フランス旅行に現金はいくら持っていく?在住者が教えるお金事情!

スポンサーリンク

今度の休みはフランス旅行だー!
気分はウキウキ!どこに行こうか、何をしようか迷い中!

憧れのフランス旅行を前に、あなたの気分は最高潮。楽しみで仕方がないですよね。

でも、フランスのお金事情ってどうなの?
カード社会って聞いたけど現金は必要?
交通費やレストラン代はいくらぐらい見ておけばいいんだろう?

今回はそんなお悩みをお持ちのあなたに、フランス在住の筆者がフランスのお金事情をご紹介します。現金は必要かどうかといったお話から、交通費やレストラン、イベントの相場、日本と比べた物価と、治安にトラブルフランス語までドドンと教えちゃいますよ!

「ええ!これってこんなに高いの!?思ってたのと違う…」
なんてことにならないように、行く前の予備知識として、お金の問題はきちんとしておきましょうね!

フランス旅行に現金はいくら持っていくと安心?

現金は必要?

先に結論を言うと、―はい、必要です。

海外でも使えるクレジットカードを持っているなら、することに・行くところによってですが仮に1週間の旅行で「€200-€300」ほど持っていると良いでしょう。

クレジットカードを持っていない場合は、1日あたり少なくとも「€100」くらいは持っておきたいですね。しかし、あとの項でご紹介しますが、キャッシュで大金を持つのはあまりおすすできないので、即日発行可能なカードやデビットカードなどを事前に作ることをオススメします。

因みにTC(トラベラーズチェック)は使う人がとても少なく、使えないところもありますので、おすすめはしません。筆者はTCを使ったことがありませんが、カードと現金のみで、問題なく生きていけてるので大丈夫です!(笑)

フランスではセントとユーロという通貨を使っていて、
セントは、全て金色の硬貨で、€1, €2, €5, €10, €20, €50という6種類。
ユーロは、€1,2が金色に銀の縁取りがある硬貨と、€5, €10, €20, €50, €100, €200, €500という7種類のお札があります。

そして、換金もしくは現地ATMで引き出しをして、ユーロを得る際の注意点として、もし可能であれば下記のように換金しましょう。なぜかはあとで詳しく説明します。

• €200の場合
€50札×3枚
€10札×5枚
• €300の場合
€50札×5枚
€10札×5枚

現金を使うポイント

基本的にはあなたの想像通り、フランスはカード社会です。ほとんどのホテル代やお買い物などはカードでOKと考えて大丈夫です。

しかし、そんなカード社会と言われるフランスでも、現金が必要な場面がいくつかあるので、筆者の目線からまとめてみたいと思います。

交通費

こちらは主にバスです。電車やタクシーはカードが使えることがほとんどなので、心配いらないでしょう。ただし、バスは場所によりけりですが一回€2前後で、現金払いが基本です。€10を超えるお釣りは出せないからと乗車を断られる場合がありますので、注意してください。

ちなみに、バスはスイカのような電子マネーチケットを初回のみ購入して、その後はそれを使うことになっています。金額チャージシステムではなく、乗車回数を1回から10回まででチャージします。

10回券は割引があることがほとんどなので、バスを利用する機会が多そうなら、10回券もしくは、1日券を購入しましょう。

観光地入場料

こちらは本当に場所によりけりです。大きな観光地であれば、基本はカードが使えますが、少しマイナーなところは現金のみというところも多いようですので、気になる方は事前に確認してみましょう。

個人経営の小さなお店

こちらは基本的にはカードが使えるお店がほとんどですが、本当に小さなおみせなどでは現金のみというところもあります。そして、特に注意が必要なのは、€10以下など少ない金額だとカード決済を断られてしまう場合がかなりあるということ。

小さいものをちょこちょこ買うという方は、現金を忘れず持って行ってください。また、こう行ったお店では、大きな紙幣はおつりがないとのことで断られてしまう場合があります。稀ですが、€50札でさえ断るところもあるので、お札は小さい金額に早めに崩しておくのが吉です。

イベント

イベント等に行こうと思っている方は必見ですが、基本的にカードは使えないので注意してください。土曜マルシェや、クリスマスのマルシェドノエル、音楽イベントやその他お祭りなどの出店では、現金払いのみが主です。

また、イベントでは飲食物やお土産がふだんの数倍の価格になりますので、イベントに行かれる方は最低「€50」、しっかり楽しみたい方は「€100」は持っていくと良いでしょう。

以下は例です。入場券(€30-50)があるところは、中の飲食物が€2, 3ほど安い印象ですが、チケット制などで、まとめて5-10枚などを買わなければいけない場合もあるので、やはり現金は多めに持っておいた方がいいですね。

飲み物 €7, 8
食べ物 €7-10
お土産 €30-100
乗り物 €10-15

フランスの2019年の物価は?

交通費

前項でも少し書きましたが、バスは€2前後で、電子マネーカードを初回のみ購入して、乗車回数分を1回-10回でチャージするシステムです。1日乗車券もありますので、用途に合わせて購入しましょう。

電車は主に地下鉄と普通電車、フランス版新幹線のTGVと呼ばれるものがあります。値段は日本の2倍程度と考えていいでしょう。

車はタクシーかユーバー、もしくはブラブラカーというシステムがあります。タクシーとユーバーはご存知の通りですが、やはりこちらも日本の1.5倍から2倍ほどは高いですね。

そしてブラブラカーというシステムですが、こちらは一般の人が、いついつに◯◯から△△まで行きますので相乗り希望者がいれば連れて行きますよ、というもの。指定の場所での降乗車はできず、あくまでも相手の指定した場所で乗り降りすることになります。

こちらは一般の人がおこずかい稼ぎ程度にやっているものなので他の交通機関と比べて、かなり安いです。しかし、乗り降りの場所の問題と、あくまで一般人であって、会社を通しているわけではないので、女性の一人旅などには安全面で心配ではあります。

ちなみに筆者のお友達(フランス人女性)は全く気にせず利用しています(笑)あまり気にならない方、予算を抑えたい方は自己責任にはなりますが、利用して見るのもありだと思います。利用する際はドライバーごとのレビューが見れるので、しっかり確認してくださいね。

ホテル

日本から行く場合はホテルを取ってから行くと思うので、もう価格はなんとなくご存知かと思いますが、ホテル代は観光地とあってかなりお高め

連泊ならもうすこし値段は下がりますが、基本は1泊€100をきるホテルはありません。あったとしたら、あまりクオリティは期待できないでしょう…

日本では最低価格のホテルでも割と綺麗ですが、フランスの最低価格は本当に最低なりの理由があるようなホテルになるので、よくレビューなどをみてから決めましょう。

ちなみに、やはり値段は抑えたい、という方はシェアハウスなどを借りるのもありですよ。個人スペースはほとんどないため、窮屈かもしれませんが、1週間の旅行ならば我慢できるのでは?

レストラン

フランスのレストランはなんといっても高い!

やっぱりフランスに行ったら、おいしいフレンチ!なんて考えていませんか?もちろん、本場フランスなので、素晴らしいお料理を頂けますが、値段も素晴らしいんです…

フランスでは日本のような外食文化はありません。日本では仕事の昼休みはレストランで食べるという方多いですよね。フランスのお昼休みは持参か、スーパー・パン屋などで買って、オフィスや公園で食べるのがふつうです。

つまり、フランス人にとってレストランは常にちょっと特別なところであり、平日のお昼に行けるような価格帯とは遠く離れている場所なんです。

平日ランチは通常、€15-20は軽くします。安いところで€10のランチセットというところもありますが、観光地となればそれも難しいでしょう。

ディナーは€20-30が通常料金で、上には上が、見えない高さまで存在します。3つ星の高級レストランなんかだと日本では考えられないような、目が飛び出る価格が平気で書いてあるので、心して行ってみてください(笑)

因みにフランスは基本カード払いなので、チップの文化はありません。現金払いでもチップを置いておく必要はないですよ。そもそもの料理が高いので、チップは含まれているということですね。

カフェ

フランスでは日本でいうカフェっぽいカフェはあまりありません。基本的にはカフェ・バーというスタイルで、店内が少し暗めで、場所によっては朝から深夜までやっています。昼間からお酒が飲めるので、週末はとくに昼間からワイン片手に楽しく友達と語らうフランス人たちをよく見かけます。

お値段はレストランほど高くはありませんが、コーヒーやソフトドリンクで€3前後、アルコール類は€5前後のものから€10に至るものまであります。カフェ・バーなので€20-30ほどのボトルワインもばっちり用意してありますよ。さすがフランスですね(笑)

筆者オススメはPaulというチェーンのパン屋さんです。場所によってはカフェスペースがついている店舗もあります。ここはパン屋さんにしては少しお高めなのですが、とっても美味しく、レストランよりは遥かに安いので、かなりオススメです。

フランスのサンドイッチといえば、食パンではなく、バゲットに挟んであるのが普通なのですが、Paulのサンドイッチはそのバゲットからしてとっても美味しいです。クロワッサンもサックサクで思わずもう一個と言ってしまう食感ですよ。

フランスっ子にも人気で、どこにでもあるチェーン店なので、見つけたら是非試してみてくださいね!

観光地

さあここまできたらなんとなく想像がつきますよね。美術館やお城・宮殿などの観光地も、もちろん…高い!

パリに行かれる方が多いと思うので、ざっと有名な観光地の入場料をまとめますね。

ルーヴル美術館 €17
エッフェル塔頂上 €25.50
オルセー美術館 €14
凱旋門 €12
ヴェルサイユ宮殿 €18

他にもたくさんの観光地がありますので、行きたいところが見つかったら、事前に調べておきましょう。日本語で検索可能だとは思いますが、見つからない場合は「観光地の名前 tarif」で検索すると出ますよ。「Tarif=料金」です。

フランス旅行中現金の持ち歩きは危険?治安はどうなの?

よく聞かれる質問ですが、答えはズバリ「金額関係なしに危ない」が正しいです。

フランスは観光地でのスリが結構います。何もせずにただあたりをウロウロ、キョロキョロしている人なんかもたまに見かけますが、おそらく誰かのスキを狙ってるんでしょうね。

筆者は今まで一度もスリにあったことはありませんが、人が多い場所に行く際は絶対に気をつけていることが、いくつかあるので、これは最低限必ず守ってください。

1. 携帯・財布はポケットに入れない
2. 体に密着するタイプのバッグを使う
3. 貴重品はチャックがあるところ、特に奥にしまい込む
4. 人混みではバッグは目の届くところに、背中はダメ
5. 人混みでは周りを警戒、引っ張られても大丈夫なようにしておく

以上5つは必ず、必ず守ってください。

日本では自転車のカゴに荷物置きっぱなしでお買い物なんてこともありますが、絶対にダメですよ!注意にそれまた注意を払って、盗難やトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

トラブルといえば、余談ですがよくある間違いとして、表示金額とレジでの金額が違うということはよくありますね。間違いなので大問題というわけではありません。言えば何事もなくに表示金額に訂正してもらえます。

ただし、しっかりチェックしておかないと、€5のセール品に€20払っちゃうことなんてざらですよ。次項でトラブル時のフランス語も紹介しているので、自分が損しないように、最低限金額が違うことは伝えられるようになりましょうね。

フランス旅行中にお金に関するトラブルに使えるフランス語!

さて、最後にお金に関して使えるフランス語をここで紹介したいと思います。挨拶や道案内などの旅の日常会話フランス語は、筆者の執筆した「夏のフランス編」もしくは「冬のフランス編」をご覧ください。

夏にフランスに行かれる方はぜひ、筆者のまとめた、夏のフランス編もご覧になってみてください!土曜マルシェのこともかいてありますよ。

冬のフランス編はこちら。マルシェドノエルについてもこちらで紹介しています!

Pour aller à ◯◯(◯◯に行きたいのですが)プーフ・アレ・ア
Aller simple(片道)アレ・サーンプル
Aller-retour(往復)アレ・ルトゥー
1 ticket (1回券)アン・ティケ
10 tickets(10回券)ディ・ティケ
Ticket pour une jounée(1日券)ティケ・プー・ウヌ・ジュフネ
S’il vous plait(お願いします)スィル・ヴ・プレ
C’est combien?(いくらですか?)セ・コンビアン?
La monnaie n’est pas bonne(お釣りが違います)ラ・モネ・ネ・パ・ボン
Le prix n’est pas bon(金額が違います)ル・プリ・ネ・パ・ボン
Je voudrais l’échanger(交換したいのですが)ジュ・ヴドヘ・レッションジェ
C’est cassé(壊れています)セ・カッセ
La taille n’est pas bonne(サイズがよくありません)ラ・タイユ・ネ・パ・ボン

ここまでいくつかお金に関するフランス語をご紹介をご紹介しましたが、実際にスリにあってしまったなど、警察沙汰のトラブルがあった時は迷わず、日本の警察で構わないので、電話してください。クレジットカードも一緒に盗まれた場合はカード会社にも連絡。

電話する際は国際電話になるのでお値段が気になりますよね。特に、事情を説明してたりなんかするとすぐに料金が上がってしまいます。

筆者も日本にときたま電話する機会がありますが、その時はスカイプ電話というサービスでかなりお安く電話料金を抑えています。スカイプ電話は事前にスカイプに金額をチャージしておくことで、通常の電話番号に格安でかけることができるサービスです。

トラブルに陥ってからでは遅いので、出国する前に登録しておくことをおすすめします。初期設定だと相手方への表示番号が非通知になってしまうので、お手持ちの携帯の番号が表示されるようにあらかじめ設定しておくといいでしょう。

まとめ

1. 現金は€200-€300
2. イベント毎に€100
3. 基本物価は日本の2倍以上
4. 人混みではスリに注意
5. 金額間違いに注意

ここまでフランスのお金事情をお話ししてきましたが、総合的にフランスはお金のかかる国といって間違いないでしょう。その分カードを持っていない人は特に、大金を持っていくことになるかもしませんが、くれぐれもスリや盗難に気をつけてくださいね。

せっかくのフランス旅行ですから、注意すべきところをしっかり守った上で、後悔しないようにたくさん楽しんでください!この旅があなたにとっていい思い出になりますように…

現場からは以上です!

コメント