左利きの子どもは矯正すべきか?特徴は?左利きによるデメリットは?

スポンサーリンク

悩む女性

幼少期時代は利き手は不安定ですが、4歳くらいになると徐々に利き手が定まってくるようになります。

我が子左利きだと分かると、右利きに矯正すべきか悩むご両親も少なくありません。

周りから「右利きに矯正した方がいい」と言われることもあります。

しかし、一方で「無理強いしない方がいい」という意見もありますよね。

子どもが左利きで矯正をすべきか悩んでいるご両親に向けて、矯正するメリット・デメリットを説明していきます。

左利きの子どもは矯正すべきか?

文字を書く左利きの人

人類のおよそ90%が右利きと言われています。

そのため、一昔前は周りと同じにするためであったり、世の中の利便性を考えて左利きの子どもは右利きに矯正されることが多くありました。

しかし、最近では左利きを一つの個性と捉えられることも多くなってきたため矯正されないことも増えてきています。

「矯正すべき」という意見と「矯正すべきでない」という意見の2つを比べてみましょう。

矯正すべきという意見

  • 大半が右利きなので「変わっている」と言われる(思われる)可能性があるから
  • 右利き向けの製品が多いので不便だから(はさみ、自動改札機、缶切り等)

矯正すべきではないという意見

  • 子どもに無理強いをしてストレスをかけてしまうから(ストレスがかかりすぎて「てんかん」や「夜尿症」を引き起こす子どももいると言われています。)
  • 本来の利き手ではなくなってしまい不器用になってしまう可能性があるから

どちらも一理ある意見ですね。

しかし、最近では「子どもの意志を尊重すべき」と考え矯正を無理強いしない方が良いと言われることが増えてきています。

ちなみに左利きの人口の方が少ないと言われている中で、私の父と夫が元々左利きでした。

しかし、父も夫も今では右手を中心に生活をしています。

私の父は左利きだったのですが小学生の書道の時間や給食の時間に先生に強制的に右手を使うよう指示をされたとのことです。

名残で一部自然に左手が出ることもありますが、今では殆ど右手を使うことの方が多いとのことです。

一方、私の夫は全く矯正されなかったのですが、幼い頃に周りをみて皆が右手を使っていることに気づき真似をするようになり自ら右手中心となったとのことです。

今では父と同じように一部左手メインの行動もありますが、基本的には右手を使っています。

子どもが自ら利き手を変えることがあるのだと驚かされました。

左利きの子どもの特徴は?性格は?

女の子と男の子

一概に利き手だけで性格が決まるものではないですが、左手を多く使うことで右脳が発達しやすいと言われています。

そのため右脳が活性化したことにより、クリエイティブな発想が出てきたり天才肌の人が多いという声も聞かれます。

実際、私も思い起こしてみると比較的左利きの友人は優秀な人が多かったという印象を持っています。

よく言われる左利きの人の特徴と性格をご紹介します。

あくまで「一般論」ですので、決めつけずに参考として見てください。

頭の回転が速い

世の中の大半の物が右利きの人向けにできているため、幼い頃から自ずと自分がやりやすいように思考をこらす必然性が出てきます。

そのため、頭の回転が速くなる傾向があるようです。

天才肌の傾向がある

左手をよく使うため、右脳が活性化しクリエイティブなアイディアを生み出しやすいため天才肌と言われることがあります。

ストレスを感じやすい、繊細

世の中が右手中心にできているため、普段から疎外感を抱きやすい環境に常に置かれています。

そのため、実は無意識にストレスを感じていることが多いのです。

そもそも左利きになるのはなぜ?左利きの割合は?

割合の数字が上部に浮かぶ女性

世界の人口人類のおよそ10%程度が左利きと言われています。

日本だけでみた割合は11%と言われており、世界の割合とさほど変わらないようです。

世界では、左利きの割合が多い国として「オランダ」「ニュージランド」が挙げられています。

なお、日本国内では男性が3.6%、女性が2.7%で男性の方がやや多い傾向にあります。

利き手が決まる原因は、未だ解明されていません。

「遺伝説や「環境説」「ホルモンのバランス説」等が挙げられていますが明確にはなっていません。

左利きのメリット・デメリット!左利きの子どもが苦労するシーンは?

野球をする人

では、実際に左利きのメリット・デメリットはどんなことがあるのでしょうか。

シーン別に紹介していきます。

左利きのメリット

両利きになる可能性が高い

世の中の大半が右利き用のものが多いため必然的に両利きになる可能性が高いです。

例えば、どちらかの手を怪我したときも左利きの人は適応力が高い人が多いというメリットもあります。

スポーツで有利な点が多い

対戦相手は大半が右利きになれているため、「野球」や「卓球」「ボクシング」等で優位に立てることが多いシーンもあります。

左利きのデメリット

右利き用のものが多いためぎこちない動きになってしまうことがある

「ハサミ」「スープ用のおたま」「ドアノブ」「自動改札機」等右利き用に設計されているものが世の中に多いため、動作をするときにぎこちない動きになってしまうこともあります。

私は右利きなため、全く意識したことがなかったのですが意外と「バイキングのときのスープ用のおたまが使いづらい」という声を耳にして驚きました。

横書きのときに手が汚れる

横書きは左から右に字を書いていくので、鉛筆の汚れが手についていくので手が真っ黒になりがちです。

逆に縦書きのときは右利きの人の方が手が汚れますが、一般的に横書きの方が多いので左利きの人の方が手が汚れがちにはなります。

あの人も左利き!左利きの有名人10人!

アインシュタイン

世界で10%と言われていますが、意外と左利きの有名人は多いのです。

「え!実はあの人も!?」という人もいます。

紹介仕切れなかった人も多数いますが、日本でも世界でも歴史を残されている人が左利きが多いところからも「左利きの人は頭が良い」と言われる所以なのかもしれないですね。

日本での著名人

  1. 野口聡一(宇宙飛行士)
  2. 本田圭佑(サッカー選手)
  3. 王貞治(野球選手)
  4. 石原慎太郎(元東京都知事)
  5. 養老孟司(解剖学者)

日本での左利きの有名人は以下の動画でまとめられています。

▼左利きの有名人

左利きの有名人

世界での著名人

  1. アイザック・ニュートン(物理学者)
  2. アルベルト・アインシュタイン(物理学者)
  3. トーマス・エジソン(発明家)
  4. バラク・フセイン・オバマ・ジュニア(アメリカ大統領第44代)
  5. マリ・キュリー(物理学者)

まとめ

花畑の中にいる女の子

ここまでの内容をまとめます。

  1. 左利きを矯正すべきかどうかは意見が分かれているが最近は「矯正を無理強いしない」という意見が優勢である
  2. 左利きの人は右脳が活性化されやすいためクリエイティブな人や天才肌な人が生まれやすい
  3. 左利きの人は世界の人口の10%程度
  4. 左利きによるメリットもデメリットも両方存在する
  5. 左利きの有名人は意外と多い

「矯正する」も「矯正しない」も最後は子どもが一番ストレスのかからない選択をするのがベストです。

親が決めるのではなく、子どもの意志を尊重しのびのびと育ててあげてください。

 

【こちらも読まれています】

左利きの子ども用はさみ・包丁・箸・グローブ・楽器のおすすめを楽天から紹介!
一般的な製品は右利きを前提に設計されているものが多いです。しかし、お子さんが左利きだと右利きのグッズを使って不便そうにしていると「何とかしてあげたい!」と思うのが親心ですよね。そこで、今回は左利きのおすすめ製品をいくつかご紹介していきます。

コメント