友達と仲直りするおまじないの方法4選!簡単にできる?効果はある?

スポンサーリンク

夜空に浮かぶ赤い月

友達と険悪な状態になってしまったら、なんとなく気まずい思いをしますね。

なんだか胸がもやもやする。

その友達の事をふと思い出してしまう。

どうしても気になってしまう…。

でも、仲直りのキッカケがつかめずにいる。

そんな時は“仲直りのおまじない”を使ってみましょう。

ここでは、誰でも簡単にできる、仲直りに使える感情浄化のおまじないを4つ紹介します。

私自身がやってきて効果があった方法です。

私は仲直りしたのは友達ではなく家族でしたが、家族でも友達でも改善できます。

感情の浄化は、私たちの無意識の領域に関係してきます。

私たちが普段の思考で意識しているのは全体の10%程度といわれていて、残り90%の部分は意識していない無意識の領域が働いています。

感情の浄化は、無意識の領域である90%のパワーを動かすことにつながっています。

感情が浄化されると、仲直りしたい友達だけでなく、周りの人との関係も改善し、良い出会いが起こるようになります。

ぜひ楽しみながら感情の浄化をして、素晴らしい友人関係を体感してください。

友達と仲直りするおまじないその1!

夜空の天の川と大きなきのブランコにの人のシルエット

イメージを使うおまじない

友達と喧嘩したら、何か心に動きがありますよね。

「イヤな感じがした」「ドキドキする」「ず~んと重たい感じ」などなど。

そうした、心の“感じ”をイメージで形にして浄化するおまじないです。

  1. 仲直りしたい友達と、仲良く出来なくなった状況や理由を思い出します。その時にわいてくる感情を形にします。
    色は真っ黒く、とても重たいものをイメージしてください。大きさや形は何でもいいです。
    例えば、イライラしたと感じたら、イライラをイメージすると、トゲトゲしているウニのような黒いものなど(何でもいいです)。
  2. イメージしたら、その形になった感情を、胸の辺りから取り出すようにして、手のひらの上に乗せます。
  3. そして、同じ形をした軽くて白く光っているものが降りてくるイメージをします。
  4. 重たくて黒い感情と、白く光る軽いものを合わせます。2つはひとつになって、透明に輝きだしました。
  5. その透明に合わさったものを、また胸の中に戻してください。

心がスッと軽くなったように感じたら大成功です!

静かな場所でイメージするのもいいですが、リラックスできる心地よい音楽を流しながらするのもおすすめです。

【超奇跡】喧嘩した恋人・友人と1時間以内に仲直りになれる驚愕の音楽!

【超奇跡】喧嘩した恋人・友人と1時間以内に仲直りになれる驚愕の音楽!

友達と仲直りするおまじないその2!

口に手を当てる女の子

言葉を使うおまじない

仲良くなりたい友達の事を思い浮かべます。

その友達を思い浮かべた時、感じる事をそのまま言葉にしてみてください。

「自分も悪かったかもしれないけど、あの言い方はひどい!あんなこと言われてとっても辛かった。あー、苦しい。もやもやしてる。」

などなど、気持ちをそのままひとりで会話しているように、言葉にしていきます。

思いついたこと、感じたことをどんどん言葉に出していきます。

そうしていくと、

「そういえば、昔もこんな思いしたことある気がする。小さいころ、お母さんに、自分は悪くないのに信じてもらえなかった事、悲しかったな。」

などと、昔を思い出してくることもあります。

どんなにささいな出来事でも、感情がわいてきたらひたすら言葉に出し続けていきましょう。

(※この場合は、誰にも聞かれない場所でひとりでやる事をおすすめします。)

友達と仲直りするおまじないその3!

淡い花とスケッチブックのイラスト

書き出して浄化するおまじない

先ほど紹介した言葉での浄化が出来ない場合や、声を出すよりも文章の方がやりやすい方におすすめです。

ノートなどの紙を用意して、言葉で浄化するおまじないのように、友達と仲直りしたいけど出来ない気持ちや、その時に感じた感情をひたすら言葉で書いていきます。

友達の悪口を書いても良いです。

でもその場合は、書いた後に心がスッキリと軽くなるかどうかを確かめてください。

心がスッキリする場合は、あなたの本音が出ているので、感情は解放されていきます。

心がスッキリしなかったり、よけいに悪い気分になる場合は、それはあなたの本音ではないという事です。

感情を浄化するには、自分の本音を見つけることが大切なので、見つかるまで書き続けてください。

本音を見つけるには、わいた感情をそのまま素直に書くことがポイントです。

友達と仲直りするおまじないその4!

万年筆とノート

手紙を書くおまじない

仲直りしたい友達に向けた手紙を書きます。

本人に渡すわけではないので、安心した気持ちで書きましょう。

  1. 最初は、文句を書きます。
    私はあなたのこういうところが嫌い、あの時の態度はひどかった!など、友達に言いたい事を書きます。文句が出なくなるまで書きます。
  2. 次に、さっき書いた文句を見て、その時私はとても傷ついた、心が痛かった、悲しく思った、寂しかったなど、自分の心が感じたことを書いていきます。これも、書くことがなくなるまで書き出します。
  3. 自分の気持ちを全部吐き出し終えたら、最後に、友達とどうなりたいのか、どういう関係でいたいのか、その友達といることでどういう感情を味わいたいのかを書き出します。
    例えば、友達とは仲良くしていたい。一緒に遊んで、楽しいことをしたい。一人で楽しむよりも、友達がいた方が楽しい、友達がいる幸せを感じたい、など。

まとめ

夜空に浮かぶ星で書かれたハート

最後に、4つのおまじないのポイントをまとめます。

どれも、無意識の領域に働きかけ、現実がより良くなる方法です。

ポイントは、“感情の浄化”。

感情の浄化をするには“本音を導き出すこと”です。

そのための方法が4つ。

  1. イメージを使う
  2. 言葉を使う
  3. 文字で書きだす
  4. 相手に伝える気持ちで手紙を書く

どの方法でも感情の浄化につながるので、自分でもできそうな方法、やりやすい好きな方法を試してください。

このおまじないにより感情の浄化が進むと、まずは自分の心がスッキリして体が軽くなったように感じます。

また、なぜだか分からないけど、涙が出てくることもあります。

涙も浄化にかかわってくるので、人目が気にならないところでたくさん流しましょう。

感情の浄化は、心という部屋にある、いらなくなったゴミを捨てるようなものです。

今まで我慢してきたことが多かったり、自分の意見があったけれど人の意見の方に合わせてきたような人ほどゴミが多くたまりがちです。

やっかいなのは、心の部屋にゴミが溜まっている事すら気付かない人が多くいる事です。

我慢、人に合わせる、人の目を気にするという事が当たり前になっていると、心に未消化の感情が溜まっていってしまいます。

これを機に、一気に心の大掃除をしましょう。

感情は、感じ切ると浄化します。

自分の本音、本心と向き合い、未消化の感情を発見して、感じ切ってあげてください。

そして、感情の浄化が進むと、「これがやりたい」「こうしたい」という気持ちがわいてきます。

(思考(脳)で思うのではなく、気持ち(心)で感じる。)

その感じた気持ちを、ぜひ行動に移してください。

本来は、心(気持ち)で感じたことを行動するために脳(思考)を使います。

でも、現代人は思考したことを実行するために、心を封じ込める傾向があります。

どうか、気持ち(心)を大事にしてください。

心で感じたことを行動に移すことを、“自分を大事にする”といいます。

このおまじないを通して、自分の気持ちを知り、自分を大事にして生きてください。

【こちらも読まれています】

仲直りのおまじないの呪文!友達と仲直りできる強力なおまじないは?
大好きな友達や彼氏とケンカしてしまうと、すごくつらいですよね。なんとか仲直りしたいっていう気持ちがあっても、うまく言い出せない・・・そんなとき、強力なおまじないがあれば…。ここでは、「仲直りしたいあの子(あの人)」と仲直りできるおまじないを紹介します。
友達との仲直りに手紙は効果ある?書き方は?返事が来なかったらどうする?
ちょっとしたすれ違い、または意地を張ったために大切な友達と喧嘩してしまい、仲直りする事もなく関係はそのまま…。何かあるとその友達の事をいつも思い出してしまう。どうしてもこのままでは嫌だ!でも、今さらどうしたらいいのか分からない…。

コメント