義実家への帰省は憂鬱?ストレスなく帰省するための方法とは?

スポンサーリンク

結婚すると旦那さんの実家へ帰省するようになりますよね。お盆や年末年始の年2回帰省をする家庭や、距離が近ければさらに帰省をしている家庭も多いようです。子供たちは、おばあちゃんやおじいちゃんに会えることが楽しみでワクワクしているのではないでしょうか。

ただ、ママは気をつかう必要があったり、緊張して全然休めなかったと嘆くことが意外と多いのです。義実家はお義母さん、お義父さんの生活リズムがあったり、家事をするにも勝手が違ったりと普段とは異なるストレスが多く潜んでいます。

今日はストレスなく義実家への帰省を実現させるために気をつけるべきポイントをご紹介します。

義実家への帰省が憂鬱になる理由

とにかく気を遣う

憂鬱になる1番の理由はとにかく気をつかってしまうことです。結婚して家族になったといっても、旦那さんのご両親です。自分の親とは違い付き合いも短いですし、気に入ってもらえるよう気をつかってしまうことは当然だと思います。気に入られようという気持ちがとにかく気を遣うことに繋がっています。

また、食事や掃除などどこまで手伝ってよいものか分からない、会話を続けるためにどんな話をすればいいか考えても上手く喋れなかったなど気をつかっても上手くいかないことも多いため、疲れてしまいます。

家事は自分のルールがある方もいるため、手伝うことを嫌に思っていたりする場合もあるようです。会話に関しては義両親も何を話せばいいか困る場合もあるようなのでお互い気をつかっていることもあります。

自分だけくつろぐ旦那

憂鬱になる2つ目の理由として多いものが、旦那の実家での振る舞いです。旦那にとっては、実家ですので気兼ねなくのんびり出来る場所です。

せっかくのお休みなのでゆっくりしたい気持ちがあるのは分かるのですが、ゴロゴロばかりしていたり、昼寝をしたりなどで義両親との会話を長時間一人で任せられたりと疲れてしまう状況になりがちです。

手土産選びの難しさ

手土産は義両親の家だけでなく、親戚の家数分を準備しなければならない家庭も多いと思います。また、親戚に子供がいる場合は別で準備したりなど買い忘れがないよう注意を払う必要があります。

義両親から「○○○を何個買ってきて欲しい」と指示がある家庭もあり、家によって習慣がことなります。手土産を買っていくことにも気をつかうポイントのようです。

そのほかにも家庭によって、義実家への帰省が憂鬱になる原因がありますが、多くは気疲れからくるものです。では、気疲れせずに義実家へ帰省するために気をつけるべきポイントをご紹介します。

気疲れせずに義実家へ帰省するために気をつけるべきポイント

旦那さんとしっかり話をしよう

帰省をする前に旦那さんとしっかり話をしてみましょう。旦那さんは実家に帰ると昔住んでいた感覚に戻ってしまうことがあります。そのため、奥さんが気をつかっていることに気づいていないことも多いのです。

旦那さんにはあなたと家族になったから「自分の両親とも仲良くやっていけている」との思いもあり、会話をいっぱいして欲しかったりと思っていたりするのです。

その為、「気をつかうから嫌」や「自分だけくつろげない」など抽象的に伝えてもあまり効果がありません。「お風呂に先に入ってと言われるけど先に入るのは私が気を遣ってしまうから最後に入りたい」など具体的な話をしましょう。

旦那さんに実家に帰省する前にどうしても避けたいことや気を遣ってしまうことを話しておくと心にゆとりが出来ます。事前に話して決めたことを旦那さんに義両親に伝えてもらって下さい。義両親も事前に分かっていれば対応が変わるかもしれません。

旦那さんの伝え方も大切なので、どう伝えるかまで一緒に考えるようにしましょう。義両親もあなたに対して必要以上に気をつかっている可能性もあります。このように1番気をつかってしまうことをお互いに排除できれば少し気が楽になるはずです。

義実家から外に出るよう計画を立てる

義実家への帰省の前の旦那さんとの話し合いで、義実家に帰省した後の計画を立てておくことも大切です。義実家でずっと過ごすことは気をつかうことが多くなるため、外出する計画を立てることをおすすめします。

外出をすれば、ご飯を外で食べるため、料理の手伝いをする必要がありませんし、どこにいればいいんだろうと悩むことも必要ありません。また、外出先では会話のネタが家にいるときよりも増えます。「このお店のこれが美味しい」とかその場で思い出す話もあるからです。

また、子供のおもちゃを買いに行けば、孫が欲しがる物を買ってあげられたと義両親も喜びます。外出をする計画を先に義両親に伝えておけば、嫌がられることはないでしょう。

宿泊期間を短くする

それでも義実家への帰省が憂鬱な場合は、宿泊期間や滞在する時間を短くしましょう。義両親との時間も大切ですが、夫婦や家族の時間も大切です。義実家に1泊し、子供を預けて、夫婦だけで旅行をさせてもらうこともいい方法です。

子供はおじいちゃんおばあちゃんと一緒に過ごせますし、孫と一緒に淹れる時間は義両親にとってとても楽しい時間です。ただ義両親の体力的な負担になりすぎないように、短期間の旅行にしましょう。

義実家へ帰省する回数を減らす

義実家へ帰省する回数を減らすことも一つの方法です。毎年、義実家へ帰省していたタイミングであなたの実家へ家族で帰省したり、家族で旅行へ行ったりと義実家へ行く回数を減らすこともひとつの方法です。

旦那さんをあなたの実家に連れて行くことで、気をつかう気持ちが分かってもらえる可能性もあるため、義実家へ帰省したときに旦那さんの協力を受けやすくなるかもしれません。孫のためにもたまには奥さん方の祖父母に会いに行くという理由は義実家への帰省回数が少なくなっても義両親は納得しやすいかと思います。

また、家族で旅行することも大切なスキンシップですので、大切にするようにして下さい。たまには家族だけでの旅行をすることで、旦那さんとの仲が深まったり、子供の成長に繋がったりなど、家族の絆を深めることが出来ます。

まとめ

いかがでしたか。義実家へストレス無く帰省する為に、とにかく旦那さんと話をしてみることが大切です。抽象的に伝えるのではなく具体的に気を遣ってしまうことのエピソードを交えて話をしてあげて下さい。

義両親もあなたに対して気をつかっているかもしれませんので、お互いが必要以上に気をつかわなくて済むよう旦那さんとうまく話をしてみましょう。

そして、帰省したら、ずっと義実家にいるのではなく、みんなで外出をしたり、滞在期間を短くしたり、帰省の回数を減らすなどストレス無く義実家へ帰省できるような環境を整えましょう。せっかく帰省するのに憂鬱ではもったいないですから、楽しい帰省にできるよう準備を大切にして下さい。

コメント