双子はいつわかる?判明は遅い?エコーで一卵性・二卵性はわかるの?

スポンサーリンク

妊娠中の女性のお腹

妊娠したい、できたら双子を。

そんな望みを抱く方もいるのではないでしょうか。

赤ちゃんが2人並んでいる姿は確かにかわいいものです。

しかし、「双子妊娠がいつわかるものなのか」「双子の診断は遅いのか」「一卵性なのか、二卵性なのか」。

沢山の不安、疑問があると、妊娠自体も難しくなってくるかもしれません。

少しずつ理解することで、まずはお母さんがリラックスしましょうね。

そうすることで、きっと赤ちゃん達も元気に育つことでしょう。

私も一卵性双生児の母です。

妊娠初期から、出産直後の私の経験をまとめました。

双子が妊娠しているとい赤ちゃんいつわかる?遅いの?

エコー検査をしている女性

私のときは、双子妊娠が発覚したのは6、7週目くらいだったと記憶しています。

ただ、それ以前に妊娠の兆候があったので、産婦人科には一度通院しました。

この時は、「まだ時期的にはっきりしないので、また来週来てください」とのことでした。

この事から、「妊娠したかも」という兆候は、双子でも単胎でも、時期に変わりはないと感じます。

ただ、双子かどうかの判別は、少し遅れるといった感じです。

まずは、市販の妊娠検査薬を利用する人も多いかと思います。

私の場合は、これも単胎妊娠と変わらない反応でした。

妊娠検査薬では、hCG濃度と呼ばれる、体内で分泌されるホルモンの一種を測定しています。

ひじょうに稀なケースだそうですが、妊娠検査薬で検出できるhCG濃度は上限があるため、双子の妊娠ではhCG濃度が高すぎて、妊娠検査薬で陰性と誤判定されることもあるようですよ。

双子が妊娠をしているとエコーでわかるの?どのようにうつるの?

妊娠4,5週でエコー検査で胎嚢が見えます。

この胎嚢がふたつあると「二卵性双生児」と診断されます。

一卵性双生児の場合、胎嚢はひとつしかありません。

なので、この段階では双子を妊娠しているかどうかはわかりません。

妊娠6週~7週頃のエコー検査では胎芽と心拍が確認できるようになります。

このときにそれぞれふたつ確認できれば「一卵性双生児」です。

一卵性か二卵性かはいつわかる?

妊娠6〜7週目で、一卵性双生児か二卵性双生児かは、区別がつきます。

双子妊娠には、大きく3タイプあります。

タイプによって、全くその後の妊娠リスクが異なってくるので、妊娠10週目までにこのタイプをはっきりさせる必要があります。

妊娠週数が進むと、胎嚢や羊膜は徐々に膨らみ、タイプが分かりにくくなってくるとされているので、この時期までには、病院としても一卵性か、二卵性か、はっきりさせるはずです。

では、そもそも、一卵性双生児と二卵性双生児とは何が違うのでしょう。

一卵性双生児は通常の妊娠と途中までは同様です。

ひとつの卵子がひとつの精子と受精します。

しかし、その後何らかの原因によって、受精卵が細胞分裂する過程で2つにわかれます。

そして、それぞれが胎児として発育するのです。

もともと同じ受精卵なので、双子の遺伝情報はまったく同じです。

よって、性別も血液型も、外見もそっくりになります。

二卵性双生児は2つ以上の卵子が排卵され、それぞれ別の精子と受精します。

そして、それぞれ双子として成長します。

受精卵が同じではないので、遺伝情報も異なり、性別や血液型も必ずしも同じとは限りません。

外見が似ていないということもよくあります。

双子を妊娠していると判明!親や夫にどのように伝える?

診察のベッド

医師に双子と告げられた時は、自分がびっくりしていたので、自分を落ち着かせるのに必死でしたね。

近くの産院に通っていて、双子を取り扱ってなかったため、車で30分の周産期センターを紹介されると同時に、「多胎妊娠のリスク」についても説明されました。

そこで、冷静になった、という感じです。

「周産期センター」、「多胎妊娠のリスク」と並べられたので、早めの連絡が必要だと思い、仕事中の夫と自分の親にはメールで内容を説明しました。

夫の両親には、夫に電話をしてもらったと記憶しています。

喜びと同時に、「単胎」とは違うリスクを伝えられ、出産するまで、常日頃「どうなるか分からないからね」と話をしていましたね。

職場には、やはり「多胎妊娠」だったので、リスクも含めてすぐに相談をしました。

妊娠、育児雑誌には、「ある程度の週数になってから」との記載が多いのですが、ここは「双子あるある」だと感じています。

双子の妊娠発覚後に準備をしたものは?

双子の妊娠は、「管理入院」も非常に多いです。

通常の出産は、兆候があってから入院することがほとんどです。

しかし、双子の場合は何かトラブルがあったり、トラブルが起きる可能性が高い、と医師の判断があると、出産予定日より前から入院する必要が出てきます。

私は、このリスクを知ってからは、入院に必要なものは常に持ち歩いていました。

一般的な、「1泊分の着替え、タオル、歯磨きセット」程度でしたが。

産休に入ったその日のタイミングで、これを利用することになったので、やはり準備の甲斐はあったのでしょう。

食事や運動に関しては、「葉酸をとってみたい」「ヨガをやってみたい」など、チャレンジしてみたいものがあったなら、まず医師の判断を仰いでください。

通常の単胎妊娠でも起こりうる妊娠中毒症、早産、貧血、羊水過多症、などが、双子となるとリスクはグンと高くなります

入院してからは、シャワーさえも、医師の判断が必要な時がありましたから。

経験した私としては、食事も運動も今までの生活から極端に変えるべきではない、という意見です。

通常に生活していて、それで双子を妊娠したのですから、そのままで十分健康です。

そこに負荷を与えて、心理的にまいってしまっては、本末転倒ですから。

双子がどうしてもほしい!そもそも狙って双子を妊娠できるもの?

双子の赤ちゃん

双子を狙っての妊活は、避けれるものなら、避けるべきと考えます。

母子共に危険性が高くなるからです。

生まれる前に流産する確立も高くなります。

そもそも、狙っての妊活が可能ではありませんが、双子は医学的に「異常妊娠」というくくりになります。

一卵性双生児を、自然妊娠する確率は0.4%といわれていて、人種に関わらずほぼ一定だそうです。

二卵性双生児を妊娠する確率は、日本では0.2~0.3%で自然発生すると推測されています。

世界では双子が多い地域が存在しているようですが、これは遺伝が関係していると考えられています。

親戚に双子がいると、双子が生まれる可能性が高くなる、というのもこれと同じですね。

また、乳製品を積極的にとると、双子を妊娠しやすいという説があるようです。

乳製品などの動物性食品に含まれるIGFという成分が、卵子の形成に関与しているところから、出た話なのでしょう。

さらには、タロイモ、ヤムイモを食べると双子を妊娠しやすい、といった説もあります。

これはアフリカの双子が多い部族が、積極的に食べていた食品だから、というところに由来しているようです。

想定外!双子はかわいいけど、現実の育児は大変!

双子妊娠が分かってから、管理入院、早産はある程度覚悟をしていました。

しかし、想像以上に大変だったのは、帝王切開を終えた体で、子供が入院する病院まで毎日母乳を持って届けることでした。

1人が退院してきて、1人がまだ入院という時期もあったので、夜間は1人の世話をしながら、定期的にお届け用の母乳を出し、昼間は1人を親に預けてもう1人に面会をする、という過酷な時間もありましたね。

大きくなってくると、2人で遊ぶことが増えるので、そこは良かったポイントです。

どこへ行っても、「双子ちゃん?」と聞かれると、誇らしい気持ちにもなります。

小さいうちは、泣くのも2倍、オムツを替えるのも2倍、風呂も2倍、風邪も順番と、ノイローゼになりそうな毎日ですが、双子の機嫌が良いときはしみじみと幸せを感じました。

まとめ

  • 双子だと確定診断が出るのは6.7週頃です。一卵性か、二卵性かもこの時期にはっきりします。
  • 双子妊娠はリスクが高いので、周囲にはなるべく早く話すことをオススメします。
  • 双子妊婦はいつ管理入院になってもいいように、入院グッズは持ち歩きましょう。1日1日を今まで通りゆったり過ごしてください。
  • 双子は「異常妊娠」です。こだわりすぎず、授かったことを喜びましょう。

双子でも、単胎でも育児が大変な時期は一緒です。

何でも2倍を乗り越えたら、今までにはない自信が手にできますよ。

幸せな妊娠生活になりますように。

【こちらも読まれています】

双子だと保育園は入りやすい?いつから預けている人が多い?大変なポイントは?
毎日の家事、育児に加えて、仕事も再開しようとしているお母さん、お疲れ様です。そして、子供がいて仕事をしていると、避けて通れないのが、「保育園」問題。ましてや、双子となると、まずは入れるのか、という問題に出くわしますよね。

コメント