保育園の夏祭りの景品は手作りがおすすめ!意外なメリットとは?

スポンサーリンク

夏の夕方には、浴衣や甚平を着た小さな子どもと保護者の方を見ることがあります。自分に子どもが生まれて分かったのですが、保育園や幼稚園の夏祭りなのですね。

夏祭りを主催する保育園の保育士さんは、出し物、ゲーム、飾り付けなど準備に大忙しだと思います。景品を何にするかもそのひとつ。予算がありますから、コストがかからなくて、子どもたちが喜ぶものは、何があるのでしょうか。

今回は手作りの景品について考えてみました。メリット、デメリットは?どんな景品がいいのか?まで。忙しい保育士さんたちのお役に立てば嬉しいです。

手作りの景品のメリット

メリット①予算が抑えられます。

材料を各家庭から募れば材料費をゼロにすることも可能です。ネットでは一見安いものもありますが、送料がかかります。

メリット②参加する人数によって、用意する数をフレキシブルに調節できます。

ネットで安く購入すると、決められた個数のセットを購入することになると思います。そうすると過不足が出ます。

メリット③その保育園の園児に合わせたものが作れます。

その時に保育園で流行っているものや、園児の年齢、発達にあったものも自由に作れます。

手作りの景品のデメリット

デメリット①手間がかかります。

作る手間だけでなく、材料を揃える手間、作り手を集める手間、作り方をアナウンスする手間、出来上がったものを検品する手間などがあります。

デメリット②作り手によって、クオリティに差が出る場合があります。

デメリット③市販のものよりは壊れやすいでしょう。

しかし、壊れやすいというのは逆に、大切に扱うことを学ぶきっかけにもなると思います。一休さんは言いました、形ある物はいつかは壊れると。

さらに、親からすると壊れやすいものは、捨て時が分かりやすいのがありがたいです。子どもはいつまでも、ものを捨てません。壊れたら捨てると、明確に子どもに説明することができます。

子どもが嫌がった時は修理して大切にすることもできます。

手作りの景品、何がいいか

今回は家にあるもので作れるものを集めてみました。しかもまとまった時間がなくても、少しずつ準備できるものばかりです。

折り紙

意外と子どもは喜びますし、大切にします。

折り方に興味を持つきっかけにもなります。折り紙が折れるようになると、洗濯物をたたむのも上手になります。おそらく中心線を意識することができるようになるからではないでしょうか。

折り紙は100円ショップではいろいろな柄もありますし、一袋180枚入りの物もあり、100円でたくさんの景品を作ることができます。

折る手間はありますが、まとまった時間を取らなくても、ちょっとした空き時間にコツコツと進めることもできます。リボンやハート、動物、乗り物、恐竜など、いろんな種類のものを作れば選ぶ楽しみがあります。

紙飛行機

先日、子どもの幼稚園でとてもよく飛ぶ紙飛行機をいただきました。地面に対して平行に飛んでいく様に、衝撃を受けました。

よく飛ぶ紙飛行機といえど、飛ばし方によって飛行距離は変わります。長く飛ぶように練習する楽しさもあります。なぜ紙飛行機は飛ぶのか、親子で考えるきっかけにもなるでしょう。

紙飛行機にはいろいろな折り方があります。いろいろな種類の紙飛行機を用意しても楽しいですね。材料は折り紙なので、費用はそれほどかかりません。ただし、ギネス記録の紙飛行機はA4用紙でおります。

子どもは紙飛行機をもらったら、すぐに飛ばしてみたくなります。帰ってから遊ぶようにアナウンスしましょう。

牛乳パックの竹トンボ

誰もが一度は遊んだことがあるのではないでしょうか。本物の竹トンボは作るのが容易ではないでしょうが、牛乳パックの竹トンボなら簡単です。

材料は牛乳パックとストローです。真ん中がずれないようにだけ気をつけましょう。作り終わったら飛ぶかどうか、忘れずに確認しましょう。これも帰ってから遊ぶように、アナウンスが必要です。

自分の身体を使って遊ぶものは、子どもの発達を促します。

紙とんぼ

メダル

これも牛乳パックやリボン、毛糸など予算をかけずに、あるもので作れます。リボンや毛糸がなければ、ご家庭から、使っていないものを寄付してもらってもいいでしょう。

ステッキ

折り紙をクルクル丸めて棒状にし、先に飾りを付けます。飾りは折り紙で折ったものや、牛乳パックに絵を描いたものなどいろいろなものが作れます。リボンの飾りなどをつけると特別感も出ます。

まとめ

● 手作りの景品は、予算をかけずに用意できる
● 手作りの景品は、工夫をすることが必要
● 手作りの景品は、その後の遊びや発達を促すことができる

おすすめしたものは、家にあるもので作れるものばかりです。これでは景品として特別感がないと思われるかもしれません。しかしいつも親しんでいるようなものでも、子どもは喜びます。

そして今度は自分で作ってみたくなります。手作りの景品は、その場だけで終わるのではなく、その後につなげることができます。

手作りは予算面でのメリットにばかり目が向きがちですが、子どもの発達を促す点に気づいたことが一番の収穫でした。

この記事があなたのお役に立てば嬉しいです。以上、保育園の夏祭り、景品は手作りがおすすめ!意外なメリットとは?でした。

 

【こちらも読まれています】

夏祭りのテーマ保育園・幼稚園向けアイデア3選!園児が喜ぶ出し物!
保育園や幼稚園の恒例行事、夏祭り!先生方は子どもたちに祭りを楽しんでもらえるように、知恵を絞って出し物を考え頭を悩ませてしまっているのではないでしょうか? 保育士さんは忙しいので凝って準備にあんまり手間取ってしまいますと、通常の業務に支障をきたしたり、準備疲れになってしまうかも。 でも、難しく考えなくていいんです!子どもたちにに喜んでもらうことが目的である以上、突飛なものや珍しい出し物である必要は必ずしもありません。 子どもたち相手に行う出し物に求められるものは手軽でシンプルで盛り上がるものです。馴染みがあってシンプルであるほど、子どもたちには理解しやすくなりますよ! 今回は保育園・幼稚園の夏祭りテーマごとの出し物アイデアを盛りだくさん紹介いたします!ぜひ参考にしてみてくださいね!

コメント