ハロウィンに迷惑を子供がかけないために親がすることは?トラブル防止策!

スポンサーリンク

ハロウィンは街中がハロウィンの飾りで華やかになったりハロウィンシーズンならではの楽しみも多く、楽しみにしている方も多いですよね。

しかしハロウィンだからといって子供がいきなり見知らぬ家を訪問しお菓子をもらいにいってしまうなど、迷惑行為をしてしまうかもなんて心配もあります。

ここではハロウィンの迷惑行為周りの家や大人に迷惑だと思われないために親がするべきことトラブルを事前に防ぐための防止策を紹介しています。

楽しいイベントだからこそハロウィンでの迷惑行為もしっかり対策しておかなければならないので、子供に対して親がするべきことなどをチェックしておきましょう!

【ハロウィン時の子供を迷惑に思っている大人は多い!?】

ハロウィンでは仮装を楽しんだりパレードに参加したりなどもあるものの、人によっては楽しめないハロウィン行事として「子供がお菓子を貰いに来る」があるんですね。

子供にとってみればお菓子をいっぱい貰える楽しい日……ではあるのですが、もちろんハロウィンに参加するつもりがないのに突然訪問され、お菓子を期待されても困るんです。

またハロウィンは近頃かなり日本にも浸透してきたとはいえ広まってきたのはここ最近で、「自分の子供の頃にはハロウィンなんてほとんど知らなかった」という方も多いです。

ハロウィンに参加してお菓子をあげる心構えをしている場合は別として、自分の経験的にそんな行事も知らないのに当たり前の顔をしてお菓子を貰いに来られると、当然びっくりしてしまうんですね。

ちなみにハロウィンでお菓子を貰いに訪問できる家というのは実はルールがあり、逆にこれを知らずにハロウィンの雰囲気だけを楽しむつもりだった結果トラブルになることもあります。

・ジャックオーランタンを飾ってる
・玄関に明かりがついている

こういった条件が整った家が「子供にお菓子をあげますよ」とサインを出していることにもなるので、こういった装飾や明かりを用意せずにいる家にはお菓子を貰いにいけません。

また

・お菓子を貰う子供は仮装する
・20時頃まで

こういったハロウィンのルールは本場のアメリカで浸透していることなので、ハロウィンを楽しむためにもしっかりルールを把握しておくことも大切なんですね。

【ハロウィンでお菓子を貰いに行く子供に親が伝えるべきことは?】

日本のハロウィンの現状はお伝えしたようになっているので、それを踏まえた上でハロウィンを楽しむためにお菓子を貰いに行く子供に伝えるべきことをチェックしていきましょう。

ハロウィンのルールを伝える

ハロウィンで楽しくお菓子を貰いにいくためにも必ずハロウィンのルール、例えばジャックオーランタンの飾りがある家や明かりがついている家でしかお菓子を貰えないなどを伝えましょう。

町内で事前に打ち合わせなどができていれば「町内のジャックオーランタンが飾ってある家だけOK」など分かりやすく伝えられ、参加したくない家とのトラブルも避けられます。

またお菓子をもらえるのは仮装している場合だけなどハロウィンのルールもしっかり話し、ハロウィンを楽しめるようにしていきましょう。

見知らぬ人からは貰わない

全く知らない人からお菓子を貰うのはもちろん善意である場合も多いもののトラブルの危険もあり、また手作りのお菓子などになってしまうとアレルギーの心配もあります。

お菓子を貰いにいくのは知っているお家だけにして、見知らぬ人やまったく知らないお家には行かないように注意しておきましょう。

「ありがとう」という

ハロウィンだけではなくどんな場合でも当然で、やっぱりお菓子を貰ったからには「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることも大切です。

「子供がいっぱいお菓子を貰いに来たけれど感謝の一言もない」なんてことになればその家は来年からハロウィンに参加したくなくなり、結果的に誰もが楽しめないことになるので注意しましょう。

【お菓子をくれなかった!ケチな人だった!など悪態をついたら?】

事前にしっかり伝えハロウィンに参加しないお家もあると理解していたに関わらず、子供が「お菓子をくれなかった!」など悪態をついていたらどのように対応すれば良いでしょうか。

もちろんハロウィンに参加しないお家もありますし、もしかしたらハロウィン用のお菓子を用意していたに関わらず思ったより早くお菓子がなくなった結果あげられなくなったという場合もありえます。

どちらにしても「お菓子をくれない」「ケチ!」など貰って当然の態度では困るので、ハロウィンに参加しないお家もあるから貰えなくても当然」としっかり伝えていきましょう

自分の子供の場合はともかく他人の子供が言っているのを目にするとつい遠慮したくなるかもしれませんが、見逃して子供が「貰って当然」と思ったままではその子のためにもなりません。

年長者としてハロウィンのルールをしっかり伝え、そういうことを言ってはいけないと理解してもらえるようにしていかなければ、それこそハロウィン行事自体ができなくなる可能性だってあります。

自分の子供・他人の子供関係なく「ケチ!」など悪態をついているところを見かけたら怒るのではなく話し、子供にも納得してもらえるようにしていきましょう。

【ハロウィンで自分の子供が迷惑をかけて近所トラブルに!対処法は?】

ここまで事前に準備をしっかり伝え子供にもハロウィンのルールを話していたに関わらず、子供がつい悪態をついてしまったなど迷惑をかけてトラブルとなってしまう可能性もあります。

このような場合は

・現場を見かける
・苦情が来る
・学校に連絡が行く

などから知ることが多いですね。

現場を見かけた場合は即座に子供にストップをかけて直接謝ることも出来ますが、後から知った場合は謝罪のタイミングにも悩んでしまいます。

しかしもちろんハロウィンに子供が迷惑をかけたのに何もせず流してしまうのはNGなので、できるだけ相手の都合が良いタイミングを考え、しっかり謝罪しましょう

謝罪に行く場合の基本として

・菓子折りなどを用意する
・誠意を込めて謝る

こういったものがあり、子供がハロウィンに迷惑をかけてしまい申し訳ございません、今後はしっかり指導し、同じようなことがないようにしますと伝えていきましょう。

謝罪の注意点として、菓子折りは謝罪を受け入れられた後に差し出すものであり、万が一「いりません」など断られた場合はあまり押さず、素直に引くことも大切です。

ご近所さんとは今後長い付き合いになるのでハロウィンのせいでギスギスしてしまうと以降の生活に響くことにもなり、しっかり謝罪し許してもらえるように誠意を見せることが大切です。

【まとめ】

ハロウィンに子供が迷惑をかけないために注意するべき、親がしておくべきポイントやトラブル防止策まとめ!

1:ハロウィンはそもそも日本に浸透してから間がなく、参加しない家、ハロウィンについてを詳しく知らない方も多い。いきなりお菓子を貰いに行く子供に戸惑うことも
2:ハロウィンはジャックオーランタンの飾りがある家、明かりをともしている家のみがお菓子をあげる準備をしているというルールがある。見知らぬ人からは貰わないようにしよう
3:万が一お菓子をくれない、ケチなど子供が言っていたらしっかり対応し、ハロウィンに参加しない家もあることを話そう。他人の子供であっても同様に!
4:どれだけ気をつけてもうっかり子供がハロウィンで迷惑行為をしてしまうことも、しっかりハロウィンでの行為を謝罪して今後のご近所生活に影響がでないようにしていこう

ハロウィンは近年盛り上がってきたお祭りなので、自分達の頃にはなかった「子供が家にお菓子を貰いにくる」というルールに戸惑う方が多いことは親も知っておかなければなりません。

実際に見知らぬ人からお菓子を貰うのはアレルギーなどの危険もあるため、大人も子供も事前にしっかりルールを把握し、安心に楽しめるようにしていきましょう!

コメント