PR

彼女と距離を置きたい!LINEでの伝え方は?タイミングは?

交際を続けていく中で、彼女と距離を置きたくなるタイミングがあります。仕事でのすれ違いや価値観の相違など、理由はケースバイケースです。

ただ、交際を続けるか否かのジャッジがすぐにできない状態だからこそ、スマートに距離を置くことが大切になってきます。

この記事では、彼女と距離を置きたいときのLINEでの伝え方を紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。

彼女と距離を置きたい!LINEでの伝え方は?

それでは実際に彼女と距離を置きたいというときに使える、LINEの例文を確認していきましょう。3パターンあるので、自分に合ったものを参考にして下さい。

1.「なんか最近お互いに仕事が忙しくて余裕がない感じだよね? お互いのことを見つめ直すためにも、2週間くらい会わないでいるのはどうかな?」

距離を置きたい明確な理由を述べた上で、期日を設定して伝えましょう。彼女にも思い当たる節があるはずの理由を述べれば、誠実に対応してくれます。

 

2.「最近会ってもケンカばかりになっちゃうね。ごめん。俺にどこか悪いところがあったら教えて欲しいな。理由を考えるためにも1カ月くらい会うのやめようか」

ケンカになりがちなのであれば、相手の気に入らない部分ばかりが目についている可能性があります。距離を置くという冷却期間を設けることで、相手のことを客観視するように促しましょう。

 

3.「最近、仕事が忙しくて構ってやれなくてごめん。○○(彼女の名前)も趣味が忙しそうだから、しばらく会わないでみようよ」

お互いに対して不満がないけれど、心境的に距離を置きたいという場合は、やんわりと伝えてみるのも手です。ただ、自然消滅してしまったという事態が起きないように、彼女と相談して期間は決めましょう。

LINEを送るタイミングは?

LINEを送るタイミングは、お昼ごろの時間帯がベストです。

理由としては、夜は頭が上手く働かなくなりがちなので、普段であればスムーズ進むような話も、こじれてしまう可能性が高くなります。

また夜は、彼女がお酒を摂取していた場合、勢いで別れ話になるという不本意な方向に流れることもあります。

そのため、お互いに冷静な判断を下せるお昼ごろにLINEを送るのがおすすめです。

着信があった場合はどうする?

 

彼女から着信があった場合は、一旦スルーするのがおすすめです。

なぜなら、お互いに距離を置くことで相手の良い点・悪い点を客観視しようというのが、そもそもの距離を置く目的であるからです。

そのようなタイミングで電話をしてしまうと、なし崩し的にまた会い出すという事態にも発展しかねません。

そのため、着信は一旦スルーしましょう。

とはいえ、蔑ろにされたという印象を相手に持たせるのは不本意なので、「ごめん、忙しくて電話出れなかった。なんかあった?」などとメッセージでフォローすることは忘れないようにしましょう。

彼女が距離を置くことに反対をしたら?

彼女が距離を置くことに反対してきた場合は、なぜ反対するのか、その理由をしっかりと聞きましょう。

距離を置きたい、という心情に至るまでには、何かしらのきっかけがあります。彼女の理由を聞いた後は、改めて自分の意見もしっかりと伝えるようにしましょう。

いずれにしても、お互いがしっかりと理由を把握しておくことが大切です。

距離を置きたいと伝えたら怒ってしまった場合は?

距離を置きたいと伝えたら彼女が怒りだしてしまった場合は、冷静さを取り戻すのを待ちましょう。

彼女の怒りに釣られて、こちらまでヒートアップしてしまうと、別れる方向へ話が急展開する可能性もあります。

そのため、まず大切なのは彼女が落ち着くことを待ってから、本題を再開することです。

距離を置きたくなる彼女の行動や言動とは?

距離を置きたくなる彼女の行動や言動には、具体的にどのようなものがあるでしょうか。5つの例を紹介していきます。

距離を置きたくなる彼女の行動や言動

1.こまめな連絡のやり取りが面倒に感じる

こまめなメッセージ連絡や電話など、付き合いはじめの頃はワクワクしたやり取りも、月日を重ねるにつれて、彼氏側はだんだんと面倒に感じてしまいます。もちろん個人差はありますが、彼女のこまめ過ぎるやり取りにうんざりする彼氏は多いでしょう。

2.浮気チェックをされる

スマートフォンの着信履歴を見られたり、サイトの閲覧履歴を見られたりと、彼女の浮気チェックも度が過ぎると面倒なものになってしまいます。

3.いつも一緒にいたがる

お互いが独り住まいであれば、家でデートを楽しむこともあります。ただ四六時中、彼女にべったりとくっついてこられると、自分の時間を使えずにイライラしてしまうこともあります。メリハリをつけた交際が大切です。

4.デートの途中で「疲れた」と言われる

街でのショッピングなどを楽しんでいるとき、「疲れた」と彼女に言われると一気にテンションが下がってケンカになってしまうこともあります。彼女がヒールなど歩きづらい靴を履いているのであれば、適度なタイミングで休憩をとって、ケンカを事前回避することも大事です。

5.食べ物を大量に残す

男性と女性でもちろん食べる量は違いますが、極端な量の食べ物を彼女が残すとイライラする彼氏もいます。彼女がダイエット中なのかどうか、事前にお互いが把握しておけば、トラブルは回避できそうです。

距離を置いたあとのコミュニケーションは?

距離を置くことで、今後の交際に対しての回答を導き出した後には、彼女に再び連絡を取らなければなりません。

その場合の2パターンの例を紹介します。

やっぱり別れることになった場合

「距離を置こうって提案したとき、すぐに良いよって言ってくれてありがとう。この1カ月、2人のこれからについて色々考えたんだけど、お互いのことを思って別れた方が良いと思う。本当に色々ありがとう。幸せになってください」

考え直して付き合うことにした場合

「この1カ月、元気だった?俺は仕事で落ち込んだときも、昔○○がくれたLINE見て元気出したりしてました。この期間、本当に色々考えて……やっぱりこれからも○○と付き合っていきたいって思った。こんな俺だけど、よろしくお願いします!」

まとめ

彼女と距離を置きたいときのポイントを以下にまとめます。

 

  • 明確な期間と理由を提示して、距離を置きたいと伝える
  • 夜は重い話になる可能性が高いので、日中にLINEを送る
  • 電話がかかってきても極力出ずに、後でフォローメッセージを送る
  • 話を切り出して相手が怒った場合でも、冷静に対処する
  • 別れることになった場合は、相手への感謝を伝えつつ別れを告げる
  • 復縁することになった場合は、あまり重くないようなメッセージを送る

彼女に距離を置きたいと伝えることには、決断力が必要です。

ただ2人の今後にとっては、とても大切な期間なので、お互いの関係性をとことん客観視して最適解を導き出しましょう。

彼女と距離を置きたいと悩んでいる人にとって、少しでも今回の記事が参考になれば幸いです。

■こちらも読まれています。
・ 失恋したけど友達でいたいと言われた場合の返事の仕方は?距離をおきたい場合は?

タイトルとURLをコピーしました