画用紙を使った花火の作り方!おうちで遊びに最適!子供と一緒につくろう!

スポンサーリンク

雨の日はただでさえ憂鬱な気持ちになりやすいのに、子供が公園に行きたがるのをなだめたり、おうち遊びを考えるのは疲れてしまいますよね。毎日子供と一緒にいると、子供と遊ぶのにも飽きてしまう時だってあります。毎回遊びを提案して、材料を準備して子供を満足させるのは頭を使う立派な頭脳労働です。

晴れている日に公園に行っても、他のお子さんと喧嘩しないか、迷惑をかけないかとお母さんの心は精神的に圧迫されてしまいますよね。私は出不精でさらに人見知りなので、晴れの日でも人がいない時間しか公園に行かなかったんです。

そのため、娘はおうち遊びが好きになり、6歳になった頃には私の手を借りる事なく一人でもくもくと制作して遊んでくれています。今はまだ制作遊びするのに、お母さんの手が必要ですが、数年後、子供が勝手に遊んでくれるとかなり楽になると思いませんか?今はもう少しだけお子さんに付き合ってあげて制作遊びが好きな子になってもらいましょう。

雨が多い梅雨の次は、楽しい夏がやってきます。夏と言えば花火です。おうちで花火の制作をしてみるとちょっと気分があがります。子供と一緒にすれば、子供にとっては楽しいおうち遊びの一つになります。

画用紙を使った花火の作り方

難易度順におすすめ作り方をご紹介していきます。必要な材料は最低限だけ表記していますので、お好きなアイテムを足してくださいね。

フィンガーペイント(対象・0歳から何歳でも)

【必要な物】
画用紙
水彩絵具

お子さんの指に直接絵具をつけて、ぺたぺたと画用紙に押し付けます。なるべくカラフルになるように、様々な色を使ってください。

我が家のコツ

汚れても良いお洋服を着せて、ビニールシートを引いた上で行うと労力が減ります。ですが私は更にダラなので、娘にはおむつ姿のみにさせ、肘や足も使って良いルールにしました。下に敷くのはビニールシートではなく、古新聞。これで拭かずに捨てる事が可能です。

終わったら絵を乾かしている間にお風呂に入れてしまいます。これで夜子供はお風呂に入れなくて済みます。

富士見幼稚園 on Twitter
“フィンガーペインティング 自分たちで描いたエノキの木に、フィンガーペイントして葉をつけました。指先の感触を確かめながら、感じながら、楽しみながら、作品を仕上げる子供たち。”

切り絵でつくる花火(対象・ひざたちが出来るようになった子くらいから)

【必要なもの】
画用紙
ハサミ
紙(カラー画用紙や折り紙)
のり

好きな形に紙を切ります。かわいい形にくりぬけるパンチが百円均一店で売っているのでそういうものを使うとハサミを持たすのが不安な方にも良いですね。ない場合はお母さんがチョキチョキ切りましょう。今度はそれをのりをつけて貼っていきます。

我が家のコツ

小さいうちは、私が画用紙に所どころのりを塗り、娘が切った紙を上から落とす方法を取っていました。娘がハサミを使えるようになると、かなり細かく切るようになったので、下絵だけ簡単に鉛筆で描き、モザイク画のように貼り付けました。

折り紙でつくる花火(対象・ハサミを使えるようになった子から)

【必要なもの】
画用紙
折り紙
ハサミ
のり

折り紙を四つ折りにしてところどころハサミで切ります。ひろげると模様になっています。それを画用紙に貼り付けます。クレヨンで打ち上げる様子を描いても良いですよ。

お母さんは横でこういうのを作るとお子さんは尊敬してくれます。

動く「花火」折り紙The "fireworks" which moves  origami

スクラッチアート(割りばしが危なくなった子から)

【必要なもの】
画用紙
クレヨン
割りばし、竹串

画用紙にクレヨンで色を塗ります。なるべくカラフルになるようにします。絵を描いても大丈夫です。その上から黒いクレヨンで塗りつぶします。画用紙が真っ黒になったら割りばしでひっかくと、下に塗っていた色が出てきてカラフルな絵が描けます。

YouTube

我が家のコツ

腕が真っ黒になるので我が家ではこういう商品を購入しました。

ネコと不思議な海の世界 心をととのえる大人のスクラッチアート ([バラエティ]) クラミ サヨ https://www.amazon.co.jp/dp/4777820238/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_AvEHCbZ13RWNG

画用紙は白でも良いですが、黒だともっと雰囲気が出ます。ちょい足しするのにおススメなのは、緩衝材のプチプチ。ぷにぷちしてる触感なので子供も喜びます。ぷちぷちに絵具を塗り画用紙にスタンプしても面白い模様が出来ます。キラキラしたビーズをつけてもかわいいですよ。

画用紙を使った花火の作り方まとめ

● フィンガーペイント(対象・0歳から何歳でも)
● 切り絵でつくる花火(対象・ひざたちが出来るようになった子くらいから)
● 折り紙でつくる花火(対象・ハサミを使えるようになった子から)
● スクラッチアート(割りばしが危なくなった子から)

制作遊びが好きな子に育つと、おうちの中で遊ぶことが多いので外に出なくて良くて楽です。不審者に目を光らせておかないといけない心配も減ります。ついつい「こうすればもっときれいだよ」「こうすると可愛いよ」と、声かけしてしまいそうになりますが、ぐっと我慢する方がいいです。

口出ししすぎて「ママが色々いうと嫌になる」と言われた事があります。がみがみ言われると子供も嫌になってしまいますから、汚れるの覚悟の格好をさせて、広い心で見守りましょう。

 

【こちらも読まれています】

灯篭作り方を簡単な順にご紹介!保育園や保育園のお話会にお薦めです。
灯篭の光って綺麗ですよね。灯篭を川に流す灯篭流しは神秘的で美しいです。ろうそくをたくさん並べて神秘的な空間を作る、キャンドルナイトが流行していますが、日本人なら日本人らしく、キャンドルよりも灯篭を使って神秘的な空間を作ってみませんか?今回は置き灯篭の作り方を難易度別にご紹介します。

コメント