祇園祭の由来をわかりやすく説明するには?概要やみどころもご紹介!

スポンサーリンク

祇園祭といえば、日本三大祭りの一つとされる、京都の夏を代表するお祭りです。

ぜひ子供を連れて行ってみていたいけれど、これだけ有名なお祭りだと人も多いだろうし、そもそも子供を連れて行っても大丈夫なのか、また連れていったとしても、何に気を付けたらいいのかわからないですよね。

ここでは、祇園祭の由来を子供にもわかりやすく伝え、大人も子供も楽しめる祇園祭のみどころ、子供の大好きな出店情報、子供を連れて行った際に注意したほうがいいことなどを順にご紹介していきます。

祇園祭の由来とは?わかりやすく子供向けに説明するには?

祇園祭はなぜ始まったのか。

お祭り自体は有名でも、由来はあまり知りませんよね。

祇園祭の始まりは、今から約1100年前、869年(貞観11年)平安時代の初めです。

この頃、京の町や日本中で天然痘、赤痢などの疫病が流行し、一般庶民の間で多数の病人、死人が出ました。

この時代、伝染病はウイルスや細菌のせいではなく、亡くなった方の祟りのせいだと考えられていました。

そこで、当時の日本の国数66の数の鉾(矛)をたて、洛中の男児が祇園社の御神輿を神泉苑という寺院に送り、その祟りを起こす悪霊を封じ込めました。

その後、祇園社の興隆とともに、祇園御霊会と呼ばれ、この名が略されて祇園会と呼ばれるようになりました。

これが祇園祭の始まりとされています。

初めのころは疫病流行や自然災害(富士山の噴火や、大地震など)の時だけ不定期に行われていましたが、970年からは毎年6月14日に行われるようになりました。

その後、保元の乱、平治の乱の際に一時絶え、足利時代に再興しました。

しかし、その後の応仁の乱、文明の乱で京都は焼け野原になり中断したものの、そののち復興し、またこれが契機となり、山鉾が町民の手により創意工夫がなされ、内容外観ともに豪華なものとなりました。

このように、祇園祭は1000年の伝統を持ち、中断再興を重ねながら進化し、今の形となりました。

お子さん向けに要約すると、

“昔、怖くて怒っている幽霊が人々に悪さをして、人を病気にしたり、地震を起こしたりしていました。

それに困った昔の人は、その幽霊のために大きなお祭りをして、怒っている幽霊をおとなしくさせようとしました

そのお祭りは1000年前に始まって、今でもお祭りの時期になると幽霊を鎮めるために行われています。“

といった感じです。

祇園祭が、京都の歴史とともに歩んできた大切なものだというのが、復興の熱意などから伝わってきますよね。

2019年の祇園祭の日程、概要は?

では、2019年の祇園祭の日程、場所、名物などを見ていきましょう。

祇園祭では、毎年約180万人の来場者が訪れます。

祇園祭は7月1日から31日までの丸一か月行われていますが、7月中いつでも御神輿のような山と鉾が見られるわけではありません。

細かな祭事の日程は、祇園祭の公式ページ 「京都観光Navi」

をご覧ください。

ちなみに始まりは66の数だった鉾は、現在33の鉾と山になっています。

その山鉾は、前祭(さきまつり)に23基、後祭(あとまつり)に10基、山鉾巡業で見ることができます。

  • 7月14日~16日 前祭・宵山
  • 7月17日 前祭の山鉾巡業
    四条烏丸(午前9時00分)→四条河原町(9:35)→ 河原町御池(10:20)→ 新町御池(11:20)と移動します。
  • 7月21日~23日 後祭・宵山
  • 7月24日 後祭の山鉾巡業
    烏丸御池(午前9時30分) →河原町御池(10:00) → 四条河原町(10:40) → 四条烏丸(11:20)

となっています。

宵山というのは、山鉾が山鉾巡礼までの間、待機している時間です。

華麗な山鉾をじっくり見るならこの時がおすすめです。

また、祇園祭の出店がでるのは、前祭の宵山のうち、

  • 7月15日
  • 7月16日

の二日間のみです。

上記二日間は、山鉾が待機している四条烏丸から河原町まで歩行者天国となり、たくさんの出店が並びます。

また、いわゆるお祭りの出店ではないですが、

  • 7月14日~16日
  • 7月21日~23日

のいわゆる前祭と後祭の間、飲食店や甘味処が店舗の前で屋台を出します。

屋台がでる時間帯は、およそ18時~23時が基本となっていますが、実際はしっかりと決まっているわけではありません。

21時頃までなら確実に屋台が出ているという認識で動いてください。

また、前祭や後祭でない日でも、八坂神社や円山公園には出店が出ています

他に、

  • 7月10日 神輿洗(みこしあらい)
    20:00 四条大橋
    午後8時頃、神輿3基のうち中御座の神輿を舁きだし、四条大橋まで運び、鴨川の水で洗い清める。

など、7月の間さまざまな儀式が行われます。

祇園祭のみどころ3選!

では一か月も続く祇園祭でのみどころはなんでしょうか?

上記でも内容に触れているため、もう気になっている方もいるかもしれません。

祇園祭の中でも特にみどころなのが、

  • 豪華絢爛な山鉾の鑑賞
  • 山鉾巡業での辻回し
  • 八坂神社と御旅所を行き来する神輿渡御

の3つです。

順番にご紹介していきます。

豪華絢爛な山鉾の鑑賞

33基の山鉾があることはすでに述べたとおりですが、そのひとつひとつは全て装飾が異なります

“動く美術館”とも言われており、その名にふさわしく、金糸、銀糸を使って織られたタペストリーや、ヨーロッパからもたらされた文化財など、さまざまな貴重品で飾り立てられています

各町の町民が、わが町こそはとこぞって飾り立てたため、どの山鉾も個性と情熱に溢れています。

普通のお祭りでは、ここまで豪華な御神輿はなかなか見られませんし、それがひとつやふたつではなく、33基もあるというのですから、この機を逃すわけにはいきません。

宵山の間(7月14日~16日)(7月21日~23日)は、昼はもちろん、夜はライトアップされ、じっくりと見ることができます。

ぜひご自身でお気に入りの山鉾を見つけてみて下さい。

山鉾巡業での辻回し

次のみどころは、山鉾巡業での辻回しです。

辻回しとは、巡業ルートの交差点で、山鉾を90度回転させることをいいます。

山鉾の車輪は構造上曲がることができず、そのため車輪の下に竹を敷き、水をかけ竹の上を滑らすことで徐々に曲がっていきます。

全て人力で、掛け声とともに三回ほどにわけて回って回転します。

それが一か所で行われているわけではなく、巡業中の各山鉾で行われているため、上手に曲がることができた山鉾への観客の歓声や拍手がいたるところから湧き上がります。

まさに町を舞台にした大きなお祭りですよね。

ちなみに山鉾には10~17mの依代という柱が備え付けられているため、少しの移動でも見ていてドキドキします。

それが90度回転ともなると、みごたえたっぷりです。

やはり、思わず歓声をあげてしまいます。

八坂神社と御旅所を行き来する神輿渡御

最後にご紹介するみどころは、八坂神社と御旅所を行き来する神輿渡御です。

山鉾巡業は町衆行事ですが、こちらは神事です。

実は祇園祭のメインは神輿渡御なのです。

  • 前祭の山鉾巡行と同日の7月17日に行われる「神幸祭」
  • 後祭の山鉾巡行と同日の7月24日に行われる「還幸祭」

神幸祭にて、八坂神社の御祭神をお乗せした3基の神輿が山鉾巡業で清められた町を巡り、神様の宿である御旅所へたどり着きます。

そして還幸祭にて、八坂神社へと御祭神をお還します。

この行事では男性のみが神輿を担ぐことができ、3基の神輿を2000人で担ぎます。

その迫力は、雄々しいなどという言葉では足りないほどの迫力です。

荒々しく神輿が渡御していきます。

ただ、大勢の方が押し寄せるので、ケガには注意して下さい。

祇園祭を子供と見学したい!参加するときをつけることは?

こんなに素敵な祇園祭、ぜひ子供と一緒に楽しみたいですよね。

しかし、毎年約180万人が訪れる祇園祭。

大人でも大変な人ごみの中、子供もともに、というのは大変な場面もあるかと思います。

ここではそういった際に気を付けた方がいいことや、疲れた時の穴場スポットなどをご紹介していきます。

まず、開催期間が7月と大変暑い時期なので、水分補給や帽子での対策など、暑さには注意して下さい。

そして、一番人が多いのが前祭の宵山です。

子供とはぐれないよう注意して下さい。

2018年には、前祭の山鉾巡業前日の宵山の日、37人が熱中症の症状を訴え、緊急搬送されています。その中でも13人は午後18時を過ぎた段階で緊急搬送されました。

なので、夜だからなどと油断せず、日中も日が暮れてからも熱中症対策は万全にして下さい。

暑さや人ごみで疲れ、一休みしたいという時に意外と穴場なのが、八坂神社の境内です。

さすがに人が全くいないなどということはありませんが、町中よりは人も少なく、神社の中には出店もありますので、一休みにもってこいのスポットとなっています。

子供はもちろん、ご自身の安全にも気を付けて、楽しく迫力のある祇園祭を満喫してきて下さい。

まとめ

ここまで祇園祭の魅力をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

以下に簡単にまとめてみます。

  • 祇園祭は、約1100年前、疫病から町民を守るために始まった
  • 祇園祭は7月全日。約180万人が訪れ、出店や屋台などもでる
  • 祇園祭のみどころは、山鉾の鑑賞、山鉾巡業での辻回し、八坂神社と御旅所を行き来する神輿渡御
  • 子供と見学する際は、混雑と熱中症に気を付けて

大変歴史があり、みどころもたくさんある祇園祭。

すべて見るのは大変かもしれませんが、一部の行事を見てみるだけでも、大変心に残る思い出になること間違いなしです。

子供でも熱中症などに気を付ければ参加できる行事ですので、ぜひ一緒にいって素敵な夏の思い出を作ってきてください。

こちらも読まれています

阿波踊りの掛け声のヤットサーの意味は?旅行客が阿波踊りを楽しむ方法!
古くから徳島県で愛されている阿波踊りは、日本人なら1度は生で見てみたいお祭りではないでしょうか。2018年度には、阿波踊りの中でも最も盛り上がる「総踊り」について、市と振興協会で対立があり、阿波踊りの開催さえも危ぶまれる事態となりました。今年こそは阿波踊りを徳島で見たいと思っている方、一番の心配は「総踊り」が開催されるのか、どこで見れるのか、ではないでしょうか?ただ見るよりも阿波踊りとの一体感を味わえるように、掛け声の意味やタイミング、徳島阿波おどりのみどころなどについて紹介していきます。

コメント