フランス旅行の持ち物冬ならコレが必須!現地在住の筆者が教えるよ!

スポンサーリンク

憧れの国フランス…
オシャレの代名詞とも言えるフランス…

想像するだけで胸が踊ってしまいますよね。冬のフランスはイベント盛りだくさんで、とっても楽しいですよ。筆者のオススメはなんと言ってもマルシェ・ド・ノエル!

クリスマスは、フランス人にはとっても大事なイベントなんですね。とっても大事だからこそ祝い方も盛大ですよ!

今回は、冬のフランス旅行を考えている、もしくはもう航空券もバッチリとったよ、というそこのあなたに、フランス在住の筆者が冬のフランスのアレコレをまとめてお届けします!冬だからこその持ち物から、冬のフランスの特徴、筆者のおすすめスポットをご紹介に加え、旅で役立つフランス語までお話ししちゃいます。

「冬のフランスって思ってたのと違う…」
なんて後悔をしないように、守るべき注意点と前知識をしっかりおさえて、楽しい旅にしましょうね!

夏に行かれる予定の方は、筆者がまとめた夏のフランス編をご覧ください。

フランス旅行の持ち物は冬ならコレが必須!

まずは何と言っても持ち物です。行ってみたらなくて結構困ったというものを揃えましたので、ぜひ持っていってください!

1. 防寒グッズ
2. 日用品
3. 携帯小物
4. 街歩きグッズ
5. クレジットカード

防寒グッズ

• 厚手のコート
• ニット帽
• マフラー
• 耳あて
• 手袋
• ホッカイロ

これ、今回の持ち物の中で1番大事といっても過言ではありません。もちろん行くところにもよりますが、1番の人気都市、パリはかなり寒いです。

特に、観光で行くなら外にいる時間がかなり長くなるはずなので、「完全防寒」でお願いします。カジュアルなデザインのものならスキー用でも構わないです(笑)

スキー用でなくても、フードが付いているとなお良しですね。持っていない方はニット帽を持って行ってください。これは何かと言うと、雨や雪対策です。フランスでは傘をささなくてもいいような小雨、小雪はよく降ります。必ずどちらかは持っていきましょう。

耳あてはごくシンプルなものにしてください。キャラクターものなどは不自然な目で見られるのでやめたほうがいいですよ。持ってなければ100円ショップで調達しましょう。意外に、耳が寒いだけでも全身寒い気がするんです。

日用品

• バスグッズ
• 化粧品
• 常備薬

バスグッズは泊まるホテルなどのランクによりけりですが、アメニティが全くないホテルもあるので、念のため持っていくのをおすすめします。シャンプー、リンス、ボディソープを始め、他に普段使っているものがあれば忘れずに持っていきましょう。

機内持ち込みはごく少量しかできないので、1週間など滞在されるような予定なら普通の市販サイズを預入荷物に入れておくのが吉です。

常備薬は、胃薬や頭痛薬に加えて、絆創膏なども入れておくといいですね。その他服用している薬があれば必ず持っていきましょう。

携帯小物

• 変換器
• WiFiルーター

変換器は、主に携帯を充電するためなどのコンセントを2つ縦穴の日本式から、3つ穴のフランス式に変えるものです。ホテルには置いてない場合があり、現地で買うととっても高いので、日本で買っておくことを強くオススメします。

フランスにはあまりWiFiがありません。地下鉄などだとあるところもありますが、電車が動き始めると通信が途絶えるため、おすすめできません。

そのため、WiFiルーターを持っていくことをおすすめしますが、これは空港で直接借りるよりもインターネットで事前予約、自宅受け取りか、空港受け取りを手配するとかなり安く上がります。

SIMフリーの携帯をお持ちなら、現地でSIMだけ買うという選択肢もありますが、SIMは携帯会社で買わなければならず、高度なフランス語技術が要求されるのでおすすめはしません。家電良品店で買うだけの日本がどれだけ楽なことか…(笑)

街歩きグッズ

• 履き慣れた靴
• 体に密着するバッグ
• エコバッグ

靴は、観光でたくさん歩き回ることになるので、スニーカーなどの歩きやすい靴にしましょう。フランスは石畳が多いので、ピンヒールなんかで歩くのはとっても危険です。

また、季節が冬なので、歩きやすいものであれば防寒も合わせてブーツでもいいですね。筆者は寒いのが嫌いなので、去年の冬はほぼずっとブーツ暮らしでした。足元があったかいと体感温度が全然違うので、スニーカーなら厚手の靴下なども忘れずに履きたいですね。

そして靴についてもう一点、かならず防水のものにしてください。雨などで濡れてグショグショになってしまった靴はもうダメです。寒さで足の感覚が麻痺して、観光どころではなくなりますよ。

体に密着するバッグというのは、盗難防止用です。常に体から離さない、目を離さない。とくに人混みではスリに会う危険もぐっと上がるので、かならず気をつけてほしいポイントです。

エコバッグですが、こちらは補足です。フランスでは基本的にレジ袋は有料で、みんなエコバッグを持っているのがふつうです。持ち歩きするなら、盗難防止にチャックがある、丈夫なものがいいですね。

クレジットカード

フランスはカード社会と呼ばれていて、ほとんどの決済をクレジットカードもしくはデビットカードで行うことができます。イベントなどでは現金しか使えないことがほとんどですが、その他宿泊費やお買い物はカード払いがメインになるため、1枚は持っていきたいところです。

とくに、クレジットカードは海外保険付きのものもあるので、まだ作ったことないという方は即日発行の海外保険付きクレカをこの機に作って見るのもいいと思います。

フランスのお金事情についてもっと知りたい方は、筆者のまとめたお金事情編をご覧ください。

フランスの冬はどんな季節?雪は降る?

フランス冬の気候

まず、フランスの冬についてですが、国の広さがある分、北と南では結構違います。±7度くらいでしょうか。筆者は北東に住んでいるので、冬はかなり寒くなりますね。

雪はよく降りますが、長く降らないのと、粒が小さいのでほとんど積もることはありません。気温も-10度を下回ることなんて本当に稀で、-5度いくかどうかという気温を繰り返します。

しかし、問題は霧の方で、朝と夜の気温の上下が激しく、とくに朝はとっても濃い霧が出ます。高いところに登る予定があり、いい眺めを期待している方は、日によって、特に朝方は全く見えない日もあるということを覚悟しておきましょう。

クリスマスやお正月の過ごし方は?

さて、次はフランス人のクリスマスやお正月の過ごし方について、お話ししたいと思います。

まず、フランス人にとってのクリスマスは家族で過ごすイベントです。クリスマス前はマルシェ・ド・ノエルやクリスマスライブなんかが色々なところで行われますが、イブや当日は家族・親戚みんなで集まってごちそうを食べるのが習慣です。

プレゼントはそれぞれが全員分買うので、もらうプレゼントも人数分です。日本では、クリスマスや誕生日はいつも少数精鋭の筆者には7つのプレゼントは嬉しすぎましたね、涙ものでした。

うってかわってフランスには正月という概念がほとんどありません(笑)仕事も2日から始まるところがほとんどで、日本人の筆者としては本当に驚きでした。怠け者と言われるフランス人ですが、正月にまさか働くなんて…フランス人も大変なんですね。

冬のフランス旅行ならココがおすすめ!在住者がこっそり教えるスポット!

冬のフランスの魅力は何と言ってもイベントです!今回は筆者イチオシの冬向けおすすめスポット3つをご紹介しますね。

マルシェ・ド・ノエル

はい、もう冬といえばこれです。クリスマス市場という意味ですが、至る所の広場にクリスマスイベント会場ができます。どこもかしこもキラキラしていて、場所によっては人3-4人分いや、もっと高いのではという大きなクリスマスツリーも見ることができます。

しかし、なにはともあれまずマルシェ・ド・ノエルに来たらホットワインです。これを飲まないとクリスマス始まりません(笑)

クリスマスには、甘くて少しスパイシーなホットワインを飲むのが風習で、みんなこぞってこれを飲んでいます。また、出店によってはカップが持ち帰り可能で、クリスマスならではの可愛らしいカップも一緒に手に入れることができます。

マルシェ・ド・ノエルの出店で一番多いのはやはり飲食店ですが、筆者が過去訪れたことのあるものの中には、手芸品のような石鹸や、少し押すと回り続けるキャンドル台、オシャレなランプや、手作りのキッチン用品などもありました。

ふだんは見つけられないような掘り出しものがたくさんあって見ているだけでもおもしろいですよ。

クリスマス限定料理

クリスマス前から当日にかけて、フランスのレストランではクリスマス限定ランチ・ディナーを謳うメニューが増えていきます。中でもいくつかクリスマスの伝統料理というものがあるんですが、これが本当に美味しいんです。

限定メニューということもあり、ただでさえ高いレストランが、さらに高くなるので、お財布には少々痛いかもしれませんが、せっかくクリスマスシーズンにいくなら、ぜひ試していただきたいですね!

スモークサーモンとオイスター
フォアグラ
ガチョウ料理
おんどり(七面鳥)の栗詰め
青豆とポテトのバターガーリック炒め

こんなところが有名どころだそうですよ。探せばもっとあると思うので、実際に行って見たときにレストランの人に聞いて見るのもいいかもしれませんね。クリスマス料理は「Plat du Noel」です。

年末セール

これは日本にもありますが、やっぱり年末セールってどこの国でも素晴らしいです。いろんなものがお安くなります。旅行客としては、安くたくさん色々なものを買いたいところだと思いますので、この機会を逃すわけにはいきません。

そして実は、筆者が夏ではなく冬のセールをオススメする理由があります。それはフランスの服、とくに、北の地域の服はとてもしっかりしてあったかく、コスパがいいからです。

筆者、日本からフランスに来て改めて思ったんですが、日本ってフランスと寒さそこまで変わらないくせに、服とか家が冬仕様に作られてない!

洋服もぺらぺらのものが多い気がします…フランスのものは本当にあったかいです。特にコートはおすすめですね。これでこの価格?こんなに生地がしっかりしているのに安い!そんな商品が多いです。他のセール品もオススメですが、コートの新調予定がある方はぜひチェックしてもらいたいですね。

フランス人とコミュニケーションをしよう!旅が楽しくなるフランス語とは?

フランス人とコミュニケーションを取りたい、でもなんて言ったらいいんだろう?そんな悩みにお答えします。フランス語をご紹介する前に、あなたに魔法の一言を授けます。

「Je suis japonais(e) 」(私は日本人です)
ジュ・スイ・ジャポネ♂or ジャポネーズ♀

これ言っとけば悪いようにはされません(笑)実はフランス人、親日で、日本人には高確率で優しくしてくれます。

ただ、残念ながら、フランス人のほとんどはアジア人の区別がついておらず、基本的にみんな中国人なんだと思われています…そのため、「私は日本人です」というアピールをするのは非常に効果的なんですね。

スシ!アニメ!
コニチワ!アリガトゴザマス!

アニメ好きなフランス人も多く、このような日本語で声をかけてくれたりしますよ。その時は、日本人代表として笑顔で「こんにちは」「ありがとう」など対応しあげてくださいね。

旅行で役立つフランス語(ビデオ付き)

まずは挨拶です。フランス語に「おはよう」はなく、「こんにちは」か「こんばんは」のみです。お店に入った時や、バスに乗る時には必ず挨拶してください。

そして、お会計後して帰る時は「さようなら」もしくは「ありがとうございます」を忘れないでください。

お客様としての最低限のマナーです。日本のコンビニみたいに無口で入って、お会計なんてダメですよ。

基本フレーズ

Bonjour! (こんにちは)ボンジュー
Bonsoir!(こんばんは)ボンソワー
Au revoir!(さようなら)オ・フヴォワー
Merci beaucoup!(ありがとうございます)メッスィ・ボク
Pardon(ぶつかったときのすみません)パードン
Comment?(聞き取れなかった時の、え?)コモン?
Je suis japonais(e) (私は日本人です)ジュ・スイ・ジャポネ♂ ジャポネーズ♀
J’aime la France(私はフランスが好きです)ジェム・ラ・フハンス
Je ne comprends pas (わかりません)ジュ・ヌ・コンポン・パ
Je ne comprends pas le français(フランス語がわかりません)ジュ・ヌ・コンポン・パ・ル・フォンセ

お店でのフレーズと道案内

S’il vous plait. (お願いします)スィル・ヴ・プレ
Ça et ça et…(これとこれと…)サ・エ・サ・エ…
Euro(ユーロ)ウーホ
Un, deux, trois, quatre, cinq(1,2,3,4,5)アン、ドゥ、トホワ、キャットフ、サンク
six, sept, huit, neuf, dix(6,7,8,9,10)スィス、セットゥ、ウィットゥ、ヌフ、ディス
Vingt, trente, quarante(20,30,40,)ヴァン、トホーントゥ、キャホーントゥ
cinquante, soixante(50,60)サンコントゥ、スワソントゥ
Soixante-dix(70)スワソントゥディス
Quatre-vingt(80)キャットフヴァン
Quatre-vingt-dix(90)キャットフヴァンディス
Cent, deux cent, trois cent…(100,200,300)ソン、ドゥソン、トホワソン…
Gramme(グラム)グハム
Kilo(キログラム)キロ
Centimètre(センチ)ソンティメートフ
Mètre(メートル)メートフ
Excusez-moi(すみません)エクスキュゼモワ
Pour aller à ◯◯ (◯◯に行きたいのですが)プーフ・アレ・ア
Je cherche ◯◯(◯◯を探しています)ジュ・シェーシュ
Tout droit(まっすぐ)トゥ・ドホワ
A droite(右へ)ア・ドホワットゥ
A gauche(左へ)ア・ゴーシュ
Premier(1 番目の)プフミエー
Deuxième(2 番目の)ドゥズィエム
Troixième(3 番目の)トホワズィエム
最後に、トラブル時のフランス語を紹介します。
J’ai un problème(問題があります、困っています)ジェ・アン・プホブレム
Je voudrais l’échanger(これを交換したいのですが)ジュ・ヴドヘ・レッションジェ
La taille n’est pas bonne(サイズがよくありません)ラ・タイユ・ネ・パ・ボン
C’est cassé(壊れています)セ・カッセ
La monnaie n’est pas bonne(おつりがよくありません、違う)ラ・モネ・ネ・パ・ボン
Le prix n’est pas correct(価格が間違っています)ル・プヒ・ネ・パ・コヘクトゥ

正しい発音やもっと深く知りたい方は、こちらの動画をご覧ください。フランス人女性が日本語で旅のフランス語を教えてくれます。全 10 回のシリーズなので、出発 10 日前から練習なんていうのもオススメですよ。

旅のフランス語・基本表現 1 回目:挨拶の表現

旅のフランス語・基本表現1回目:挨拶の表現

まとめ

1. フランス旅行冬の持ち物は、
• 防寒グッズ
• 日用品
• 携帯小物
• 街歩きグッズ
• クレジットカード
2. 朝方はとくに霧が濃いので注意
3. クリスマスは家族のイベント
4. 正月はないに等しい
5. おすすめスポットは、マルシェ・ド・ノエル、クリスマス限定料理、年末セール

ここまで冬のフランスのあれこれをお話しさせていただきました。冬のフランスは寒さ対策をきちんとしていけば、イベントもたくさんあって、とっても楽しめる季節だと思います。

寒さ以外にも盗難の危険は、季節関係なしにつねにあるので、気をつけるポイントはしっかりおさえつつ、楽しい旅行を満喫してくださいね。

現場からは以上です!

コメント