双子の喧嘩の仲裁方法!親はどこまで介入すべき?喧嘩をやめさせる方法は?

スポンサーリンク

双子の男の子

毎日、二人分の育児に、家事に、はたまたお仕事まで頑張っているお母さん、本当にお疲れ様です。双子というのは楽しみも2倍あれば、喧嘩も2倍あるものです。

それが、お母さんの疲れているとき、忙しいときに限って勃発するものですよね。

そこで、少しでも子供の気持ちに寄り添った喧嘩の原因、言い訳、仲裁方法が分かれば、お母さんの気持ちも楽になると思います。

お母さんの気持ちが楽になることが、1番の解決策だったりもするんですよ。

私も一卵性の女の子の双子がいます。

双子ならではの私の体験、失敗、仲裁方法を紹介しますね。

双子の喧嘩の仲裁方法!喧嘩やモノの取り合いをした場合の仲裁方法は?

「同じものがあっても喧嘩をする」これ、双子あるあるですよね。

「似ているもの」ではなく、商品、販売元、全く同じでも取り合いの喧嘩をするんです。

これに効果的なのは「どっちかな?」ゲームです。

「取り合いのけんかをする」ということは、「自分のもの」という気持ちが育ってきた年齢だと思います。

なので、この気持ちに働きかけます。

まずは、1つのモノを手に持ち、「これはAちゃんのだよね?」と確認させます。

その後、同じものを手に持ち、「これはBちゃんのだよね?」と確認させます。

そして、もう一つのモノを手に持ち、「これはAちゃんの?Bちゃんの?」と話している間に、一旦子供達には冷静になる時間を与えます。

「色は同じだねぇ」、「形も同じだねぇ」と確認させながら、落ち着くタイミングを見計らってください。

そうしている間に、「これは同じじゃない?」という結論に導くのです。

それが分かればあら不思議。

先ほどの修羅場は嘘のように、また仲良く遊び始めます。

双子の喧嘩の仲裁はしない?喧嘩をさせたほうがいい、という意見も

むっとしている男の子

私は、基本「喧嘩放置主義」です。

いちいちかまっていたら、家事が進みませんから。

というより、言葉が分かるようになった時期から、

「どのように解決したらいい?」

子供たちに任せるようにしています。

「どうして喧嘩になったと思う?」
「その場にいなかったからよく分かるように説明して。」

これも我が家では、よく使われる会話です。

ただの喧嘩で済ませるものではなく、同時に考える力や、ピンチに陥ったときのアイディアが育ったらいいなぁ、という考えのもとです。

女の子同士なので、ディベート能力は非常に高いです。

これも、年齢が同じ双子ならでは、ですね。

会話の理解度、言葉の幅が同じなので、起こりうることだと考えています。

まれに、「ママがその場にいなかった」と、母が悪者になるケースもありますが。

そして、手が出るような喧嘩はそうそうにありません。

これも、

「相手がかかってきたらやり返しなさい」
「先に手を出したら負けだよ」

と、言っているからかもしれません。

双子の喧嘩、本人同士で解決をさせるために親ができることは?声かけは?

喧嘩をする年齢だと、さすがに二人きりで解決させるのは難しいと考えます。

ただ、喧嘩を続けていると「気まずい雰囲気」というのを体験させることによって、「謝らなければならない」、「長引かせたくない」という気持ちを引き出させることは可能です。

なので、喧嘩が勃発したときに、我が家では一人ずつ言い分を聞くようにしています。

「この時にこう思った」という気持ちは、親が橋渡しをしてあげて、相手に伝える、といった手法です。

こうすることによって、相手の気持ちを考えて、「なぜ喧嘩になったのか」と、間接的に考えさせることにつながります。

我が家はまだ6歳なので、ここまでが限度ですが、これらをもとに将来は本人同士で解決できるようになる、と信じています。

双子がなるべく喧嘩をしないように親が気をつけるポイントは?

2匹のアヒルのひな

双子だから、と、何から何まで2つずつ揃えるのは大変です。

同じプレゼントを頂いても、喧嘩することは多々あります。

可能であれば、誕生日やクリスマスといったイベントのときは、「自分で選ばせる」ほうがベターでしょう。

我が家は、イベントのときは「ト〇ザラス」デイ、となっていて、自分が好きなおもちゃを、自分で選べる、というシステムです。

これでも、やはり「Aちゃんの方が良かった」と喧嘩勃発のことはありますが、「それは自分の選択だからねぇ」とあきらめさせています。

なにより、「順番で使えばいい」ということなので、さほど大きな喧嘩にはなりません。

先日、小学校から「本の購入」のチラシが入っていました。

これも「2つ買うのは」と思ったので、双子が一人ひとりになったのを見計らって、まずはAに選ばせました。

「いつも我慢してるから、好きなのを選んでね。」

そして、もう一人には

「Bちゃんは賢いから、Aちゃんの選んだものなら簡単に読めちゃうね」

と、それぞれこそっと話しました。

どちらも、にやっと嬉そしうでした。

大人の世界でも同じですよね。

双子に不公平感を抱かせないためには、それぞれ「褒める」、「たてる」ことだと考えます。

どちらも「愛されている」と実感していれば、大きな喧嘩には発展しないはずです。

もう一つ、第三者を経由して褒めることも効果がありますよ。

父親や祖父母に協力してもらい、

「こんなことが嬉しかった、良かった、ってお母さんが褒めていたよ。」

といった具合です。

まとめ

  • 同じモノの取り合いが原因の喧嘩には、自分の目で確認させることによって、冷静になる時間を与える。
  • 喧嘩は仲裁よりも、「どのように解決したらいいか」を、本人たちに考えさせる。
  • 喧嘩が長引くと、「気まずい雰囲気」というのを体験させるのも、今後どうしたらよいか、と考える材料になる。
  • 双子でも、一人ひとりを日頃から「褒める」、「たてる」ことによって、割とうまくまわります。

同じ年齢だから、同じようなレベルなので、喧嘩勃発しやすいのが双子です。

まずは、お母さんが、テレビのボクシング中継でもみるようにどーんと構えて、対処してくださいね。

コメント