PR

家族葬の事後報告例文、コロナの影響の場合の連絡方法は?

葬式祭壇

新型コロナウイルスの影響で冠婚葬祭をおこなうにも自由にいかない状況ですよね。

出来るだけ多くの人に故人を弔ってほしいと思う半面、感染拡大防止のために、お葬式はより親しい親族のみの家族葬にするという方も増えています。

家族葬にした場合、周りの方には事後報告になることが多いでしょう。

こういう機会は多くないため、どのようにどんな文章で報告するのか悩んでしまいますよね。

ということで今回は、家族葬をおこなうご遺族の方・喪主の方に向けて、事後報告の例文をご紹介します!

コピペOKですのでご自由にお使いくださいね。

家族葬とは?事後報告はいつ頃までに送る?

お葬式

家族葬とは?

家族葬は密葬と似ていますが別物になります。

家族葬とは、近親者だけで葬儀と火葬をおこなって、それを葬儀として完結することです。

それに対して密葬は、近親者のみで葬儀・火葬をおこなったあと、日を改めて本葬と呼ばれるお別れ会のようなものをおこなうことを言います。

また、直葬と呼ばれる、独立した葬儀をおこなわず火葬だけをおこなうものもあります。

事後報告は一般的?いつまでに送る?香典はどうするの?

一般葬では参列者を制限せずに、訃報や葬儀の日時・会場をお知らせします。

ですが、家族葬では参列していただく方のみの連絡になるため、参列していただかなかった方には事後報告になってしまうことが多いです。

事後報告は、家族葬を終えて1~2週間以内にするのが一般的です。

なかには四十九日の法要をひとつの区切りとし、四十九日の法要が終わってから事後報告をおこなうケースもあります。

香典は、香典辞退の連絡がなければ必要だと思われることが一般的です。

必要ない場合は事後報告と一緒に香典辞退の連絡もしておきましょう。

こちらのYouTubeで、くわしく家族葬とはどんなものか、事後報告の例文などを紹介しています。

1:50~家族葬とは 9:17~事後報告例文となっています。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

家族葬の事後報告例文、コロナ影響の場合の連絡方法は?

手紙を書く人

事後報告例文

父 〇〇 〇〇 儀 去る〇月〇日に永眠いたしました
ここに謹んでご報告申し上げます

葬儀 告別式に関しましては昨今の状況もありますので 家族のみで〇月〇日に取り行わせていただきました
ご香典 お供え物につきましても失礼ながらご辞退申し上げます

ご連絡が遅れましたこと何卒ご容赦ください
生前に賜りましたご厚意に心よりお礼申し上げ 失礼ながら書中をもってお知らせ申し上げます

令和〇年〇月〇日

                          住所      

                           喪主 〇〇 〇〇

このような報告文にすると良いでしょう。

事後報告のマナーとして句読点を使わないこと、手書きの場合は薄墨で書き上げることがあるので注意しましょう。

内容のポイントとしては

 

  • コロナの影響で家族葬にした報告
  • 香典やお供え物を辞退する旨
  • 連絡が遅れたことのお詫び

これらを意識して書きましょう。

事後報告は何でする?LINEやメールでもいいの?

事後報告ははがきの郵送でおこなうのが一般的です。

ですが、携帯やスマホを利用する人が増えた昨今では、メールやLINEで済ませる人もいるようです。

はがきを出すよりも早く、どこにいても受け取れるというメリットもあります。

しかしあまりメールやLINEになじみのない方には、失礼に感じてしまうこともあるかもしれないので、送る相手に合わせて報告の方法を変えるのもいいかもしれませんね。

メールやLINEで伝える場合も失礼にならないために、お詫びの言葉は伝えましょう。

香典を辞退したがお供物をいただいた場合のお礼状の書き方は?

供物例:

拝啓

父の葬儀の折には 立派な供物を賜り まことにありがとうございました
謹んで霊前に供えさせていただきました
今回は家族の意思で香典辞退を申し出ましたが 故人もさぞかし感謝していることと思います

つきましては 直接ご挨拶申し上げるのが本意ではありますが このご時世もありますので略儀ながら書中をもって御礼申し上げます

敬具

令和〇年〇月〇日

                               住所      

                               喪主 〇〇 〇〇

このようなお礼状にすると良いでしょう。

前述の事後報告と同じで、句読点は使わないようにしましょう。

ポイントとしては

 

  • お供物をいただいたお礼
  • 香典辞退の理由(家族の意思や故人の意思など)
  • お礼状での略儀のお礼になること

これらを意識して書きましょう。

コロナについて言及するかどうかも悩むところではあると思うのですが、お礼状としては深く書かずに、例文のように「このご時世ですので」くらいにとどめておくのが良いでしょう。

弔問の申し出をいただいた場合はどうする?

弔問

例:

この度は弔問の申し出 誠にありがとうございます
故人も感謝していることと思います

申し訳ありませんがのご時世もあり 誠に勝手ながら感染拡大を抑制するためにも
遺族の意思でみなさんの弔問をお断りしています ご容赦ください

生前故人が賜りましたご厚意に 深く御礼申し上げます

ポイントとしては

 

  • 弔問の申し出に対するお礼
  • 全員にお断りをしてることを伝える
  • 故人がお世話になったお礼

これらを意識して伝えましょう。

弔問の申し出をいただいた場合は、相手に失礼にならないように注意して伝えるようにしましょう。

無下に断っているのではなくコロナの感染拡大防止に、全員に断っていることを伝えることで、理解していただけるでしょう。

それでもどうしてもと言われた場合は、お通夜のお焼香だけ、霊柩車のお見送りだけなど、限定的に参加していただく方法もあります。

まとめ

さて、ここまで家族葬についてや事後報告の例文などを紹介してきましたが、最後にまとめておきます。

 

  • 句読点を使わない
  • 手書きの場合は薄墨で
  • 事後報告は葬儀を終えてから1~2週間までに送る

■事後報告文の内容は

  • コロナの影響で家族葬にしたこと(コロナの影響でない場合は故人の意思や家族の意思などしっかり理由を伝えましょう)
  • 香典を断る場合はその旨を伝える
  • 事後報告になってしまったことへのお詫び

また、相手方に合わせてはがきではなくメールやLINEでの報告もありです。

■香典辞退をしたが、お供物をいただいた場合のお礼状の内容は

  • お供物をいただいたお礼
  • 香典辞退の理由(家族の意思や故人の意思など)
  • お礼状での略儀のお礼になること

■弔問の申し出をいただいた場合は

  • 弔問の申し出に対するお礼
  • 全員にお断りをしてることを伝える
  • 故人がお世話になったお礼

これらを意識しましょう。

コロナ禍でのお葬式、今までとは違ったケースになることが多いです。

せっかくの故人を弔うお葬式でトラブルがあっては困りますよね。

ぜひこの記事を参考にしてトラブルのないようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました