春休み明けに学校へ行きたくない!どうしても行かなきゃダメなの?対処法はあるの?

スポンサーリンク

落ち込む段ボール

楽しい春休みがもうすぐ終わると思うと、ワクワクではなく、イヤな気持ちになる人も中にはいると思います。

わかります。

私もそうでした。

私自身、学校が好きではなかったし、実際行っていなかった時期があります。

私の子供も一時期、学校に行けなくなった時がありました。

誰しもが学校を楽しめるわけではないし、新学期にワクワクするわけではないんですよね。

それでも学校には行かなくちゃいけないのでしょうか?

学校には行きたいけど、どうすればいいかわからない!

そんなあなたに向けて今回の記事を書きます。

ゆっくりでいいので読んでみてくださいね。

学生さんへの記事ではありますが、私は中学生の子供がいます。

なので、親目線の意見も取り入れていますので、保護者の方にも伝わる書き方ができるように尽力いたします。

お子さんと話し合うきっかけになれば幸いです。

春休み明けに学校へ行きたくない!どうしても行かなきゃダメ?

クッションに隠れる男の子

最初に結論からお話すると「行きたくない理由」によります。

あなたが学校に行きたくない、と感じてしまう原因はなんなのか。

そこがわかっていれば答えはみつけやすいです。

いくつか理由をパターン化してみたので、次の項目でみてみましょうね!

その前に、連休明けには身体や心の中でどんな変化が起きているのか、少しお話しますね。

学校に行っている間って、だれでも無意識に頑張ってしまうんです。
「友達とうまくやらなきゃ」「勉強もがんばらなきゃ」「いい子でいなきゃ」
こんな感じで身体や心、脳がフル回転しています。
どんなに心が元気な子であっても、ストレスというのは溜まりますよね。
ということは、なにか問題を抱えている子の場合は、とてつもないストレスが溜まっているわけです。
そのことに気づいていなかったけど、春休みなどの長期のお休みがあることで
「あっ、自分キツかったんだ。辛かったんだ。」って気づきます。
気づいたらそりゃ行きたくなくなりますよね。

【春、夏、冬休み明けは身体と心が不安定になりやすい時期】

4月9月って大人でも不安定になりやすい時期なんですよ。
1月の冬は寒いですしね。
なんだか憂鬱だったり、身体がだるかったり。私も毎年このシーズンはしんどいです。
そして何より休み明けって、不安事が一気に押し寄せてくる感じがしませんか?
そんな不安も手伝って、学校へ行くのが嫌になったりするんですね。
この不安と、さっきお話したストレスの気づき。
これが合わさると、合体したモンスターのように強力なパワーで襲い掛かってくるわけです。

要するにいままで、あなたは学校生活を頑張ってきたわけです。

「いやいや自分は何もしてないし」と思っていても、頑張っていたんですよ。

なので、心や身体がしんどい!と言っているのであれば、休んでいいと私は思っています。

実際、私の子供にも「しんどいときは無理せず休め!」と言っていますしね。

親御さんはいろんな感情から学校へ行ってほしいと言うかもしれません。

義務教育だから。学校は大事だから。あなたのためなんだから。

高校生や大学生なら「あなたが決めた学校でしょ!」

親御さんがおっしゃる気持ちもわかります。

でも、どんな人でもしんどい時期は来ます。

そのあなたの心と身体の声に気づいてあげることができたのなら、答えてあげてもいいのではないでしょうか。

行きたくなくなってしまった理由はなんだろう?パターン別の理由と対処法

教室の女の子

では、学校へ行きたくなくなってしまったのはどうしてなのでしょうか。

何パターンかの理由と、そのパターンごとに解決に繋がるようなアドバイスをつけてみました。

書いてある通りに実行しなくてもいいので、参考程度に読んでみてくださいね。

①なんだかわからないけどめんどくさい!だるい!

ありますよね、なんだかわからないけど面倒になったり、だるいとき。わかります。

ちなみにこれ大人になってもあります(笑)

休日と学校生活とでは、生活リズムが違うのでいままでは何の苦なくできていたことも、しんどくなっちゃうんです。

めんどくさいと感じてるだけならば、最初の一歩が大事です!

もし登校してみて、数日様子を見てもやっぱりしんどい時は自分と向き合って「なにかストレスないかな?」と確認してみてくださいね。

誰かに相談してみるのもおすすめです!

②春休みの間、生活リズムが崩れてしまって本調子じゃない!

先ほども話したように、生活リズムが崩れると、いままでできていたことがしんどく感じてしまいます。

ここで大事なのが『どうして生活リズムが崩れたか』です。

  1. 徹夜で遊んでしまったなど、崩れた理由がハッキリわかっている
  2. 遊んだりはしていないけど、なんだか眠れなくなってしまった。理由がわからない。

このふたつで大きな違いが出てきます。

1.の場合は、崩れた理由がわかっているので改善できそうです。

2.の場合は、不眠症などのトラブルを抱えているかもしれませんので、

親御さん、お医者さん、学校の保健の先生など、大人に相談してみましょう。

③春休みに入る前にトラブルがあって、解決しないままになっている

例えば、友達と喧嘩したままだったり。

部活内で揉め事があって解決していなかったりすると、行きづらいですよね、とても。

まずは、誰かに相談しましょう。

親御さん、別の友達、先輩、先生。

あなたが相談しやすくて、頼れる人がいいですね。

一人に相談して、真剣にとりあってもらえなかった場合もあきらめずにもう一人、次の一人、といった具合に相談しましょう。

十人十色ということわざがあるように、人の意見も様々ですからね。

自分では解決できなかったことでも、誰かの意見を聞くことで、意外と心が軽くなったりしますよ。

④宿題が終わっていない

春休みはほぼ宿題がない学校が多いので、このパターンはそんなにないのかなと思いますがもしあった場合は、気づいた時点で取り組みましょう!

ちなみに、夏休みや冬休みの場合。

我が家の子供たちは、必殺「やったんだけど忘れちゃいましたー!」作戦を使って日数を伸ばしています(笑)

先日あった三者面談で、作戦がバレバレだったことがわかったので、先生の目は侮れません。

良い子は真似しないでくださいね。

でも、遅れてでもやろうとする姿勢は大事ですよ!

頑張ったのに間に合わなかったときは、正直に先生にそのことを話しましょう。

サボってしまっていたのであれば、先生に謝って、遅れてでもやりましょうね。

やらなかった、遅れてしまったのは事実ですから、怒られても受け入れましょう。

「怒られちゃうよな…」と気にしているということは、あなたが反省できているということです。

同じことを繰り返すことなく、次に生かせばOKですよ!

⑤何かしらの大きな問題を抱えている

いじめ、家庭環境、心が疲れているなど。

一概には言えませんが、自分の中で何かしら思い当たる節がある場合です。

私個人の意見をお話しますね。

心も身体も疲れてしまうような問題を抱えているのならば、まず休みましょう。

  • いじめにあっている、前のクラスでいじめられていた
  • クラスの子とうまく話せなくて辛い
  • 習い事でトラウマになるようなことがあった
  • 勉強に疲れてしまった 

など

ひとりひとり状況が違うかと思いますので「こうしよう!」と言い切れないのが本当に心苦しいのですが、「学校や集団でいることへの恐怖心、不安、嫌悪感」からひとまず離れましょう。

心と身体を休ませるのが最優先事項だと私は思っています。

そして、親御さんに話せそうなら、話しましょう。

話せる状態じゃないときは、先生に電話やお手紙などで伝えられるといいですね。

何も理由がわからないと、大人は心配ですし、なんで休みたいのかわからないと対応ができません。

勇気がいると思いますが、こんなことが辛い、こんなことがあって不安、怖い、苦しい。

だから学校へ行くのが辛くなってしまったということを話してみませんか?

⑥どれにもあてはまらない、けど行きたくない…

まずは、自分の気持ちと向き合ってみましょう。

私がわからなくなったときは、ノートに気持ちを連想ゲームのように書いていきます。

たとえば

学校嫌だ、眠い、早起き辛い、登校時間寒い、遊びたい、友達、最近〇〇ちゃん冷たいなんかしたっけ?、わからない、不安、聞いてみる?、こわい

スムーズに行かないときは、感情の殴り書きでもいいですよ。

たとえば

だるい、めんどくさい、勉強つまらない、テストの順位が出るから憂鬱、また怒られるなんのために勉強?、未来がみえない、漠然とした不安

こんな感じです。

書けるだけ書いてみると、自分が考えもしなかった感情がフッとでてくることがあるんですよ。

これはちょっとめんどくさい…という場合は頭の中でやってもいいです。

私は書くとスッキリする人間なので書いていますが、自分に合ったやり方でやってみてくださいね。

なんとなく原因がわかったら

対応策を考えてみましょう。

親御さん、先生、友達、先輩、塾の先生など、誰かに相談して一緒に考えてもらうのもいいですね。

友達に「学校行くの嫌になった時ってどうしてるー?」と聞いてみたりもおすすめです。

同年代の意見って一番参考になりますよね。

インターネットを使って、質問掲示板やツイッターを使って聞いてみると、幅広い意見がきけます。

学校へ行きたくないのは甘えだと言われた!本当にそうでしょうか?

顔を覆う女の子

こればかりは、学校へ行きたくない理由と、ひとそれぞれの価値観なので正解はありませんが、私は甘えではないと思います。

人によって『辛い』と感じる容量が違うからです。

A君にはなんともないことでも、C君にはとても辛いことになります。

人間のおでこにデコピンをしても痛っ!ですみますが

ハムスターにデコピンをしたら怪我をするかもしれませんよね。

なので「そんなことで休むなんて甘えだ!」というのは、違うと思っています。

そして「こんなことで休むなんて…」と自分を責める必要もないですよ。

ただ、さきほどお話した

「なんだかわからないけど、めんどくさい、だるい」
「徹夜で遊んでいて生活リズムが崩れたから辛い」

が理由の場合はごめんなさい、甘えかもしれません(笑)

その場合は、自己管理をしっかりしたり

「しゃーないから一日だけ行ってやるか」

というノリでいいので、行ってみましょう!

行ってしまえばなんてことなかったりしますよ。

学校へ行きたいけど怖い!どうすればいい?

開いたドア

学校が嫌いなわけではない。

行きたい気持ちはあるという場合のお話です。

まずは先ほどもお話した「行きたくない原因を探して、対策を考える」のですがそこをもう少し掘り下げてみましょう。

まずは一日行くことを目標に

学校への嫌悪感や恐怖を感じていないのであれば、一度行ってみたら少しずつ戻れるかもしれません。

まずは一日。

きつくなったら早退してもかまいません。

「行く前が辛い」という感情はわりと持ち合わせている人が多いので、大丈夫な可能性があります。

ですが「行った後に辛くなった」ときは、危険なサインです。

もう少し様子をみたり、休んで対策を練り直しましょう。

学校生活の中で楽しいことを考えてみる

楽しいことって人によって違いますよね。

友達との時間。部活の時間。先生と話す時間。給食の時間。

ちなみに私は休み時間に音楽室でピアノを弾くのが一番の楽しみでした。

逆に嫌なことはなんでしょう?

先生のこういうところが嫌い。クラスメイトのここが嫌だ。部活内のこの空気が無理。

人間も場所もそうなのですが、楽しいこと(好きなこと)と嫌なことが、それぞれあることが多いです。

嫌なことだけをみていると、憂鬱になってくるものです。

天下の夢の国、ディズニーランドを例に考えてみます。

楽しくてウキウキなことばかりかと思いきや、並ぶ時間が長くて嫌だと感じる人がいたり、人混みが苦手な人には行くこと自体が憂鬱だと感じるかもしれません。

学校でも同じように、楽しいこと、嫌なことそれぞれあると思うので楽しいことはなにかなー?とピックアップしてみたら、気持ちが変わってくることがありますので、試してみてくださいね。

欠席が続いてしまったらどうすればいいんだろう?不安に感じたら読んでほしい言葉

手を握る

学校に行けない日が続いてしまうと、不安になったり、自分を責めてしまったりすることもあります。

「ずっと学校へ行けないままなのかな?」
「どうしてみんなと同じように学校へ行けないんだろう」
「自分は駄目なのかもしれない」

家にいると、考える時間もたくさんあるので、マイナスに考えてしまったりもします。

ですが、いまあなたがお休みしている時間は、必要な時間です。

周りの人から急かされたりすることもあるかもしれませんが、あなたのペースでいいんですよ。

学校へ行くことが辛くて苦しいなら、それで生きるのが辛くなるくらいなら、休みましょう。

どんなことよりも、あなたが笑顔でいられることの方が大事です。

「学校を休むことは負けじゃない」と教育評論家の尾木直樹さんも言っていました。

尾木ママの愛称で有名なかたですね。

冒頭でお話しましたが、私の中学生の娘と息子も、学校へ行けてない時期がありました。

そして、私も行けてない時期があったんです。

息子はクラス替えと担任の先生が変わったことで空気が変わり、楽しく通えるようになりました。

娘は通えるようになったけど、いまだに馴染むことが難しいと感じています。

私は中学校は半分近く行けてないですし、高校へ行ったものの、すぐに中退。

その後に学校というものから解放されてはじめて、楽しいことは世の中にたくさんあったんだと知ることができました。

それぞれ復帰したり、違う道をみつけられるまでに時間がかかりました。

いまだから言えることですが、私たちに休んでいた時間は間違いなく必要でした。

これは言い切れます。

辛い思いをしながら学校へいっていた時の子供たちの姿は、笑顔はまったくなく、いつか自殺をしてしまうんじゃないだろうかと常に心配になるほどでした。

私の中学校の卒業アルバムの写真は、犯罪でもおこしそうな顔つきです。

それが、いまではみんな笑顔も出るようになりましたし、明るくなってきています。

それくらい、環境って人を変えてしまうんです。

人によってかかる時間は違います。

でも、焦ることなく、ゆっくり静養してください。

私の父が言っていた言葉で、当時は苦手だったけど、いま大好きな言葉をおいておきます。

「よそはよそ!うちはうち!」

人と比べなくていいんです。

あなたはあなた。

マイペースにいきましょう。

学校へ行きたくないと感じているお子様をお持ちのご家族へ

握る手

お子様もさることながら、親御さんもとても心配されていることと思います。

私も子供たちの欠席が続いたときは心配でした。

まず、お子さんが「学校を休みたい」と言ってきたとき。

頭ごなしに叱らずに、お話を聞いてください。

私自身もそうだったのでわかることですが、親に休みたいと言い出すときってとても勇気がいるんです。

その勇気をまずは認めてあげてください。

そして「休みたい」という言葉は、子供からの「ヘルプサイン」です。

その奥にどんな問題があるのか、焦らずゆっくり見極めてあげてください。

サボりだなと察しても、私は一日ならば休ませます。

日頃頑張ってきて疲れたのかもしれませんね。

(その分の埋め合わせをさせたり、勉強についていけるように自宅で勉強をさせたりはします。)

疲れているのかいないのか。

辛い思いをしているのかいないのか。

親として悲しくなるほど、本人にしかわかりません。

どうか、子供が何を思って休みを求めているのか、よく見てあげてください。

子供の大きな支えとなれるのは大人です。

親が味方になってくれるということは、なによりも心強いということを、忘れずにいてください。

元不登校児で、不登校児を抱えていた、私が一番お伝えしたいのは子供が笑顔になるのであれば、生きていてくれるのなら、それに勝るものなんてなにもないです。

将来の選択肢はたくさんあります。

いま子供が生きていける道を作ってあげてください。

最後に

 

  • 学校行きたくないときは休んでもいい!
  • 長期休み明けは不安定になる時期でもあるので要注意
  • 行きたくない理由は人によって様々である
  • 辛さを感じる容量は個人差があるので、休むことは甘えではない
  • 行きたい気持ちはあるけど、一歩が踏み出せないときは、一日を目標にしてみる
  • 学校の中での楽しみをみつけだして、イメージする
  • 休みが続いても焦らない、その時間は必要な時間!
  • 学校へ行くことであなたの笑顔がなくなるより、休むを選ぶ!
  • 人と比べずない、あなたはあなた!
  • 死ぬほど辛いことなら休んでいい!あなたの心をわかってあげられるのは、あなただけ。心の声に耳を傾けてみてくださいね。

学校って難しいところですよね。

同年代の人たちがたくさんいて、好きな人も苦手な人もいて。

難しい勉強をして、順位がついたりなんかして。

それが将来必要なことなんだとわかってはいても、大変です。

学校って大変なんです。

すごく難易度が高い場所なんです。

そんな日常を頑張ってきた自分をたくさん褒めてあげてください。

どうか、あなたにとって心地いい居場所がみつかりますように。

あなたのこれからの未来が、明るく楽しいものになりますように。

心から応援しております。

【こちらも読まれています】

小学校の転校手続きは春休みがベスト?必要書類や挨拶まわり・子供のケアは?
様々な理由で、小学校を転校することがあります。転校に必要な手続きや挨拶まわりなど、小学校を転校する時は、やらなければならないことがたくさんあります。この記事では小学校の転校手続きに関して、ベストなタイミング、必要な手続き、子供のケアなどについてまとめました。

コメント