女友達との同居のストレス原因5選!解消法や喧嘩時の対処法やルールは?

スポンサーリンク

スマホを見る二人の女性

仲のいい女友達と同居をすることになった!

家賃も折半で生活費も半分ずつ、楽しい日々が過ごせそう!と思っているあなた、ちょっと待ってください。

赤の他人と生活するにあたって、ストレスはつきものなのを忘れていませんか?

どんなに仲がよくても、今まで全く別の生活をしていた二人が同じ部屋で過ごし続けるのは簡単ではないのです。

私自身、いま現在女友達と一緒に住んでいます。

同居して半年以上経ちますが、いまだにストレスに感じることもあるのです。

それでは、どうしたら快適に楽しく友達と生活を送ることができるのでしょうか。

ストレスを我慢し続けてもお互いのためになりません。

そこで今回は、考えられるストレスの原因5選をお伝えします!

原因は次の5つ。

  • 家事のやり方の違い
  • 共有スペースを散らかされる
  • 金銭感覚の違い
  • 気をつかう
  • 自分のものを勝手に使われる

いかがでしょう、「仲がいいのに、そんなことでストレスに感じるの?」と思いますよね。

仲のいい友達というのは、あくまでも生活を共にしていない相手です。

いざ一緒に生活してみると、些細なこともストレスになりうるのです。

これから、各原因を詳しく説明していきますが、記事の後半ではストレスの積み重ねで喧嘩になってしまった時の対処法や、お互いにストレスを減らすためにどんなルールを設ければよいのかもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

女友達との同居ストレス原因5選! その1:家事のやり方の違い

重ねたセーターを持つ女性

生活をしていくうえで、必ず行うのが家事ですね。

料理を作る、食器を洗う、洗濯をする、掃除をするなどの基本的なことです。

家事は今まで生活してきた環境によって、人それぞれのやり方があります。

私の生活環境を例に挙げると…

ご飯を作るとき、フライパンに油を入れて火をつけてから食材を入れるのか、食材まで全部入れてから火をつけるのか。

食器を洗うとき、大きいお皿から洗うのか小さいお皿から洗うのか。

また、水切りに入れておく時の入れ方。

洗濯物を干すときのハンガーへの服のかけ方、服のたたみ方。

掃除機をかけるとき、家具をよけるかよけないか。

ほかの部屋や廊下などに掃除機をかけるかかけないか。

簡単にお伝えするだけでも、これほどの違いがあります。

この違いは、今まで培ってきたものなので、簡単にやり方を変えることはできないのです。

ささやかな違いであっても、気にならないということはありません。

気になっていることがいつしかだんだんとストレスになるのです。

女友達との同居ストレス原因5選! その2:共有スペースを散らかされる

リビングにあるソファ

リビングやお風呂場など、共有で使用するスペースで私物を使い、片づけずにそのままにする場合があります。

散らかっていることが気になる人にとって、非常にストレスになるのです。

自室であればいくら散らかっていようが、どこに物を置こうが気になりませんが、共有スペースはそうはいきません。

あくまでも「共有」のスペースです。

使ったものは元の場所に戻す、食べた食器はさげるなどしてなるべくきれいに保つべきでしょう。

女友達との同居ストレス原因5選! その3:金銭感覚の違い

豚の貯金箱

金銭感覚は個人によって異なります。

食費に関していうと、“味はいまいちでもなるべく安く済ませたい”と思う人と“多少値段が高くても美味しいものが食べたい”と思う人それぞれいます。

また、家具家電にかける金額なども違いが出るでしょう。

友達と一緒に住むということは、お金が絡んでくることです。

金の切れ目が縁の切れ目というように、お金の問題は人間関係を容易に狂わせます。

そのため、金銭感覚の違いが大きすぎると、お互いに苦痛になってくるのです。

例えば、生活費は共同の銀行口座を作り、毎月決まった金額をその口座に入金するなどして、公平にしましょう。

また、少しでも生活が厳しいと感じるようであれば、しっかりと相談しましょう。

黙っているとストレスになりますし、トラブルの元です。

きちんとなぜ生活が厳しいのか事情を話して、お互いに助け合えるようにしておくと負担に思う気持ちも和らげることができるでしょう。

女友達との同居ストレス原因5選! その4:気をつかう

曇り空に傘をさす二人の子供

赤の他人と生活をするうえで、気をつかわないことはないと思います。

どんなに仲のいい友達でも、必ず気をつかうことでしょう。

喧嘩をしたくないから、いやな部分に対して目をつむろうと思うことなどもあります。

前述したストレスの原因なども、私は相手に対して意見ができない性格のこともあり、言えたことが無いです(笑)

相手に対して思うことはあるけど、関係が壊れそうで言えない…ということはよくある事です。

その思いが、一緒に生活するとずっと続くことになります。

どんなに性格が合う、友達として一緒に居て気が楽で、言いたいことも言い合える!と思っていても、不満というものは必ずたまります。

ただし、溜め込むといずれ爆発して取り返しのつかないことになる可能性があるため、できるだけ不満に思うことは小出しにしたほうがいいとは思います。

一方的に不満だというのではなく「お願い」をするように伝えるのがいいと思います。

例えば

ここに置いてあったのこないだふんずけっちゃった、壊れちゃったら怖いからなるべくしまってもらっていい?
ここに引っ掛けると落ちてきちゃうから、こっちに引っ掛けてもらってもいい?

など、どうしてお願いをしているのかも一緒に伝えると、相手が納得しやすくて片付けも忘れにくくなるのではないでしょうか。

女友達との同居ストレス原因5選! その5:自分のものを勝手に使われる

口紅を塗る女性の口元

女性は使うものが多いですよね。

化粧品や衣服、靴やネイル用品など…。

共同のスペースに置いておくと、勝手に使われてしまう場合があります。

我が家ではお互い、「〇〇貸して」ときちんと伝えることや、シャンプーなどはもともと共用のものを使用しています。

また、洗顔料など「一緒に使おう!」とお互いに使ってもいいものは先に伝えておくこともあります。

逆に、何も言われていないものに関しては、勝手に使用することはありません。

その点で私はあまりストレスを感じたことが無いです。

中には何も言わず、勝手に使う人もいる場合があります。

使ってほしくないものは共有のスペースに置かない、事前に使ってほしくないことを伝えておくことは大切だと思います。

冷蔵庫に入れておいた、自分の購入した食べ物なども勝手に食べられてしまったという話をよく聞きます。

これも、名前を書いておく、食べないでと書いておくといったことで、少し防げるでしょう。

それでも食べられてしまった場合には、きちんと購入した分の代金をもらったほうがいいかもしれませんね。

小さなことですが、積み重なるとやがて大きな亀裂になりますよ。

同居のストレスが溜まったらどうする?おすすめのストレス解消法は?

耳をふさいで叫ぶ女性

一緒に住んでいるとどうしてもストレスが溜まってしまう…。

我慢の限界…。

と感じてしまった場合、どうすればいいのでしょう。

そこでおすすめのストレス解消方法をご紹介します。

長い時間二人で一緒に過ごすので、なるべく一人になりたくありませんか?

そんな時は、一人になれる時間を作るのがおすすめです。

一人でのんびりと銭湯に行ってみる、漫画喫茶で時間を過ごす、散歩をしてみるのもいいですし、ジムに行って汗を流すのもいいですね。

家の中にいると嫌でも気になることが出てくるので、部屋にこもったりするのはあまりお勧めしません。

ストレスが溜まって喧嘩に!仲直りの方法は?

腕組みをしてむっとしている女性

どんなにリフレッシュしてみても限界!相手の自分勝手さが耐えられない!と喧嘩になってしまった場合はどうすればいいのでしょう。

感情的になってしまう気持ちはとてもよくわかります。

ずっと我慢していたことが爆発するということは、怒りがこみあげてきて耐え難いと思います。

ただ、感情に任せて怒るだけでは、相手にはなぜ怒っているのかは伝わりませんし、仲直りもできなくなってしまいます。

一緒に住んでいるので、仲直りができないままでは気まずい状態が続いてしまいます。

そのため、怒ってしまって仲直りを早くしたいと思うのであれば、しっかりと「怒ってごめんね」と謝るべきです。

謝ったうえで、なぜ怒ったのか、直してほしいところがある、ということをお互いに伝えあうべきでしょう。

自分だけが我慢をしているわけではなく、きっと相手も自分に対して我慢をしている面があるでしょう。

それを教えてもらうのです。

お互いにきちんと我慢している点を教えあい、お互いに気を付けようと意識すれば、今まで以上に快適に生活を過ごせることでしょう。

これから女同士で同居をする人へアドバイス!事前に決めたほうがよいルールは?

寝ている3人の女性

これから女友達と一緒に住む皆様へ、現在女友達と猫2匹と生活をしている私からアドバイスをします!それは、「十人十色」ということです。

一人ひとり性格は違います、育ってきた環境が違えば生活方法も違います。

“なんで私のやり方通りにやらないの?”と怒るのはお門違いということです。

自分のやり方がすべて正しいわけではありませんので、ルールをきめて当番制で家事をする場合は相手のやり方に対して何も言わないことをおすすめします。

ただ、食器に洗い残しがあるだとか、洗濯物の干し方がしわになる干し方だとか、どうしても気になることがあれば、自分で直してから「汚れ落ちてなかったから、洗いなおしておいたよー」と一言伝えておくのがよいでしょう。

無言で洗いなおされると、イラっとする人も中にはいるので、軽く伝えるのがよいでしょう。

決して「洗えてないのに終わらせるのやめてくれない?」と角の立つ言い方はしないように気を付けましょうね。

我が家に特別なルールはありませんが、お互いに配慮はできているので、喧嘩になったことやトラブルになったことはありません。

しかし、私はたまに相手に対してイラっとすることはあります(笑)ですが、それは自分だけではないと思い、なるべく角が立たないようにしてほしいことをお願いします。

また、食器を洗ってもらったときや、洗濯してもらったときには「ありがとう」ときちんと伝えるようにしています。

「ありがとう」と言われて嫌な思いをする人はいないですよね。

なるべく相手を尊重し、感謝の気持ちを大切にしていれば、喧嘩になったりすることはほとんどないと思いますよ!

最後に

イヤホンをシェアする女性

いかがでしたでしょうか!

友達と住むということは、今まで全く違う生活を過ごしてきた人と一緒に暮らしていくことになるので、ストレスを一切感じないというのは難しいことです。

最後にお伝えしたストレスの原因と対策をまとめると

  • 家事のやり方が違う、でもそれは普通のこと」
  • 共有のスペースを散らかされる、なるべくお願いをする形で片付けを促そう
  • 金銭感覚が違う、共用の口座を作って生活費はしっかりと分けよう
  • 気を使ってしまい疲れる、けれど気づかいができることは大切なこと
  • 自分のものを勝手に使われる、使っていいものは事前に教えてあげよう

こうしてみてみると、ごく一般的なことで対策ができるのです。

仲のいい友達というのは、かけがえのない存在で、大切にしていきたいですよね。

一緒に生活をしていくともなれば、思いやりの心が大切です。

友達と一緒に住めるのは、寂しくないですし、一緒にご飯を食べたりゲームをしたり、趣味を共有することもできれば、遊びに行く計画も立てやすく、とっても楽しいです!

ストレスに感じることを溜め込んで無理をしないよう、思いやりと相手を尊重する気持ちを忘れずに、楽しい共同生活を過ごしましょう。

【こちらも読まれています】

男友達との同居のストレス原因5選!解消法や喧嘩時の対処法やルールは?
家賃は折半になるし、一人で住むよりも友達と一緒に住んだほうが楽しいだろう!と思って、友達と同居を始めたけど…。最近もやもやする、なんてことありませんか?どんなに仲のいい友達であっても、些細な理由がストレスの原因になります。

コメント