頑張りすぎる人にかける言葉!会社の女性の同僚にかける言葉3選!

スポンサーリンク

頑張りすぎてしまう女性は、責任感が強く仕事をバリバリこなす姿は輝いて見えます。

しかし、仕事に対して完璧主義なところもあり、つい頑張りすぎて体調を壊してしまうことも。

今回は、頑張りすぎてしまう女性に、限界を超えて倒れてしまう前に指摘する言葉や、言葉を掛けるタイミングをご紹介します。

頑張りすぎてしまう・ひとりで抱えてしまう女性の特徴は?

頑張りすぎてしまう女性の特徴は、一生懸命で完璧主義、そして頼まれる仕事を断れない優しい性格です。

頼られるほど周囲からは信頼が厚く素敵なことなのですが、本人もそれに応えようと無理をしてしまいます。

仕事をしている最中は集中をしているために、頑張り続けることができるのですが、仕事を終えた際にどっと疲れが襲ってきます。

例えば、大きな仕事のプロジェクトを終えた後に熱が出てしまうことはないでしょうか。本人は、仕事を任されたり、相手の役に立つことを好意的に感じているため、つらい時でも「大丈夫です」と応えてしまうことも。

女性が頑張っている姿はとても素敵ですが、頑張りすぎて体調を壊す前に、周囲の人が声を掛けてあげることも大切です。

本人の抱えている仕事の状態に気が付くことができ、上手に気分転換をし、仕事と付き合うことができるようになるので、コミュニケーションの一環として積極的に声を掛けてみてください。

頑張りすぎる女性の同僚にかける言葉3選! その1:出来ることあれば言ってね。

頑張りすぎてしまう女性は、仕事を抱え込み、誰かに助けを求めることが苦手なタイプ。周りからは「完璧にこなしてしまう人」と思われているからこそ、誰かに頼むことができず抱え込んでしまう心理状態に。

そのため、周囲の人が気軽に「出来ることがあれば、手伝うよ」と一言声を掛けるだけで本人が抱えている負担が減り、助けを求めやすくなります。

引き受ける際に効率の良い作業方法を知っている場合には、女性にそのやり方を共有するのも良いでしょう。抱えている仕事の負担を減らすことができるのでおすすめです。

頑張りすぎる女性の同僚にかける言葉3選! その2:休憩をとってリフレッシュしてみて。

仕事を抱え込みすぎてしまう人は、仕事に集中しすぎて休憩を取るタイミングを逃してしまうことがあります。休憩する時間が全くない場合、次第に作業効率が落ち、短時間で終わる仕事も結果的に時間がかかってしまうことも。

疲れやストレスが原因で、仕事が捗らない様子を見かけたら、時間を作ってあげたり休憩を推奨してみてください。

本人は長時間の作業に気が付かず、仕事を続けている場合があるので、周りが声を掛けてあげると良いでしょう。飲み物を飲んだり、外を歩くだけでも気分はリフレッシュされます。

休憩をとることで作業効率が上がり、仕事へのエネルギーが充電されるので、頑張りすぎている女性にぜひおすすめしてみてください。

頑張りすぎる女性の同僚にかける言葉3選! その3:もっと周りを頼ってね

集中しすぎるあまり、自分以外におけるチームの状況が把握できなくなったり、自己中心的に仕事を進めてしまうことも時には起こります。

頑張りすぎることは集中をしている証拠ですので、良いパフォーマンスを期待できますが、度を超すとせっかくの頑張りが裏目に出てしまい、空回りをする事態が起きかねません。

まだまだ行ける、もっと頑張れると、馬に鞭を打つように限界を超えてしまいそうな時は、体調を壊したり仕事のペースを崩しかねないので要注意。

周りの状況を見ることで、抱えている仕事を他の人に引き継ぐことができ、仕事の効率が上がるかもしれません。協力することで本人の負担も減り、チームの団結力が高まります。

効率の良い方法を共有することもでき、仕事を抱えることの多い状況を変えるきっかけにもつながります。

最後に

今回は、仕事を頑張りすぎて抱え込んでしまう女性にかける言葉をご紹介しました。

1、出来ることあれば言ってね。
2、休憩をとってリフレッシュしてみて。
3、もっと周りを頼ってね。

頑張りすぎる女性は、頼られる存在で完璧主義。一つ一つの仕事が丁寧で手を抜かない、責任感の強い人です。

しかし、一人で抱え込んでしまったり、限界を超えて体調を崩すことも懸念されます。周りに頼れず仕事をためてしまう人でも、周囲の人から率先して助けてくれる時は嬉しく感じます。

ぜひ、頑張りすぎている女性がいたらサポートの手を差し伸べ、適度に休憩を取るようおすすめしてみてください。

コメント