花火大会で告白された!断るタイミングや相手を傷つけない言葉は?

スポンサーリンク

花火大会へ一緒に行こう」と誘われて、もしかしたら……と思っていたらやっぱり告白されたという体験は多く、このシチュエーションの中断わるのは、結構難しいんですよね。

すぐに断ったら傷つけてしまうんじゃ、せっかく花火大会に誘って告白してくれたのに相手を傷つけてしまうのでは……など、悩んでしまいます。しかし一方で「この人とは付き合えない」と思ったのなら、やっぱりしっかり断わることを考えないといけません。

ここでは花火大会に誘われて告白されたけれど断りたいでも断わるタイミングや相手を傷つけない言葉に悩む……という女性に向けて、うまい断り方を紹介します。

花火大会に誘われて告白されるかもしれないと悩んでいる方、断わる方法に悩んでいる方の解決のためにも、ぜひチェックしてくださいね!

【花火大会で告白された!断るタイミングはいつ?】

まず最初に、花火大会で告白されたものの付き合うつもりはなく、それなのに思わせぶりな態度を取って「返事は後日」と言ってしまったという場合の断わる方法から見ていきましょう。

花火大会というシチュエーション、突然の告白に頭が真っ白になって思わせぶりな態度を取ってしまったなんてパターンは多く、咄嗟の行動としてある程度仕方がないんですよね

その場でできたことが「返事を後日に回す」ということだけで、自分の思わせぶりな態度を思い出すとどう断れば良いのか、断わるタイミングなどにも悩んでしまいます。

断わるタイミングは…

断わるタイミングや方法についてですが、一般的に男性はLINEやメールいった方法よりは直接、そしてできるだけ日をあけずに断ってもらったほうが傷つかないと思っています。

「できればその場で断って欲しい」と思っている男性が最も多く、もし後日にしてしまった場合もできるだけ3日以内遅くとも一週間未満のうちに断ったほうが良いでしょう。

LINEやメール、電話など直接会わないで断わる方法は断わる側としては顔を見なくて済むので言いやすいですが、男性からすれば「そこまでする価値もない相手への行動」となってしまいます。

どうしても会うのが厳しい場合は仕方がありませんが、直接言えない場合も「本当は会いに行くべきだった」など、相手を立てた上で断ったほうが傷つけなくて済みます

【花火大会で告白された!相手を傷つけずに断るメッセージ文例!】

花火大会で告白されたものの受け入れられない、断わるという場合、どうしても悩んでしまうのは「どう言えば相手を傷つけずに伝えられるか」ですよね。

ここでは相手を傷つけずに断わるメッセージの文例をいくつか紹介するのでぜひ参考にし、相手の性格なども踏まえて断わる言葉を考えていきましょう。

「気持ちは嬉しいけれど」

断り方を悩んでいる理由は「告白してくれた相手を傷つけたくない」と悩んでいることがほとんどで、決して相手のことが嫌いなわけではないですよね。

そんな「気持ちは嬉しいけれど付き合うことはできない」という気持ちを伝え、その上で「好きな人がいる」など、気持ちに答えられない理由を合わせましょう。

「タイプじゃない」

変な期待を抱かせないで欲しい、断わるならしっかり断って欲しいと思っている男性もかなり多く、性格を踏まえて考えなければならないものの、はっきり断わるのも良い方法です。

「誰とも付き合う気がない」

こちらは逆に「直接断られるとどうしても傷つく」という男性が安心する言葉で、「自分だけではなく誰とも付き合う気がない」と言われると傷つかずに済む場合もあります。

相手の性格にもよるけれど最も大切なことは

「告白を断わるけれど相手を傷つけたくない」というのは本当に難しく、相手の性格によってどの断り方が一番傷つかないかも違います。

しかし「誰とも付き合う気がない」などは嘘になる可能性がある場合は避けたほうが良く、万が一そう断った直後に違う男性と付き合っている姿を見られたら、それこそ傷ついてしまいます。

どの方法でも最も大切なのは「未練を残さないように告げる」ことで、「もしかしたらまだチャンスがあるかもしれない」なんて思わせてしまう言葉は言わないことを第一に考えましょう。

【花火大会で告白、ついOKをしてしまったけど後で断るのってあり?】

「花火大会で気分も良く雰囲気もあってつい告白をOKしてしまったけれど、後から考えたらやっぱり無理、断りたい……」という場合、断わるのはありなんでしょうか。

前提としてどんな言葉を考えたとしても、一度OKを出して喜んだ相手の気持ちを裏切ることになるので、「絶対に傷つけずに断ろう」なんて方法はほぼありえません

雰囲気にのまれてしまった、気分が良かったなど理由はあるかもしれませんが、まずそういった雰囲気に飲まれずきちんと断わる、流されそうになったら返事を後日に回す勇気は大切です。

しかし恋愛は感情で動くもの、好きでもない、違う好きな人がいるのに雰囲気に飲まれたから仕方なくその相手とずっと付き合う……これも失礼になります。

断わるタイミングは…

断わるのであれば基本的な方法は返事を後日に回したパターンと同じで、できるだけ早めに、可能であれば直接会って伝えるやり方が一番です。

その際も傷つけずに済ませようとしてはどうしても半端な言い方になってしまうもの、「あの日は流されてOKしてしまったけれど、付き合うことはできない」と、未練が残らないように断りましょう

もちろん一度OKしてしまった後に「やっぱりダメだった」としてしまうことの謝罪も必要で、しっかり「ごめんなさい」の言葉は伝えるようにしてくださいね。

【花火大会で告白される予感。断るなら当日?どのように伝える?】

次に、「花火大会に誘われたからOKしたけれど、どうも告白される予感や雰囲気がする」という場合の対処法についてチェックしていきましょう。

しかしあくまで「予感」「雰囲気」であり実際に告白されたわけではないのですから、基本的には当日より前にできることはありません。当日もし断わるつもりであれば思わせぶりな態度、例えば距離が極端に近かったり手を繋いだりという態度はできるだけ避けておきましょう

同時にせっかく誘った花火大会なのに告白されるかもしれないと警戒され、あまりに楽しめてなさそう……という様子では、誘った相手も自分も花火大会を楽しめません。「告白されたら断わるつもり」ということだけを頭に置き、基本的には花火大会をゆっくり楽しめば問題ありません

もし告白された場合は最初から断わるつもりであればできればその場で、未練が残らないようにしっかり「付き合えない」と言うことができれば理想です。

もし雰囲気に流されそうになった場合も「返事は後日」とこらえ、断わるつもりであればしっかり断わるようにしていきましょう。

多くの場合花火大会に誘って告白をするのは花火大会終了後が多く、「断ったからせっかくの花火大会がぎくしゃくした」ということもあまり心配せず大丈夫ですよ!

【まとめ】

花火大会で告白された場合の断わるタイミング、相手を傷つけない言葉・断り方まとめ!

1:男性の多くは告白直後、直接断られるほうが傷つかない、断わる場合はできるだけその場で断ろう

2:「気持ちは嬉しいけれど」というセリフは相手を立てる意味でもおすすめ、未練を残さないように断わる方法が相手にとってもありがたい

3:一度OKしてしまった場合は傷つけずに断わるのは難しい、どうしても断わる場合はできるだけ早めに

4:花火大会で告白されるかもしれないと心配な場合、当日できるだけ思わせぶりな態度はやめておこう、返事はできればその場で

花火大会へデートに誘われ告白した・されたという体験談は多く、つい雰囲気に飲まれてOKしてしまいそうになるシチュエーションにもなりやすいです。

相手を傷つけないためにはできるだけ早くしっかり断わることが大切になるので、相手の性格も踏まえつつ、できるだけ傷つかないように断っていきましょう!

コメント