フローリングの上のカーペットのカビ対策!梅雨だから知っておきたいカビ対策!

 

リビングルーム

「カーペットの裏に黒い汚れ?」と思いきや、実はカビだったということはありませんか。

せっかく買ったお気に入りのカーペットにカビが生えていたら、ショックですよね。

カーペットにカビが生えたら一体どうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、カーペットにカビが生えないための対処方法や予防策をご紹介します。

梅雨の時期は、じめじめしていてカビが生えやすい時期でもあります。

まだ大丈夫なだと思っている方もぜひこの記事を参考に対策をしてみてください。

梅雨の季節!フローリングの上に敷いたカーペットにカビが生えた!原因は?

カビのイラスト

カーペットに生えるカビの原因は?

1番の原因となるのは、やはり「湿気」です。

日本はそもそも湿気が高いので、カビが発生しやすいです。

カビは湿度60%以上、温度20℃以上を超えると、繁殖しやすいと言われています。

「汚れ」も原因の一つです。

カビの発生しやすい場所は、汚れの溜まりやすい場所です。

カビはホコリや髪の毛、皮脂汚れなどお部屋の汚れをエサにして繁殖します。

またカーペットは衣類とは違い、洗うことが少ないことも、カビを繁殖させやすくしている理由でしょう。

「温度」に関しては、通常のカビの生育可能温度領域が0℃〜40℃、生育最適温度は25℃〜28℃。

カビは、種類が多く、0℃近辺でゆっくり成長する低温カビというのも存在するようです。

人が過ごす温度とほとんど変わらないので、温度でどうこうするのは難しいかもしれませんね。

生えたカビの種類は?

カーペットによく生えると言われているのは、黒カビです。

正式名称は「クラドスポリウム」

どこにでもあるカビで、発生する場所は多岐に渡り、アルコールや熱に弱いです。

次に多いのが、青カビです。

空気中に常に浮遊していて、食べ物にもよく生えますし、家具や靴にも発生することがあります。

青カビは種類が多く、チーズの製造に使われる青カビは有益ですが、もちろん害のある青カビも多くいます。

カビは感染症やアレルギーの原因にもなります。

気管支喘息アレルギー性鼻炎、他にも色々あります。

注意しましょう。

下のフローリングにもカビが生えている?

これは自分の体験談で、うろ覚えなのですが、1度だけカーペットにカビが生えていたことがありました。

見つけたときはゾッとしましたね(笑)。

今思うと、飲み物をこぼしたのが原因だったかもしれません。

フローリングには目に見えるようなカビは生えていませんでしたが、気づくのが遅かったらひどくなっていたかもしれませんね。

なかには、フローリングに黒カビが生えてしまうような場合もあります。

カビは目に見えなくても、そこら中にいるので予防が大事になります。

カーペットにカビが生えないようするための予防策は?

 

カーペットの上の椅子

ここでは、カビの予防策やカビ予防に有効な商品をご紹介します。

カビ予防に有効な商品を紹介

1.除湿シート

湿気を吸い取り、ダニやカビの発生を防ぐので衛生的です。

カーペット除湿シート (防ダニ防カビ加工) 【6畳分】100cm×10m

 

ラグ用除湿シート(195X230) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】

2.アルコール除菌スプレー

カビはアルコールで消毒できます。

床やカーペットを痛めることもないので安心です。

ドーバー パストリーゼ77 スプレーヘッド付き(500mL)【パストリーゼ77】

コメント

タイトルとURLをコピーしました