小学校受験時のママ友トラブル実例5選と解決策!正しいママ友との付き合い方は?

「小学校のお受験=お金持ちの家庭の子がするもの」

以前はこのようなイメージがありましたが、近年では共働きのサラリーマン世帯でもお受験をされるご家庭は増えています。

当然ながらお受験には「合否」という結果が待っています。

「小学校受験は親の受験」と言われているほどで、親のがんばりが結果を左右することは否めません。

思うように成果が表れなければ落ち込んだり、周りと比べて焦りを感じてしまったり…

ママが感じるストレスやプレッシャーは日々大きくなっていくのではないでしょうか。

熱心になりすぎるがゆえにママ同士がライバル意識を持ってしまい、トラブルになってしまうケースも珍しくありません。

ママ友との会話のなかで、志望校や模試の成績について直球で聞かれたり、探りを入れられているのかな?と感じることもあるでしょう。

なかには子どもを使って探りを入れてくるママもいます。

内心では言いたくなくても、お付き合いをないがしろにもできず、頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

志望校が同じならライバル視されるかもしれませんし、模試の成績が良ければ嫉妬され、悪ければどこか見下したような態度を取られたりするかもしれません。

なぜ、お受験でママ友とトラブルになってしまうのか?

原因はただひとつ。

模試の成績や受験校に対する親のライバル心です!!

ここでは小学校受験を考えているお母様にぜひ知っておいてほしいトラブルの実例を紹介し、起こりやすいトラブルや気をつける会話の内容など、お母様の心構えをお伝えいたします。

ママ友とのトラブルで頭を悩まさず、お子さまの受験に専念できるよう、まずはご自身とお子さまを守る術を知りましょう!

小学校受験時のママ友トラブル実例5選!

~その1~「志望校は言わない」

Aちゃんが第一志望にしている小学校をBちゃんも受験すると言い出し、AちゃんママとBちゃんママは気まずくなりました。

また、Cくんが第一志望にしている小学校をDくんが滑り止めにするということがわかり、こちらも気まずくなりました。

Aちゃんが第一志望にしているからと、Bちゃんがその小学校を受験してはいけない、なんてことはありません。

Cくんが第一志望にしているからと、Dくんが滑り止めにしてはいけない、なんてこともありません。

ですが、急にライバルが身近に表れたのです。

AちゃんママとCくんママが心中穏やかでなくなる気持ちもわからなくもありません。

ほかにも志望校が同じだからと勝手にライバル視され、無視や嫌がらせをされてしまったという話もあります。

これを回避するには、もし志望校を聞かれたら「まだ決めかねている」、「ギリギリまで考えようと思ってる」と逃げるのもありですが、なかなか最後までこれを通すのは難しいです。

秘密主義だの、隠していて感じが悪いだの言われることは避けるためには、勇気のいることですが、

「子どもにプレッシャーをかけたくないし、受からなかったら恥ずかしいから、あんまり言わないことにしてるの。終わったら全部話すね。ごめんね!」

とにっこり笑顔で「お受験のことは話さない」スタンスであることを示しましょう。

好意的に受け取らないママもいるでしょうが、あれこれ詮索されたり、ライバル視されてストレスを感じてしまうより、ずっと良いのではないでしょうか。

そのかわり、ほかの話題では積極的に楽しく話す、園の行事やお手伝いには積極的に取り組む姿勢をみせましょう。

~その2~「陰口を言われる、仲間外れにされる」

Aさんのご家庭ではお子さんの小学校のお受験を決めました。

そのため、幼稚園のあとに塾や習いごとに通うようになり、今まで遊んでいたママ友グループからお誘いがあっても断ることが増えました。

Aさんは「小学校受験をすることになった。受験が終わったらまた一緒に遊んでね」と伝えました。

しかし、それから幼稚園で会ってもどこかよそよそしく、会話にも入れてもらえなくなりました。

どうやら陰で「まだ小さいのに受験させるなんてかわいそう」「親のエゴだよね」などと言われていたようです。

たしかに、ほかのお友達が公園で遊んでいるときに、塾通いで遊べないのは「かわいそう」なのかもしれませんが、それがすべてではありません。

お受験で得るものだってたくさんあります。

このようなママ達は、お受験できるあなたの環境を妬んでいるのかもしれません。

陰口を言われたり距離を置かれてしまった場合は、「仕方がない」と割り切りましょう!

あなたは何も悪くありません。堂々としていればいいのです。

ただ、お子さま同士のこともありますので、こちらも無視するような態度はやめましょう。

挨拶はいつも通りきちんとしておきましょう。

~その3~「受験番号は絶対に教えてはいけない」

某〇〇小学校に受験し、無事合格したAちゃん親子。

後日説明会に行くと「辞退の連絡を頂いております」と言われた。

どこで手に入れたのかわからないが、嫉妬したママ友が勝手に辞退の連絡を入れていたという事件。

あり得ないと思うかもしれませんが、嫉妬や悔しさからこのような行動をするママがいることは事実です。

補欠辞退の連絡を勝手にしてしまうママもいるとか。

小学校側も定員が決まっている以上、辞退すると言われれば、次の補欠番号の家庭に連絡をします。

そこで学校も成りすまし対策として辞退するには合格証を提出してもらい(偽造されないように割印まで押された合格証)、これが届いてはじめて学校側は辞退を確定するなどしています。

なりすましを防ぐには受験番号や、補欠番号は絶対に言わない!これにつきます。

~その4~「余計なことは言わない」

Aママ:〇〇ちゃん、この前の模試の結果良くなかったらしいよ。

△△小学校目指してるみたいだけど、厳しいかもって〇〇ちゃんママ(Cママ)が言ってた。だから幼児教室ちがうところに変えるんだって!

Bママ:そうなんだ。この時期に大変だね~

後日

Bママ:新しい幼児教室はどう?成績上がった?

Cママ:・・・(なんで知ってるの?)

後日

Cママ:Aママって話したことをすぐ他の人に言っちゃうの。

Dママ:それひどいね。Aママは信用しないほうがいいね。

それ以降、AママはCママグループから無視されるようになりました。

Aママに悪意があったわけではありませんですが、CママからすればAママに話したことを勝手にBママに話されていることに不信感を持つのは当然です。

このように聞いた話を他のママ友に話してしまうと、回り回って相手に伝わってしまうこともあります。

聞いた話は心の中に止めておき、他のママに話すことは絶対にやめましょう。

~その5~「不合格だったときのことも考えておく」

上の子でお受験経験のあるCくんママが「万が一、自分の子が残念で他の子が合格したとき、親子ともつらい思いをするよ。その逆もあるし。

A子ちゃんは優秀そうだから心配ないと思うけど、もしかしたらお友達の誰かが残念になってしまうケースもあるし…」とカミングアウトすることにリスクがあることをアドバイスしましたが、そのときA子ちゃんママは「私は大丈夫。万が一A子が不合格でもB子ちゃんが合格したときは、おめでとう!って心から言える自信があるからカミングアウトしたの」と言いました。

A子ちゃんのママはお受験することをオープンにしていました。

結果はA子ちゃんは志望校に合格できず、地元の小学校に行くことになりました。

志望校に合格したB子ちゃんのママとは口を利かなくなってしまいました。

他のママ達の間では「A子ちゃんママはお受験がダメだったからB子ちゃんママに嫉妬してる。だからA子ちゃんとB子ちゃんは最近一緒に遊ばないみたいよ」という噂でもちきりになってしまい、園の行事にも出席しずらい状況になってしまいました。

「私立に落ちた親子」とレッテルを貼られてしまったのです。

受験校を周りに知られてしまうと余計なプレッシャーを感じてしまいます。

この話題が出ても、聞き役に回る、忙しいふりをしてその場から離れるなどして、ママ友とは少し距離を置いて付き合うのが得策です。

お子さんを守るためにも残念だったときのことも考えた言動をしましょう。

なかにはいろいろ教えてくれる親切なママや、お受験の苦労を共有し合えるママ友もいます。

いい意味でライバルとして励まし合えるお友達親子もいるかもしれません。

このようなママ友がいたなら、あなたは幸運なのです。

なかにはこんなママもいます・・・

こんなママ友はヤバい!トラブルメーカーの特徴は?

職場や学校、トラブルメーカーはどこにでも存在します。

幼稚園のママ友も例外ではありません。

お受験の時期にトラブルメーカーに目をつけられては大変。

トラブルメーカーの特徴を知り、早い段階で適度な距離をおくことが必要です。

トラブルメーカーママの3つの特徴!

この3つに1つでも当てはまるママには要注意?!

トラブルメーカーの特徴① ボス的存在のママ

  • 自分がいちばんでないと気が済まない
  • プライドが高い
  • いつも話の中心にいる

このようなママは、好かれているときはいいですが、嫉妬の対象になってしまうと攻撃の対象となってしまいます。

ほかのママ友からも一緒になって嫌がらせを受けてしまうかもしれません。

また、このタイプのママは自分の子どももいちばんでなければ気が済まないので、模試の成績が優秀だったり、受験校が上だったりするとこちらも攻撃の対象となってしまう可能性があります。

なるべく聞き手に回り、目立つような行動は控えましょう。

トラブルメーカーの特徴② うわさ好きのママ

夫の年収や持ち家か賃貸か、など、家庭の事情をいろいろと詮索してくるママは、お受験関係のことも聞いてきます。

とても社交的で話しやすいタイプが多いので、つい話してしまうと話した内容を何倍にも膨らませて他のママに喋ります。

話す内容には気をつけましょう。

トラブルメーカーの特徴③ なんでも頼ってくるママ

一生懸命調べた受験校の情報や幼児教室の情報を人に聞くばかりで、自分では調べようとしないママも要注意です。

こういうタイプのママは人が教えてあげたことを、自分で調べたかのように他のママに言います。

親切にしていると、どんどん図々しい要求をしてくるようになるので、上手く断ることも必要です。

ママ友との正しい付き合い方は?

ここまでママ友は友ではない。

お受験時は警戒すべき相手であるとお伝えしてきましたが、すべてのママがそうではありません。

節度のあるママは志望校や成績についてあれこれ詮索はしてきません。

説明会や幼児教室で会っても、「頑張りましょうね」の会話程度で付き合えます。

ママ友と上手に付き合うことができれば、お受験の悩みを共感しあえたり、助けとなる心強い存在になります。

ここでは上手なママ友との付き合い方を3つご紹介します!

付き合い方のポイントを押さえておけば、長くいいお付き合いができますよ。

1.適度な距離感を保つ

ママ友とデリケートな話はしない!

深入りせず、付かず離れずの関係がベスト!

何気なくお受験の質問をしたことが詮索と受け取られ、こちらの近況を話したことが自慢だと捉えられることもあります。

こちらからはお受験のことには触れず、聞かれても「私も子どもも頑張ってるよ」くらいにして、深堀される前に話題を変えるようにしましょう!

2.スルー力を身につける

スルー力を身につけることはママ友との付き合いで大切なことです。

ママ友は仲良しの集まりではありません。

お受験や子どものつながりから始まった付き合いなので、価値観がちがうママや、環境がちがいすぎるママ、癖があって苦手なママもいるでしょう。

そういったママの言動が気になってしまいストレスとなってしまいます。

どうしても嫌なことを我慢する必要はありませんが、些細なことならスルーした方が楽に付き合えます。

3.無理して付き合わない

ママ友との付き合いは自分だけの問題ではなく、子どもにも影響してくる。

気を使いすぎて疲れてしまったり、ストレスを感じながらも仲良くしなければいけないと我慢するママもいます。

周りに合わせよう、完璧な保護者になろうと無理をするから疲れてしまうのです。

無理して価値観や環境のちがうママと仲良くしても得られるものはないはずです。

気の合うママは自然とできるものです。

まとめ

お受験をするには、遅くても年中さんの秋ごろから準備を始めなければなりません。

そうなると試験が終わるまで約1年。

その間のお子さまへのサポートのメインはママであり、合否に対するプレッシャー、情報収集、習いごとの送迎、ママ同士の付き合いなど、精神的に大変な1年となるでしょう。

ママ友とのお付き合いは、子どもがあってのお付き合いのはずが、お受験に必死になるあまりにそのことを忘れ、ママ友をライバルと見なしてしまうママもいます。

お子さまへの影響を考え、無理してお付き合いを続けてストレスを抱えていては、お子さまに強く当たってしまったり、がんばっているわが子にもっとがんばれと怒ってしまったり、お子さまは本来の姿をなくしてしまうかもしれません。

この記事ではママ友とのトラブル事例や、その解決方法、正しいママ友との付き合い方についてお伝えしてきました。

 

  • ママ友とのトラブルを防ぐためにも志望校や模試の成績は言わない
  • トラブルメーカーのママには気をつける
  • ママ友とは程よい距離を保つ
  • ママ友に左右されない自分を持つ

なかでも、志望校や模試の成績については詮索の対象となりやすく、トラブルの原因となります。

芸能人の千秋さんも2月3日放送の「ノンストップ!」の”ノンストップ!サミット”にてお受験ではとにかく「”どこの学校を受験するのか”は絶対に知られてはいけない」と力説しています。

「〇〇を受けるらしい」という噂はあっという間に広がり、その噂は合否が出るまで続く。自分の子が噂の的になることを避けるためにもお受験の情報は一切漏らさないのが得策だと言い切っていました。

また、一般のお受験経験者のママからは「本当にママ友が減ります」という意見も寄せられていました。

ある意味、お受験はそのようなものだと割り切ってしまった方が楽なのかもしれませんね。

受験勉強が上手くいかず、悩むときはママ友親子が完璧に見えて自分やわが子を卑下してしまうこともあるかもしれません。

きっとお受験を目指されたきっかけは、お子さまに良い教育環境を受けさせてあげたい、というお気持ちからだと思います。

お子さまにはそれぞれ個性があり、その個性にあったお受験との向き合い方を考えてあげるのが、大切なのではないでしょうか?

この記事を読んで、周囲に惑わされることなく、自分たちのやり方、あなたのお子さんに自信を持って取り組んでいただけるきっかけとなれば嬉しく思います。

心身ともに健やかに過ごし、お受験の日を迎えられることを祈っております。

※こちらも読まれています。

受験に不合格となってしまった子供にかける言葉は?サポートをしてきた妻を労う言葉は?

コメント