フランス旅行の持ち物は夏ならコレが必須!現地在住の筆者が教えるよ!

スポンサーリンク

夏だ!旅行だ!フランスだ!せっかくのフランス旅行ですから、思う存分楽しみたいですよね。

パリにリオンにマルセイユ…
あれを買って、これを買って…
これも見たいし、あれも見たい…

あなたの頭の中はきっとフランス旅行のことでいっぱいになっているでしょう。私も初めてフランスに来ることになった時はそうでしたから(笑)

夏のフランスはきれいですよ。特にオススメの季節です!詳しくはあとでお話ししますが、活気にあふれ、街が人が元気いっぱい。とてもフランスらしいフランスを見ることができますよ。

今回は、そんなフランス旅行を心待ちにしているあなたへ、フランス在住の筆者がフランス旅行の注意点をズバッと伝授!夏の持ち物から、夏のフランスの特徴、筆者のおすすめスポット、さらに旅行に使えるフランス語まで一気にご紹介します。

「忠告聞いておけばよかったよ、トホホ…」なんてことにならないように、しっかり注意点を抑えて、楽しい旅行にしましょうね。

フランス旅行の持ち物は夏ならコレが必須!水着は必要?

何はともあれ、まずは持ち物ですよね。どこに行くか、何をするかを考えるのはとても楽しいですが、しっかりと持ち物を揃えてからにしましょう。

フランスはかなり物価が高く、現地で忘れ物を調達するのは財布への大ダメージになりかねません。いかに日本の100円ショップがすごいか痛感させられますよ…

ここでは、特に夏のフランスに特化した持ち物をご紹介します。詳しい説明もまとめておくので、しっかりチェックしてくださいね。

1. 天候対策グッズ
2. 日用品
3. 街歩き用具
4. 携帯小物
5. クレジットカード

天候対策グッズ

• 帽子
• 日焼け止め
• サングラス
• 雨具
• 上着

夏の旅行ですので、しっかりと日光対策をしましょう。詳しくは次の項にまとめますが、日焼けしないためだけの理由ではありませんので、日焼けなんて気にしないよという方も絶対に持ち物に入れてください。

なお、日傘はフランスで使っている人がかなり少なく、目立つ上、人の多い観光地では邪魔になってしまうので、大きなツバの麦わら帽子やキャップなどを筆者はオススメします。

雨具はなくても大丈夫ですが、気になるという方は折り畳み傘をカバンにしのばせましょう。フランスはちょこちょこ短い雨が降ることがありますが、雨粒が日本より大きくなく、濡れたなというほどまで至りません。

雨具は全く使わないどころか持っていないフランス人もいるくらいなので、どうしても濡れたくない人だけ持っていきましょう。

上着は、夜遅く出かける予定がある方は、必ず持っていきましょう。日中街歩きをするので邪魔になりがちですが、夜になると冷え込むので、薄くて畳める軽量タイプのダウンジャケットが持ち運びにも便利でオススメです。

日用品

• シャンプー・リンス、ボディソープ
• 化粧水・乳液、メイク落とし、洗顔料
• シェーバー、シェービングクリーム
• 歯ブラシ・歯磨き粉
• 常備薬

こんなにたくさんどうして?と思われるかもしれませんが、宿泊施設によってはこういったアメニティがないところもあるようなので、念のため持って行った方がよいでしょう。特に化粧品関係は、宿泊施設においてあっても、日本人のお肌に合わないこともありますので、持っていくのが無難です。

常備薬は、痛み止め、胃薬、塗り薬、ばんそうこうをベースに、その他必要なものや、普段服用している薬は忘れずに持っていきましょう。

因みに、マスクはフランスではNGです。飛行機の中などはありかもしれませんが、フランスでつけていると、恐ろしい病気を持っている人なのかもしれない、と警戒されてしまいますよ。

街歩き用具

• 歩きやすいスニーカー、もしくはサンダル
• 肩がけバッグ
• エコバッグ

フランス観光に必要なのは、とにかく動きやすい服装とグッズです。石畳が多いので、スニーカー、もしくは夏だから汗で蒸れるという方は、自分に合ったヒールのないサンダルでもいいでしょう。

ヒール付きは絶対にやめてください。フランス人を見ているとよくわかりますが、おしゃれなイメージとは裏腹に、ピンヒールで歩いている人はほとんどいません。

石畳にひっかかると大変危険です。また、フランスは場所によって道路整備がきちんとされておらず、足場の悪い道や、舗装されていない道もあったりするので、間違ってもピンヒールは履かないでください。

高級レスランやカジノに出向く時は、ドレスコードがあるため、ヒールやドレスを着用することになりますが、街歩きのときは必ずヒールのない楽な靴にしましょう。

肩がけバッグは盗難防止用です。盗難防止が目的なので、チャックが背中側についているリュックサックや、脇の下に抱え込める小さめのハンドバッグなども有効です。

フランスはとても綺麗な街ですが、安全度は日本に劣ります。特に人が多い場所ではスリの危険性がぐっと上がりますので、十分注意してください。

財布携帯はかならずチャック付きのバッグの中に入れてくださいね。ズボンのポケット、上着のポケットの中では「取ってください」と言わんばかりの無防備さですよ。

最後にエコバッグについてですが、フランスでは基本レジ袋はありません。有料で購入することもできますが、持っていくのが無難でしょう。重いものを入れるかもしれないので、丈夫なものを常にバッグに潜ませておくのが吉です。

携帯小物

• コンセント変換器
• Wifiルーター

コンセントは日本のものと違うので、携帯充電用に必ず変換器を持っていきましょう。場所によってはUSBで直接充電できるところもありますが、念のためですね。ただし、変換器を持っていくからと言って、ドライヤーやヘアアイロンなどの熱製品はやめた方がいいです。

なぜなら、筆者が移住時に日本から持ってきたドライヤーを変換器を通して使ったところ、いつもの数倍の勢いでブオーーーッと熱風が吹き付け、変な焦げ臭いにおいがしてきたという恐ろしい経験があるからです。絶対にオススメできません(笑)

Wifiルーターに関してはあらかじめ日本でレンタルするのがよいでしょう。現地の空港でもレンタルできますが、日本語は通じないため、英語かフランス語になりますので借りる時点でのレベルが高いです。

さらに、空港よりもネットなどでレンタルする方がお安めなので、面倒でなければ、ネットで探した方がいいでしょう。

SIMフリーの携帯をもっていれば、現地でプリペイドのSIMを買うのがおそらく一番安いのですが、携帯会社によって、買う際に現地の銀行口座が必要だったりする場合があります。日本語はもちろん、英語もほぼ通じない可能性が高いので、フランス語に自信がある人だけオススメします。

クレジットカード

フランスは基本的にカード社会なので、クレジットカードを持っていくと、旅行がより楽になるでしょう。

デビットカードでもいいのですが、クレジットカードは海外旅行保険付きのものが多く、もしものときの強い味方になってくれます。即日発行可能の保険付きカードもあるので、持っていない人はぜひチェックしてみてください。

なお、フランスのお金事情をもっと知りたい方は、筆者のまとめたこちらの記事もあわせてご覧ください。

※最後に、水着を持って行こうか迷っている方へ。ズバリ水着はいりません。フランスの観光主要都市は海から離れているので、そもそも泳ぐ機会がありません(笑)海辺に行く人や、友達とプールの予定がある人以外はいらないのでご安心ください。

フランスの夏はどんな季節?地方によって温度差は?

フランスの天候

夏のフランスはとにかく暑い!

あれ?フランスって日本より涼しいんじゃないの?と思われた方もいると思います。温度自体はたしかに日本よりは低めです。湿度もそこまで高くありませんので、体感温度は日本よりかなり低いと言えるでしょう。

しかしながら、なんとフランスには基本的にクーラーがないのです!大きなデパートなどはクーラーがあるところもありますが、フランスは小さなお店が軒を連ねるような、日本でいう商店街スタイルが多く、小さなお店にはクーラーがないことがほとんどです。

カフェバーやレストランもクーラーがないところが多く、汗だくでご飯やお酒を楽しむこともしばしば…逃げ場がない分、日本より暑いと思うのは筆者だけではないはずです。

さらに、フランスの夏は日が長く、ピークは23時、24時近くまで明るいこともあります。驚きですよね!筆者は移住から今でも、夏の夜は明るすぎて眠れない毎日を過ごしています。体がまだ夕方くらいだと勘違いするんですね。

しかし、それが一転、日が落ちると急激に寒くなるのがフランス式。湿度が高くないので、温度をとどめておくものがなく、日の暖かさがなくなると急に冷えてしまうのです。それが証拠に日中でも日陰は少し肌寒いくらいなんですよ。

以前、真夏の音楽イベントに参加した際は、夜中寒くて寒くて、上着を持って行かなかったことを本気で後悔しました。手足がかじかんで、イベントどころではありませんでしたよ(笑)

ですから、前項でも書いた通り、夜出かける人は絶対に上着を忘れないでくださいね!

夏のフランス人たち

夏のフランスは先程書いた通り、とにかく暑いです。週末になると、フランス人たちはよくカフェ・バーなどでお昼からお茶やお酒を楽しみますが、夏はお店の中にクーラーがないため、少しでも涼しくなろうと風を求めて、街は簡易的なテラス席であふれかえります。

こっちでガヤガヤ、あっちでガヤガヤ

お昼からワイン片手にワイワイしている姿を見ると、さすがフランス人と言いたくなりますね。夏はとくに日も長く、気持ちのいい天気が続くので、人々の表情もイキイキします。フランスのお姉様方はカラフルな洋服に身をつつみ、街全体が活気に満ちます。

フランス人が一番フランス人らしくイキイキしている夏が筆者は大好きです!

地方による温度差

フランスは大きな国ですから、やはり地方によって温度差もそれなりにあります。±5度くらいはありますね。南フランスは30度を超える日も多いので、熱中症に注意ですよ。

パリなどがある、北フランスはそこまで温度が上がらないとされていますが、近年は異常気象の影響か、30度を超える日もしばしば…

クーラーがないのは、そもそも必要がないほど涼しいから、という理由だったそうですが、近年の傾向にその考えはもうついていかないようです。北フランスでさえ、とても暑く、クーラーなしでは寝苦しい夜が続きます。

一方、南フランスは気候が暖かい分、人柄も北側よりオープンでラテン系の気質があると言われています。フランスのすぐ下はスペインなので、その影響もあるのかもしれませんね。

夏のフランス旅行ならココがおすすめ!在住者がこっそり教えるスポット!

さて、ここで筆者の「夏のフランスおすすめスポット」をご紹介します。ここでは王道のベルサイユ宮殿やルーヴル美術館、シャンゼリゼ通りに凱旋門と言った有名スポットではなく、筆者がフランスに来て実際に暮らす中で、綺麗だな・素敵だな、ぜひもっと多くの人に知ってもらいたい、というスポットをご紹介します。

綺麗な街並みと川

まず見ていただきたいのは、なんと言ってもその街並みそのものです。フランスの建物ってどこをどう切り取っても可愛らしいですよね。カラフルだったり、レンガ作りでオシャレだったり、石造りのシックなおうちもあります。

フランスのおうちは、特に人が多くすむ都心になると、家の境がなく、一列につながっている場合がほとんどです。黄色い家のすぐ横に垣根もなしに青い家がそのまま続いているなんてこともしばしば。

ふつうに見ていても飽きないフランスの街並みですが、筆者は特に「川沿い」の散策を強くオススメします。

なぜかと言うと、川沿いのおうちは特に綺麗だからです!ずいぶんシンプルな理由ですが、なぜかはわかりません。噂によると、川沿いはお家賃が高めで、その分綺麗な家が多いとか少ないとか…

何はともあれ、歩いているときは近すぎてよく見えないおうちも、川の向こう岸なら上の方まできちんと見えますし、カラフルなおうちが軒を連ねる様子をしっかりカメラにおさめることができますよ。

さらに、フランス人はお花が大好き!街中のベランダや窓の出っ張りには、カラフルなお花の鉢植えをかざる家がたくさんあります。これを見ているだけでも気分が上がりますね。

日本のお花文化って桜に始まり、バラ園やラベンダー畑など基本一色なんですよね。
フランスではどうかというと、背の低いカラフルなお花が一般的なんです。

色は黄色やオレンジ、赤の暖色系から、紫や白などもあります。統一をよしとする日本人には中々ない美的センスと言いますか、日本ではあまり見かけないからこそ惹かれるものがありますね。

マルシェ

あなたがイメージするフランスのお買い物風景といえば、どんなものですか?外にたくさん出店があって、フルーツとか野菜が山積みされている…そんな風景ではないでしょうか?

それは実はマルシェと呼ばれる土曜市場、日曜市場のことなんですね。フランス人の多くは、私たちと同様、普通のスーパーで買い物をしますが、時には新鮮な野菜や果物、乳製品やハム、自家製オリーブなんかを求めてマルシェへ繰り出します。

マルシェは基本的に地元の農家・酪農家、蜂養家などが集まるローカルフードイベントです。ここでは、しぼりたて牛乳や、今朝取れた卵、シーフードやチーズ、自家製ジャム、自家製オリーブなど新鮮で多種多様なローカルフードが集まります。

基本的には毎週土曜日に行われているところが多いのですが、場所によって平日や日曜日のところもあるようです。そのほとんどが午前中のみですので、行く時間には十分注意してください。

大きい市場は活気に満ちていて、呼び込みやお客さんの注文の声が飛び交います。試食ができるところも多いので、初めての食べ物でも安心して買うことができますね。

筆者が最初に行った時の印象は「上野のアメ横」でした。あの独特のドスのきいた声は流石にありませんでしたが、雰囲気は似ていると思います。この機にフランス版アメ横に訪れてみてはいかがですか?

お買い物はスーパーと薬局

せっかくフランスに来たのに、お買い物はスーパーと薬局ってどういうこと?と思われるかもしれませんが、フランスのスーパーと薬局は本当になんでも揃っていて、何と言ってもリーズナブル。

まず、スーパーですが、フランスの有名どころは以下の通り。

• Auchan
• Géant Casino
• Intermarché
• Carrefour
• Cora
• E.Leclerc
• Match

ここでは一般的な食料品はもちろん、憧れのフランススイーツからコスメ(ハイブランド除く)や小物まで手に入っちゃいます。

筆者が試して本当に美味しいと思ったもの、いいと思ったものだけを集めた、スーパーで手に入るものおすすめリストです。普通のスーパーなのでお値段もリーズナブルですよ。

• チーズ
• ハム
• パテ・ド・カンパーニュ
• ケーキ
• お土産用ぽい缶のクッキー
• カントリーマアム風の見た目のクッキー
• チョコレート(Kinder Bueno)
• ベーコン味のクラッカー(TUC BACON)
• ベイクドポテトチップス(Lay’s Oven Baked)
• スナック菓子(Benenuts BUGLES 3Dと Vico MONSTER MUNCH)
• ソースセット(タルタル、アメリカン、カクテル、アンダルーズなど多種多様)
• ディジョンマスタード
• ワイン
• シードル(りんごのお酒、他のフルーツとのMIXはお酒が苦手でも飲みやすい)
• プチプラコスメ(リンメル、レブロン、ロレアル、NYXなど)
• ボディソープや石鹸、ハンドソープなど(すごく香りがいいです)
• マッサージオイル(香りもさることながら値段がGOOD)
• 小物(色々ありすぎてかけませんので実際に行って見てみてください)

続いては薬局(Parapharmacie)についてです。フランスのお姉様方の保湿からベースメイクは、ほぼ全て薬局商品と言っても過言ではないほど、みなさま薬局商品愛用しています。

一度は聞いたことあるような名前、アベンヌやラ・ロッシュ・ポゼ、コーダリー、ニュクス、ヴェレダなど、これ全部薬局で買えるんですね。ベースメイクにお困りの方は、ぜひこの機会にフランス薬局コスメを試してみてくださいね。

ちなみに筆者は、なんだかんだニベアのソフトクリームに落ち着きました(笑)かなりの大容量なのに8ユーロくらいでお安めにもかかわらず、保湿してる感あるのにすべすべで、ペタペタしない感触がハマりましたね。ニベアソフトはスーパーで買えるので気になる方は試してみてください。

フランス人とコミュニケーションをしよう!旅が楽しくなるフランス語とは?

こちらではフランス人は英語通じるの?という話題から、フランス人の気質、旅行で使える一言フランス語をいくつかご紹介しようと思います。

英語は通じる?

まず、英語についてですが、正直あまり通じません(笑)

フランス人にとって、フランス語はこの世で最も美しい言語なので、英語なんていう言葉は二の次もいいところなんですね。

また、歴史的にもイギリスと再三交戦してきたということもあってか、他の言葉は良くても英語だけはちょっとね…という人もいるので、どうしても困ったとき以外は英語は話さないのが吉ですよ。

逆に、フランス語に興味あります、フランス語って美しいですよね、という話をすると大抵喜んでもらえるので、積極的に言っていきましょう。

ちなみに、フランスのテレビはほぼ100%吹き替え版です。映画やドラマ、他の国のテレビ放送、全てフランス語吹き替えです。字幕はありません。

そもそもこのように、子供の頃から英語を聞かない環境ですから、英語ができると言われるヨーロッパの中でも、話せない人が多いのは仕方ないのかもしれませんね。

フランス人の気質

フランス人は少しツンツンしているように見えたりもしますが、実はおもてなし精神が強く、「我が美しきフランス」を知ろうとする観光客には、とても親切でやさしいです(笑)私は観光客です、というアピールをすれば、きっと助けてくれますよ。

そして、先ほど少し書いた通り、フランス人とうまくコミュニケーションをとるには、フランス語のことを褒め称えるのが第一のステップでしょう。

フランス人は、愛国心が強く、自分の国の文化や街並み、言語に誇りを持っています。ノートルダムが火事になった悲しい事件から一変、あれよあれよと言う間に集まった寄付金の早さがその証拠です。

ぜひこう言ったポイントを褒めてあげましょう。どれだけフランス語が話せなくても、悪いようにはされないはずですよ。

しかしながら、少し残念なポイントとして、フランス人にとってのアジア人はみんな同じに見えているということがあります。人口からして、アジア人は基本的に全て中国人だと思われています。

筆者は以前スーパーに行った際、店員さんに笑顔で「ニーハオ!」と言われました。こちらを想って言ってくれたんだなと分かる親切さだったので、笑顔で切り抜けましたが、複雑ですよね(笑)

その頃は到着から間もない頃で、フランス語が話せず、「日本人です」と言いだせませんでした。しかし、話せるようになり、日本人と伝えることができると、なんと相手のテンションは一気に底上げ。

フランス人、どうやら日本人好きみたいです。よかったですね、筆者も嬉しいです。訪れる地域にもよりますが、日本人はフランスにいるアジア人の中でも割とレアなようで、日本人と分かると喜ぶフランス人も多いです。

一番多いのはやはり、「寿司好き=日本好き」のような人ですが、アニメ好きという人も意外に多く、フランスでこんなコアな日本語が聞けるなんて…ということもあります。

余談ですが、私のパートナー(ベルギー人)は車のアクセルを踏む時に、「いけーーー!」と叫んでいます。ネイティブの私の方がびっくりです(笑)

コニチワ!アリガトゴザマス!

これはよく耳にしますね。笑顔で「ありがとうございます」と返すと大変喜ばれるので、ぜひやってみてください。

旅行で役立つフランス語(ビデオ付き)

まずは挨拶です。フランス語に「おはよう」はなく、「こんにちは」か「こんばんは」のみです。お店に入った時や、バスに乗る時には必ず挨拶してください。

そして、お会計後して帰る時は「さようなら」もしくは「ありがとうございます」を忘れないでください。

お客様としての最低限のマナーです。日本のコンビニみたいに無口で入って、お会計なんてダメですよ。

その他まず覚えたいフレーズをピックアップしましたのでそちらもあわせてご覧ください。発音は筆者の経験から、日本人でも通じやすいカタカナをふってみました。参考にしてみてください。

Bonjour! (こんにちは)ボンジュー
Bonsoir!(こんばんは)ボンソワー
Au revoir!(さようなら)オ・フヴォワー
Merci beaucoup!(ありがとうございます)メッスィ・ボク
Pardon(ぶつかったときのすみません)パードン
Comment?(聞き取れなかった時の、え?)コモン?
Je suis japonais(e) (私は日本人です)ジュ・スイ・ジャポネ♂ ジャポネーズ♀
J’aime la France(私はフランスが好きです)ジェム・ラ・フハンス
Je ne comprends pas (わかりません)ジュ・ヌ・コンポン・パ
Je ne comprends pas le français(フランス語がわかりません)ジュ・ヌ・コンポン・パ・ル・フォンセ

次は依頼の表現と、注文をする時に使える言葉、道を聞くときに使える言葉をご紹介します。フランスは量り売りが基本ですから、数の表現もまとめておきます。

S’il vous plait. (お願いします)スィル・ヴ・プレ
Ça et ça et…(これとこれと…)サ・エ・サ・エ…
Euro(ユーロ)ウーホ
Un, deux, trois, quatre, cinq(1,2,3,4,5)アン、ドゥ、トホワ、キャットフ、サンク
six, sept, huit, neuf, dix(6,7,8,9,10)スィス、セットゥ、ウィットゥ、ヌフ、ディス
Vingt, trente, quarante(20,30,40,)ヴァン、トホーントゥ、キャホーントゥ
cinquante, soixante(50,60)サンコントゥ、スワソントゥ
Soixante-dix(70)スワソントゥディス
Quatre-vingt(80)キャットフヴァン
Quatre-vingt-dix(90)キャットフヴァンディス
Cent, deux cent, trois cent…(100,200,300)ソン、ドゥソン、トホワソン…
Gramme(グラム)グハム
Kilo(キログラム)キロ
Centimètre(センチ)ソンティメートフ
Mètre(メートル)メートフ
Excusez-moi(すみません)エクスキュゼモワ
Pour aller à ◯◯ (◯◯に行きたいのですが)プーフ・アレ・ア
Je cherche ◯◯(◯◯を探しています)ジュ・シェーシュ
Tout droit(まっすぐ)トゥ・ドホワ
A droite(右へ)ア・ドホワットゥ
A gauche(左へ)ア・ゴーシュ
Premier(1番目の)プフミエー
Deuxième(2番目の)ドゥズィエム
Troixième(3番目の)トホワズィエム

最後に、トラブル時のフランス語を紹介します。

J’ai un problème(問題があります、困っています)ジェ・アン・プホブレム
Je voudrais l’échanger(これを交換したいのですが)ジュ・ヴドヘ・レッションジェ
La taille n’est pas bonne(サイズがよくありません)ラ・タイユ・ネ・パ・ボン
C’est cassé(壊れています)セ・カッセ
La monnaie n’est pas bonne(おつりがよくありません、違う)ラ・モネ・ネ・パ・ボン
Le prix n’est pas correct(価格が間違っています)ル・プヒ・ネ・パ・コヘクトゥ

いかがだったでしょうか?フランスでは表示価格とレジで打った時の価格が違った、なんてことは日常茶飯事なので、価格が間違っている場合はきちんと指摘してくださいね。

正しい発音やもっと深く知りたい方は、こちらの動画をご覧ください。フランス人女性が日本語で旅のフランス語を教えてくれます。全10回のシリーズなので、出発10日前から練習なんていうのもオススメですよ。

旅のフランス語・基本表現1回目:挨拶の表現

旅のフランス語・基本表現1回目:挨拶の表現

ちなみに画像は「フランス語話せますか?」という意味です。

まとめ

1. 持ち物は大きく分けて5つ
• 天候対策グッズ
• 日用品
• 街歩き用具
• 携帯小物
• クレジットカード
2. フランスの夏は暑いけど活気があっていい季節
3. おすすめスポットは川沿い、マルシェ、スーパー・薬局
4. 英語はあまり通じないが、おもてなし精神旺盛なフランス人
5. フランス人は日本人が好き

ここまで色々お話ししてきましたが、あなたがフランス旅行を楽しめることが一番大事なことです。私の経験談や情報が、ほんの少しでもその楽しみに貢献できたらな、と思います。

現場からは以上です!

コメント