保育園お別れ会の出し物5選!卒園児の子ども向けに年中・年少向けアイデア!

スポンサーリンク

飛び出すピエロ

保育園も秋の運動会や遠足を終えたら、いよいよお別れ会シーズンに突入しますね。

園によってもお別れ会のスタイルはそれぞれ違うものだと思いますが、どの園も子どもが出し物をするスタイルが多いようです。

我が家の子ども達が通った保育園でも年中、年少さん中心で出し物をし、プレゼントをもらい、とても楽しいお別れ会を開いてもらったようです。

ただ年長さんとは違って、年中、年少さんは一つ覚えるのにも大変な苦労が強いられます。

ですから、子ども達が楽しんで覚えられる出し物でなければ簡単には覚えられません。

そこで、定番のものから変わったものまで、「お別れ会の出し物アイディア5つ」と楽しく練習するにはどうしたらよいかをまとめました。

年中さんには来年度の最上級生としての自覚を芽生えさせ、年長さんに元気を与えられるようなお別れ会を目指しましょう。

保育園お別れ会の出し物アイデア5選! その1:歌

定番ですが、年少さんでも年中さんが引っ張ってくれることで発表することができるので、異年齢児交流に繋がりますね。

年少さんが歌うのが難しいようであれば、カスタネットやタンバリンなどを持たせて曲の合間に演奏してもらう、というのもかわいいですよ。

年長さんとしても「自分たちもこんな小さかったんだな」と成長を実感できます。

ピアノをひく先生がいれば準備物はありません。

必要であればカスタネットやタンバリンなどを人数分用意してください。

子どもの集中力は長くて15分といわれます。

朝の会や帰りの会の時に短時間で練習しましょう。

いつも演奏している、歌っている曲なら特別な練習は必要ないかもしれませんが、合同練習は何度かやっておいた方がよいでしょう。

保育園お別れ会の出し物アイデア5選! その2:育てたお花をプレゼント

カップに入った花

時間はかかるのですが、お水をあげることなら年少さんでもできます。

ラッピングやお手紙を年中さんが添える、という形をとれば「年少さん、年中さんから」という立派なサプライズプレゼントになります。

会でお手紙を読み上げてもいいですね。

準備するものは小さな鉢植えと花の種です。

ラッピングやお手紙を付けるのであれば人数分準備します。

途中万が一枯れてしまったりトラブルがあっても大丈夫なように鉢植えと種は多めに準備しましょう。

お手紙や言葉を読む練習が必要です。

カンペで話すのか暗記するのかにもよりますが、1週間程度あればマスターできるでしょう。

保育園お別れ会の出し物アイデア5選! その3:小さな子のお部屋でお別れ会食

こちらも定番かもしれませんが、普段一緒に食べない年齢の子どもたちと食べることは思い出に残るものになるはずです。

そして小さい子のお部屋へ案内されることによって、保育園での出来事を思い出すことにもつながるでしょう。

案内する際にも、一人ひとり手を引いて案内すると、かわいいですね。

部屋には年長さんのネームプレートを準備し、そこに年少さん、年中さんからのイラストを添えても素敵です。

ここでの「司会、進行」は年中さんに任せましょう。

準備するものは、いつもよりちょっと豪華な給食、ネームプレート人数分(それぞれイラスト、メッセージを)です。

練習時間はイラストを入れる時間程度ですが、司会進行役の年中さんには1~2週間程度必要かもしれません。

保育園お別れ会の出し物アイデア5選! その4:スタンプラリー

異年齢でチームを作り園内でスタンプラリーをします。

異年齢で行動することによって下級生は上級生の頼もしさを知り、上級生は下級生を思いやる気持ちを育てます。

何よりスタンプが嫌いな幼児はいませんからね。

スタンプポイントには年中さんを配置し、スタンプを押せたらハイタッチ。

「○○先生のだ」と分かるスタンプを置いても面白がってくれるでしょう。

ゴールできたら景品を準備してもよいかもしれませんね。

準備物はスタンプ、スタンプシート、園内地図、必要であれば景品です。

1、2度練習しておくとスムーズに進むでしょう。

保育園お別れ会の出し物アイデア5選! その5:ダンス

仮装した子供と写真を撮る女性

こちらも定番ですが、楽しめる事は間違いありません。

年少、年中さんが踊っているところに、年長さんも加わってもらいましょう。

憧れの年長さんと直接的に関われるので、年少、年中さんも楽しめますよ。

もっと盛り上げるには、フラダンスで使うようなレイや、ちょっとした衣装、飾りをそのまま年長さんにプレゼントというのも面白がってくれます。

準備するものは、プレゼント用の飾り人数分です。

普段から踊っている体操やダンスなどなら、練習時間はいりません。

「年長さんと一緒に」ということがスペシャルです。

保育園児が楽しく練習に向き合う声掛けや練習時間は?練習の工夫アイデア!

人参をくわえた馬

上でも少し述べたように幼児の集中力は長くても15分と言われています。

練習が必要な際にはなるべく短く効率的に行うべきです。

毎日の中でも特に、何か子供たちが楽しめる時間帯の直前が効果的ですよ。

「馬の鼻先に人参をぶら下げる効果」です。

我が家の宿題タイムは、夕飯前か、お出かけ前、何かオモチャがあるときにはオモチャの開封前です。

「これができたら、お楽しみができるよ」と誘導すると幼児は我先にと集中して動きますよ。

お別れ会がうまくいったら、大人でいう「打ち上げ」的なご褒美を準備してもいいかもしれませんね。

年長さんには秘密ですが。

まとめ

  • 歌の出し物は、普段歌っている曲なら特別準備はいりません。年少、年中合同ならば何度か一緒に歌っておくと安心ですね。
  • お花をサプライズでプレゼントというのは、練習が難しい年少さんでも参加できますよ。
  • お別れ会食は小さい子のお部屋で行うことで、年長さんは保育園での出来事を思い出せます。司会が年中さんならより楽しむことができるでしょう。
  • スタンプラリーによって協力することの大切さを学び、保育園での思い出の場所を巡れます。
  • ダンスは定番ですが、一緒に踊った年長さんにちょっとした衣装や飾りをプレゼントすると盛り上がるでしょう。
  • 練習する際になかなかうまくいかないときには「馬の鼻先に人参効果」を試してみましょう。

定番の出し物でも、一つ何かを加えることでスペシャルな思い出になるはずです。

下級生とのかかわりは勿論、自分が送ってきた保育園生活を振り返ることができると卒園を実感するでしょう。

新しい生活に踏み出すお兄さん、お姉さんにエールをおくれるような楽しい思い出に残るお別れ会にしてくださいね。

【こちらも読まれています】

保育園お別れ会の出し物5選!子どもの思いが保護者に伝わる感動アイデア!
卒園を前にして、保育園のイベントとして行われるのがお別れ会ですよね。子どもだけでなく、保護者出席のイベントの園もあるでしょう。そこで、ここでは保育園のお別れ会の出し物アイディア5選と、当日の飾り付けアイディアをまとめてみました。

コメント