学校に行きたくない!小1の子供が言い出した時の対処法まとめ!

スポンサーリンク

この春、小学校に入学した1年生。急に「学校に、行きたくない…!」と言って泣き出してしまいました。どうしたら行く気になってくれるだろうとか、もし休ませたら不登校につながるんじゃないかなど、いろいろなことが頭をよぎります。

忙しい朝の時間だったとしたらなおさら、一体どうすればいいのか途方に暮れてしまいますよね!?このような時、親としてはどのように対応したらいいのでしょうか。いくつかのポイントを紹介していきます。

小学校1年生の子供が学校に行きたくないと言い出した!その理由は?

どうして学校に行きたくないのでしょうか。友達のこと?勉強のこと?給食が食べられない?
いろいろ考えてしまいますよね。

ところで私たち大人でも、新しい職場や新しい環境には多少なりともストレスを感じてしまうものです。ましてや6、7歳の子どもにとって、小学校入学は一大事といえるのではないでしょうか。そのストレスが、「行きたくない」という言葉として表れているのかもしれません。

小学校1年生の子供が「1学期に入っていきなり」学校に行きたくないと言った時の対処法は?

入学したばかりの数日は、はりきって登校していたのに…というケースがしばしばあります。子どもが「行きたくない」と言い出したからと言って、どうして?何かイヤなことあったの?なんで??などと強い口調で理由をあれこれ問いただして追及しないようにしましょう。子どもの心は、さらにシャットアウトしてしまいます。

また、場合わせの話(例 友達に冷たくされた→気にしない気にしない!)で済ませたり、ろくに話もせず無理やり学校へ行かせることもNGです。まずは、子どもの気持ちをしっかりと受け止めてあげてください。

 ・学校、行きたくないんだ(そうか、と相づち。同調してあげる)。
・よく話してくれたね、○○(子どもの名前)の気持ちを聞かせてくれてありがとう。
・お母さんでも、仕事行きたくないときあるもん。○○は本当に毎日よくがんばってるよね。

また、思いきって学校へ遅れていく(お休みする)のも一つの手です。登校時間や仕事が迫っていると焦ってしまい「とにかく、何でもいいから学校行ってくれ~^^;」と思いがちですが、学校は毎日のこと。適当にあしらってしまい次の日、また次の日に尾をひいて問題を先のばしにしまっては本末転倒です。

親もひと呼吸おいてゆっくりと、子どもの気持ちに耳をかたむけ寄り添ってあげてください。そしてじっくり話をしていくなかで原因が浮き彫りとなり、必要に応じて担任の先生と情報共有しましょう。また、学校に行かなかった日の家での様子も先生にお伝えしましょう。

もし学校に行きたくない状況が続くようでしたら、親もどうしたらいいものかと悩んでしまいますよね。そんなときは家庭内で解決しようとせず、専門のかたに相談してみることも考えてみましょう。
最近はスクールカウンセラーを採用している学校も多いですし、自治体ごとに相談窓口が設置されているはずです。ベテランの人に話をしてみることで、道がひらけることもあるはずです。

小学校1年生の子供が「夏休み明けに」学校に行きたくないと言った時の対処法は?

ゴールデンウィークや夏休みなど、家族と長く過ごした連休明けに行きたくないと言い出すことはよくあることです。もし以前に子どもが「学校に行きたくない」と言った経験があれば、この連休は逆に、親にとってチャンスであると捉えてください。

褒めたりスキンシップをとったりして子どもとしっかり向き合いましょう。

・(お出かけの準備や、片付けなど)自分でできるようになったよね!すごい。
・宿題ぜんぶできたね。早く終わったこと、連絡帳に書いとくね!
・楽しかったね!○○(楽しいエピソード)のこと、先生にも教えてあげたいね。

登校日直前に「やっぱり行きたくない」となってしまわないよう、親もできる限りの準備をしましょう。子どもの不安を取り除いてやり、先生へ話したいことなど学校に行くきっかけを作ってあげられたら最高ですよね。

小学校1年生の子供が「進級前」学校に行きたくないと言った時の対処法は?

学校にも通いなれた3学期、もうすぐ2年生!という時期に「学校、行きたくない…」と子どもが言い出したら、どのように対応したらいいのでしょうか。

ここでもやはり登校を無理強いしたり、原因を追及することは避けましょう。クラス替えや新しい担任の先生など、子どもにとっていつもと違う日常がせまっています。この時期に言いだすのであれば、新しい環境など見えない未来に不安を感じやすい子どもさんなのかもしれません。

仕事や家事でいそがしい毎日を過ごしていると思いますが、時間をつくって子どもと向きあい、聞き役になってあげてください。お母さんお父さんはやっぱりわたし(ぼく)の味方だ!と安心させてやり、子どもにとって見通しが立ちにくい、新しい環境などに対する不安に対応できるよう手助けしてあげましょう。

また一方で、学校に行かない状況がかならずしも悪いことではない、という考え方もあります。子どもによって状況はいろいろで各家庭の価値観もあるかと思いますが、対処法など参考にされてもいいでしょう。

不登校の時間に旅をする選択学校 教委も受け入れたある親子の教育法

不登校の時間に旅をする選択 学校・教委も受け入れたある親子の教育法

最後に

①学校に行きたくない理由をあれこれ追求しない。
②時間を作って(時には学校や仕事を休んで)子どもの不安や悩みをしっかり受け止める。
③褒めたり、休日の出来事から学校に向かうきっかけ作りをする。
④行きたくない状況が長引けば、家庭内で解決しようとせず専門家に相談してみる。
⑤学校に行かない状況がかならずしも悪いことではない(対処法を変えてみる)。

学校に行きたくない子どもは何かしらの不安や悩み、ストレスを抱えているはずです。子どものSOSを見逃さないように、日ごろから相談しやすい環境作りを心がけましょう。

子どもの成長はあっという間です。しっかりと成長のあと押しをしてやりたいものですね。

コメント