平安神宮で七五三2019!おもちゃが貰えるなど人気の理由3選!

子供の成長をお祝いする節目の行事となる七五三
参拝日は一般的には10月中旬から11月中旬の吉日に神社が大変混雑するので、近年は時期をずらして参拝されるご家庭も多いですね。

人気の神社である平安神宮の七五三は非常に混雑する事が予想されます。
そもそも平安神宮の七五三は、どうしてそんなに人気なのでしょうか?
おもちゃがもらえるという事も人気1つのようですよ!

今回は平安神宮の七五三が人気の理由と、もらえるおもちゃの情報や混雑回避の方法など、お伝えしていきます。ぜひ参考にしてくださいね。

【平安神宮で七五三2019!人気の理由 その1:おもちゃがもらえる!】

祈祷してもらうと、お守りの「福笹」と京あめ処の豊松堂さんの「千歳飴」に加え、お土産のおもちゃをもらえます。そのおもちゃは、決して安いものではなくお誕生日に買ってもらうような「おもちゃ」なのです!

おもちゃは毎年変わりますが、女の子と男の子用が3種類ずつあり、女の子はプリキュアやキティちゃん、おままごとのセットなど可愛らしいもの、男の子はアンパンマンやレンジャーものなど好きなものが選べます。

【平安神宮で七五三2019!人気の理由 その2:七五三貸衣装プランで楽!】

平安神宮で当日予約受付をすれば、衣装レンタル・着付け・写真撮影などのセットプランが利用できるので、子どもの負担を減らすことができます。

例年の「七五三貸衣装プラン」は、8月1日から予約受付になっているので、HPで最新情報を確認しましょう。

祈祷予約は当日先着順となり、受付時間は午前9時から午後の4時までとなります。

プラン
①祈祷料+貸衣装+着付け ¥20,000(税込)
②祈祷料+貸衣装+着付け+写真(六ッ切1ポーズ2枚組)¥28,000(税込)
※ヘアセット、メイクは別途料金
予約方法:最新情報をHPで確認してください。

【平安神宮で七五三2019!人気の理由 その3:京都のパワースポットの中心!】

平安神宮には京都を守る四神の御守が授与されています。四神(四神相応)とは中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣で、「東の青龍」「西の白虎」「南の朱雀」「北の玄武」の4つです。

794年にできた平安京は、東西南北に4つの神を見立てて建てられており、それぞれに神社があります。(東:八坂神社、西:松尾大社、南:城南宮、北:上賀茂神社)これらに平安神宮を加え、京都では『京都・五社めぐり』というものが行われています。

コメント