フィラリア薬の使用期限はいつまで?水虫・口内炎・向精神薬は?

スポンサーリンク

DRUGSの看板

私は薬剤師として仕事しています。

患者さんと話をしているとよく、薬の使用期限について質問を受けることがあります。

病院や薬局でもらう薬には使用期限の記載がないものがよくあります。

記載がないので患者さんの中には何年も前にもらった薬をずっと自宅に保管している方もいらっしゃいます。

皆さんが薬を適切に使用してもらえるように、またそれにより薬による事故が減るようになればという思いから、薬剤師の視点から薬の使用期限、適切な薬の使用方法等を紹介します。

この記事を読んでもらえれば薬の使用期限の目安や薬の適正使用について理解できます。

記事の内容です。

  1. フィラリア薬の使用期限はいつまで?
  2. 水虫薬の使用期限は?
  3. 病院処方薬の使用期限はいつまで?
  4. 妊娠検査薬の使用期限は?期限切れでも結果は正しい?
  5. 薬の使用期限を調べる方法、使用期限が切れた薬を飲むのは危険?効果はうすれる?
  6. 薬の正しい保存方法と捨て方は?
  7. 薬剤師からアドバイス!
  8. 風邪薬の選び方は?
  9. 薬剤師からアドバイス!
  10. まとめ

それではさっそく紹介していきます。

フィラリア薬の使用期限はいつまで?

蚊

フィラリア症とはフィラリアという寄生蠕虫(ぜんちゅう)が蚊を媒介して人に感染する感染症の事です。

主に熱帯、亜熱帯の地域で発症する感染症です。

感染するとリンパ系にダメージを与え、リンパ浮腫などを引き起こし、象皮症の症状を引き起こします。

治療薬としてジエチルカルバマジン(スパトニン錠)があります。

使用期限は一般の錠剤と同じで2~3年ぐらいです。

ジエチルカルバマジン(スパトニン錠)は処方された日数分を最後までしっかり服用しきってもらう必要があるので薬の使用期限が切れるといったことはまずありません。

自己判断で服用を中止しないでください。

もし飲み忘れに気づいたときは出来るだけ早く1回分を服用してください、ただし、次の服用が近い時は1回飛ばして決められた用法に従って服用してください。

2回分まとめて服用しないでください。

いつもらったかわからないフィラリア治療の薬が出てきた場合は自己判断で服用しないでください。医師や薬剤師に相談してください。

水虫薬の使用期限は?

足

ケトコナゾールラノコナゾールなどの水虫の塗り薬は最後までしっかり使い切ることが治療の基本です。

一見よくなったように見えても皮膚の奥に水虫の菌(白癬菌)が潜んでいることがあります。

そのように治療が途中の状態で薬の使用を中止してしまうと何度も水虫の症状を繰り返す原因になります。

3か月から6か月程度毎日使用するようにしてください。

塗り薬の使用期限は一般的にチューブの下の方に印字されていることが多いです。

しかし、塗り薬は錠剤よりも保管状態が悪いと品質の劣化が早いので早めに使用しきってください。

一般的に半年ぐらいを目安に使い切るのが良いでしょう。

薬の使用期限はいつまで?病院処方薬の使用期限はいつまで?

内用薬

病院や薬局でもらう薬には患者さんに渡す際、使用期限の記載のない薬もあります。

病院や薬局に保管してある薬の使用期限は一般的に約3年ぐらいです。

 

しかし、使用期限は保管状態がしっかりされている状態での期限の事です。

薬局や病院でもらった後は表示期限よりも短くなると考えるべきです。

デパスマイスリーなどの向精神薬も一般の薬と使用期限は変わりません。

薬をもらった後は錠剤、カプセル剤、軟膏などは半年~1年、粉薬は半年、点眼液は1か月を使用期限の目安としてください。

妊娠検査薬の使用期限は?期限切れでも結果は正しい?

妊婦さんのお腹をさわる男性

妊娠検査薬の使用期限は外箱に記載されていることが多く、個包装の場合は袋に印字されていることもあります。

また、妊娠検査薬の取扱説明書には「使用期限の過ぎたものは使用しないでください」などと書かれていると思います。

結論から言うと使用期限切れの検査薬でも使用することは可能です。

しかし、判定結果が正確ではない可能性があります。

使用期限が切れた妊娠検査薬を使用して「陰性」だった場合でも、妊娠の可能性がないとは言いきれません。

結果はあくまで参考にとどめ、新しい妊娠検査薬で再検査したほうが良いです。

また「陽性」が出た場合は、新しい妊娠検査薬での再検査はとくに必要ないです。

妊娠していないのに薬がhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)に反応し陽性反応を示すとは考えにくいからです。

妊娠している可能性は高いと考えた方が良いです。

つまり期限切れの妊娠検査薬を使用して陰性の結果が出た場合は信用しない方が良いです。

薬の使用期限を調べる方法は?使用期限が切れた薬を飲むのは危険?効果はうすれる?

?

OTC医薬品であれば薬の外箱に使用期限が記載されています。

薬局などでもらう薬はPTP包装に記載されている製品番号がわかれば調べることができます。

前述しましたが使用期限は保管状態がしっかりされている状態での期限なので実際はそれよりも短いと考えるべきです。

使用期限が切れた薬は薬の有効成分が減ったり、変形、変色したりし、品質が変化する可能性があります。

いつもらったか分からない薬をいつまでも保管して、同じような症状が出た時に使用したりするのは思わぬ副作用を招く恐れがあるのでやめてください。

廃棄しましょう。

意外と知らない!薬の正しい保存方法と捨て方は?

ゴミ箱

薬の保存方法は一般的に高温多湿を避けて保存してください。

中には遮光や冷所で保存する薬もありますが1つ1つ調べるのは手間がかかります。

基本的には高温多湿にならないところに保存すると覚えておきましょう。

冷蔵庫に保存する方が中にはいますがもちろんそれでも問題ないです。

しかし、冷蔵で保存したからといって使用期限以上に期限が長くなるわけではないので注意してください。

もし保存方法が特別な薬が処方された場合は医師や薬剤師から説明があると思いますが不安な場合はその都度質問してください。

また、薬を廃棄する際は錠剤と薬の容器(PTPシート)は別々に捨てる必要があります。

錠剤は封筒などに入れて燃えるごみとして、薬の容器(PTPシート)は燃やせないごみに捨てましょう。

家庭に小さな子供がいる方はゴミ箱に薬を捨てっぱなしにしておくと子供が拾って食べてしまう可能性があるので子供が安易に取り出せないようにして捨てましょう。

水剤の場合は中の薬をそのまま流しに流しても問題ないですが排水管を痛めたり、排水口のにおい予防のためにも念のため水を流しながら捨てましょう。

薬の疑問!たくさんある風邪薬の選び方は?

内用薬と体温計

風邪薬といってもたくさんの風邪薬が市販されています。

どの風邪薬が良いか悩んでしまうことありますよね。

そこで、薬剤師の観点から風邪薬の選び方を以下に紹介します。

参考にしてください。

まず自分の現在の症状を把握しましょう。

風邪といっても人によって症状は様々です。

例えば熱、頭痛、鼻炎、咽頭痛などいろいろな症状があります。

その症状に合った薬を選ぶようにしましょう。

次に剤型を選びましょう。

粉薬が嫌いな人、嚥下が困難な方で錠剤が飲めない人、子供など服用する人によって好みは様々です。

粉薬が嫌いな方は錠剤、カプセル剤が良いでしょう。

錠剤が服用できない方は粉薬、チュアブル錠、水剤が良いでしょう。

子供には粉、水剤、坐薬などが良いでしょう。

次に服用方法を選びましょう、日中外出している方は1日2回または1回の用法の薬の方が飲み忘れもなく服用しやすいです。

最後に何日分薬が必要か決めましょう。

一般的な風邪ならば5日分ほどあれば十分でしょう。

風邪の症状が何日も続いて、改善の傾向が見られない場合は普通の風邪ではない可能性があるので漫然と風邪薬を使用せず病院を受診してください。

薬剤師からアドバイス!

白衣の女性

以下に薬剤師の立場から薬の使用方法について一般的な注意事項をいくつか挙げておきます。

自分に処方してもらった薬は他人に渡さず自分で服用するようにしましょう

たまに使わなくなった自分の薬を知り合いや家族の方にあげる方がいるのですが、そのようなことはしないでください。

医師がしっかり症状を判断して、その人に合った薬の種類、量を処方しています。

特に腎臓、肝臓などの機能が悪い方、子供や高齢者が一般の健康な成人と同じ量の薬を服用すると薬が効きすぎて副作用が起こる場合があるので注意が必要です。

薬が効かないからと言って決められた量以上を服用するのはやめましょう

薬が効かないからといって勝手に量を増やして服用する方がいます。

決められた量以上に薬を服用すると腎臓、肝臓に負担がかかります。

また、思わぬ副作用があらわれることがあるのでやめましょう。

効かない場合はほかの種類の薬に変えるなど医師と相談して決めるようにしましょう。

決して自己判断で量を調節しないでください。

薬はなるべく水で服用するようにしましょう

水以外の飲み物で服用しても特に影響がない薬もありますが、中には水以外で服用すると薬が効きすぎたり、逆に効きにくくなったりするものがあります。

よって水で服用するのが一番無難で想定外の事故が起こりにくいです。

他にもいくつかありますが代表的なものをいくつか挙げておきました。

薬のことでわからないこと、聞きたいことがあった場合は自己判断せず医師や薬剤師に相談してください。

まとめ 

医者

いかかがでしたでしょうか、今回の内容を改めてまとめておきます。

フィラリア症とはフィラリアという寄生蠕虫(ぜんちゅう)が蚊を媒介して人に感染する感染症の事です。
治療薬としてジエチルカルバマジン(スパトニン錠)があります。
使用期限は一般の錠剤と同じで2~3年ぐらいです。
しかし、ジエチルカルバマジン(スパトニン錠)は処方された日数分、最後までしっかり服用しきってもらう必要があるので薬の使用期限が切れるといったことはまずありません。
自己判断で服用を中止しないでください。
いつもらったかわからないフィラリア治療の薬が出てきた場合は自己判断で服用しないでください。
医師や薬剤師に相談してください。
ケトコナゾール、ラノコナゾールなどの水虫の塗り薬は最後までしっかり使い切ることが治療の基本です。
塗り薬の使用期限は一般的にチューブの下の方に印字されていることが多いです。
しかし、塗り薬は錠剤よりも保管状態が悪いと品質の劣化が早いので早めに使用しきってください。
一般的に半年ぐらいを目安に使い切るのが良いでしょう。
病院処方薬の使用期限は保管状態によって異なります。
錠剤、カプセル剤、軟膏などは半年~1年、粉薬は半年、点眼液は1か月を使用期限の目安としてください。
デパス、マイスリーなどの向精神薬も一般の薬と使用期限の目安は変わりません。
妊娠検査薬の使用期限は外箱に記載されていることが多く、個包装の場合は袋に印字されていることもあります。
使用期限切れの検査薬でも使用することは可能ですが判定結果が正確ではない可能性があります。
使用期限が切れた妊娠検査薬を使用して「陰性」だった場合でも、妊娠の可能性がないとは言いきれません。
結果はあくまで参考にとどめ、新しい妊娠検査薬で再検査したほうが良いです。
また「陽性」が出た場合は、新しい妊娠検査薬での再検査はとくに必要ないです。
妊娠している可能性は高いと考えた方が良いです。
OTC医薬品であれば薬の外箱に使用期限が記載されています。
薬局などでもらう薬はPTP包装に記載されている製品番号がわかれば調べることができます。
使用期限が切れた薬は薬の有効成分が減ったり、変形、変色したりし、品質が変化する可能性があります。
思わぬ副作用を招く恐れがあるので使用期限切れの薬の使用はやめましょう。
一般的に薬は高温多湿を避けて保存してください。
薬を廃棄する際は錠剤と薬の容器(PTPシート)は別々に捨てる必要があります。
錠剤は封筒などに入れて燃えるごみとして、薬の容器(PTPシート)は燃やせないごみに捨てましょう。
水剤の場合は排水管を痛めたり、排水口のにおい予防のためにも水を流しながら捨てましょう。

風邪薬の選び方

  1. 自分の現在の症状に合った薬を選ぶようにしましょう。
  2. 服用しやすい剤型を選びましょう。
  3. 自分の生活スタイルに合っている服用方法を選びましょう。
  4. 何日分薬が必要か決めましょう。

改善の傾向が見られない場合は普通の風邪ではない可能性があるので漫然と風邪薬を使用せず病院を受診してください。

薬の使用方法について一般的な注意事項

1.自分に処方してもらった薬は他人に渡さず自分で服用するようにしましょう

自分の薬を知り合いや家族の方にあげることはしないでください。

特に腎臓、肝臓などの機能が悪い方、子供や高齢者が一般の健康な成人と同じ量の薬を服用すると薬が効きすぎて副作用が起こる場合があるので注意が必要です。

2.薬が効かないからと言って決められた量以上を服用するのはやめましょう

薬が効かないからといって勝手に量を増やして服用する方がいます。

決められた量以上に薬を服用すると腎臓、肝臓に負担がかかります。

また、思わぬ副作用があらわれることがあるのでやめましょう。

3.薬はなるべく水で服用するようにしましょう

水以外の飲み物で服用しても特に影響がない薬もありますが、中には水以外で服用すると薬が効きすぎたり、逆に効きにくくなったりするものがあります。

水で服用するのが一番無難で想定外の事故が起こりにくいです。

 

薬は適正に使用すれば皆さんに利益をもたらしてくれますが不適切な使用方法の場合は毒にもなります。

そのことを理解しぜひとも適切な使用をお願いします。

分からない場合は自己判断せず医師や薬剤師に相談してください。

以上、薬の使用期限、適正使用に関する記事でした。

【こちらも読まれています】

薬の使用期限はいつまで?ロキソニン・塗り薬・病院処方薬は?薬剤師が解説!
私は薬剤師として仕事しています。患者さんと話をしているとよく薬の使用期限について質問を受けることがあります。皆さんが薬を適切に使用してもらえ、それにより薬による事故が減るようになればと、薬剤師の視点から薬の使用期限、適切な使用方法の説明を記事にしました。

コメント