祇園祭の由来をわかりやすく説明するには?概要やみどころもご紹介!

スポンサーリンク

提灯

日本で最も有名な祭りと言っても過言ではない京都・祇園祭

祇園祭って何?どんな祭り?詳しく知らない子供や外国人に祇園祭を伝えるにはどうしたらわかりやすく理解してもらえるでしょうか?

この記事では祇園祭の概要やわかりやすく説明するためのポイント、見どころをご紹介しています。

祇園祭の由来とは?わかりやすく子供向けに説明するには?

神輿
祇園祭、聞いたことはあるけど言われてみるとどんなお祭りか知らない、という方も多いのではないでしょうか?

祇園祭とは、京都東山区・八坂神社の祭礼で毎年7月に約1ヶ月間行われる祭りのこと。

その歴史は平安時代まで遡り、現在まで実に千年以上続く歴史深い祭りなのです。

東京の神田祭、大阪の天神祭、そして京都の祇園祭が日本三大祭と言われています。

平安時代、京都では伝染病が大流行。

祇園祭が行われている7月は蒸し暑く、食べ物が腐敗し、飲み水が菌に汚染され、沢山の伝染病患者と死者を出しました。

当時は細菌やウイルス感染という概念はまだなく、現世に恨みを残して死んだ人たちの祟りだと
考えられていたのです。

伝染病の流行を抑えるためには、恨みを残して死んだ人たち(怨霊)を鎮める必要があると考えられており、怨霊を鎮めるため、66本の矛をたてて怨霊退散を願った御霊会をいう祭礼を行いました。

薬師如来という病気を癒す仏様の化身である牛頭天皇(こずてんのう)を祇園に祀ったことが祇園祭のきっかけです。

牛頭天王は薬師如来の化身なので怨霊を沈め、伝染病を鎮める神様として崇められたのです。

伝染病の被害を止めたいという思いから始まった祇園祭は、毎年伝染病が流行する真夏に行なっていたことから、今でも7月に行われています。

2019年の祇園祭の日程は、概要は?

神輿2

祇園祭は神様を乗せた御神輿や山鉾が街をまわり、人々の健康を祈願するお祭りです

中でも山や鉾と呼ばれる山車が街を練り歩く山鉾巡行(やまほこじゅんぎょう)が祭りの最大の見もの。

祭りは7月1日から31日まで行われていますが、この山鉾巡行が行われるのは17日と24日で前祭(さきまつり)後祭(あとまつり)と呼ばれています。

山や鉾は神様の乗った御神輿に先立って、街を清めるために神様のさき祓いとしての役割があります。

祭期間中の来場者数はおよそ180万人

中でも巡行の行われる前(前祭宵山14日から16日まで)は屋台が出て歩行者天国になることから、2017年は2日間で32万人の来場者数でした。

2日で32万人は圧倒的ですよね。

祇園祭のみどころ3選!

たこやき

宵山

やっぱり祭には欠かせないのが屋台

宵山はメインイベントの山鉾巡行の前夜に(7月15、16日の2日間)行われ、多くの屋台が軒を連ねます。

その数なんと2000件とも言われています。

他にこれだけの出店が出るお祭りはなかなかありません。

美味しいものを楽しむのは、祭の醍醐味ですよね。

山鉾巡業

祇園祭のメインイベントとも言われる山鉾巡行。

前祭で23基、後祭で10基、合計33基が街を練り歩きます。

一つ一つ飾りや意味が違っているので、お子様と一緒に観察しても楽しいですよ。

神輿渡御

神様を乗せた神輿が3基、街を回る神輿渡御も祭最大の見どころです

神輿で最も重いものは2トンもあり、300人ほどが交代で神輿を担ぎます。

山鉾巡行の後、八坂神社をスタートし、所定のコースを回った後四条御旅所に到着。

後祭の24日まで留まり、八坂神社に戻ります。

祇園祭を子供と見学したい!参加する時気をつけることは?

親子
多い時では2日で32万人の来場者数を誇る祇園祭。

東京ドーム6個分の収容人数が京都の街に集結するわけですからそりゃもう大混雑が予想されます。

小さなお子様連れのご家族は人並みに飲まれて迷子になってしまう可能性も。

人混みの中を移動するのでできるだけベビーカーは避けたほうが吉。

道路の段差や人混みの中での移動には向きません。

小さなお子様づれはちょっと暑いけど抱っこひもに暑さを逃す対策を施して行くのがオススメです。

また、祭の開催は7月

京都は盆地で暑さがこもりやすく熱中症になる危険性は十分あります。

熱中症対策

水分補給

こまめに水分補給を行うこと。

塩分が汗とともに出て行くのでスポーツドリンクなどオススメ。

暑さ対策

ハンディ扇風機や汗拭きシートなど、少しでも快適に過ごせるアイテムがあると安心です。

凍らせたタオルを持って行くと飲み物を冷やす保冷剤にもなり、体をクールダウンすることもできるのでオススメ。

こまめに休憩

祭を見ることに一生懸命になり長時間炎天下の中、となると大人はもちろん小さなお子様は熱中症にかかりやすくなります。

こまめに日陰を探したり、涼しい場所で休憩を取るなど心がけましょう。

実際に昨年の祇園祭では37人が熱中症で運ばれています。

熱中症に気をつけ、祇園祭を楽しんでください。

まとめ

金魚
日本三大祭である祇園祭

日本の歴史を肌で感じることができます。

せっかくなら歴史やなんのためのお祭りであるのかを考えることができたらいいですよね。

親子で一緒に祭の歴史について考え、実際に楽しんでみるのもいいかも。

祭を楽しむにはまず健康第一!熱中症対策はやり過ぎなくらいがオススメです。

日本最大級のお祭り親子でを楽しんでください。

【こちらも読まれています】

靖国神社みたままつり2019!御朱印の時間は?祭りの楽しみ方は?
靖国神社では毎年7月に「みたままつり」という行事が行われていて、みたままつりの期間には限定の御朱印がいただけます。 みたままつりとは国のために尊い命を捧げられた英霊を慰める行事として行われているもので、日本古来で言えばお盆期間に行われている、いわば夏祭りなんです。 御朱印を集めているのなら靖国神社みたままつり限定の御朱印は見逃したくないところ、いついただけるのか、時間なども気になるところですよね。 ここでは2019年の靖国神社のみたままつりについての概要や詳細、また気になる御朱印がいただける時間などを紹介していきます。 もちろん御朱印だけではなくみたままつりを楽しむための見どころなども紹介しているので、今年2019年の靖国神社みたままつりを楽しみたい方はぜひご確認ください!

コメント