PR

葬儀に参列できない!【送る相手別】メールやLINEの例文集!

  • 「葬儀の連絡がきたけど参列できない」
  • 「葬儀に参列できないお詫びをメールやLINEで送っても大丈夫?」
  • 「葬儀に参列できないお詫びの例文を知りたい」

急な葬儀の連絡に都合がつかず、参列できない人もいると思います。

メールやLINEは手軽な一方、葬儀に参列できないお詫びをメールやLINEでしても失礼にならないのか不安になりますよね。

そこで、この記事では以下の5つのポイントを具体例とともに解説していきます。

  • そもそもメールやLINEで葬儀に参列できないお詫びをしても大丈夫?
  • メールやLINEの文面を考える際の4つの注意点!
  • 葬儀に参列できないお詫びの例文
  • 葬儀に参列できないお詫びのメールやLINEを送るタイミングは?
  • メールやLINEに加えて弔意を示す3つの方法

5分くらいで読める記事ですが、読み終わると葬儀に参列できないお詫びのメールやLINEの書き方がわかっていますよ。

では、さっそくいってみましょう!

そもそもメールやLINEで葬儀に参列できないお詫びをしても大丈夫?

本来であれば訃報の知らせを聞いたら、葬儀に参列したり、参列できない場合には電報や手紙を出すのがマナーです。

しかし、メールやLINEで連絡が来た場合や、相手が親密な友人・会社関係・取引先などの場合には、お悔やみの言葉をメールやLINEで伝えても問題ありません。

メールやLINEで返信しても良い相手

  • 親しい友人
  • 親しい上司・同僚・部下
  • 親しい取引先

ただし、親族や関係がイマイチな相手の場合には、マナー通り電報や手紙を出しましょう。

メールやLINEで返信してはいけない相手

  • 親族
  • あまり仲の良くない友人
  • あまり仲の良くない上司・同僚・部下
  • 関係性の薄い取引先

葬儀の際には忙しいものです。メールやLINEであれば、相手の都合の良いときに確認できるので、相手の負担にもなりません。

メールやLINEの文面を考える際の4つの注意点!

メールやLINEで送る、葬儀に参列できないお詫びの文面を考える際には4つの注意点があります。

参列できないお詫びの文面の注意点

  • 簡潔に書く
  • 敬語表現を使う
  • 忌み言葉を使わない
  • 機種依存文字や絵文字を使わない

それぞれ解説をしていきます。

簡潔に書く

メールやLINEの文面は簡潔に書くように心がけましょう。葬儀は忙しいものです。そのため、相手はメールをじっくり読んでいる暇はありません。

手紙のように「時候の挨拶」は不要です。本文は哀悼の意を示すとともに、参列できない理由を書きましょう。そして、文面の最後には「返信不要」と付け、相手の負担にならないように気を配りましょう。

また、メールのタイトルは「〇〇(名前)です。ご愁傷様です。」など、誰からどんな用件で送られてきたのかわかるようにしましょう。

「とても驚いています」などのタイトルにすると迷惑メールと間違えられ、開封されない可能性もあります。注意しましょう。

敬語表現を使う

どんなに親しい間柄であっても、メールやLINE全体にわたって敬語表現を使いましょう。

たとえば、友人のお父さんが亡くなった場合には「お父様」「ご尊父様」というような形です。

敬称一覧
  • お父さん→「お父様」「ご尊父様」
  • お母さん→「お母様」「ご母堂様」
  • 夫→「ご主人様」
  • 妻→「ご令室様」
  • 息子→「ご子息様」「ご令息様」 など

とても細かいですが、気をつけましょう。

忌み言葉を使わない

忌み言葉とは不幸や不吉を連想させる言葉です。代表的な言葉として以下のようなものがあります。

<忌み言葉>

  • 不幸や不吉そのものを連想させる言葉:「切れる」「別れる」「離れる」「忙しい」「苦しい」など
  • 不幸が重なることを連想させる言葉:「いろいろ」「たびたび」「わざわざ」「重ね重ね」「まだまだ」など
  • 生死に対する直接的な言葉:「死」「死亡」「4」「ご存命」など

生死に対する言葉は「死亡」「亡くなった」ではなく「ご逝去」、「ご存命」「生きていた頃」ではなく「ご生前」や「お元気な頃」と言い換えましょう。

また、「大往生」「天寿をまっとうした」という言葉は遺族側が使う言葉です。

さらに、「ご冥福をお祈りいたします」は仏教的な言葉なので、仏教以外を信仰している人には使わないようにしましょう。

機種依存文字や絵文字を使わない

機種依存文字を使うと相手に届いた際に文字化けをしてしまう可能性があります。

たとえば、取引先の会社名に機種依存文字の「㈱」を使ってはいけません。面倒かもしれませんが「株式会社」と入力しましょう。

また、絵文字を使うとお悔やみメールとして軽薄な印象を与えてしまいます。文面を入力した後には、機種依存文字や絵文字がないか、必ず確認しましょう。

【友人へ】葬儀に参列できないお詫びの例文

タイトル:〇〇(名前)です このたびはご愁傷さまです

本文:お父様ご逝去の報に接し、驚いています。
遠方のため、駆けつけてあげられず申し訳ありません。
今は突然のことで何も考えられないとは思いますが、あまり気を落とされないように、お身体に気をつけてください。
何かあったらいつでも連絡くださいね。
メールでのご連絡となりましたこと、ご容赦ください。返信不要です。

タイトル:〇〇(名前)より お悔やみ申し上げます

本文:この度はご母堂様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
遠方のため、ご葬儀に参列できず申し訳ありません。
どうか気を落とさずに、お体を大切にしていただければと思います。
私に何かできることがあれば、いつでもご連絡ください。返信は不要です。

友人に対しては「いつでも連絡をして」などと精神的な支えになるような言葉を添えるとなお良いですよ。

【上司・同僚・部下へ】葬儀に参列できないお詫びの例文

タイトル:〇〇(名前)です このたびはご愁傷さまです

本文:ご母堂様のご逝去に際し、心からお悔やみを申し上げます。
本来であればご弔問に伺わなければならないところではありますが、略儀ながらメールにて失礼いたします。
今は本当に大変な時期だと思います。
こちらは△△部全体でカバーしていくので、留守中のことは気にせず、どうか落ち着くまでご家族との時間を過ごしてください。
何か手伝えることがあれば遠慮なく連絡ください。なお、返信は不要です。

タイトル:お悔やみ申し上げます 〇〇(名前)より

本文:ご子息様の突然の訃報を聞き驚きを隠すことができません。
本来であればすぐにでも駆けつけるべきところですが、この度やむを得ない事情により伺うことができません。心よりお詫び申し上げます。
心身ともに大変なときだと思いますが、無理しないよう仕事のことは気にせずに休んでください。ご冥福をお祈りいたします。なお、返信は不要です。

上司や同僚、部下への文面には「仕事は心配しないように」と一言添えると、相手も安心しますよ。

【取引先へ】葬儀に参列できないお詫びの例文

タイトル:株式会社□□営業部営業二課 〇〇(名字)より お悔やみ申し上げます
本文:株式会社△△
マーケティング事業部 ●●(フルネーム)様

この度は、ご身内にご不幸があったと知り、大変驚いております。
遠方のため、ご葬儀に伺えず誠に申し訳ございません。
メールにて甚だ失礼ではありますが、お悔やみ申し上げます。
心から哀悼の意を表します。
なお、返信は不要です。

株式会社□□
〇〇(フルネーム)

タイトル:株式会社□□営業部営業二課 〇〇(名字)より このたびはご愁傷さまです
本文:△△株式会社
営業部 ●●(フルネーム)様

ご尊父様のご逝去の報に接し、遅ればせながら心よりお悔やみ申し上げます。
都合によりご葬儀に伺うことができず申し訳ございません。
略儀ながらメールでのご連絡、失礼いたします。
今はご家族様とごゆっくりお過ごしくださいませ。
安らかなご永眠をお祈りいたします。
なお、返信のお気遣いは不要です。 

株式会社□□
〇〇(フルネーム)

取引先に送る場合、タイトルには名前の他に会社名や部署名も記しましょう。また、本文の最初に相手の会社名や相手の名前も記しましょう。

葬儀に参列できないお詫びのメールやLINEを送るタイミングは?

葬儀に参列できない旨のメールやLINEを送るタイミングは、すでに参列できないことがわかっている場合には連絡を受けたタイミングで、急なスケジュール変更や体調不良の場合はなるべく早く連絡しましょう。

ご遺族も葬儀の準備などで忙しいので、自分の予定がわかり次第連絡するのが良いです。

万が一、時間が経ってから親しい人やその親族が亡くなった事実を知った場合にも、自分が知ったタイミングで葬儀に参列できなかったお詫びのメールやLINEを送ればOKです。

メールやLINEに加えて弔意を示す3つの方法

メールやLINEだけでは嫌だという人には、メールやLINEに加えて弔意を示す方法があります。

弔意を示す3つの方法

  • 香典(不祝儀)を渡す
  • 供物や供花を送る
  • 電報(弔電)を打つ

それぞれ確認をしていきましょう。

お香典(不祝儀)を渡す

自分は葬儀に参列できなくても、お香典を誰かに託したり、郵送したりして渡せます。

たとえば、取引先の相手の場合、同僚が弔問するのであれば、自分のお香典を託し一緒にわたしてもらうようにお願いしましょう。

郵送で送る場合、現金書留専用の袋を用意しましょう。一筆添えるとより気持ちが伝わりますよ。また、後日弔問に伺う予定があれば、その際に直接手渡ししてもOKです。

供物や供花を送る

供物や供花を送り、弔意を示すことも可能です。

自分で手配してもいいのですが、できればご遺族が利用している葬儀会社と連絡をとった方がスムーズに手配できます。

ただし、供物や供花は場所をとるので、送る前には必ずご遺族に確認をとりましょう。また、宗派によっては供物や供花を受け取らない場合もあるので注意しましょう。

電報(弔電)を打つ

メールやLINEだけでお悔やみの気持ちを示すのではなく、弔電を打って示すこともできます。

弔電を打つ場合には、できればお通夜に間に合うようにしましょう。遅くとも葬儀や告別式に間に合わせましょう。

NTT東日本の電報では、19時までの申し込みで全国当日配達が可能です。お線香やプリザーブドフラワーがセットになった電報などがありますよ。

まとめ

親しい友人や会社関係の人、取引先であれば、葬儀に参加できない旨をメールやLINEで伝えても問題ありません。

ただし、親族やあまり仲良くない人の場合は、マナー通り電報や手紙を送りましょう。

葬儀に参加できないお詫びの文面を考える際には、

  • 簡潔に書く
  • 敬語表現を使う
  • 忌み言葉を使わない
  • 機種依存文字や絵文字を使わない

などに注意して考えましょう。

メールやLINEを送るタイミングは、すでに参列できないことがわかっている場合には連絡を受けた際に、急な体調不良や外せない仕事の場合にはなるべく早く連絡をしましょう。

また、メールやLINEに加えて弔意を示す方法は、

  • 香典(不祝儀)を渡す
  • 供物や供花を送る
  • 電報(弔電)を打つ

などです。

メールやLINEだけでは嫌だという人は行いましょう。

 

突然の知らせに驚くかもしれません。しかし、一番辛いのはご遺族です。葬儀に参列できないとしても、心をこめて文章を考えれば、あなたの気持ちは伝わります。

マナーだけは守りつつ、相手を思う気持ちを記しましょう。

タイトルとURLをコピーしました