外泊の言い訳!親向けのうまい言い訳3選!心配させない伝え方とは?

スポンサーリンク

彼と外泊をするとき、まさか、親に向かって「今日は彼氏の家に泊まる」「彼氏とふたりで旅行に行くね」とは言えません。みなさんはどんな言い訳を使っているのか気になりますよね。

どうしたら許可がもらえるだろう、反対されたらどうしようと悩んでいる人も多いと思います。親から許可を得るには、クリアしておきたいことがあるのです。

今回は大学生の女性が、彼との外泊を親に許可してもらう言い訳は何か、反対されたらどうするかなどを、双方の目線で紹介していきます!

【外泊の言い訳親向け3選!その1:女友達に電話してもらう】

ご両親も知っている友達で、安心してもらえるような間柄であれば、当日、友達に「今夜は、うちに泊まっていってもらおうと思います」と電話をしてもらいます。

信頼できる友達からの電話なら、ご両親も信用すると思います。「もう遅くて帰り道あぶないので」とか帰れない理由も一緒に話してもらうとより安心ですね。

【外泊の言い訳親向け3選!その2:サークルの合宿にいく】

何度も使える技ではありませんが「サークルの合宿があって、〇日は泊りになるから」という言い訳をします。姑息な手段ですが偽物の合宿連絡プリントなどを作成して親に渡しておきます

宿泊先にまで連絡をしてくることはそうありませんが、偽の連絡先を書いておいて、後で連絡つかなかったよ?と言われれば「間違っていたのかな?」くらいにとどめておきます。

変な言い訳すれば、矛盾点や疑問点をつつかれますからね!

【外泊の言い訳親向け3選!その3:あえて終電後に電話する。】

終電がなくなってから電話して、「友達の家で話し込んでいたらこんな時間になったから、今夜は泊まらせてもらう」と言います。終電が終わっていれば、それから親が何を言っても遅いですよね。

その時は、ご両親も信頼できる友達の名前を使ったほうがいいので、先に友達に連絡して許可をとりましょう

夜中に、親から友人に電話が入るというのは失礼なので、そうありませんが、バレたとしても、友達のせいにしてはいけません

【うちの親は固い?!外泊が許される年齢は?親が外泊禁止にする理由は?】

外泊が許される年齢は?

社会人になり自分で責任をとることができるようになったら、親は逆にそういった話がないのも不安になります。

年齢でいえば社会人になるのは18歳から22歳くらいになりますね。
学生で親に学費を出して貰っていない自立した女性になったという意味です。

自立したら、逆に親は子どもの束縛をやめなければなりません。それでも反対する親だとしたら、反論してもいいと思いますし、逆にわざわざ親に同意を求めなくてもいいと思います。

なぜ外泊を禁止するの?

彼はご両親と面識があるでしょうか?また会ってお話ししたことはありますか?交際を認められていますか?信用できていない人との外泊を許すのは難しいです

親の世代は結婚前に男女が一夜を共にするというのは考えられない時代であった場合もあります。また自らの経験などから、反対することもあるでしょう。

何かあった時に傷つくのは残念ながら女性です。自分の娘が万が一傷つけられることになり、耐え難い苦痛を味わう事になるとしたら、その可能性があるような行為は許さないというのは当然だと思います。

言い訳をしてバレたらどうなる?

完全にばれないように口裏を取るのは難しいことだと思います。逆に、親からこまめに連絡を取るように言われている以外は、連絡しない方が無難です。

そのためには普段から親との関係を良好に保っておくことが前提になります。

お友達と一緒に出掛けた場合は、写真を撮ったりするのが普通ですよね。可能であれば一緒にお友達と写真を撮るなどしておければいいですね。

彼とのお泊りを成功させるために、嘘を重ねることでお友達に負担がかかることは忘れないでください

正直に彼氏を紹介すべき?

親としたら、うすうす感づいてはいても、彼との「外泊」を面と向かってはっきり言われるとやはり抵抗があるものだと思います。

自信を持って紹介できる彼のはずですから、堂々と紹介しましょう。彼が親と面識があって信頼関係を築けていることで、やっと親は安心することができるのです。

社会人になれば別ですが、学生の間は、厳しく言われるかもしれません。まずは彼の事をお母さんに話して、理解をしてもらう努力をして、味方につけて協力してもらうのが一番いいと思います。

【お泊りは社会人になってから、たくさんできます!】

外泊の言い訳について紹介してきました。

まとめますと

①外泊の言い訳は「友達の協力」「サークル合宿」「終電が間に合わない」の3つ。
②大学生の「外泊」は親の理解を得るのは難しい。
③彼との外泊を認めてもらうには「彼が親と面識があって信頼されているか」ということが最低限必要。
④反対するのは何かあった時に傷つくのは残念ながら女性だから。
⑤自立して社会人になったら親の同意はとる必要がない。
⑥友達に罪悪感を共有させるなら不都合があっても絶対に責めない。

言い訳を紹介しましたが、本当は嘘をつかずに親に正直に話せる勇気を持ってほしいなと思います。ご両親は誰よりもあなたを思っている存在ですから。

彼との外泊を許してもらうためには「彼が親と面識があって信頼関係を築けている」ことが大切なのです。親との関係を良好に保ちたいのであれば、まずそこから始めましょう。それができたら頭ごなしに反対しません。

自立して社会人になったら、お泊りはたくさんできます!金銭的にも余裕があります。彼と未来も一緒にいると思うのであれば、反対されても、いつか必ず行けますよ!

コメント