フローリングの上のカーペットのカビ対策!梅雨だから知っておきたいカビ対策!

 

リビングルーム

「カーペットの裏に黒い汚れ?」と思いきや、実はカビだったということはありませんか。

せっかく買ったお気に入りのカーペットにカビが生えていたら、ショックですよね。

カーペットにカビが生えたら一体どうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、カーペットにカビが生えないための対処方法や予防策をご紹介します。

梅雨の時期は、じめじめしていてカビが生えやすい時期でもあります。

まだ大丈夫なだと思っている方もぜひこの記事を参考に対策をしてみてください。

梅雨の季節!フローリングの上に敷いたカーペットにカビが生えた!原因は?

カビのイラスト

カーペットに生えるカビの原因は?

1番の原因となるのは、やはり「湿気」です。

日本はそもそも湿気が高いので、カビが発生しやすいです。

カビは湿度60%以上、温度20℃以上を超えると、繁殖しやすいと言われています。

「汚れ」も原因の一つです。

カビの発生しやすい場所は、汚れの溜まりやすい場所です。

カビはホコリや髪の毛、皮脂汚れなどお部屋の汚れをエサにして繁殖します。

またカーペットは衣類とは違い、洗うことが少ないことも、カビを繁殖させやすくしている理由でしょう。

「温度」に関しては、通常のカビの生育可能温度領域が0℃〜40℃、生育最適温度は25℃〜28℃。

カビは、種類が多く、0℃近辺でゆっくり成長する低温カビというのも存在するようです。

人が過ごす温度とほとんど変わらないので、温度でどうこうするのは難しいかもしれませんね。

生えたカビの種類は?

カーペットによく生えると言われているのは、黒カビです。

正式名称は「クラドスポリウム」

どこにでもあるカビで、発生する場所は多岐に渡り、アルコールや熱に弱いです。

次に多いのが、青カビです。

空気中に常に浮遊していて、食べ物にもよく生えますし、家具や靴にも発生することがあります。

青カビは種類が多く、チーズの製造に使われる青カビは有益ですが、もちろん害のある青カビも多くいます。

カビは感染症やアレルギーの原因にもなります。

気管支喘息アレルギー性鼻炎、他にも色々あります。

注意しましょう。

下のフローリングにもカビが生えている?

これは自分の体験談で、うろ覚えなのですが、1度だけカーペットにカビが生えていたことがありました。

見つけたときはゾッとしましたね(笑)。

今思うと、飲み物をこぼしたのが原因だったかもしれません。

フローリングには目に見えるようなカビは生えていませんでしたが、気づくのが遅かったらひどくなっていたかもしれませんね。

なかには、フローリングに黒カビが生えてしまうような場合もあります。

カビは目に見えなくても、そこら中にいるので予防が大事になります。

カーペットにカビが生えないようするための予防策は?

 

カーペットの上の椅子

ここでは、カビの予防策やカビ予防に有効な商品をご紹介します。

カビ予防に有効な商品を紹介

1.除湿シート

湿気を吸い取り、ダニやカビの発生を防ぐので衛生的です。

カーペット除湿シート (防ダニ防カビ加工) 【6畳分】100cm×10m

 

ラグ用除湿シート(195X230) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】

2.アルコール除菌スプレー

カビはアルコールで消毒できます。

床やカーペットを痛めることもないので安心です。

ドーバー パストリーゼ77 スプレーヘッド付き(500mL)【パストリーゼ77】

 

ドーバー パストリーゼ77 スプレーヘッド無し(5L)【パストリーゼ77】

3.お掃除ロボット

床やカーペットの上を清潔に保つことが予防になります。

忙しくて掃除ができない方には、お掃除ロボットが強力な味方になるでしょう。

iRobot アイロボット【国内正規品】 ロボット掃除機 「ルンバ」 643

 

iRobot アイロボット【国内正規品】 ロボット掃除機 「ルンバ」 e5 ブラッ

カビが生えないようにする予防策は?

クリーニングでカビ予防

定期的に洗ってもらうことで予防になります。

早い段階であれば、カビが綺麗になることもあります。

喚起をする

窓を開けて、空気を入れ替えることで湿度を調整しましょう。

結露の防止にもつながります。

エアコンの除湿も良いでしょう。

こまめに掃除する

カビのエサとなる汚れを取り除くことが大事です。

忙しい方は、ロボット掃除機を使うのも良いですね。

カーペットの裏はどうする?

カーペットを干し、はたきで叩けば、カビや汚れが落ち予防につながります。

家具を動かせない方・めんどうな方は、吸湿シートを敷いておくのが良いでしょう。

カーペットをめくり、裏面に風を通すだけでも効果があると思います。

もしカビがカーペットに生えてしまったらどうする?

 

じゅうたんにコロコロ

予防する前に、カビが生えてしまっている場合もあると思います。

ここでは、カビの除去方法をご紹介します。

カビの除去方法

1.殺菌

80%に薄めたエタノールを吹きかけておくことで、カビを殺菌・予防することができます。

吹きかけたら、15分程時間を置いて、しっかり拭き取りましょう。

色落ちすることがあるので、注意してやってください。

無い方は、アルコール除菌スプレーを使って下さい。

2.漂白

ワイドハイターなどの酵素系漂白剤をカビができているところにつけます。

10分程時間を置いたら、良く水拭き・乾拭きして下さい。

カーペットが色落ちしたり、傷んだりすることもあるので慎重にやって下さいね。

カーペットを傷つけないようにするには?

間違ってもお風呂用やキッチン用のカビ取り材、重曹は使わないでください。

繰り返しになりますが、クリーニングでも早い段階ならカビが落ちることはあります。

自分でカビを消すのが心配な方は、クリーニング屋に持っていきましょう。

カーペットの下のフローリングもカビが心配!フローリングのカビ予防策は?

 

フローリングのカビ予防策は?

カーペットの時と基本的にはやることは同じで、湿気がこもらないことが大事です。

掃除と喚起は忘れないでください。

結露給水テープを窓に貼っておくのも防湿対策に良いですね。

カビが生えたときの掃除方法は?

フローリングのカビには、エタノールやアルコールを吹きかけ、硬く絞った布巾で水拭きをしてから、よく乾燥させてください。

カビが深く生えてしまったときは、拭いても取るのは難しいと思います。

取りきれないときは、工務店や業者に相談してみましょう。

結論!

リビングルーム

1.梅雨の季節!フローリングの上に敷いたカーペットにカビが生えた!原因は?

  • 1番の原因は、「湿気」
  • カーペットの汚れには注意、カビがエサにしてしまう
  • カーペットに生えるカビは、黒カビや青カビが多い。喘息やアレルギーの原因にもなる。

2.カーペットにカビが生えないようするための予防策は?

  • カーペットの下に除湿シート
  • 除菌に、アルコールスプレーがおすすめ
  • 予防に大事なのは、換気と掃除

3.もしカーペットにカビが生えてしまったらどうする?

  • 80%に薄めたエタノールで殺菌・予防
  • 酵素系漂白剤につけ、水拭き・乾拭きでよく拭き取る
  • お風呂用やキッチン用のカビ取り材や重曹は使わない
  • クリーニングで落ちることもある

4.カーペットの下のフローリングもカビが心配!フローリングのカビ予防策は?

  • カビ予防には、喚起と掃除が大事
  • 掃除するときは、エタノールや消毒用アルコールで拭く
  • 取れなければ、工務店に相談してみよう

 

いかがだったでしょうか?

普段から、清潔に保つことがカビ予防につながります。

どうしてもカビが取れないようであれば、カーペットを買い換えるのも良いと思います。

きれいなカーペットで快適な生活を過ごせるようにしてくださいね。

【こちらも読まれています】

フローリングにカビが生えないための予防策!梅雨だから知っておきたいカビ対策!
「フローリングに黒い汚れ?」と思いきや、実はカビだったということはありませんか。床を張り替えるわけにもいかないし、フローリングにカビが生えたら一体どうすればいいのでしょうか?そこで今回は、フローリングにカビが生えないための対処方法や予防策をご紹介します。

コメント