ハロウィンの説明を保育園児に簡単に伝える方法!おすすめの本は?

スポンサーリンク

ハロウィンの仮装をした子供たち

10月31日といえば、ハロウィン。

この記事をご覧の皆様はハロウィンが何の日かご存じでしょうか?ここ数年、日本でもハロウィンは非常に賑やかな日となります。

ただ、保育園児から「ハロウィンは何の日なの?」と聞かれたときにどのように説明すべきなのか困ったことはないでしょうか。

コスプレをする日とは説明をしがたいですし、どの様な背景があるのかを知っていないと保育園児でもわかるように説明をするのは難しいことだと思います。

この記事では、ハロウィンは何の日かと聞かれたときにばっちり答えられるように、ハロウィンがどんな日なのかという説明や、ハロウィンがモチーフの絵本や紙芝居などを紹介いたします!

この記事をご覧になった後は、きっと今まで以上に園児たちとハロウィンを楽しめるようになりますよ。

ハロウィンの説明を保育園児にどのようにする?簡単に伝える言い方!

ハロウィンの仮装した子供たち2

さっそく、保育園児へハロウィンを簡単に伝える説明の仕方をお伝えします。

「ハロウィンは、死んだ人のおばけが帰ってくる日なんだよ。でも悪魔や魔女、悪いおばけも一緒に来てしまうんだ。やってきた悪いおばけに、仲間だと思ってもらって悪さをされないように、みんなもおばけや魔女になりきるお祭りのことをハロウィンっていうんだよ!」

といったところでしょうか。

なぜ悪魔や魔女がやってくるのかは、後程詳しく記載しますね。

大人でもわかりやすく簡潔にハロウィンをお伝えするのであれば、「死者のお祭り」「西洋版のお盆」でしょう。

ちなみにハロウィンといえば「Trick or Trea(トリックオアトリート)」という言葉。

この言葉は

「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ」

という意味です。

なぜお菓子をくれないといたずらをされてしまうのか…。

疑問に思ったことはありませんか?

起源はヨーロッパの「Souling(ソウリング)」という習慣なのだそうです。

キリスト教の信者が死者の日に魂を沈めるのですが、お礼に「ソウルケーキ」を差し出していたのです。

この「ソウルケーキ」を差し出さなかったときは、沈めることのできなかった魂がいたずらをすると言われていたことから、「お菓子(ソウルケーキ)をくれなきゃいたずらするぞ」という言葉がうまれたんですね。

保育士さんも知っておきたい!ハロウィンについて!

たくさんのカボチャ

それではさらに詳しく、ハロウィンとはどんなイベントなのかをご説明します。

「万聖節(ばんせいせつ)」というキリスト教の祝日をご存じでしょうか。

この「万聖節」は諸聖人の祝日や聖徒の日とも呼ばれる、キリスト教のいろいろな聖人を敬う日なのです。

敬老の日の聖人バージョンですね!

そして、この「万聖節」の前日がハロウィンなのです。

こちらはクリスマスイブと同じようなものとお伝えすればわかりやすいでしょうか。

万聖節は英語で「ALL Hallows」です。

そこにクリスマスイブと同じように「eve」が付き「ALL Hallows eve」となります。

そして「ALL Hallows eve」が「Hallows eve」と呼ばれるようになり、更に発音が崩れて「Halloween」になったということなんです。

ハロウィンという言葉が生まれた意味は分かりましたが、今のハロウィンになるまでにどんな起源があったのでしょう。

ハロウィンの起源は、紀元前までさかのぼる必要があります。

紀元前に存在した、古代ケルト民族の世界では、10月31日が1年の終わりの日でした。

今でいう12月31日、大晦日です。

古代ケルト民族にとって10月31日は1年の締めくくり。

お祭りをする日でした。

このお祭りの日、ただ賑やかなお祭りなだけでなく、死んだ人の霊が家族を訪ねてくると信じられていた日なのです。

ですが、家族を訪ねてくる霊だけではなく悪魔や魔物、魔女などもやってきて悪さをする日だとも言われていました。

魂を奪ってしまう、農作物を荒らす、子供をさらっていくなどの深刻な悪さです。

魂を奪われたり、さらわれたりしては大変だ!ということで、子供たちはドラキュラやおばけ、魔女や悪魔の格好をして仲間だと思わせたり、逆に怖がらせて悪さができないようにするために“仮装”をするようになったんです!

いかかでしょうか、日本ではハロウィンはただ「コスプレ」をする日のようなイメージが出来上がっていますが、きちんと「仮装」する事に意味があったんですね。

ハロウィンを伝えるときに使える絵本や紙芝居はこれ!

ハロウィンのイラスト

保育園の子どもたちにハロウィンについての絵本や紙芝居を読んであげることで、さらにハロウィンがどんなものかわかりやすくなります。

ここでは、おすすめの絵本や紙芝居を紹介いたします!

ハロウィーンって なぁに?

こちらの絵本は日本で初めてのハロウィンの絵本なのだそう。

今回の記事のテーマと同じように幼い魔女がおばあさん魔女にハロウィンが何かを教えてもらうストーリー。

ハロウィンについてとても分かりやすく知ることができますよ!

おおきなかぼちゃ

おおきなかぼちゃ、と聞くと思い出すお話はありませんか?そう、“おおきなかぶ”です。

おおきなかぶのハロウィン版のお話。

少し怖い絵ではありますが、お話はとても微笑ましく、意外な小さな生き物が大活躍します。

おさるのジョージ ハロウィーンパーティーにいく

こちらは、みんなが大好きなおさるのジョージがハロウィンを楽しむお話

ハロウィンの絵本で怖い絵のものが多い中、慣れ親しんだおさるのジョージが出てくるため、怖いものが苦手な子でも楽しく読めるでしょう。

ぬすまれたパンプキンパイ

世界のおばけ大集合という紙芝居のセットに含まれるこちらのお話。

ハロウィンの日、おばけに仮装した子どもたちがパンプキンパイを盗みにくるという可愛いらしい内容です。

実はこの紙芝居は絶版中で、手に入りづらいようです。

図書館などで貸し出しているところがあれば、ぜひ活用してみてください。

世界のおばけ大集合という紙芝居セットも、たくさんのおばけのお話が集まっているので、ハロウィンにぴったりのセットですね!

ハロウィンを園児と楽しもう!ハロウィンの出し物アイデア3選!

ハロウィンの仮装をしながら歩くこどもたち

ハロウィンが一体どんなことかわかったら、今度は目一杯みんなでハロウィンを楽しみたいですよね。

そこで、ハロウィンを最大限に楽しむ出し物をしてみましょう!

定番!おばけに仮装してみんなで「トリックオアトリート!」

黒いごみ袋でマントを作ってドラキュラ、白いごみ袋をすっぽりかぶっておばけ、黒い画用紙でとんがり帽子を作って魔女など、みんなで工作をしたオリジナル仮装で園内に居る先生のもとにお菓子をもらいに行くのはいかがでしょうか!

それぞれの個性が活かせますし、とても分かりやすくハロウィンを楽しめるでしょう。

みんなでなりきろう!ハロウィンのお話で演劇

園児たちと相談し、ハロウィンの絵本のお話などをみんなで演劇してみるのも楽しいでしょうね!

実際に演じることでハロウィンについての理解も深まるでしょうし、なにより保育園で行う演劇のイベントはとてもワクワクするものです。

わたしが子どものころはハロウィンになじみがなかったので、クリスマス会に演劇をしましたが、非常に楽しみにしていたことを覚えています。

先ほどの絵本の紹介でもでてきた、おおきなカボチャはお話の内容がおおきなかぶと似ている内容で、キャラクターも多く出てくるので、園児たちもたくさん参加することができるでしょう。

お家でも家族と楽しめる!ハロウィン小物、お菓子作り

ハロウィンと言えば、ジャック・オ・ランタン。

園児たちと一緒にジャック・オ・ランタン作りなどいかかがでしょうか。

中身は100円均一などで販売しているLEDのろうそくを使用すれば、危険性もありませんし手軽に利用できるものに仕上がるでしょう。

くりぬいた実は、パンプキンパイやカボチャプリンなどに使用し、園児たちと一緒にお菓子作りをするのも楽しいですね。

まとめ

ジャック・オ・ランタンを楽しむ子供たち

いかがでしたか?

ハロウィンについてはもう完璧ですね!

園児たちから「ハロウィンってなぁに?」「ハロウィンってなにするの?」と聞かれても、この記事を読んだ先生なら完璧に答えることができるでしょう。

ハロウィンは子どもたちにとって、とっても楽しめるイベントのひとつです。

子どもたちもどんなイベントなのか知ることができれば、更に楽しむことができますよね。

先生も子どもたちと一緒に楽しくハロウィンを過ごしちゃいましょう!

【こちらも読まれています】

ハロウィン制作0歳時向けアイデア3選!0歳時におすすめの仮装は?
毎年ハロウィンになると仮装パーティーや様々なイベントで盛り上がるようになってきましたが、0歳児にはなかなか楽しめるイベントはないんじゃ……と思ってしまうかもしれません。 しかし「まだまだ小さいからハロウィンを楽しめない」なんてことはもちろんなく、0歳児ならではの制作や仮装など、たくさん楽しむアイデアはあります。 今回は0歳児向けのハロウィン制作でおすすめしたいアイデアはもちろん、おすすめの仮装など0歳児がハロウィンをめいっぱい楽しむための情報をまとめています。 まだまだ小さくてもハロウィンは楽しめるので、ぜひおすすめの制作やハロウィンの楽しみ方を参考にしてみてください!

コメント