をイメージできるプレゼントになったようです。

(女の子のママから投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:名前入りの鉛筆とタオルハンカチ

名入れや刺しゅうなどの「ちょっとの特別感」をプラスするだけで、子供ってものすごく喜んでくれますよね。

鉛筆もハンカチも小学校に入ると必要になる実用性のあるものです。

それでいて特別感がある物を贈りたかったので、素材や柄にこだわり、名前を入れてもらいました。

2つ合わせて3,000円位です。

子供は真っ先に自分の名前に気付き、「私のだ!」ととても喜んでいました。

鉛筆は国産で芯や木材にも拘ったもので、とても書き心地も良かったです。

他のお友達とかぶらないのも、嬉しかったポイントのようです。

(女の子のママから投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:洋服

オシャレが大好きな女の子には、洋服のプレゼントは鉄板ですね。

母である私も子供もとにかく服が大好きですし、小学校では毎日が私服になるのでちょうどいいと思い洋服をプレゼントしました。

4着で8,000円位だったと思います。

子供服でそんなに高価にならずお財布にも優しかったです。

何着もプレゼントしたので、あれもこれも欲しい欲張りな子供でも満足してくれました。

女の子の子供服は非常に可愛いですし洋服のプレゼントはオススメです。

(女の子のママから投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:自転車

自分だけの自転車で、新しいお友達とたくさん遊んでほしいですね。

保育園の時はお兄ちゃんみたいに自転車に乗りたいと、休みの日になると兄弟の自転車を借り必死に練習していました。

最初は何度も転んでケガしていましたが、だんだん上達し一人で乗れるようになりました。

卒園後すぐに一緒にお店に行き、好きな自転車をプレゼントしました。

20,000円位だったと思います。

入学式までの間、毎日家の周りを乗り回していまし

上の子達も卒園すると自転車を購入していたので、お兄ちゃんたちに仲間入りできた満足感もあったようです。

(女の子のママから投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:百科事典と図書カード

スマホでも本を読める時代ですが、あえて紙の本に触れあってほしいならば、百科事典や図書カードはピッタリのプレゼントですね。

相手の趣味や最近の子供達の流行が分からないため、金銭を贈ることが多くなっていました。

そんな時、自分の子供にもらったもので印象的だった、辞典や図書カードにしました。

今の時代パソコンやスマホでなんでも調べられて有難い反面、本に触れる機会が減っています。

読んで想像したり、自分で考えたりする「本の楽しさ」を知ってもらいたいなという思いを込めて。

小学生になる子には百科事典で5~6,000円、中学生になる子には10,000円分の図書カード

近しい方にはプラス焼き菓子などを。

小さい子供達は一番お菓子に喜んでくれました。

(女の子のママから投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:好きな服

小さい子供は親が買ったものを着ることが多いので、卒園祝いに「自分で選んだ服」をプレゼントしたら喜んでくれそうですね。

娘が前からずっと欲しいと言っていたタイプの洋服をプレゼントしました。

卒園記念に何か買ってあげようとは思っていましたが、服は定期的に買うものだからいいか、と思っていました。

子供の成長は早く、すぐに新しい服を用意しなくてはなりません。

だからこそ、今しか着れない自分が好きな服を買ってあげようと思いました。

いつもは嫁の選ぶ服を着ていたので、自分で選んだ洋服を着た時は泣いて喜んでくれました

これから子供の節目には好きな物を買ってあげたいと思いました。

(女の子のパパから投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:筆箱や鉛筆などの文房具セット

自分用の文房具は「いよいよ小学生になる」という気分が上がるプレゼントですね。

おもちゃと文房具で迷いましたが、これから小学校で必要不可欠なものを、子供の好みのもので揃えてあげたいと思い文房具セットにしました。

自分で一生懸命選ぶことで、最後まで大事に使ってくれるかな、という思いも込めて決めました。

鉛筆、消しゴム、定規、筆箱、色ペン、下敷き、ノート等で、3,000円程でした。

買った後は家で早速ノートに買ったペンでお絵描きしていました。

定規で家中測って周り結果を教えてくれました。

見ている私の方が嬉しくなるくらい、喜んでくれました

(女の子のママから投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:置き時計

小学生になると時間割で授業が進みますから、時計の見方を覚えるのは大切なことです。

金額は3,000円位で高くないものですが、娘の好きなキャラクターの可愛らしい置時計をプレゼントしました。

小学校に入学すると、時間割で生活が事細かに進んでいきます。

まずは時間というものに興味を抱いてもらえるように、好きなキャラで自然と目が行くように選びました。

実際に渡すと娘は「可愛い!」と喜んで自然と時計を見て、興味を持ち小学校生活を送っています。

(女の子のママから投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:保育園を毎日頑張った証のお帳面とアルバム、それに本人が欲しがっていたおもちゃ

頑張ってできた証を見て、これからも頑張ろうという自信に繋がってくれるといですね。

幼いながらに、保育園に行きたくない日もあったでしょうが、休まず登園できたことが将来の自信に繋がればと思い、保育園の連絡ノート(お帳面)アルバムをプレゼントしました。

ノートはまだ読めませんが、アルバムは先生や友達の名前を呼んで喜んでいました。

また、サブで10,000円程の欲しがっていたおもちゃを購入しました。

(女の子のママから投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:かわいい花の髪飾り

これだけ喜んでもらえると、プレゼントした方も嬉しくなりますね。

小学校の入学式に身に着けられる、パッと華やかなものをプレゼントしたくて、雑貨屋を物色しに行きました。

そこで娘が好きな「赤い花」の髪飾りが目に入りました。

2,000円程で6歳児の髪飾りにしては高めではありましたが、購入しました。

卒園式の日に自宅で渡しました。

娘は恐る恐る包装を開けると、それはもう大喜びでした。

「私の赤!お花!きれい!」と大はしゃぎ。

選んだ私も嬉しくなるくらいでした。

入学式まで着けるのを我慢できず、毎日のように「私のお花見せて!」と頼んできて大変な程でした。

(女の子のママから投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:文房具のセット(鉛筆、消しゴムなど)

お気に入りの文房具は、大人も子供も使っているだけで気分が上がる、やる気アップの魔法アイテムです。

親御さんの考え方(例えば漫画は読ませないなど)も考慮して、卒園祝いを選ばなければなりません。

無難なところで、小学校に上がってから使える文房具のセットにしました。

金額は数百円程度ですが、自分が子供の頃を思い出しながら選びました。

好きだった匂い付きの消しゴムや、キャラクターの鉛筆など、高価でなくても日々使えて持っていて嬉しくなるものにしました。

お子さんも喜んでくれたようで、プレゼントした方も嬉しくなりました。

(友達の子供にプレゼントした方から投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:名前入りの鉛筆

普段使うものでも自分の名前が入っているだけで特別感があって嬉しいですね。

小学生になって必要になる鉛筆にしました。

ピンクと水色で名前が彫られている可愛らしいものです。

1ダースで十分な量があるのも選んだポイントでした。

プレゼントすると、自分の名前に気付き大喜びしてくれました。

もったいないと、大切に机の中にしまって、2学期に入ってやっと使ってくれるように。

お気に入りになったようで、その鉛筆を使う時は、いつも以上に綺麗な字でお勉強してくれています。

大切に使ってほしいという想いが伝わった気がして、渡した自分も嬉しい気持ちになりました。

(女の子のママから投稿をいただきました!)

女の子の保育園卒園祝いプレゼント実例:洋服

親はお手頃価格の洋服を買いがちなので、ちょっとお高い服のプレゼントは、女子の心を掴んでくれること間違いなしです。

保育園は制服でしたが、小学校では毎日私服で登校するようになります。

洋服は何枚あっても困らないだろうと思い、その子のサイズや好きな色を聞いてプレゼントしました。

金額は5,000円位。

女の子は押さなくてもオシャレに敏感なので、可愛い感じのワンピースにしました。

とても喜んでくれ、さっそくプレゼントした服を学校に着て行ったようです。

子供のうちはすぐにサイズが小さくなってしまい、親は高い服を買ってあげることは少ないと思うので、プレゼントする時は、少々高くても可愛いものを選ぶようにしています。

(友達の子供にプレゼントした方から投稿をいただきました!)

まとめ

  • 実用的なもの(文房具、鉛筆削り、時計、洋服、図書カード)
  • お祝いとして特別感のあるもの(ちょっと高い服、実用的なアイテムに名入れ、自転車)
  • ものより思い出(家族で外食、アルバム)
  • 本人の欲しいもの(おもちゃ、洋服)

女の子は、限定」 「私だけ」という特別感にときめくものです。

普通の文房具やハンカチでも自分の名前が入っていたり、友達とはちょっと違うものをもらえるだけでも気分が上がります。

渡す時には「小学校に上がるお姉さんとして頑張ろうね」と一言加えるだけでも反応が変わってくるかもしれませんね。

コメント