フローリングにカビが生えないための予防策!梅雨だから知っておきたいカビ対策!

スプレーボトル

「フローリングに黒い汚れ?」と思いきや、実はカビだったということはありませんか。

床を張り替えるわけにもいかないし、フローリングにカビが生えたら一体どうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、フローリングにカビが生えないための対処方法や予防策をご紹介します。

梅雨の時期は、じめじめしていてカビが生えやすい時期でもあります。

まだ大丈夫なだと思っている方もぜひこの記事を参考に予防をしてみてください。

梅雨の季節!フローリングにカビが生えた!原因は?

黒カビ発見のイラスト

フローリングに生えるカビの原因は?

1番の原因となるのは、やはり「湿気」です。

日本はそもそも湿気が高いので、カビが発生しやすいです。

カビは湿度60%以上、温度20℃以上を超えると、繁殖しやすいと言われています。

「結露」もフローリングにカビが生える原因となります。

外と室内に温度差ができることにより、窓に結露が出来てしまい、フローリングに水滴が垂れることでカビが生えてしまうのです。

フローリングに布団を敷いている人も注意が必要です。

汗が布団に吸収された後、布団とフローリングの間に「湿気」がこもってしまうので、カビが発生しやすくなります。

一人暮らしで家を空けることが多い方は、気を付けた方が良いかもしれませんね。

「汚れ」も原因の一つです。

カビの発生しやすい場所は、汚れの溜まりやすい場所でもあります。

カビはホコリや髪の毛等、なんでもエサにしてしまうので、部屋を清潔に保つことが大事といえます。

「温度」に関しては、通常のカビの生育可能温度領域が0℃〜40℃、生育最適温度は25℃〜28℃。

カビは、種類が多く、0℃近辺でゆっくり成長する低温カビというのも存在するようです。

人が過ごす温度とほとんど変わらないので、温度でどうこうするのは難しいかもしれませんね。

生えたカビの種類は?

フローリングによく生えると言われているのは、黒カビです。

正式名称は「クラドスポリウム」

どこにでもあるカビで、発生する場所は多岐に渡ります。

カビは感染症やアレルギーの原因にもなります。

気管支喘息やアレルギー性鼻炎、他にも色々あります。

注意しましょう。

フローリングにカビが生えないようするための予防策は?

掃除する人

ここでは、カビの予防策やカビ予防に有効な商品をご紹介します。

カビ予防に有効な商品を紹介

1.吸湿シート

湿気を吸い取り、ダニやカビの発生を防ぐので衛生的。

布団を敷いている方に、オススメです。

除湿シート シングル 90×180 竹炭入り 除湿マット 湿気取りマット 布団 寝具用 湿気対策 29576

 

シリカゲル除湿シート  ダブルサイズ(130×180cm)吸湿センサー付き

 

吸湿シート ベルオアシス 除湿マット すのこ型

2.すのこ

布団の下に空気の通り道ができるので、湿気がこもりにくいです。

値段は、吸湿シートよりも全体的に高いです。

ロール式すのこベッド シングルサイズ[桐製+安心の日本製]【桐 ロールベッド シングル用】

 

国産ひのき材使用、組み立て簡単
シンプルなすのこベッド セミダブルサイズ フレームのみ

3.結露給水テープ

結露水を吸い取り、床やカーペットのカビを防ぎます。

値段が安く、お財布に優しいです。

結露吸水テープ 強力 結露テープ 2way 2枚入

 

強力結露吸水テープ【長さ10m】【お徳用ロングサイズ】

カビが生えないようにする予防策は?

布団を敷きっぱなしにしない

布団と床の間に、湿気がこもってしまいます。

布団を畳んで上げるのが、めんどくさい方は、吸湿シートやすのこを使うのが良いでしょう。

結露をとる

速やかに拭き取るか、給水テープを使ってカビを防ぎましょう。

喚起をする

窓を開けて、空気を入れ替えることで湿度を調整しましょう。

結露の防止にもつながります。

エアコンの除湿も良いでしょう。

こまめに掃除する

カビのエサとなる汚れを取り除くことが大事です。

忙しい方は、ロボット掃除機を使うのも良いですね。

フローリングの裏はどうする?

床下に断熱材を貼っていない場合は、木材が湿気を吸い、カビが発生することもあるようです。

気になる方は、業者に依頼して写真を撮ってもらうのも良いかもしれませんね。

もしフローリングがカビに生えてしまったらどうする?

フローリング

予防する前に、カビが生えてしまっている場合もあると思います。

ここでは、カビの除去方法をご紹介します。

カビの除去方法

エタノール

80%に薄めたエタノールを吹きかけておくことで、カビを殺菌・予防することができます。

吹きかけたら、しっかり拭き取りましょう。

ただし注意しなければならないのは、フローリングを傷めたり、色落ちすることがあるので、慎重にやってください。

毎日やる必要はなく、1週間に1回もやれば十分だと思います。

フローリングを傷つけないようにするには?

間違ってもお風呂用やキッチン用のカビ取り材、重曹は使わないでください。

脱色してしまったり、フローリングのワックスが剥がれてしまいます。

フローリングに置き畳はカビが心配!置き畳のカビ予防策は?

置き畳

置き畳のカビ予防策は?

フローリングの時とやることは同じで、湿気がこもらないことが大事です。

掃除と喚起は忘れないでください。

防湿シートを畳の下に敷くのも防湿対策に良いですね。

あと水分をこぼした時は、畳を上げて拭き取り乾燥させてから戻せば大丈夫でしょう。

カビが生えたときの掃除方法は?

畳のカビは、消毒用アルコールで拭き取る方法があるようです。

しかし、畳が傷んだり、変色してしまうことがあるので、どうしようもないときだけ、やるようにしましょう。

やるときは、カビにアルコールを吹きかけ、硬く絞った布巾で水拭きをしてから、よく乾燥させてください。

結論!

部屋

1.梅雨の季節!フローリングにカビが生えた!原因は?

  • 1番の原因は、「湿気」
  • 布団の敷きっぱなし、結露、部屋の汚れには注意
  • フローリングに生えるカビは、黒カビが多い。喘息やアレルギーの原因にもなる。

2.フローリングにカビが生えないようするための予防策は?

  • 布団を敷く人は吸湿シート、すのこがおすすめ
  • 結露の対策には、結露給水シートがおすすめ
  • 予防に大事なのは、換気と掃除

3.もしフローリングがカビに生えてしまったらどうする?

  • 80%に薄めたエタノールで殺菌・予防
  • エタノールを使うときには慎重に
  • お風呂用やキッチン用のカビ取り材や重曹は使わない

4.フローリングに置き畳はカビが心配!置き畳のカビ予防策は?

  • カビ予防には、喚起と掃除が大事
  • どうしようもないときは、消毒用アルコールで拭き取ろう

 

いかがだったでしょうか?

普段から、清潔に保つことがカビ予防につながります。

きれいなフローリングにして、快適な生活を過ごせるようにしてくださいね。

【こちらも読まれています】

フローリングの上の布団のカビ対策!梅雨だから知っておきたいカビ対策!
「布団の裏に黒い汚れ?」と思いきや、実はカビだったということはありませんか。せっかく買ったお気に入りの布団にカビが生えていたら、ショックですよね。そこで今回は、布団にカビが生えないための対処方法や予防策などをご紹介します。
フローリングの上のカーペットのカビ対策!梅雨だから知っておきたいカビ対策!
「カーペットの裏に黒い汚れ?」と思いきや、実はカビだったということはありませんか。せっかく買ったカーペットにカビが生えていたら、ショックですよね。そこで今回は、カーペットにカビが生えないための対処方法や予防策をご紹介します。

 

コメント